TOP > シンデレラガールズ > 双葉杏「My Song」

双葉杏「My Song」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:25:12 ID:pOiu2UPg

モバマスss
短いし勢いで書いたのでだらだらな感じです

一応
双葉杏「生活」の続きというか後日談というか


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:26:20 ID:pOiu2UPg

杏「・・・」ジーッ

P「・・・」カタカタ

杏「・・・」ジーッ

P「・・・杏」

杏「なに?」

P「言いたいことがあるなら言いなさい」

杏「別にないけど」

P「あ、そう・・・」

杏「うん」



杏「・・・」ジーッ

P(なんかすげぇ俺のこと見てくる)


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:29:21 ID:pOiu2UPg

気づいたのはここ最近。
なんか視線を感じるなーと思ったら杏が俺のこと見てる。
最初は暇なのかと特に気にしてなかったけど、
近頃気づいたら何時も見られてる。


ちょっと変だな、と感じたのはこの前仮眠室で寝てたときのこと。


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:30:06 ID:pOiu2UPg

P『zzz』

杏『・・・』

P『zz・・・ふわっ・・・ふぁ~ぁ・・・』

杏『おはよ』

P『おは~・・・よくねた・・・えっ』

杏『ぐっすりだったね』

P『・・・』

杏『どったの』

P『なにしてんの』

杏『別に?』




P(まさか寝てるとこを見てるとは)

流石に違和感を感じる。


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:30:54 ID:pOiu2UPg

P(まぁ)

杏「・・・」ジィーッ

P(別に困ることもないんだけどさ)


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:32:03 ID:pOiu2UPg

P(でもやっぱ気になる!!!)


P「なぁ杏」

杏「ん?」

P「さ、最近どう?」

杏「んー、ぼちぼち」

P「だ、だよねー!そんなもんだよねー!」

杏「ん」

P「・・・」

杏「・・・」


P(会話が続かねぇ)


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:33:13 ID:pOiu2UPg

P(無言の訴えなのか・・・?)


P「杏、飴をやろう」

杏「なにいきなり・・・もらうけどさ」

P「ほれ、どれがいい?」

杏「イチゴ~」

P「何個だ?イチゴだから5個か!? イチゴ5個ほしいのか!? 5個…イヤしんぼめ!!」

杏「いや1つでいいんだけど」




杏「・・・」コロコロ

P「・・・」

杏「・・・」ジーッ

P(違ったか)


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:34:08 ID:pOiu2UPg

P(ん~わかんねぇ・・・今度千秋に聞いてみよ)

P「よし、大分片付いた。杏、なんか食べにいくか」

杏「外食めんどい」

P「えぇ」

杏「なんか作って」

P「え~・・・簡単なもんしか出来んぞ」

杏「だいじょーぶ、期待してないから」

P「作ってもらう側なのに随分えらそうだなお前!」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:42:47 ID:pOiu2UPg

杏「うち来て作って~」

P「まぁいいけどね・・・送って行くついでに適当に材料買ってくか」

杏「流石プロデューサー。杏の家の冷蔵庫にたいした食材がないとお見通しだね!」

P「大丈夫、期待してなかったしな」

杏「へへへ」

P「褒めてねぇよ」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:43:57 ID:pOiu2UPg

-車内-

杏「・・・」ジーッ

P(また見てる)



P「・・・杏、アイドルどう?」

杏「・・・さっきも聞かなかった?」

P「まぁまぁ。どうなん?」

杏「ぼちぼちだって」

P「みんなと仲良くやってる?」

杏「ん~みんな良くしてくれてると思うよ」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:48:43 ID:pOiu2UPg

杏「千秋はいつでもいじり甲斐あるし」

P「また不憫な・・・」

杏「きらりはいつでもはぴはぴしてるし」

P「まぁだろうな」

杏「他にも個性強い人ばっかりだし」

P「お前も含めてな」

杏「そう?結構地味じゃない?」

P「ニートを売りにしてるアイドルなんていねぇよ・・・」

杏「へへへ」

P「褒めてねぇ・・・ん?いや褒めてる?」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:51:06 ID:pOiu2UPg

杏「そうだねぇ・・・うん、退屈しないよ。ここにいると」

P「ん、そうか。」


P「なら、良かった」ニカッ

杏「・・・」

P「連れて来た甲斐があったってもんだ。・・・?どうした急に黙って」


杏「いや」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:54:30 ID:pOiu2UPg

P(杏は何かを噛み締めるように、何かを胸に刻むように)



杏「なんでもないよ」



P(微笑みながらそう言った)


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:55:26 ID:pOiu2UPg

千秋「って言ってたのだけど」

杏「あ~・・・そうだね」

千秋「何かあったの?」



杏「ん・・・何ていうか・・・見ていたかったんだよ」

千秋「・・・全く訳が分からないんだけど」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 01:57:31 ID:pOiu2UPg

杏(今まで見れなかった分、どんな時でも)

杏(寝顔だって笑顔だって)



杏「見ていたかったんだよ」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 02:00:35 ID:pOiu2UPg

おしまい


前回のが意外と反応もらえたのでまた書いてみました。
自分も道産子なんですけど北海道シリーズの方とは無関係です。
あんな素敵な文は俺には書けそうにない・・・


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/03/03(月) 02:07:02 ID:pOiu2UPg

元ネタは前回と一緒にしようと思ってたんですが
前回ので杏は生活できるようになったのでちょっと難しかったです。

杏目線からは元ネタを見てみてください

それでは





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿