TOP > シンデレラガールズ > 加蓮「歌おう、ぷちかれ!」ぷちかれ「ウタオ カレン!」

加蓮「歌おう、ぷちかれ!」ぷちかれ「ウタオ カレン!」

950: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:33:59 ID:hdu

病室のベッドの白いシーツ。
真っ白な天井と、真っ白な壁。

幼い頃のアタシにはそれが世界の全てだったし、今もその風景は心に焼き付いてて。


きっと一生、忘れる事なんかできないんだろうな、って。

そう、思ってたんだ。


951: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:34:19 ID:hdu

~7年前~


加蓮(9歳)「けほっ……けほ……っ……」

加蓮母「ゆっくりで良いのよ加蓮、慌てて食べなくても大丈夫だから…」サスサス

加蓮「…はぁ……っえほ!……うぅ……」


食事は3食、決まった時間に。

当たり前だけど病院って、消灯時間が早い。

だから必然的に生活のリズムも整って、患者であるアタシは規則正しく早寝早起き……


なんてことにはならなかった。


952: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:34:34 ID:hdu

加蓮「おかぁさん……くるしい……よぉ………」

看護師「お母さんすぐ来るからね、大丈夫だからね~」

加蓮「ひっく………もぉ……やだぁ……」


医者「はい、じゃあチクッとしますからね。いい子だからね、我慢できるよね~……はぁい、よくできましたー」

加蓮「うっ……ひっく……ぐすっ……」

医者「お母さん来られるまでついといて」

看護師「わかりました。はーい加蓮ちゃん強かったねー…」

加蓮「強くないもん…」


953: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:34:47 ID:hdu

何回、泣いただろう。
何回、諦めただろう。

たまに外出の許可がおりても、行けるのはせいぜい近所の公園くらいで。

退屈な病室で、眠れないときや、お母さんがいなくて一人の時はよくTVを見てた。

ドラマ、アニメ、バラエティ、ドキュメンタリー、映画、教養番組、時代劇……。

とにかく、その時TVに映る世界が、アタシを病室から連れ出してくれていた。


そして………それから少しして。

アタシはどうやら一度、心停止してしまったらしい。


954: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:35:08 ID:hdu

奏「お目覚めみたいね」

加蓮「……アタシ……どうなったの……? お姉ちゃん、誰?」

奏「そうね……私は奏。あなたと同じ入院患者………だった」

加蓮「だった……?」

奏「気分はどう? 呼吸も、頭痛も、体のあちこちの痛みも、薬の副作用も……随分楽なんじゃないかしら」

加蓮「本当だ……何でだろ……苦しくない……ちっとも……」

奏「…これ以上、無為に苦しむことはないと思ったのよね……心苦しいけれど、魂の輪廻に堕ちてしまえば、このまま楽に……」

加蓮「……言ってること、よくわかんないけど……もしかしてお姉ちゃん、ユーレイ…?」

奏「あら、よくわかったわね。まぁ、正確には違うのだけれど」

加蓮「見慣れてるから…ここにいると……でも、違うの?」

奏「ええ……私は、あなたの命を終わらせるためにここへ来た。あなた達の言葉で言うのなら、死神……ということになるのかしらね」

加蓮「死……神……」


955: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:35:19 ID:hdu

ショックだった。でも、その一方で「なんだ、やっとなんだ」とも思ったんだ。

いつかその時が来るんじゃないか
そう怯え続けて、ここまで来たけど。

やっと、それも終わるんだなって。


…でも。


956: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:35:44 ID:hdu

加蓮「ねえ、死神のお姉ちゃん。アタシね、アイドルになりたかったんだ」

奏「……そう」

加蓮「子供っぽいって笑わないんだね」

奏「だって実際あなた、まだ9歳の子供じゃない。女の子が女の子らしくするのに理由なんか必要ないでしょう?」

加蓮「うん……そうかも。でもね」

加蓮「TVで見たんだ、アイドルのステージ……夢みたいにキラキラで……アタシもあんな風になれたらなぁって……でも、終わっちゃうんだよね」

奏「…そうね」


957: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:36:00 ID:hdu

加蓮「もっと色んな事したかったな……」

加蓮「美味しいものいっぱい食べてさ」

加蓮「色んな人と友達になって」

加蓮「それでね、元気に外で遊び回るの、泥んこになりながら…」

加蓮「たまにドジなんかしちゃって怒られたりしてさ」

加蓮「それでも、絶対に諦めないんだ……夢に見た世界に……体当たりでぶつかっていくの」


加蓮「……アタシ、まだフライドポテト一本も食べたことないんだよ」

加蓮「……食べてみたかったなあ…」


958: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:36:14 ID:hdu

奏「………」


P「……見つけた!」

加蓮「えっ」

奏「えっ」


959: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:36:40 ID:hdu

P「はぁ……たまたま過労で入院してたらどえらい美人を見てしまってな……ふぅ……あ、これ名刺ね」

奏「ええと、あの……貴方、どうして私が視えて……? というか、今の会話……」

P「あー…出待ちでうっかり聞こえちまったよ、スマン…」

奏「いえ…待って、よく見たら貴方、死相が出てるわね、物凄くくっきりと…」

P「ナルホド。まぁだからキミが視えたんだろうし結果オーライって事で…」

奏「良くないわよ、どんなブラック企業なの」

加蓮「げいのうじむしょ……の……プロデューサーさん?」

P「いや、参ったよ。うちの社長が急に思い立って、アイドル部門を設立するぞ!今から手回ししなくては!なんて言い出してさ」

P「とりあえず200人くらいスカウトなり目星付けろって無茶振りしてきてな」


960: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:37:03 ID:hdu


奏「…因みにそのプロジェクト、いつ始まる予定なの?」

P「大体十年後かちょっと早まるかくらいだとさ」

奏「バカなの?」

P「というか俺一人で社員も集めなきゃならんわけでね…まだ事務員1人と社長だけだし」

奏「いつか死ぬわよ?」

P「人はいつか死ぬ!」

加蓮「ぷっ………あははははは……!」

奏「…………笑われてるわよ」

P「ほう……よくよく見れば笑った顔がなかなかの逸材……よし、アイドルにならないか」

加蓮「へ?アタシ、今から死ぬんだよ?」

P「…何とかなりません?」

奏「はぁ………出来ない事はないけど……でも、それはつまり……」


961: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:37:19 ID:hdu

~~~~~~


ぷちかれ「カレン」「ポハヨー」「アソボ!」ユサユサ

加蓮「……ん、んん……」

加蓮「……夢……か」


ぷちかれ「ハラヘタ」キュルル 

ぶつかれ「ポテンドーン」ぷちかれ「ポヒャア」

ポテポテ……ポテポテ……


962: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:37:30 ID:hdu

加蓮「……体当たりで食べたがりで元気で泥んこで夢いっぱいだね、アンタ達」クスッ

ぷちかれ「「「「「ポテェ?」」」」」


963: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:37:45 ID:hdu


~事務所~

周子「死神ってアレでしょ、枕元に出るからひっくり返して念仏唱えてがっぽがっぽ……アレ、違ったっけ…?」

奏「落語じゃないわよ」



P「しかし……奏はあの頃からちっとも変わんないな……そのまんまだ」

奏「享年17なの、私。歳は取らないわ」

菜々「なん………だと………!?」

心「パイセンパイセン、顔が死神になってるゾ☆」


964: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:38:01 ID:hdu

P「あの日、加蓮は生きる事を選んだ。苦しんで苦しんで、苦しんだ先にもしかしたらあるかもしれない、一縷の望みに賭けたんだ」

奏「生きるという事はつまり……また病の苦しみと戦うことを選んだ、と言うこと。治る可能性なんて万に1つ、それでも……」

加蓮『だって病気に勝てばアイドルだよ……!? えへへ……!』

P「荒れた時期もあったけど、アイツは乗り越えた。そして、俺も何とか部門設立にこぎつけた。」

P「そして………あの芋が生えた。」


965: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:38:16 ID:hdu

~~~~~

加蓮『あそこのツタ…また食べる気だよきっと!』

P『あ、おい加蓮』

加蓮『こら、芋泥棒、出てきな、よっ!』グイッ

ズポズポッ

P『な……』

加蓮『芋に何かかぶりついてる…』

もぐら(?)×5「ジタバタジタバタ」


966: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:38:35 ID:hdu

~~~~~

P「加蓮……知ってるか? じゃがいもってツタは出来ないんだよ」

P「あの日…あの畑に俺が植えていたのはじゃがいもだけだった」

P「おかしいとは思ったんだが、結局ノリでここまで来ちまった」


芳乃『恐らくはー…加蓮さんの夢を見る心が強かったがゆえー 5匹ものぷちかれが生まれ出てしまったのでしょうー』

P「後で芳乃に聞いてみたら、そう言ってたっけな…」


P「そして……今日」


P「また1つ……夢が叶う時が来た」


967: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:38:51 ID:hdu

~ドーム・コンサート会場~


加蓮「それじゃいくよ~!最後はこの曲っ! 皆~!出てこーいっ!」


「「「「「ポテポテポー♪」」」」」


968: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:39:11 ID:hdu

泥んこスマイル

歌 加蓮&ぷちかれ隊



加蓮&ぷちかれ隊「ポテテ ポテテ ポテポテポー ポテテ ポテテ ポテポテポー」

加蓮「ちょっと目離すとすぐに」(ポテテ)

加蓮「何かトラブルまみれ」(ポテテ)

加蓮「ホント元気で困っちゃう」(ポテテ)

加蓮「泣いてる暇もないくらい」(ポテェ♪)

加蓮「きっといつもの毎日」(ポテテ)

加蓮「だけど何かが違ってる」(ポテェ?)

加蓮「ワクワクのメモリアル」(ポーイ!)

加蓮「立ち止まってなんかられない」

加蓮「壁にぶつかってしまっても 道に迷ったりしちゃっても」

加蓮「ぶつかって穴掘って乗り越えてがむしゃらに進め~」


(ポテ工エエェェェェエエ工)

加蓮「絶対諦めない!」


969: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:39:26 ID:hdu

加蓮「強く 弾んだら 高く 飛んじゃって きっと 夢の先 手が届く」


加蓮「膝を抱えて落ち込むなんて 膝がないからできないもんね?」

ぷちかれ「ポッテン!」


加蓮「いつもニコニコハリケーン たまにホントに大爆発」ポテェ

加蓮「泥んこまみれで走り回って うるさいくらいにはしゃぎまわって今日も~」

加蓮「ご飯食べて みんな仲良し~」(ナマイモー)

加蓮&ぷちかれ隊「ポテテ ポテテ ポテポテポー ポテテ ポテテ ポテポテポー」


970: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:39:44 ID:hdu

加蓮「一緒にーっ!」

「ポテテ ポテテ ポテポテポー ポテテ ポテテ ポテポテポー」

「ポテテ ポテテ ポテポテポー ポテテ ポテテ ポテポテポー」


「「「「「ポテ工エエェェェェエエ工!」」」」」

ワアアアアア……


~~~~~


971: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:39:58 ID:hdu

~ライブ翌日~

P「全く…前代未聞だぞ…もぐら5匹の飛び入り参加ドームコンサートなんて…」

ぷちかれ「プチカレ アイドル!」「ポーイ!」「ヤッポー」「ポッテン」「ポテポテポー♪」


加蓮「あ、フライドポテトのお店っ!」

「「「「「フライドポテテ!!」」」」」


ポテ工エエェェェェエエ工………!!


972: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:40:09 ID:hdu

P「行っちまった………なーんか最終回っぽい雰囲気だな、オイ」

ぷちみお「ナンテジダイダー…」

P「ん……? 何故ぷちみおが…?」

ぷちみお「リュセ?」キョトン


次回、ぷちみおシリーズ始動!!

P「!?」

ぷちみお「オワァ!ナンテジダイダー!」

おわれ。


973: ◆6RLd267PvQ 2019/02/10(日)23:44:32 ID:hdu

加蓮とぷちかれの物語は、ひとまずここまで。

これからもちょこちょこ出番はあるでしょうが、一旦主人公を交代します。

具体的には次スレは「彼女」達の当番回という感じで。

勿論、ゲスト回はちょいちょいはさみます、今までの感じで。



加蓮「じゃ……任せたよ、未央。」

未央「よーっし……!張り切ってやっちゃおうっ!」

ぷちみお「リューセー☆」


ではではお目汚し、失礼をば。

次回からも心機一転、よろしくお目通しの程…





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿