TOP > その他 > 女上司「終電、なくなっちゃったね……」俺「待って下さい!まだ最後の一本が……」女上司「ふんっ!」ジュビビビ

女上司「終電、なくなっちゃったね……」俺「待って下さい!まだ最後の一本が……」女上司「ふんっ!」ジュビビビ

2019/02/01 03:01 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/21(月) 23:12:44.490 ID:ax1HF8wQ0

俺「な、なんだ!? 女上司さんの指からビームが!」

女上司「終電はもうないわよ」

俺「ありますよ! ほら、1分後に出る電車が……あれ!? な、ない!?」

駅員「お客さん、今日の電車はもう終わっちゃったよ。残念だったね」

俺「ま、まさか……さっきの謎のビームで……!」

女上司「そう、私が消したのよ。終電、なくなっちゃったね……」

俺「うわああああああああ」


8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/21(月) 23:17:05.337 ID:ax1HF8wQ0

女上司「しょうがないよね、今日は何処かホテルを探して……」

俺「ま、まだだ! こんなこともあろうかと……」

妹「もう、お兄ちゃん人遣いが荒いよー」ブロロロロキキーッ

俺「妹に迎えに来るように呼んでおいたんです! さぁ、女上司さんも送りますから車に……」

女上司「ふんっ!」ジュビビビビ

妹「きゃっ!」ピシュン

俺「あっ! い、妹が……」

女上司「妹さん、いなくなっちゃったね……」

俺「ぬおおおおおおおお」


15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/21(月) 23:21:12.179 ID:ax1HF8wQ0

女上司「ホテル、来ちゃったね……」

俺「あの、女上司さん……実は俺、彼女がいるんです」

女上司「それで?」

俺「だからあの、そういうことは出来ないというか……普通に寝るだけにしましょう」

女上司「へーぇ。この子が彼女? 結構可愛いわね」ポチポチ

俺「あっ、俺のスマホ……」

女上司「ふんっ!」ジュビビビビ

俺「ああっ! スマホにビームを!」

女上司「はい、返すわね」

俺「まさか……ああっ! 彼女に電話が繋がらない! もしかして、これは……」ツーツー

女上司「彼女さん、いなくなっちゃったね……」

俺「ぐあああああああああ」


18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/21(月) 23:25:37.716 ID:ax1HF8wQ0

俺「あの、女上司さん……」

女上司「何かしら?」

俺「ゴム、つけますね。やっぱり何かあったら大変ですし、女上司さんもそこは同じ気持ちですよね?」

女上司「いいわよ、つけても」

俺「はい……」イソイソ

女上司「さぁ、入れて」

俺「はい」ヌプッ

女上司「んっ……そう、いいわよ……もっと激しく……そのまま出してぇ!」グチュグチュ

俺「うっ!」ドピュドピュ

女上司「いっぱい出たわね……」ドロォ

俺「!? 膣の中から精液が……!? あっ! つけてたはずのゴムが消えている!?」

女上司「ゴム、なくなっちゃったね……」

俺「くそおおおおおおお」


22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/21(月) 23:29:54.660 ID:ax1HF8wQ0

-後日、会社-

女上司「ねぇ、俺君。ちょっといいかしら?」

俺「なんですか?」

女上司「妊娠したわ」

俺「!」

女上司「戸惑ってるわよね? それも当然……仕方ないわ」

俺「いえ……俺、覚悟を決めました」

女上司「へぇ?」

俺「あの日うっかり中出しさせられてしまった日から考えてたんです。もしものことがあったらどうするか。俺は責任を取ります! 女上司さん、俺と……」

女上司「……ふんっ!」ジュビビビビビ


23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/21(月) 23:35:10.055 ID:ax1HF8wQ0

俺「自分のお腹にビームを!? まさか……」

女上司「受精卵、なくなっちゃったね……」

俺「ど、どうしてそんなことを……」

女上司「ワンナイト・ラブは一夜の火遊び……後腐れがあってはいけないの」

俺「!」

女上司「このことを俺君に伝えに来たの。アディオス……」

俺「あっ! 女上司さん、何処へ……!」


26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/21(月) 23:39:38.821 ID:ax1HF8wQ0

同僚「おう、俺か。知ってるか? 女上司さん、海外に転勤だってよ」

俺「えっ?」

同僚「急だよな。今日飛行機で出立するらしいぜ」

俺「ま、まさか……例え妊娠がなくなっても、俺が女上司さんを妊娠させた事実は残る。同じ職場にいて俺が気まずさを感じないように、そこまで……!」

同僚「女上司さん、いい上司だったのになぁ。仕事で世話になってたし、寂しくなるな」

俺「あぁ、そうだな……」

同僚「…………」

俺「…………」

同僚「女上司さん、いなくなっちゃったね……」

fin





『その他』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿