TOP > アイドルマスター > 【アイマス】闇の中から

【アイマス】闇の中から

1: ◆Hnf2jpSB.k 2019/02/25(月) 18:48:47.02 ID:p7BD6egf0

夕暮れ。

耳をつんざくブレーキ音。
立ち竦むあの子。
私は顔を上げる。

迫る車。
あの子は動かない。
重く鈍い衝突音。
私は動けない。

世界が、暗転する。


2: ◆Hnf2jpSB.k 2019/02/25(月) 18:50:11.79 ID:p7BD6egf0

***************************


年に一度訪れるその日。
幼い頃の私は、何故そんなことをするのか分からなかった。

家族三人での墓参り。
あの日いなくなってしまった優が、二度と帰らないことを確認する作業。

思い出の中の優はいつまでも変わらないままで。
現実の私はどんどん成長していく。
時間が過ぎた分だけ、痕跡は確実に薄れていく。
それを思い知らされるのが怖かった。


3: ◆Hnf2jpSB.k 2019/02/25(月) 18:51:03.91 ID:p7BD6egf0

墓参りの後に繰り広げられるのは、優にはとても見せられない光景。
交わされるのは思い遣りでも、慰めでもない。
自分勝手に投げつけられる、言葉の凶器。
怒り、非難、苛立ち、悲嘆。

互いを傷つけ合うだけの嵐が、家族という形を壊していく。
私はうずくまることしか出来ない。

こうなると分かっているのだから、墓参りなんてしなければいいのに。
目を閉じ、耳をふさいでそう思う。
自分が原因でいさかいが起こるなんて、優が悲しむだけじゃないか。
そんなこと、誰も望んでいないじゃないか。


4: ◆Hnf2jpSB.k 2019/02/25(月) 18:51:32.02 ID:p7BD6egf0

けれど嵐はなお荒れ狂う。

ああそうか。
もう、どうにもならないのか。

致命的に。
決定的に。
家族は、壊れてしまったのか。

でも。
でもせめて、私くらいは。
優の為に、生きていこう。

優が笑ってくれた歌を届けよう。
優が喜んでくれた歌を届けよう。

私の中の優が泣かないように。
私の中の優が消えないように。

歌を、歌おう。


5: ◆Hnf2jpSB.k 2019/02/25(月) 18:52:02.48 ID:p7BD6egf0

あるいは、いい気になっていたのかもしれない。
私は、あの人たちとは違うのだと。
私だけが優のことを想っているのだと。

……そんな訳ないのに。

愛しているから。
忘れられないから。
だから、失った現実と折り合いがつけられない。
ただ、それだけなのに。

私は、そんなことも分かっていなかった。
何も見ようとしていなかったのだ。


6: ◆Hnf2jpSB.k 2019/02/25(月) 18:52:46.91 ID:p7BD6egf0

気付きのきっかけは、いつでもすぐ近くにある。
けれど私の目はそれを捉えられない。

声が出なくなって。
歌えなくなって。

それでも、私の目は覚めなかった。

歌えない自分に価値などないと。
そんなことを聞いて、優がどんな顔をするのか。
考えるまでもないことに思いが至らない。

すがるべきものを失った私は、絶望に呑まれていたのだ。
自分勝手に作り出した、都合のいい絶望に。


7: ◆Hnf2jpSB.k 2019/02/25(月) 18:53:35.48 ID:p7BD6egf0

***************************


何も見ず、何も感じず。
動く事すら億劫で、泥沼の底に沈みこんだような日々。
凍りついた時間を打ち破ったのは、仲間と、勝手に切り捨てたあの人だった。

思えば私は、事務所のみんなにどれほどのことをしてきたのだろう。
思えば私は、自分の両親の何を見てきたのだろう。

こんなどうしようもない私を、なお見捨てないでくれている。
こんな身勝手な私に、何が必要かを分かってくれている。

私はなんという愚か者だろう。
今の今まで、気付く事すらできなかったなんて。


8: ◆Hnf2jpSB.k 2019/02/25(月) 18:54:24.56 ID:p7BD6egf0

手元にあるのは拙い絵。
手元にあるのは眩しいくらいに鮮やかな絵。

優は何故、歌をせがんだのか。
優は何故、笑ってくれたのか。

厳重に仕舞い込んでいた記憶の扉が開く。
靄が晴れ、鮮明に思い出す。

……ああ、そうか。

私は、歌に逃げていたのだ。
優の為と言いながら、優の死から逃げていたのだ。
向かい合うことを恐れて、都合のいいように捻じ曲げて。

だからこんなにも、私の目は曇っていたのだ。

けれど、今なら分かる。
どうして歌うのか。
何の為に歌うのか。


9: ◆Hnf2jpSB.k 2019/02/25(月) 18:54:50.56 ID:p7BD6egf0

扉を開けると、太陽の光が目を射抜く。
だからどうした。
今はそんなことに構っている暇はない。

どう謝ればいいのか。
……分からない。

どう償えばいいのか。
……分からない。

どう歌えばいいのか。
……分からない。

分からない、分からない、分からない。


10: ◆Hnf2jpSB.k 2019/02/25(月) 18:55:32.33 ID:p7BD6egf0

不安と恐怖が足にまとわりつく。
踏み出す足が重くなっていく。

じゃあ、このままでいいの?
そんな訳……そんな訳、ない!

ここで止まったら、本当に終わりだから。
二度と、優に会うことが出来なくなってしまうから。
それこそが、本当の絶望だから。

それに比べたら、これくらい。

だから……だからっ!

走れ!!


<了>


11: ◆Hnf2jpSB.k 2019/02/25(月) 18:56:29.53 ID:p7BD6egf0

如月千早さん誕生日おめでとうございます
……今日という日になんでこんな話を書いたんでしょうね?

ともかく、お読みいただけましたなら幸いです





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿