TOP > シンデレラガールズ > 愛海「ふーん」

愛海「ふーん」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 20:33:16.22 ID:FXnW7sa80

P「…」

愛海「で?」

P「…はい」

愛海「何か言い訳はあるかね?」

p「……ないです」

愛海「そうかい」

P「あの…許して下さい」

愛海「…」

P「ほんと、忘れてました…はい…」

愛海「……許してほしいなら、それ相応の『誠意』っていうものが必要になるんじゃあないかね」

P「………」

愛海「………」

P「………なんでも」

愛海「ん?」

P「何でもしますから、ゆるしてつかぁさい」

愛海「今、『何でも』って言ったよね…?」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 20:45:21.09 ID:FXnW7sa80

―――――
――――――――――
―――――――――――――――

ガチャッ

バタン

愛海「ただいまプロデューサー!」

P「おう」カタカタ

愛海「いやー最高でしたわぁ~ぐへ」

P「アイドルがしちゃいけない顔してるぞ」

愛海「水着の文香さん何て貴重だったからね~私、今日中はこの手を洗わないよ!ぬへへぇ」

p「…」カタ…

P「(愛海ならいいか…)」

P「それにしても、本当に走っていくとはなあ」

愛海「プロデューサーの人外っぷりには負けるよー」

P「褒めるなよ」

愛海「ほめてなーい」

P「スタッフさんには迷惑かけてないよな?」

愛海「だいじょぶだいじょぶーむしろ私も撮られちゃったよ~」

P「そうか」

愛海「…所でプロデューサー」

P「ん?」

愛海「あたしはさっき言った通り屋上行ってくるけど」

P「何だ?俺は行かないぞ、さっさと仕事片付けて定時までには帰りたいんだ」

愛海「何でわざわざ女の子しかいない所にプロデューサーを連れて行かなきゃなんないのさ」

P「ひどい」

愛海「あはは…でさ、あたしが帰ってくるまでに思い出した方が良いよ」

P「え?」

愛海「『今日が何日か』…ね」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 20:50:54.76 ID:FXnW7sa80

ガチャッ

ドタタタタタタ

バタン

P「今日が何日か?」

P「八月一日…」

P「………」

P「……!」

P「もう八月か…早いな」

P「………?」

P「愛海は何を言いたいんだ?」

ガチャッ

渚「こんにちはーっと」

P「おう渚、撮影どうだった?」

渚「楽しかったよーへへ、こんなにプレゼントももらっちゃったし」

P「おー凄い量だな、そりゃ中を見るのが楽し…み…」

P「………」

P「はっ」

渚「?」

渚「どうしたのプロデューサーッ」

P「いや…そうか…お前と愛海だ……」

渚「ああ、そうだね愛海ちゃんも」

P「ああ……誕生日だ、あいつ…」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 20:59:10.51 ID:FXnW7sa80

―――――――――――――――
――――――――――
―――――

愛海「まぁ私も思い出したのは向こう行ってから何だけどさ」

愛海「文香さんが『誕生日ですから…特別です……』って行ってくれてさー」

愛海「ありゃ女神だね、間違いない」

愛海「ひとしきり堪能した後は少しだけ撮ってもらって、あとは志希さんとウルトラスープレック

スホールドしてたから気にも留めてなかったけど」

愛海「ちょうど高知あたりかなぁ、新幹線とジョギングしてたら段々何も言ってこないプロデュー

サーに…ね」

愛海「もしかしたらサプライズとかーって思ってたけど本当に忘れてたみたいだね」

P「すわせんした」

愛海「プロデューサーが本当に何でもしてくれるなら……許してあげるよ」

P「…」

愛海「まぁ『してもらう』っていうよりは『してもらわない』んだけど」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 21:08:28.09 ID:FXnW7sa80

P「師匠」

愛海「ん?」

P「玄関で待機して…俺は何をすれば…?」

愛海「そこにいるだけでいいよ」

愛海「ただし」

愛海「あたしを止めないで」

P「……なん…だと…?」

愛海「そうだよ」

愛海「私は今から……」

愛海「この玄関を通り帰ってくる人間全てを攻略していくッッ!!」

愛海「『全て』だッッ」

P「す、全てというのは…ま、まさか…!?」

愛海「そうだよ…SNE…KYR…THR……関係ないねッ!あたしは『やる』ッ!!」

愛海「社長もだッッ!『性別』関係無しッッッ」

P「もうだめだぁ…おしまいだぁ」

愛海「そしてプロデューサーは段々増えてくる被害者達も止める事…」

P「ああ……あああああああ」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 21:18:46.13 ID:FXnW7sa80

ガチャッ

「お疲れ様で……」

バタン

…モミッ

―――――――――――――――
――――――――――
―――――

屋上から戻り、その一部始終、この後の全てを見届けた周子と乃々は語る

「地獄…ってヤツ?」

「この世の終わりなんですけど…」

「私達は屋上から別の通路使って戻って来たから助かったけど」

「外から事務所への入り口は一つしかありませんから…」

「ただ見てるだけだったよ、私達には何もできない…」

「必死に愛海を守るプロデューサーの関節を必要に狙う早苗さん」
「間接を外してその猛攻を躱すプロデューサー」

「後ろは清良さんから守れなかったらしいです」
「むしろ慣れてるようでした」

「諦めて死んだ魚の様な目で仕事に入るちひろさん」
「その光景を見て興奮する百合子さん」
「ネタが出来上がったと歓喜する荒木さん」
「実家に電話する巴ちゃん」
「あの子を使ってプロデューサーに対抗する小梅ちゃん」

「プロデューサーは関節を外しながらあの子をスカウトしてました」

「プロデューサーに向けて星を降らすこずえちゃん」
「目を虹色に光らせて何か凄いことをしているのあさん」
「天から光を落とす聖ちゃん」

「あの日の事を皆はこうやって呼ぶよ」
「『悪魔が産まれた日』ってね…」


9: 師匠にキャプテン誕生日おめでとう 2014/08/01(金) 21:21:28.11 ID:FXnW7sa80

その後倒壊した事務所は桜井財閥の力で復権
事務所へのドアは二つになり、前より広くなったと喜ぶアイドルも多い
愛海は満足したようで、より志希との中が深まったようだ
周子と乃々は愛海を見ると小動物のように机の下へ逃げるようになった
この事件は芸能界に瞬く間と広がり、何故かシンデレラプロダクションの人気に拍車がかかった
プロデューサーは青痣が痛むと鳴いていた





おしり





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿