TOP > アイドルマスター > 伊織「これまでも、これからも、」

伊織「これまでも、これからも、」

1: Neo 2014/05/06(火) 22:14:17.49 ID:sbEBtbEm0

とある日の夕暮れ

伊織は楽屋で一人、思い出していた。

ここまで来れた理由を


2: Neo 2014/05/06(火) 22:15:02.30 ID:sbEBtbEm0

私は水瀬家の長女に生まれた

文字通り水瀬家の長女として

家族も、友人も、周りは誰も私を水瀬伊織としてみてくれなかった

私がやったことは水瀬家の長女として、水瀬家のものだった

気に食わない

そんな本音も言えない

ただ一人、黙ってうさちゃんを抱えていた

ずっとひとりだった

ずっと…


そんなときだった、

街の大型ビジョンに写るアイドルを見たのは

観客の前で歌って踊る姿に一瞬で心奪われた

一人の女の子として輝く姿に憧れ、なりたいと思った

これならみんなが私を私としてみてくれる、そう思った

自分ならすぐになれるとも思った


3: Neo 2014/05/06(火) 22:15:35.52 ID:sbEBtbEm0

現実は甘くなかった

十数社の面接を受け、すべて落ちた

ボロボロになってやっと弱小プロにたどり着いた

親のコネで…

水瀬の名前を捨てるための選択に水瀬の名前を使うのが

嫌で嫌で仕方がなかった


4: Neo 2014/05/06(火) 22:16:10.28 ID:sbEBtbEm0

だが、そんな気持ちはすぐに消えた

そんな世界の果てで見つけたからだ

はじめての仲間を

水瀬家の長女としてではない

水瀬伊織として見てくれる仲間が

私を私として見てくれる仲間が

本音を言い合い、笑い、怒り、それをまた笑いの種にできる仲間がいる

もう一人じゃない

私を必要としてくれる仲間がそばにいてくれる

みんなが必要としてくれるから私が私で居られる

みんなのために頑張れる


5: Neo 2014/05/06(火) 22:16:56.69 ID:sbEBtbEm0

律子「伊織ーそろそろ出番よー」ガチャ

伊織「ちょっ勝手に入ってこないでよ、そんなのわかってるんだから!!」

さりげなく目を手で拭った

亜美「あれー?いおりんもしかして泣いちゃってるー?」

あずさ「あらー、大丈夫ですか?」

伊織「べ、別に泣いてないわよ!」

亜美「メイク落ちにくいやつでよかったねーいおりん」

伊織「だから泣いてないって言ってるでしょ!!」

ここにいる竜宮小町だけではない

それぞれの道で頑張っている765のみんなもだ

どこにいても感じられる

失っちゃいけない

確かな存在のために

今、私の中にある

夢のために

律子「さぁ行くわよー!!」

「「「「おおーー!!」」」」

私はステージに向かう





終わっちゃったけどHappyBirthday伊織
処女作ゆえキャラ崩壊及び、文における違和感等あると思います。
お目汚し失礼いたしました。





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿