TOP > シンデレラガールズ > 幸子「正直者プロデューサー」

幸子「正直者プロデューサー」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:03:32.05 ID:CLZeKbXj0

幸子はカワイイ。それだけが真実――

よろしくお願いします。


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:11:50.83 ID:CLZeKbXj0

・幸子とプロデューサー

幸子『ボクのプロデューサーはとても素敵な人です』

幸子『仕事ができて、カッコ良くて』

幸子『いつもボクの事を考えてくれて』

幸子『カワイイお仕事を沢山取ってきてくれます』

幸子『それに、物知りで理知的、頼りがいのある男性です』

幸子『そんなプロデューサーさんの事が、ボクは大好きです――――



幸子「って、ちょっとぉぉぉ!!!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:19:01.97 ID:CLZeKbXj0

P「どうした幸子?」

幸子「どうした? じゃないでしょう!!」

幸子「何を勝手に人の心を捻じ曲げてるんですか! そんな事思った事無いですよ!」

P「そうなのか? てっきり幸子は私の事をこんな風に思っているものだと」

幸子「そんな訳ないでしょう!! 自意識過剰もいいとこですよ!!」フギャーン!


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:22:11.29 ID:CLZeKbXj0

P「おいおい、そんなに興奮するなよ。カワイイ顔が台無しだぞ?」

幸子「誰のせいだと思ってるんですか!」

P「新井が悪いよ、新井が」

幸子「新井さんの守備範囲広すぎですよ! この世全ての悪ですか!?」

幸子「って、話題を逸らさないでください! プロデューサーさんと話していると、いつも話題がどこかへ飛んでいくんですから!」

P「ところで興奮とビーフンって似ているよな、バクフーンも」

幸子「話題を!! 逸らさないでください!! そもそもなんですかその話題のチョイス!!」

P「バクフーンがビーフンに大興奮、あと幸子も。みたいな?」

幸子「なんでボクまで一緒に大興奮してるんですか! ビーフンそこまで好きでも無いですよ!」

P「いやいや、私くらいの人間になると否が応でも分かってしまうものなんだよ。幸子から滲み出る本当の気持ちってヤツがな」

幸子「滲み出てくる本当の気持ちがビーフンへの愛とか嫌すぎますよ!!」

幸子「そもそも気持ちが分かるメカニズムが意味分かりません!」

P「ほら、私って読心術で生計を建ててきた家系だから」

幸子「この前は漁業を生業にしてきた家系って言ってましたよね!?」

P「読心術で生計を建てつつ、漁業を生業にしていたんだよ」

幸子「そんな人居る訳ないですよ!!」

P「いや、居るかもしれないだろう」

幸子「居ません!! 絶対居ないんです!!!」

P「そんな横暴な」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:23:59.85 ID:CLZeKbXj0

幸子「そもそもその二つ、親和性低すぎですよ! 全くお互いの役に立たないじゃないですか!!」

幸子「そう、合理的じゃないです! 先人の知恵はそんなものでは無いはずです!!」

P「合理的とは橘ちゃんかお前は……」

幸子「ほっといてください」

P「というか、役立つかもかもしれないだろう? 漁業と読心術。お魚の気持ちになるですよ的な」

幸子「せめて仲間との意思疎通とかじゃないんですか!?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:27:12.10 ID:CLZeKbXj0

P「ふむ、そもそもだ幸子」

P「人間はいつだって合理的という訳では無いだろう? そんな時もある」

P「いや、むしろ非合理こそが人間と言えるのではないだろうか。いらぬ散財はするし、自殺したりもする」

P「いつだって最善しか選ばない人間がいたのなら、それは人では無く、人とそっくりなロボットだよ」

P「幸子はロボットになりたいのか? 夢の美少女ロボットか? 一家に一台、幸子ロボなのか?」

幸子「い、いや……」

P「ああ、ロボットと言えばアンドロイドだな。幸子、ディックの小説のこんな一文を知っているか?『電気動物にも生命はある。たとえ、わずかな――」

幸子「話が逸れすぎですよ! よくもそんなに一人で喋っていられますね!?」

P「昔、医者を目指していた友人の吉田に『お前の病気……いつか直してやるからな……』と涙ながらに言われた事がある」

幸子「ほらぁ!! 病気扱いされちゃってるじゃないですか!!」

P「吉田はとても良い奴でなぁ。幸子も見習うといい、私の話を熱心に聞いてくれたぞ」

幸子「さぞや聞き流すのが得意だったんでしょうねぇ……是非ともその方法を見習いたいですよ」

P「1日に4時間は私の話に付き合ってもらったな」

幸子「すみません無理です見習えません!! というか、友達は選んでください吉田さん!!」

P「って言われた吉田は『人には少しくらい欠点があるものだよ。大丈夫、お前は俺の友達さ』って言ってくれたぞ」

幸子「良い人過ぎますよ!? この人と巡り会ってしまうなんて、吉田さんは前世で悪い事でもしたんですか!?」

P「流石にひどくないか?」

幸子「妥当な評価ですよ!」 


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:29:29.37 ID:CLZeKbXj0

幸子「って、また話題が逸れてますよ! 元々の話題は……え、えーと、あのー、そのー」

P「漁業に置ける読心術の有用性について、という話じゃなかったか?」

幸子「!! そ、そうです! その話ですよ!!」

幸子「ふ、フフーン! 今のは忘れてた訳じゃありませんよ! プロデューサーさんを試したんです!!」

P「そうか、流石だな幸子」

幸子「そうです! カワイクて賢いんですよボクは! もっと褒めても良いですよ!」

P「ああ、幸子はカワイイな」

幸子「そうでしょうそうでしょう! カワイイボクの頭を撫でてくれても―― あれ?」

幸子「元々そんな話でしたっけ……?」

P「幸子は本当に面白いなぁ」ナデナデ


幸子(ボクのプロデューサーは、大嘘吐きです)


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:31:43.97 ID:CLZeKbXj0

・幸子と真面目

幸子「ハァ……プロデューサーさんは真面目な話ができないんですかねぇ……」

P「ため息をつくんじゃない。私はいつだって真面目だ」

幸子「あれで真面目は有り得ませんよ」

P「カカオ100%のチョコレートって、最早ただのカカオじゃないか?」

幸子「それで真面目は有り得ませんよ!!」

P「うえ……にっっが……」

幸子「なんで食べてるんですか!?」

P「あのな? ポリフェノールがな? 血圧低下にだな」

幸子「効能を聞いてる訳じゃありませんよ!! ああもう! 真面目に真面目な話はできないんですか!!」

P「おいおい、幸子。私ほどの真面目な男はそうはいないぞ。ゆうパックのCMレベルで真面目だ」

幸子「プロデューサーさんは、バカか真面目で言ったらバカじゃないですか!」

P「歯に衣着せなすぎだろう……」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:33:57.55 ID:CLZeKbXj0

幸子「そもそもプロデューサーさんって、よくクビになりませんよね」

P「どういう事だ?」

幸子「いつも適当な事を言ってふざけて、職務に不真面目じゃないですか」

P「お、おお」

幸子「よくあんなに嘘や冗談が口からついて出ますよね。トーキング・ヘッドでも仕掛けられてるんじゃないですか?」

P「バカを言うんじゃない。私の舌は自前だ。彼らの様に切り取りでもしたら、人類の損失だぞ!」

幸子「いえ……別に人類は困りませんが……」

P「困るに決まっている! 私の舌は常人の3倍は使うからな。きっとうまいぞ!」

幸子「用途が食用!?」

P「仙台名物になれるレベルだ! あっ、ずんだじゃないぞ??」

幸子「なぜ今の会話の流れでずんだだと思うと思ったんですか!!」

P「幸子が勘違いしていないか、という私なりの気遣いだ」

幸子「不必要な気遣いって、むしろ毒ですよね」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:37:11.66 ID:CLZeKbXj0

P「……とにかく! 気遣いは大事なんだ! 社会人は特にな」

幸子「まあ、そうなんでしょうねぇ」

P「気を遣え気を遣えと……くっ!」ボソボソ

幸子「はい?」

P「幸子……気を遣えと強要してくるのは、気遣いが足りないと思うんだ……」トオイメー

幸子「そ、そうですね?」

P「そもそも強要された気遣いって、もう気遣いじゃない……」トオイメーーー

幸子「!! な、なんだかよく分からないスイッチが入っているのでやめましょう!」

P「!! あ、ああ! そうだな」

P「コホンッ」

P「社会人にとって重要な事、それは上に媚びへつらう事。それだけだ」

幸子「珍しく本当の事を言ったと思ったらこれですか……」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:42:04.04 ID:CLZeKbXj0

・幸子と真面目(カワイイ)

幸子「そろそろ真面目な話をですね!」

P「イエーイ、真面目カワイイ幸子ちゃん!」

幸子「!!」

P「真面目なのにカワイイ! なぜなら幸子だから!! サチカワ!! マジカワ!! 真面目カワイイの略称!!!」

幸子「!!!」

P「カワイイの権化!! 極限までカワイイを極めたら、極限まで幸子に近しい存在になるのは自明の理!! なぜならカワイイから!! 幸子にかかれば『地獄』という単語すら『カワイイ』というルビが付く!!」

P「なんなら「カワイイ」と言ったら「幸子」と言っているのと同義!! カワイイの概念を地で往くアイドル!! アイドル版楊貴妃! 現代の小野小町! 自称・傾国の美女!!」

幸子「!!!」

幸子「!!!!!」

幸子「と、当然じゃないですか!! ボクがカワイクて真面目なんて当たり前ですよ!! でもそうですね、やっぱり日々の確認は大事ですよね~~! 流石はプロデューサーさんですよ! 分かってますねぇ!! 特別の特別にですがカワイイボクの手を握らせてあげましょう!! ボクはカワイクて優しくてカワイイので!!!」

P「よっ! 優しくてカワイイ幸子ちゃんっ!」ニギニギ

幸子「フフーン♪ そうでしょうそうでしょう!! しゃがんでください! ボクが撫でてあげましょうっ!!」ナデナデ

P「それは光栄だぁ」ナデナデ

幸子「フフーーン♪♪♪」

P(……チョロカワ)


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:45:36.45 ID:CLZeKbXj0

・幸子とケーキ

幸子「さて、そろそろ打ち合わせに入りましょう」

P「いままでずっと打ち合わせ中だったんだがな、ずいぶんと時間が掛かってしまった」

幸子「あんなの打ち合わせなんて言いませんよ」

P「で、改めてこれからの予定だが――っと、そうだ、忘れていた」ゴソゴソ

幸子「? なんですか?」

ガサゴソ
P「よっと。ほら、ケーキの差し入れだ」

幸子「なぜ今から打ち合わせを始めようという時に……って、これは!」

幸子「最寄り駅に居を構えるケーキ屋さんの、限定ケーキじゃないですか!!」

幸子「平日の朝9時から10時限定。通勤ラッシュ明けの少し閑散とした時間帯という絶妙に行きづらい時間かつ、告知無く不定期販売されるので巡り会えるかは完全に運!! 一部の熱狂的なマニア達は販売予測表なる物を作り出す始末!! 更なる玄人は「巡り会えた時に買うのが流儀」と逆にちょっと穏やかな感じになる、あの限定ケーキじゃないですか!!!」

P「説明ご苦労。まさにそのケーキだ。食べていいぞ」

幸子「い、いいんですか! ありがとうございます!! プロデューサーさんも良い所がありますね!」

P「運が良かった。偶然立ち寄ったら数個だけ残っていたんだ」

幸子「おお! それはラッキーですねぇ!」

P「お互い、日頃の行いが良かったんだろう。主に私の」

幸子「ま、まあ……買ってきてくれたのはプロデューサーさんなので……それでいいです……」

P「なぜ微妙に不服そうなんだ……」

幸子「自分の胸に聞いてください。ところで……」

幸子「このケーキ、一つしかありませんけど……食べちゃっていいんですか……?」

P「ん?」

幸子「その……プロデューサーさんも食べたいなら……その……」

幸子「半分こして……一緒に……」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:48:05.26 ID:CLZeKbXj0

P「……」

P「ああ、いや、実は3つあったんだが、2つは私が食べた」

幸子「え?」

P「最後の1つに手を付けようとした所で、幸子の存在を思い出したんだ。だから、気にせず食べていいぞ」

幸子「……」
P「……」
幸子「……」カチーン

幸子「フ、フーン!! そうですか!! なら食べますよ!! 食べてしまいますよっ!!!」モグモグモグモグ

P「あ、ああ……召し上がれ……」

幸子「あー! おいしいですぅー! ありがとうございますぅー!! 流石はボクのプロデューサーさんですぅぅー!!」モグモグプンプン

幸子「カワイイボクに相応しいケーキですねぇ!! おいし~~~!!」プンプン

P「……」

P「……あー、ところで」

P「……そのケーキ屋がなんか爆発したらしい。もう二度と食べられないかもしれないから、よく味わうんだぞ?」

幸子「場を和ませるの下手すぎるでしょう!! しょうもない嘘なんて吐かないでくださいよ!!」フギャーーン!

P「お、おおう……」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:50:33.71 ID:CLZeKbXj0

幸子「そんな変な話題じゃなくて、こういう時は、ボクをたくさん甘やかせばいいんです!!」

P「……そのケーキみたいにか?」

幸子「このケーキより、うんとあまーくです!!」

P「……これ以上甘やかしたら、恰幅のいい幸子になってしまいそうだな」

幸子「な、なりませんよ! 失礼ですね!! ボクはカワイイので太りません!! それに……」

幸子「どんなボクでも絶対にカワイイんですから、問題ないです!!」

P「……そうか」

P「なら、問題ないな」ナデナデ

幸子「そうですよ!!」ナデラレナデラレ

P「……なんか、すまん」ナデナデ

幸子「……ボクはカワイクて優しいので、今回は許してあげますよ♪」ナデラレナデラレ

P「ああ……」ナデリンコ


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 02:51:37.13 ID:CLZeKbXj0

幸子(……)ナデラレナデラレ

幸子(いや、流石にちょっと問題はありますね……)ナデラレンコ


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:03:11.15 ID:CLZeKbXj0

・幸子とエクスプロージョン

~輿水家~

幸子「ふう、今日も疲れましたね」ユアガリー

ニュース『今日のニュースです』

幸子「おや」

ニュース『午前10時頃、〇〇駅のケーキ屋から爆発が発生しました』

幸子「!?」

ニュース『3人が重症を負いましたが、命に別状はありません。なお、爆発の原因は調査中です』

幸子「……」

幸子「ほんと……」

幸子「嘘なのか本当なのか、分かりづらいんですよ……」

幸子「……」

ピッポッパッ
prrrrrrrrrrr

幸子「……あっ、プロデューサーさんですか? お昼のケーキ屋さんの事でですね――」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:06:35.86 ID:CLZeKbXj0

了。

以下、おまけが始まります。
幸子は出てこないです。


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:08:14.29 ID:CLZeKbXj0

おまけ

不審者(ふへへ、ついにこの日が来たぜ)

不審者(この自作時限爆弾を○○駅に仕掛ける、この日がな!)

時限爆弾inバッグ『……』

不審者(楽しみだぜぇ。繰り広げられる阿鼻叫喚の地獄絵図)

不審者(想像しただけで……)

不審者「ふへ、ふへへへへ」

通行人(うわ、なんだこいつキモ)


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:10:11.55 ID:CLZeKbXj0

不審者(よし、ここのベンチの下にでも置いておくか、たぶん見つからないだろ)

不審者(後は時間がこればドカンッ!よ。ふへへ、ニュースが楽しみだぜ)

不審者(さて、ケーキ屋を確認して帰るか。そのためにこの時間にしたんだからな)

不審者(これで限定ケーキが買えたら、今日はいい事尽くめだな。ふへへへへ)テクテクテクテク

不審者「ふへへへへ」テクテクテクテク

サラリーマン(なんだ今の奴キモ)


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:12:06.22 ID:CLZeKbXj0

サラリーマン(夜勤明け……疲れた……とにかくどこかで休みたい……)フラフラ

サラリーマン(ああ、ベンチだ。……ここでいいや)ストンッ

サラリーマン「ふう……」

サラリーマン「……」

サラリーマン(ああ、毎日毎日憂鬱だ……)

サラリーマン(職場ではヘコヘコ頭を下げ、家庭でも煙たがられる毎日。未来への希望なんて持てず、過去を振り返るだけの日々……)
サラリーマン(いっそ、電車にでも飛び込んで…… ん?)

サラリーマン「ベンチの下にバッグが……忘れ物か?」ヨイショ

サラリーマン「……普通こんな置きづらい場所に忘れるか? なんとなく気になるな……」

サラリーマン「……中見ても、バチは当たらない……よな?」ジジジジー

時限爆弾『残り10分』ピッピッピッ

サラリーマン「!?!?!?!?」
サラリーマン(!?!?!?!?)


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:13:58.73 ID:CLZeKbXj0

サラリーマン(赤や青のコードがあり、中心にはタイマー)

サラリーマン(典型的すぎる時限爆弾! ナンデ!? 時限爆弾ナンデ!?)

サラリーマン(はっ! お、落ち着け……イタズラかもしれないし、とにかく駅員に知らせなくては……)

サラリーマン(えっと、この爆弾はどうしよう、置いていくべきか持っていくべきか……)

サラリーマン(持って行って、何かの拍子に爆発したら……)ガタガタガタブルブル

サラリーマン「置いていこ……」ガタブル

サラリーマン(とにかく、急いで駅員に知らせに行かなくては!)ダッ!!

サラリーマン(妻! 娘! 友人の吉田!! 俺に勇気をくれっ!!)ダッダッダッダッダッ!


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:14:42.84 ID:CLZeKbXj0

サラリーマン「……」ダッダッダッ!

P(今の人、随分と急いでいたな)


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:17:22.40 ID:CLZeKbXj0

P(今日はどうやって幸子をからかおうか。うむ、悩む)

P「おや? ベンチにバッグが置きっぱなしだな」

時限爆弾inバッグ『……』

P(もしや、今走って行った人が忘れていったのか? 追いかけるべきか)

P(いや、あの走りっぷりは爆弾でも見つけたかの様な鬼気迫るものだった)

P(最近は物騒な事も多いし、追いかける前に念の為、中身を確認しておこう)ジジジジー

時限爆弾『残り8分』ピッピッピッ

P「……」

P(赤や青のコードがあり、中心にはタイマー)

P「変わった時計だな」

P(残り時間が減っていっているという事は、カウントが0になると――)

P「アラームが鳴るのか」

P(ふむ、アラームを掛けていたという事は何か急ぎの要件があったに違いない、やはり追いかけるか)タッタッタッタッ

P「それにしても、駅構内でアラームを掛けるとは迷惑な人だな」タッタッタッタッタッ


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:18:50.48 ID:CLZeKbXj0

P(見つからないな、駅の外に出てしまったのだろうか)

P(えっと、タイマーの残り時間は……)

時限爆弾『残り5分』ピッピッピッ

P「残り5分か…… ん? 残り5分?」

P「しまった、例のケーキ屋の確認を忘れていた」

P(今日確認を怠り、今日販売していたら、ここ1ヶ月毎日確認しに来たのが無駄になってしまうじゃないか)

P(私は甘い物はそこまで好きでは無いが……)

P「幸子が食べてみたいと、言っていたからな」

P(この忘れ物と幸子を天秤にかけ……るまでもなく幸子優先だ)

P(持ち主には申し訳ないが、寄り道させてもらおう)


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:19:53.56 ID:CLZeKbXj0

悪党A(俺達は悪党)

悪党B(悪い事ならなんでもござれ、女子供を誘拐し)

悪党A(身代金要求とかまでやっちゃうぜ)

悪党A(そして、そんな俺達が今日決行する計画は)

悪党B(なんと今をときめく売れっ子アイドル、輿水幸子を誘拐し)

悪党A(両親やプロダクションから身代金をふんだくる!)

悪党B(プランは完璧、やる気も十分!)

悪党A(後は実行に移すのみ!!)


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:22:29.81 ID:CLZeKbXj0

悪党A「くくく、そんな俺達がまさか、普段はケーキ屋さんを営んでるなんて誰も思わないよなぁ?」

悪党B「ああ!完璧なカモフラージュだぜ! 流石は相棒だ!」

悪党A「ふっ、お前こそ、ケーキ作りに関して右に出る者はいねぇよ!」

悪党B「よせやい!」

悪党AB「「わははは!」」

悪党AB「「俺達は無敵のコンビだぜーっ!!」」バァーーン!

P「……限定ケーキは売っているかな?」

悪党A「!? あっ、は、はい!! 売ってますよ!!」

悪党B(やべ! はっず!)

悪党A「お、お客さん、運がいいですね~! の、残り数個でしたよ~~」

P「……おお、それはラッキーだ。では、1つ貰おう」

悪党B「あ、ありがとうございます!」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:23:36.84 ID:CLZeKbXj0

悪党A「恥ずかしかった……」

悪党B「今度から気をつけような……」

悪党A「ああ…… ん?」

悪党A「このバッグ、いつからここにあった?」

時限爆弾inバッグ『……』

悪党B「んあ? さっきまで無かったと思うが……今の客のじゃないか?」

悪党A「いや、なんか見覚えがあるんだよなぁ……まあいいか」ゴトッ

悪党B「なんだ? 中身見ないのか?」

悪党A「ふっ、これから悪い事をするんだぜ? たまには良い事をしてみようじゃないか」

悪党B「!」

悪党A「後で、駅員にでも届けてやるぜ」キラーン

悪党B「お前……まじかっけぇぜ……!!」

悪党A「だろ?」ドヤァァン


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:26:06.48 ID:CLZeKbXj0

不審者(しまった、すっかり限定ケーキの事を忘れてた)タッタッタッタッ

不審者(きちんと確認して行かなきゃ、モヤモヤしちゃうからな!)タッタッタッタッ

不審者(もちろん、ノコノコ戻ってきた訳では無い! 俺が爆弾を仕掛けたのは東口方面、ケーキ屋は西口! 安全にノコノコできるという訳だ! ふへへへ)タッタッタッタッ
不審者(残り2分……間に合うかぁ?)タッタッタッタッ

悪党A「いらっしゃいませー」

不審者「ふへへ、限定ケーキ、ある?」

悪党B「おお! お客さん! ものすごくラッキーですねぇ!! 限定ケーキ、残り1個でしたよ!」

不審者「おお、それはツイてるぜ、ふへへへ」

悪党A「それに――」

ゴトッ

悪党A「このバッグ、お客さんのですよね?」

時限爆弾inバッグ『……』

不審者「え?」

悪党A「いやー、さっきお客さんがこのバッグを持って歩いてるのを見てたんですよー」

悪党B「いやー、やっぱりものすごくラッキーですねぇ!」

不審者「え、あっ、え?」

悪党A「中身、確認してみてください」

ジジジジー
不審者「あっ」

時限爆弾『残り5秒』ピッピッピッ

不審者「え?」
悪党A「え?」
悪党B「え?」

時限爆弾『時間だ』ピーーーーー

不審者「うわぁぁぁぁぁぁ!?」

explosion!!!!!


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:28:29.05 ID:CLZeKbXj0

P「ん? 爆発音の様なものが聞こえたが……気の所為か?」

P「まあいいか、ケーキが買えたし、今日はツイている」

P「幸子は喜んで……あっ、忘れ物をケーキ屋に忘れてきてしまった」

P「店員に気を取られすぎたなぁ……」

P「うーむ、悪い事をしたな」



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/18(月) 03:30:36.01 ID:CLZeKbXj0

おまけ、どうしてこうなった。

兎にも角にも、読んで頂けたなら幸いです。ありがとうございました。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿