TOP > 艦隊これくしょん > 【艦これ】吹雪「赤城さんの実家にお邪魔します!」

【艦これ】吹雪「赤城さんの実家にお邪魔します!」

1: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:09:16.47 ID:vfQdA0j00

キャラ崩壊注意



赤城実家――



吹雪「うわぁ~! 立派なお屋敷ですね……!」

吹雪「赤城さんってもしかして、権力者の家系だったりしますか?」

赤城「権力者かどうか分かりませんが、古くからの庄屋の一族なんですよ」

赤城「どうぞ、お好きなところに座ってください」

吹雪「あ、失礼します」ス...


2: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:15:56.57 ID:vfQdA0j00

赤城「遠くて大変だったでしょう?」

吹雪「アハハ……実は、ちょっぴり」

赤城「この距離なので、私もなかなか帰省できないんですよ」

吹雪「戦時中でなければ、もっと良い交通網があったでしょうけれど……」

赤城「そのための私たちですよ」

赤城「早く戦争を終わらせて、平和な日常を取り戻しましょう?」

吹雪「はい! 頑張ります!」ビシッ

赤城「そうでないと、うちに遊びに来てくれる人が、加賀さん以外増えませんから」フフフ

吹雪「加賀さん……」


3: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:17:34.16 ID:vfQdA0j00

赤城「それではお茶をお出ししますね」スッ

吹雪「あ、そんな、気を遣わなくても……!」

赤城「吹雪さんはお客さんですから、遠慮なく」

吹雪「でも今日は、赤城さんの休暇に無理矢理ついてきた形ですし……!」

赤城「では、私が飲みたいので、吹雪さんの分もついでに淹れに行きますね」

吹雪「……ありがとうございます」ペコリ

赤城「ふふふ……ごゆっくり」スタスタ

吹雪「……」


4: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:18:08.96 ID:vfQdA0j00

吹雪「はえ~……」キョロキョロ

吹雪「田舎の庄屋の家はでかいって、本当だったんだ……」

吹雪「赤城さんの魅力の秘訣が知りたくて、こうしてお邪魔したけれど……」

吹雪「私にも真似できるようなこと、あるかなあ……?」


5: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:18:54.88 ID:vfQdA0j00

赤城?「……あら」ガラッ

赤城?「えっと……どなたでしたっけ?」

吹雪「またまた~♪ 吹雪ですよ!」

赤城?「ああ、吹雪さんですね」

赤城?「遠方まで遙々と、お疲れ様です」フカブカ

吹雪「いやいや、そんな頭を下げなくても……!?」アタフタ

赤城?「いえいえ、わざわざお越しいただいたお客様ですので、何かもてなしを……」フカブカ

吹雪「そ、そこまでしていただかなくても大丈夫ですので……!」フカブカ


6: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:19:56.91 ID:vfQdA0j00










赤城「……あら? 二人ともどうしたの?」ガラッ

吹雪「!?!?!?!?」









7: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:21:05.32 ID:vfQdA0j00

赤城?「いえ、私が、お客さんがいるとは知らずに……」

赤城「また? 先日連絡したでしょ?」

赤城「相変わらずゆるんでるんだから」プンスカ

赤城?「そういえば今日だったわね……」

吹雪「あ、あの赤城さん……その方は……?」

赤城「……あれ?」

赤城?「私も、お会いするのは初めてです」

赤城「……あらやだ! ゴメンなさい、紹介がまだだったわね!」

赤城?「自分だって締まってないじゃない」プンスカ


8: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:21:46.85 ID:vfQdA0j00










赤城「こちら、妹の大和煮よ」

大和煮「大和煮です」ペコリ

吹雪「大和煮さん」









9: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:22:43.99 ID:vfQdA0j00

大和煮「あなたのことは姉から聞いています」

大和煮「なんでも将来のエースだとか……」

吹雪「そ、そんな! 私なんてまだまだですから!」

大和煮「噂に違わぬ謙遜っぷり……」

大和煮「持ってますね」

赤城「持ってるでしょう?」

吹雪(何を持ってるんだろう……?)


10: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:24:50.26 ID:vfQdA0j00

赤城「大和煮のことは、写真でだけ見たことがあると思います」

吹雪「え、そうでしたっけ?」

赤城「ほら、先日の新聞広告に載っていた……」

吹雪「……ああ! あの大和煮の広告の……!?」

大和煮「はい、それは私です」

吹雪「あれって妹さんだったんですね!?」

赤城「どうも、私だと勘違いする子が多くて……」

吹雪「あんなに似てたら分かりませんよ!?」

赤城「でも、加賀さんはすぐに気付いたので……」

吹雪「加賀さんは特別なんです!」

赤城「特別な加賀さん」


11: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:25:25.01 ID:vfQdA0j00

赤城「ほら大和煮、もう出掛ける時間じゃないの?」

大和煮「あら、いけない」

大和煮「それでは吹雪さん、ごゆっくり」スタスタ

赤城「もう……」

吹雪「赤城さんと大和煮さんって、そっくりですよね」

赤城「本当ですか?」

吹雪「はい。並んでると、どっちがどっちか忘れそうでした」

赤城「私は間違えたこと無いですけどねえ……」ウーン

吹雪「そら本人ですもん」


12: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:27:08.64 ID:vfQdA0j00

赤城「……あらいけない」

赤城「今のでお茶請け用意するのを忘れてました」

吹雪「あ、そんな、お構い無く」

赤城「いえいえ、吹雪さんはお客様ですから」

赤城「では、ごゆっくり」スタスタ

吹雪「……」


13: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:28:37.77 ID:vfQdA0j00

吹雪「赤城さんと大和煮さん、まるで双子みたいにそっくりだったなあ」

吹雪「私は吹雪型の長女だけど、さすがにあんなに似てる子はいないよ」

吹雪「……あ、磯波ちゃんと勘違いされたことはあったっけ」

吹雪「でも、赤城さんたちほどそっくりってわけじゃないし……」


14: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:29:12.43 ID:vfQdA0j00

赤城?「お待たせしました」ガラッ

吹雪「あれ? 早いですね?」

赤城?「なにか甘いものを探したんですけど、見つからなくて……」

吹雪「それなら別に無くても……」

赤城?「それで、ようやく気付いたんです」









赤城?「吹雪さんという、あま~いお菓子があることを……♪」ススッ

吹雪「ふわあっ///!?」


15: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:30:32.91 ID:vfQdA0j00

吹雪「そ、それってつまり……!?」

赤城?「吹雪さんのこと……おひとつ、いただきたいわ……♪」ウフーン

吹雪「はわわっ!? い、いけませんっ!」

吹雪「私には司令官という、突然『夢の中でウェディングドレス着てる君を見た』とかドン引きする妄言を抜かすお方が……!」アワワ

赤城?「でも、先輩の実家に着ちゃったのは『そういう期待』があったからではなくて?」

吹雪「あ……あわわわ……///」ブシューッ...!


16: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:31:39.25 ID:vfQdA0j00










赤城「いましたっ!」ガラッ

吹雪「!?!?!?!?」









17: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:32:37.17 ID:vfQdA0j00

赤城「陰でコソコソしてると思ったら!」

赤城?「や、やあねえ、そんなに怒らなくても……」

赤城「いくらなんでも、これは怒るに決まってます!」!カスンプ

赤城?「ゴメンなさ~い」テヘペロ

赤城「そんな言葉で許すわけがありません!」

吹雪「あ、あの……これは一体……?」

赤城「……あ、ゴメンなさい、まだ紹介していませんでしたね」


18: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:33:15.67 ID:vfQdA0j00










赤城「こちら、姉の餃子よ」

餃子「餃子です」ペコリ

吹雪「餃子さん」









19: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:34:46.78 ID:vfQdA0j00

餃子「妹のお気に入りが家にいるって聞いたから、つい……」

赤城「だからってちょっかいを出すのはどうかと思いますよっ」ツーン

餃子「話に聞いていた通り、度胸があって良い子じゃない」

吹雪「そんな、私はまだ半人前でして……」

餃子「噂に違わぬ謙遜っぷり……」

餃子「持ってるわね」

赤城「持ってるでしょう?」

吹雪(私、何を持ってるの……?!)


20: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:35:29.98 ID:vfQdA0j00

赤城「まあ姉のことは、写真でだけ見たことありますよね」

吹雪「まさかお姉さんもですか?」

赤城「はい、先日の新聞広告に載っていた……」

吹雪「……ああ! まさか、あの大阪王将の広告の……!?」

餃子「はい、はい、私です」ノ

吹雪「あれってお姉さんだったんですね!?」

赤城「どうも、私だと勘違いする子が多くて……」

吹雪「あんなに似てたら分かりませんよ!?」

赤城「でも、加賀さんは一目で気付いたので……」

吹雪「加賀さんは瑞雲なんです!」

赤城「特別な加賀さん」


21: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:37:06.12 ID:vfQdA0j00

餃子「それじゃ、私は失礼するわ」スクッ

赤城「お米全部積んだの?」

餃子「ええ」

吹雪「お米?」

赤城「姉はたまにお米をもらいに、うちに来るんです」

吹雪「お米? 独り暮らしなんですか?」

赤城「これでも嫁いでまして」

吹雪「おめでとうございます」

餃子「ふふ、ありがとうね」


22: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:38:29.60 ID:vfQdA0j00

餃子「なのでもう赤城じゃないんですよ」

吹雪「あ、そうなんですか」

餃子「今は王将です」

吹雪「王将さん」

吹雪「王将の餃子さん」


23: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:39:19.21 ID:vfQdA0j00

餃子「それじゃ吹雪ちゃん、妹と今後もよろしくね」ペコリ

赤城「ちゃんと車運転してくださいよ?」

餃子「それくらい大丈夫よ」

吹雪「お車ですか」

餃子「少し遠いので」

吹雪「お住まいはどこなんですか?」

餃子「滋賀です」

吹雪「大阪じゃないんですね」

吹雪「京都でもないんですね」


24: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:40:03.89 ID:vfQdA0j00

ブロロロロ……



吹雪「赤城さんそっくりな人が軽を運転してる(事実)」

赤城「ゴメンなさい、騒がしい家で」

吹雪「皆さん、仲良しなんですね」

赤城「ご近所さんたちから『赤城さんとこの三姉妹』と呼ばれてました」

吹雪「呼ばれるでしょう」


25: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:40:43.93 ID:vfQdA0j00

赤城「……こうなってしまっては、私も秘密を明かさなければなりませんね」

吹雪「赤城さんの秘密?」

赤城「実は私の『赤城』は、名字なんです」

吹雪「……あ、はい、そうなりますね」

吹雪「それでは、赤城さんのお名前は……」


26: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:41:25.10 ID:vfQdA0j00










赤城「私は、赤城おにぎりと申します」ペコリ

吹雪「おにぎりさん」









27: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:42:40.86 ID:vfQdA0j00

赤城「私のことは、ご存知ですよね」

吹雪「はい! 私の先輩で一航戦! 鎮守府のエースです!」

赤城「あと、いつも加賀さんと一緒におにぎり握ってる人です」

吹雪「あれはご本人だったと」

赤城「私とおにぎりを握る加賀さんは、いつもよりもテンションが高くて可愛いんですよ」

吹雪「テンション高い加賀さん」

吹雪「つまり隣に写っていた加賀さんはテンション高かったと」

赤城「ウキウキでしたね」

吹雪「ハイテンション加賀さん」


28: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:43:46.16 ID:vfQdA0j00

赤城「それにしても、そんなに似ていましたか?」

吹雪「似てるなんてレベルじゃないですよ! クリソツです!」

吹雪「三姉妹っていうのも、多分三つ子的な意味入ってますよ」

赤城「そうですか……」









赤城「それが四姉妹になると言ったら……どうします?」

吹雪「えっ」ドキッ///


29: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:44:47.12 ID:vfQdA0j00

赤城「吹雪さん」スス...

吹雪「い、いけませんっ! 私には司令官が……!」

赤城「今は私だけですよ?」

吹雪「どっちにしろ、美人三姉妹に中の上程度の私が入っても不釣り合いなだけです」

赤城「謙遜しつつ自分の立ち位置を上げていく……やっぱりあなたは持っているわ」

吹雪「私何を持っちゃってるんですか!?」ガビーン


30: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:45:49.22 ID:vfQdA0j00

吹雪「ダメですよ私なんて……ダサいですし、田舎っぽいですし……」

吹雪「……あ、芋! ホラ、私なんて芋みたいなものですから!」

赤城「おにぎりのおかずにお芋……良いじゃないですか」ジュルリ

吹雪「あ、違、そうじゃなくて……!?」アタフタ

吹雪「そう、タクアン! タクアン! おかずにもなれないタクアンなんです!」

赤城「つまり、おにぎりと最高の相性ってことですね」ジュルリ

吹雪「あちゃー」


31: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:47:03.03 ID:vfQdA0j00

赤城「私に任せてください、タクアンの扱いは得意ですから」

赤城「さあ心行くまで……」シュル...

赤城「おにぎりを……めしあがれ♪」

吹雪「う、うぅ……」

吹雪「うおぉおぉぉん!!」ガバーッ!!

赤城「きゃー♪」









このあとめちゃくちゃ赤城の握ったおにぎりを食べた





吹雪「うーまーいーぞー!!」ビカーッ!!



おわり


32: ◆ag9TZfREZs 2019/02/24(日) 23:47:36.61 ID:vfQdA0j00

以上です、ありがとうございました





『艦隊これくしょん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿