TOP > シンデレラガールズ > 美優「麗奈ちゃん、ピーマンも食べなきゃダメよ」

美優「麗奈ちゃん、ピーマンも食べなきゃダメよ」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/13(日) 17:44:47.53 ID:pMW0EKm10

みんな三人一組で寮に住んでる設定で


101号室

麗奈「ふんっ!ピーマンなんか食べなくても死にゃあしないわ!」

美優「好き嫌いしてると大きくなれないのよ?」

麗奈「余計なお世話よ!ほら茜、レイナサマがピーマンを恵んであげるわ ありがたく食べなさい」グイグイ

美優「あ、こらっ!」

茜「んぐっ!」モグモグ

茜「ピーマンは栄養たっぷりなので大好きです!」テッテレー!


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/13(日) 17:59:09.00 ID:pMW0EKm10

麗奈「アタシに感謝しなさい!アーッハッハッハッ…ゲオゲホ…」

美優「…そんな悪いとことする子は食後のゴージャスプリンはおあずけね」

麗奈「えーちょっと!なんでよ!」

美優「麗奈ちゃんの分…は茜ちゃんにあげるわ」

茜「本当ですか!?ありがとうございます!!」

麗奈「きーっ!!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/13(日) 22:46:13.81 ID:pMW0EKm10

102号室

友紀「あー…あついー…」グデー

清美「友紀さん、だらしないですよ」

友紀「だって暑いんだもーん…」

清美「不規則な生活はレッドカードですよ」

友紀「んな、ごむたいな…」

小梅「友紀さん…涼しく…してあげようか…?」

友紀「んー?小梅ちゃん、どうやって?」

小梅「怖い話…して…」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/13(日) 22:47:27.34 ID:pMW0EKm10

友紀「おー、いいね!夏の風物詩ですな!」

小梅「暑い時は…怪談が一番…」

友紀「せっかくだから他のみんなも誘いにいこう!」

清美「友紀さん、夜の外出はダメですよ」

友紀「かたいこと言わないでさー、行こう、小梅ちゃん!」

小梅「う、うん…」

清美「あっ!ちょっと!」

清美「…」

清美「わ、私もいきますっ!」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/13(日) 22:48:45.49 ID:pMW0EKm10

103号室

志保「はい礼さん、食後のコーヒーです」

礼「ありがとう、志保ちゃん」

志保「ミルクと砂糖は入れなくていいんですよね?」

礼「ええ、ありがとう」

志保「千枝ちゃんにはホットミルクね」

千枝「ありがとうございます!」

志保「それにしても礼さん、よくブラックで飲めますね」

礼「大人になれば飲めるようになるわ」

千枝(大人…)


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/13(日) 22:50:00.35 ID:pMW0EKm10

志保「千枝ちゃん、どうしたの?」

千枝「千枝もコーヒー飲んでみたいです」

礼「ふふっ、千枝ちゃんにはまだ早いわ」

志保「それに今飲んだら夜眠れなくなっちゃうわ」

千枝「そうですか、わかりました…」シュン

志保「じゃあ私、お風呂入ってきちゃいますね」

礼「私はちょっとお手洗いに…」

シーン

千枝「…」

礼のコーヒー「…」

千枝「千枝、どうしようかな…?」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/13(日) 23:31:09.06 ID:pMW0EKm10

104号室

紗南「…」ピコピコ

美世「…」ピコピコ

紗南「よーし!ゴール!」

美世「あーん、また負けたー!」

美世「レースゲームなら勝てると思ったのに…」

紗南「へへーん、まだまだ修行が足りないね、美世さん!」

瑞樹「あなたたち、ゲームは一日一時間にしなさい」

紗南・美世(古っ)


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/13(日) 23:32:02.98 ID:pMW0EKm10

紗南「たまには川島さんも一緒にやろうよ」

瑞樹「私も一緒に?でも私そういうのやったことないし…」

紗南「じゃあこれやろうよ、人生ゲーム」

美世「あー、それなら瑞樹さんでもできそうだね」

瑞樹「人生ゲームってボードゲームじゃなかったかしら?」

紗南「ボードゲームだけどテレビゲーム版もあるんだよ」

瑞樹「どうしてわざわざテレビゲームにするの?」

紗南(めんどくさいなこの人)

瑞樹「どうして?わからないわ…」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/13(日) 23:33:00.89 ID:pMW0EKm10

105号室

裕美「千秋さん、紅茶が入りましたよ」

千秋「あら、ありがとう裕美ちゃん」

裕美「いえ、楓さんもどうぞ」

楓「ありがとう」

千秋「うん、美味しいわ」

楓「裕美ちゃん、紅茶入れるの上手ね」

裕美「そんな…ありがとうございます//」

裕美(えへへ、褒められちゃった…//)

裕美(雪乃さんに教わって練習した甲斐があったなぁ…)

裕美(それにしても…)


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/13(日) 23:33:37.85 ID:pMW0EKm10

楓「はぁ、美味しいわ…」

千秋「本当ね…」

裕美(二人とも大人の女性って感じ…)

裕美(落ち着いてて優雅で…)

楓(紅茶をこう、ちゃちゃっと…ふふっ)

裕美(私もこんな風にクールで素敵な大人に…)

ピンポーン!
ピンポーン!
ピンポーン!

友紀「みんなー!怖い話大会やるよー!!」

裕美(大人に…)


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/13(日) 23:34:09.83 ID:pMW0EKm10

107号室

仁奈「文香お姉さん、今日も寝る前に本を読んでくだせー」

文香「…うん…いいよ…」

あやめ「仁奈ちゃん、勉強熱心ですね!」

文香「…今日は…どの本にする…?」

仁奈「これがいいです!」

あやめ(着ぐるみの歴史…そんな本あるんですね…)


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/13(日) 23:34:45.82 ID:pMW0EKm10

文香『初めて着ぐるみを作ったとされるイギリスのホズス=ダ=エーウは…』

仁奈「おー!ホズスさんは偉大な方でごぜーます!」キラキラ

あやめ「…」

あやめ(楽しそうです…)

あやめ(私もなにか読んでほしい…)

あやめ(はっ!あやめはもう15ですよ!ねえやは嫁にいく年齢ですよ!)

あやめ(本を読んでもらうなど…でも…)

仁奈「文香お姉さんは猫の着ぐるみが似合いやがると思います!」

文香「猫…私が…」

文香「…//」

あやめ(うらやましい…!)


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 17:35:50.64 ID:T0NNe78F0

101号室 お風呂場

麗奈「…」ソローリソローリ

麗奈(美優のやつ、本当に私のプリンを茜にあげちゃって…)

麗奈(絶対許さないわ!)

麗奈(美優がお風呂に入ってる隙に着替えとタオルを全部持って行ってやるんだから)

麗奈(そして恥ずかしい思いをしなさい!)

麗奈(あは、あはは、アーッハッハッハッ…ゲオゲホ…」

美優『誰かいるの?』

麗奈(しまった…)

美優『…気のせいかしら』

麗奈(ほっ)


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/14(月) 17:38:14.59 ID:T0NNe78F0

麗奈(さて、それではさっそく着替えを…)ゴソゴソ

麗奈(これが美優のパンツ…)

麗奈(け、けっこう大人っぽいじゃない//)

麗奈(美優のくせに生意気ね!)

麗奈(…)

麗奈(ちょっと履いてみようかしら…)

麗奈「…」ヨイショ

麗奈(おー!なかなかじゃない!)←ズボンの上からパンツをはいてる

麗奈(鏡の前でポーズをとってみたり…)

麗奈「ふっ、大人ね」キリッ

美優「ふぅ、さっぱりし……なにしてるの…?」

麗奈「」←ズボンの上からパンツをはいてる


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/15(火) 01:00:31.80 ID:KXhNqYj60

105号室

友紀「第一回チキチキ怖い話大会ー!!」

小梅「は、はじまるよー……」

千秋「なんか始まってしまったわ」

裕美「怖い話ですか…?」

友紀「そそ、火照った体をクールダウンしようじゃないか」

友紀「さっきコンビニいってお菓子とかお酒いっぱい買ってきたからぱーっとやろうよ!」

楓「お酒?」ぬぅ

千秋「きゃっ!楓さん、急に出てこないで…」

清美「友紀さん、夜ですしあんまり大きな声で話したらダメですからね」

友紀「わかってるって!じゃあまずあたしからねー」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/15(火) 01:01:44.01 ID:KXhNqYj60

友紀「これはあるあつーい夏の話です…」

友紀「仕事が終わって事務所に戻ると、事務所には誰もいませんでした」

友紀「汗だくだった私は顔を洗おうと洗面所に向かったのです」

友紀「すると誰もいないはずの洗面所から水が流れる音がします」

友紀「ドアをあけて中を見てみると、髪の長い女の人が顔を洗っているのです…」

裕美「ひぃ…」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/15(火) 01:02:44.98 ID:KXhNqYj60

友紀「驚いた私は思わず声をあげてしまいました」

友紀「私の声に気づき、振り返ったその女の人はなんと…!」

清美「なんと…?」

友紀「すっぴんの瑞樹さんでしたー!!!!」ドーン!

裕美「ひぃぃぃぃいいい!!!」


104号室

瑞樹「へっくし!」

紗南「川島さん、風邪?」

瑞樹「いえ…何かしら?」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/15(火) 01:03:13.07 ID:KXhNqYj60

友紀「あはは!どーぉ、怖かった?」

清美「まったく怖くないですよ」

千秋「裕美ちゃんには効いたみたいだけどね」

裕美「ひぇぇえ…」ブルブル


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/15(火) 01:24:15.83 ID:KXhNqYj60

104号室

瑞樹「ふふふ…」ピコピコ

ミズキは100万円を拾った!どうする?

1、交番に届ける
2、ネコババしちゃう

瑞樹「ネコババはだめよね、交番に届ける、っと…」ピコピコ

落とし主が億万長者だった!ミズキはお礼に1000万円もらった!

瑞樹「やったわ!やっぱり正直者は報われるのね!」ルンルン

美世「なんか瑞樹さんやたらと強いね」ヒソヒソ

紗南「ねっ、ビギナーズラックってやつじゃない?」ヒソヒソ


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/15(火) 01:24:45.29 ID:KXhNqYj60

瑞樹「どうしたの二人とも?次、紗南ちゃんの番よ」

紗南「あ、うん よーし!川島さんに追いつくぞ!」

瑞樹「ふふ、頑張ってね」

紗南「あ、ハートマスだ」

美世「ハートマスに止まると恋愛イベントが発生するんだよね」

サナ、君のことが好きだ!結婚してくれ!

紗南「わ!プロポーズされちゃった!」

瑞樹「プロポーズ…」


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/15(火) 01:25:41.18 ID:KXhNqYj60

結婚しますか?

はい
いいえ

紗南「もちろんオッケーだよ!」ピコピコ

美世「あはは、紗南ちゃん結婚おめでとう」

瑞樹「ケッコン…」

紗南「はは、なんか照れちゃうな…あれ?どうしたの川島さん」

瑞樹「プロポーズ…ケッコン…」ブツブツ

美世「み、瑞樹さん ゲームだから」

瑞樹「プロポーズ…ケッコン…」ブツブツ


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/15(火) 01:35:05.53 ID:KXhNqYj60

107号室

文香『ホズス=ダ=エーウの着ぐるみは18世紀にアジアに伝わり…あ…」

仁奈「…」スースー

文香(寝ちゃった…)

仁奈「んー…うめぇです…」むにゃむにゃ

文香「…」ナデナデ

文香「…私もそろそろ、寝ようかな…」

あやめ「ふ、文香殿っ!」

文香「…なんでしょう…?」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/15(火) 01:36:20.13 ID:KXhNqYj60

あやめ「わ、私にも本を読んでください!」

文香「え…なんの本を…?」

あやめ「これです!」\忍者大図鑑/ババーン!

文香「図鑑…ですか…?」

文香「図鑑はあまり…朗読向きではないというか…」

あやめ「だ、だめですか…?」シュン

文香「…」

文香(かわいい)

文香「いいですよ…」

あやめ「!」ぱぁぁあ!

あやめ「お隣、失礼します!」ニン!


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/15(火) 01:57:04.57 ID:KXhNqYj60

103号室 千枝の部屋

千枝「…」ギンギン

千枝「いつもならとっくに寝てる時間なのに…」

千枝「全然眠くない…!」

千枝「すごい…千枝、大人だよぉ…」

千枝「…」

千枝「今日はお月様見えるかな?」ガラガラ

千枝「あ、曇ってて見えないや…」

千枝「でも、こんな夜中にお外の景色を眺めるなんて…」

千枝「やっぱり千枝は大人だなぁ…//」

ポツポツ…

千枝「あ、雨…」


40: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/15(火) 01:57:48.26 ID:KXhNqYj60

101号室

美優「茜ちゃん、お風呂お先にいただいたわ」

茜「あ、美優さん!おかえりなさい!」

美優「ふふ、ただいま」

美優「今麗奈ちゃんが入ってるから茜ちゃんはその後になっちゃうわね…」

茜「大丈夫ですよ!気にしないでください!」

美優「ごめんね」

茜「いえ!それより美優さん!」

美優「なぁに?」


41: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/15(火) 01:58:44.29 ID:KXhNqYj60

茜「いつも私たちのごはんを作ってくれたり、お洗濯をしてくれて、ありがとうございます!!」ペコぉ!

美優「あ、茜ちゃん?どうしたの、急に…」

茜「私たちがちゃんと生活できるのも全部美優さんのおかげです!」

美優「そ、そんな…//茜ちゃんだってよくお手伝いしてくれるじゃない」

茜「それでも美優さんには感謝してもしきれません!」

美優「なんか照れるわね…//」

茜「そこで日頃の感謝を込めて、美優さんにマッサージをしたいです!」

美優「そんな、悪いわ…」

茜「遠慮しないでください!ほんの気持ちです!」

美優「それじゃあ…お願いしようかしら」

茜「まかせてください!それじゃあ横になってください!」


42: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/15(火) 01:59:14.18 ID:KXhNqYj60

茜「それじゃあいきますよ!」ギュー

美優「ん、気持ちいい…」

茜「美優さん、けっこうこってますね!」ギュウー

美優「そう…?」

茜「はい!やっぱり疲れがたまってるんですよ!」ギュウウー

美優「そうかしら…?そ、それより茜ちゃん?」

茜「はい?」ギュウウウー

美優「ちょっと…痛いかなぁ…なんて…」

茜「痛いのはこりがほぐれてるっていうことですよ!」ギュウウウー!

美優「それにしてもちょっと…いたたた!」

茜「うー!ボンバー!!」ギュウウウウウウー!!!

美優「た、たすけてぇぇ!」


43: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/15(火) 02:00:10.63 ID:KXhNqYj60

105号室

楓「次は私ね…」

友紀「おっ!楓さんノリノリだね!」

楓「ふふっ、これは…一か月前くらいのことだったかしら」

楓「お仕事である高い建物に行ったの」

楓「その建物はいわくつきで、毎年何人もの死者が出てるの」

裕美「ひぃ…」ギュゥ

千秋「大丈夫よ裕美ちゃん」ナデナデ

千秋(それにしても楓さんの話し方、雰囲気出てるわね…)


44: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/15(火) 02:00:47.36 ID:KXhNqYj60

楓「その日はエレベーターが故障してしまって」

楓「上り下りは全部階段でしなくてはならなかったの」

清美「階段で怪談とかいうのはなしですよ」

楓「………………………」

楓「友紀ちゃん、日本酒ある?」

千秋(図星だったのね…)

友紀「清美ちゃん、オチを先に言っちゃうのはレッドカードだよ」

清美「す、すみません…」

楓「ふぅ、日本酒美味し…」


45: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/17(木) 00:36:39.91 ID:pcJnnKEP0

104号室

サナとタクミの間に男の子が生まれた!

美世「やったね、紗南ちゃん」

紗南「とかいってー、美世さんなんか三人も生まれたくせにー」

紗南「お盛んですこと」ププッ

美世「う、うるさいなぁ//」


46: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 00:37:28.08 ID:pcJnnKEP0

瑞樹「…」ピッピ

思いをよせるナツキに告白するチャンス!どうする?

1、告白する
2、今はやめとく

瑞樹「…」ピッピ

ミズキ「私と付き合ってください!」

ナツキ「ごめん、今は音楽にしか興味ないんだ」

瑞樹「…」ぐすっ

美世「瑞樹さん、ゲーム、ゲームだから…」


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/17(木) 00:53:07.82 ID:pcJnnKEP0

107号室

文香『甲賀流 近江国甲賀のちに伝わる流派 伊賀流と並び最も有名で…」

あやめ「…」スースー

文香(あやめさんも…寝てしまいましたね…)

文香(今度こそ私も…あ…)

文香(そういえば二人とも私の布団で寝てる…)


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/17(木) 00:53:55.65 ID:pcJnnKEP0

文香(……それでは私はあやめさんの布団に移動して…あれ…?)

仁奈「もう…食えねーです…」ギュゥ

あやめ「んー…ははうえぇ…」ギュゥ

文香(動けない…)

文香(…)

文香(まぁ…いっか…)

文香「二人とも…おやすみなさい…」


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/18(金) 02:03:48.03 ID:6RCHpgtf0

103号室 千枝の部屋

千枝「夜のお外の景色も満喫したし、もう寝よう」

千枝「おやすみなさい…」

千枝「…」

千枝「…」

千枝「…」

千枝「あれ…?」

千枝「寝られない…?」

千枝「お、おかしいなぁ」

千枝「よし、もう一回目を閉じて…」

千枝「…」

千枝「…」

千枝「…」

千枝「寝られないよぉ…!」


53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/18(金) 02:04:28.94 ID:6RCHpgtf0

千枝「今何時…?」

千枝「…」

千枝「えっ!?」

千枝「もう…12時…!?」

千枝「うわーん、これじゃあ千枝、悪い子通り越して不良だよ…」

千枝「千枝、寝られない病気になっちゃったのかなぁ…?」

千枝「なんか、怖くなってきた…」

ゴロゴロ…

千枝「ひっ、か、雷…?」

千枝「こわいよぉ…」

こんこん…

千枝「ひゃっ、こんな時間にドアをノックする音が…」

千枝「だれ…?」

こんこん…こんこん…

千枝「もうやだぁ…こわいよぉ…」ぐすっ

ガチャ


56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/18(金) 03:03:22.39 ID:6RCHpgtf0

101号室 お風呂場

麗奈「はーぁ…」

麗奈「美優に仕返しするどころか、あんな恥ずかしい姿を見られてしまったわ…」

麗奈「…」ブクブク

麗奈「きーー!!思い出すだけでも腹が立つわ!!//」

麗奈「美優のやつ、今に見てなさい!!」

麗奈「このレイナサマが必ずやあんたを…」

ゴロゴロ…

麗奈「ひっ、雷!?」


57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/18(金) 03:04:01.02 ID:6RCHpgtf0

麗奈「もうっ!びっくりさせないでよね!」

麗奈「まったく…」

「タスケテー!!!!」

麗奈「きゃっ!!」

麗奈「な、なによ!なんなの今の声は!?」

ゴロゴロピシャーン!!

麗奈「きゃあああああ!!」

ブチッ

麗奈「えっ、なに?停電!?」

麗奈「ちょっとやだ、真っ暗じゃないの…」

麗奈「べ、別に怖くなんかない…けど…」

麗奈「うぅ…」

麗奈「美優、茜…」

麗奈「たすけてぇ…」ぐすっ


58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/18(金) 03:26:22.95 ID:6RCHpgtf0

105号室

友紀「ぐーぐー…」

楓「…」スヤスヤ…

裕美「二人とも寝ちゃいましたね…」

清美「アイドルにあるまじき姿ですね」

千秋「はぁ…みんな、あんな大人になったらダメよ」

小梅「それじゃあ…次は私の番…」

裕美(小梅ちゃんの怖い話って怖すぎるよ…)


59: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/18(金) 03:27:42.08 ID:6RCHpgtf0

小梅「これは…プロデユーサーと…電車に乗った時の話…」

小梅「仕事が終わって…プロデューサーと一緒に電車に乗ったんだけど…」

小梅「私…疲れててそこで寝ちゃったんだ…」

小梅「目が覚めると…プロデューサーがいなくなってた…」

小梅「ううん…プロデューサーだけじゃなくって…他の乗客もみんな…」

裕美「ひぇえ…」


60: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/18(金) 03:28:27.91 ID:6RCHpgtf0

小梅「電車は…ちはや駅って…聞いたことない駅に止まってた…」

小梅「駅員さんに…話を聞こうと思って…電車を降りたんだ…」

小梅「でも…どれだけ歩いても…永遠にホームが続いて…駅員さんも、誰もいないの…」

清美「…」

小梅「しばらく歩いてると…プロデューサーがいたんだけど…」

小梅「なんか様子が変なの…」

小梅「うずくまって…なんか泣いてるみたい…」


61: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/18(金) 03:29:09.48 ID:6RCHpgtf0

小梅「私が声をかけると…プロデューサーはこう言ったの…」

小梅「『 コ ウ メ … ? イ タ イ ヨ … 』」

小梅「『 タ ス ケ テ ー ! ! ! 』」

裕美「きゃああああ!!!」

ゴロゴロピシャーン!!

ブチッ

小梅「あ…停電…」

千秋「ちょ、ちょっと裕美ちゃん!?どこ触っ…あんっ//」

清美「皆さん、落ち着いてください!」

清美「千秋さん、ブレーカーを上げに行きましょう」

千秋「え、えぇ そうね…」


62: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/18(金) 03:46:10.35 ID:6RCHpgtf0

104号室

紗南「やった!あーがりっとー!」

美世「私もこれであがり!」

瑞樹「…」ピコピコ

紗南「ねぇ、美世さん」

紗南「川島さんは何してるの…?」

美世「恋人ができないからわざとゴールしないでウロウロしてるみたい…」


63: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/18(金) 03:46:58.85 ID:6RCHpgtf0

瑞樹「これで20人目…」ブツブツ

瑞樹「これでダメだったら…これでダメだったら…うぅ…」

思いをよせるマコトに告白するチャンス!どうする?

1、告白する
2、今はやめとく

瑞樹「…」ピッピ

ミズキ「私と付き合ってください!」

瑞樹「…」ドキドキ

マコト「いいですよ!キュピピピピーん!」

瑞樹「!」

瑞樹「や、やったわ…!」


64: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/18(金) 03:47:43.62 ID:6RCHpgtf0

美世「おー!やったね!」

紗南「よかったじゃん!川島さん!」

瑞樹「二人とも…!ありがとう…ありが…」

ゴロゴロピシャーン!

瑞樹「きゃっ!」

ブツン

紗南「うわっ!」

美世「て、停電!?」

瑞樹「そんな…」

瑞樹「ねぇ美世ちゃん」

美世「は、はいっ!」

瑞樹「私のマコト君は…?」

美世「それは、そのぉ…」

瑞樹「ねぇ答えて!私のマコト君は!?紗南ちゃん!!」

紗南「ひっ!それは、えぇと…あはは…」

瑞樹「なぜ…?どうして、どうしてなの…!?」

瑞樹「わからない…!わからないわ…!!」


65: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/18(金) 04:05:21.13 ID:6RCHpgtf0

107号室

仁奈「んが!!」

仁奈「はっ!」

仁奈「なんでごぜーますか!今の音は!」バッ!

仁奈「…」

仁奈「なんだ、仁奈のいびきでしたか…」

仁奈「おや?」

あやめ「すやすや…」ぎゅー

文香「…」すーすー…

仁奈「ふっ、あやめお姉さん、甘えんぼでごぜーます」


66: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/18(金) 04:06:10.78 ID:6RCHpgtf0

仁奈「ふわぁ…さて、仁奈も朝までもう一眠りするですよ…」

ゴロゴロ…

仁奈「むっ、雷様でごぜーます」

仁奈「仁奈はもう9つですよ…雷なんて怖く…」

ゴロゴロピシャーン!!

仁奈「うおおおおおお!!!」ビクゥ

仁奈「な、なかなかやりやがりますね、雷様…」

仁奈「こうなったら…」

仁奈「あやめお姉さんの気持ちになるですよ…」

仁奈「おやすみなさい!」ぎゅー!!

文香「…うーん…」


70: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/19(土) 14:13:47.98 ID:onQcib+v0

103号室 千枝の部屋

ガチャ

千枝「きゃああああ!!」

礼「ひっ!な、なに!?」ビクッ

千枝「え…?れい…さん…?」

千枝「どうしたんですか…?こんな夜中に…」

礼「え?あ、その…雷鳴ってるけど、千枝ちゃん大丈夫かぁなって…」

ゴロゴロ…

礼「ひっ!!」


71: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 14:14:52.13 ID:onQcib+v0

千枝「礼さん…?」

礼「あ、あの…今のは…その…」

ゴロゴロピシャーン!!

千枝「きゃあ礼「いやぁぁぁあああああ!!!!」

千枝「…」

礼「…」


72: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 14:17:37.96 ID:onQcib+v0

千枝「礼さん、雷怖いんですか…?」

礼「………………うん」

千枝「だから千枝の所に来たんですか…?」

礼「………………うん」

千枝「なんで志保さんの所じゃなく千枝の所に来たんですか…?」

礼「………………近かったから」

千枝「そんなっ!千枝だって怖いの…」

ピシャーン!!

千枝・礼「ひぃぃぃぃぃいいいい!!」

礼「ち、千枝ちゃん 志保ちゃんの所に行きましょう」

千枝「は、はい!」


73: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/19(土) 15:17:07.85 ID:onQcib+v0

101号室 

茜「真っ暗になっちゃいましたねー」

美優「そうね 麗奈ちゃん、大丈夫かしら…」

パッ

茜「あ、明かりがつきました!」

美優「良かったわ…」ホッ

美優「あら…?」

麗奈「…」

美優「ど、どうしたの麗奈ちゃん!そ、その…裸で…//」


74: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 15:17:48.15 ID:onQcib+v0

麗奈「…」ぐすっ

麗奈「美優ぅ…」ギュウ

美優「きゃっ…どうしたの…?」

麗奈「怖かったのぉ…怖かったのよぉ…」

美優「麗奈ちゃん…」

美優「そうね…怖かったわね…」

美優「もう大丈夫よ…」ヨシヨシ


75: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 15:19:34.36 ID:onQcib+v0

__
_


茜「麗奈さん、これどうぞ!」ことっ

麗奈「これ、ゴージャスプリン…?どうして…」

美優「茜ちゃんがね、やっぱりこれは麗奈ちゃんにあげるんだってとっといてくれたのよ」

麗奈「そうなの…」

美優「これからは好き嫌いしちゃダメよ?」

麗奈「わかってるわよ…」

麗奈「あ、あのっ…美優…茜…」

麗奈「ありがと…//」ボソッ


76: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/19(土) 15:20:32.74 ID:onQcib+v0

美優「!」

茜「!」

美優「ふふっ…」

茜「麗奈さん、顔真っ赤です!」

麗奈「なっ!//」

茜「とっても可愛いです!」ナデナデ

麗奈「やっ、やめなさいよ!!//茜のくせに生意気よ!!」


77: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 15:32:40.75 ID:onQcib+v0

104号室

瑞樹「男なんか…男なんかろくなもんじゃないわ…」グビグビ

美世「瑞樹さん、ちょっと飲み過ぎじゃ…」

瑞樹「いーえ、まだまだ全然足りないわ」

紗南「川島さんごめんね…私が人生ゲームやろうなんて言ったばっかりに…」

瑞樹「どうして紗南ちゃんが謝るのかしら?それより、紗南ちゃんも一緒に飲まない?」

紗南「えっ」

美世「ちょっと何言ってるんですか!紗南ちゃんはまだ未成年ですよ!?」

瑞樹「やーねぇ、冗談に決まってるでしょ?」ケラケラ

美世「まったくもう…」


78: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 15:33:46.98 ID:onQcib+v0

美世「紗南ちゃん、もう遅いから先に寝てて」

紗南「う、うん」

紗南「でも美世さん、1人で大丈夫?」

美世「うん、頑張るってみるよ…」

紗南「わかったよ それじゃあ頑張ってね」

美世「おやすみ」

瑞樹「ふぅ…」

瑞樹「紗南ちゃんもいなくなったことだし、これからは大人の時間ね」

美世「え…?」

瑞樹「さぁ…」

瑞樹「パーティータイムよ!!」


79: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 15:35:06.88 ID:onQcib+v0

105号室

千秋「どうなっているの…?」

清美「小梅さんがいなくなってますね…」

千秋「そして裕美ちゃんが寝ているわ…」

裕美「…」

清美「あ、こんなところに置き手紙が」


今夜…あの子たちと…
お話する約束だったから…
先に102号室に帰ります…

        小梅


清美「あの子たち…?」

清美「…」

清美「えっ、102号室って出るの?」ゾクッ


80: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 15:35:47.32 ID:onQcib+v0

千秋「裕美ちゃん、こんな所で寝たら風邪ひくわよ」ゆさゆさ

裕美「ん…うーん…」

裕美「ちあき…さん…?」

千秋「目が覚めた?」

裕美「はい…すみません…私、小梅ちゃんの話聞いて気絶しちゃって…」

千秋「あら、そうだったの」

千秋(まぁ、あの迫力じゃ仕方ないわよね…)


81: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 15:36:27.48 ID:onQcib+v0

千秋(あれ…?でも停電した直後、私誰かに…)

千秋「…」

千秋「」ゾクッ

裕美「あ、あのぉ…」

清美「」ブルブル

千秋「」ブルブル

裕美「二人とも、どうしたんですか…?」


82: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 15:37:10.15 ID:onQcib+v0

103号室 志保の部屋

志保「雷すごいなぁ」

こんこん

志保(ん、こんな時間に誰だろう?)

志保「はーい?」

がちゃ

千枝「…」

礼「…」

志保「二人とも…いったいどうしたんですか?」

千枝「実は…」


83: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 15:37:57.13 ID:onQcib+v0

__
_


志保「はぁ…」

志保「千枝ちゃん、コーヒーは飲んじゃダメって言ったでしょ?」

千枝「はい、ごめんなさい…」

志保「それから礼さん…」

礼「はい…」

志保「雷が怖いのは仕方ないけど、小学生に助けを求めるのはやめましょうよ…」

礼「ごめんなさい…反省してるわ…」

礼「これからは真っ先にあなたの所に来るわ」キリッ

志保(それもどうなの…?)


84: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 15:38:47.41 ID:onQcib+v0

志保「さて…」

志保「それじゃあ少し狭いけど三人で寝ましょうか」

礼「そうね…」

千枝「千枝、真ん中がいいです!」

志保「はいはい」


志保「こうなると、なんか家族みたいですね」

志保「あら…?」

千枝「…」すやすや

礼「…」すーすー

志保(二人とも安心して寝ちゃったみたい…)

志保「おやすみなさい…」


85: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 15:39:28.84 ID:onQcib+v0

104号室

美世「瑞樹さん…もう勘弁して…」グッタリ

瑞樹「何言ってるの?夜はまだこれからよ!」ヒーハー


86: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/19(土) 15:40:43.65 ID:onQcib+v0

終わりですー ありがとうございましたー
106号室が空家なのは特に意味ないです
ただのミスです





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿