TOP > ぼくたちは勉強ができない > 【ぼく勉】 成幸 「キスしないと出られない部屋?」

【ぼく勉】 成幸 「キスしないと出られない部屋?」

718: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 22:57:56 ID:BODDsAFI

………………

成幸 「なんてことだ」

成幸 「キスしないと出られない部屋に閉じ込められてしまったぞ……」

理珠 「キス……」

理珠 「………………」


―――― 『私は別にッ』

―――― 『緒方危な……ッ』


理珠 「はうっ……」 ボフッ

成幸 (まぁ……やっぱりそうなるよな。俺も恥ずかしいし……)

成幸 (っていうか、それ以前に、だ

文乃 「キス……///」  うるか 「き、キスかぁ……///」

真冬 「バカらしいわね。まったく……」  あすみ 「その割には顔赤いですよー? まふゆセンセ?」

成幸 (普通こういう部屋ってふたりで閉じ込められるものじゃないのか!?)

成幸 (何で俺含めて六人も放り込まれてるんだ!?)


719: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 22:58:36 ID:BODDsAFI

………………

真冬 「まず状況を整理しましょう。現状、我々は6人はこの部屋に閉じ込められている」

真冬 「電気水道ガスなどのライフラインは正常。食料も当面は心配なさそうね」

真冬 「この部屋から出る唯一の方法は、きっ……キスをすること」

真冬 「理屈は知らないけれど、キスをすれば、この部屋の鍵が開けられるそうよ」

あすみ 「改めて説明されるとわけわかんない上にアホすぎるな……」

文乃 「まぁ、その通りなんですけど……」

うるか 「キス……キス……キス……」

理珠 「うぅ……」

文乃 「約二名そのアホな状況以上にアホっぽくなっちゃってるので……」

成幸 (……さすが天才たち。状況の飲み込みと処理が早い)

成幸 (俺は未だにこのわけのわからない部屋に戸惑っているんだけど……)


720: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 22:59:27 ID:BODDsAFI

あすみ 「………………」

ニィ

あすみ 「ま、なんにせよいつまでもここにいるわけにもいかんだろ」

あすみ 「勉強道具はないし、お前たちは学校があるだろうし、センセも仕事がありますよね?」

真冬 「まぁ、その通りだけど、かといってどうすることも……」

あすみ 「はぁ? 先生、本気で言ってます?」

あすみ 「しちゃえばいいじゃないですか、キ・ス」

真冬 「!? は、ハレンチよ、小美浪さん! そんなことできるわけがないでしょう!」

あすみ 「ハレンチて……。先生、年頃の女の子じゃないんだから……」

あすみ 「なんだったら、アタシがしますよ? なぁ、後輩?」

成幸 「!? お、俺ですか!?」

あすみ 「そりゃ男はお前しかいないんだからしょーがねーだろ?」

成幸 「べっ、べつに、男女でしろとは指定されていないんですから……」

あすみ 「ほー。つまりお前は、アタシと女子誰かの百合百合しいキスを見たい、と?」

あすみ 「このスケベ♪」


721: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 23:00:09 ID:BODDsAFI

成幸 「ち、違いますよ! そういうことじゃないです!」

文乃 「へぇ……。成幸くんそういう趣味なんだ」 ジトーーッ

理珠 「そういえば、私と関城さんが一緒にいるとき、ときどきいやらしい視線を感じます……」 ジトーーッ

うるか 「あたしがリズりんのおっぱい揉んでるときも顔を真っ赤にしてたよね」 ジトーーッ

真冬 「ふっ、不潔! 唯我くん、あなたは女子をどういう目で見ているの!」

成幸 「だから違いますってば!」

あすみ 「こんな後輩の前で女子同士キスなんかしようもんならどうなるか分かりませんよ?」

あすみ 「後輩の夜のお供にされちゃうかもしれないですね、センセ?」

真冬 「夜のお供? 一体それは何の話かしら?」

理珠 「?」  うるか 「???」

文乃 「せっ、先輩、何言ってるんですか! もうっ……///」

あすみ (マジかよ。古橋以外全員訳分からない顔をしてるぞ。先生まで……)

成幸 「?」

あすみ 「ってお前もかよ!」


722: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 23:00:40 ID:BODDsAFI

あすみ 「……オホン。何にせよ、後輩の前で女子同士のチューは御法度ということで、」

成幸 「すごく釈然としませんけどもうそれでいいです」

あすみ 「しっ、仕方ねーから、アタシがキスしてやるよ。光栄に思えよ?」

うるか&理珠&文乃 「「「!?」」」

成幸 「へ……!? ほ、本気ですか先輩!?」

あすみ 「仕方ねーからだって言ってるだろ。べつに、アタシだってしたいわけじゃないけどさ……///」

あすみ 「ほら、後輩、こいよ」

成幸 (誘い方がめっちゃ男らしい……)

成幸 「え、えっと……」

真冬 「待ちなさい。それは不純異性交遊に当たるわ。教師として許可できません」

真冬 「キスとは、とても神聖なことのはずよ。強制されてするものではないわ」

あすみ 「っ……」

成幸 (考え方意外と乙女なんですね、先生……)


723: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 23:01:30 ID:BODDsAFI

理珠 「そ、その通りです! 以前、成幸さんも言っていました!」


―――― 『キスというのは女子にとって…… いや男子にとっても神聖なものでなくてはならんのだ!!』


成幸 「!?」

うるか 「へぇ~……」 ジトーッ

文乃 「成幸くん、りっちゃんにキスの講釈を垂れるなんて、すごいね」 ジトーッ

うるか 「そういえば、一学期に誰かとキスしたんだもんねー」 ジーーーーッ

文乃 「一体誰とキスしたんだかねー」 ジーーーーッ

成幸 (なぜ俺が針のむしろに……!?)

理珠 「……!?」 ビクッ

真冬 (……やはり、事故とはいえ、唯我くんと接吻をしてしまった緒方さんは辛そうだわ)

真冬 (教育者として、そんな緒方さんにこれ以上キスの話を聞かせるわけにはいかない。早急に手を打たなければ……)

真冬 (……致し方ないわね)


724: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 23:02:22 ID:BODDsAFI

真冬 「……生徒に変な役目を与えるわけにはいきません」

成幸 「せ、先生……!」 パァアアアアアア……!!!

成幸 (さすがは桐須先生だ。キスなんてバカげた解決方法に頼らない手を考えてくれたんだ……)

真冬 「唯我くんには申し訳ないことをしてしまうけれど、私が唯我くんとキスをします」

成幸 「今の話の流れで何でそうなるんですか!?」

あすみ 「へぇー?」 ニヤリ

あすみ 「アタシはもう生徒じゃないんだから気にする必要ないんじゃないですか?」

真冬 「……? 何が言いたいのかしら、小美浪さん?」

あすみ 「ひょっとして先生、後輩とキスしたいだけなんじゃないですかー?」

真冬 「なっ……」 カァアアアア…… 「憤慨! なんてことを言うの、小美浪さん!」

あすみ 「そんな顔を真っ赤にして、ますます怪しいなー?」

真冬 「こっ……小美浪さんっ!」


725: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 23:03:13 ID:BODDsAFI

成幸 (ああもう、また先輩、先生のことからかって遊んでるよ……)

成幸 (先生も乗せられやすいんだから……)

チョンチョン

成幸 「ん……? うるか?」

うるか 「ねぇねぇ、成幸。早くこんな部屋出て、勉強したいよね?」

成幸 「まぁ……そりゃそうだけど……」

うるか 「……ん、じゃあ……」 カァアアアア…… 「さっさと、出なきゃだよね」

成幸 「あ、ああ、そう、だな……? いや、ちょっと……」

成幸 (何でどんどん距離を詰めてくるんだうるか!?)

うるか 「動かないでよ、成幸。あたしだって恥ずかしいんだからさ……」

成幸 「いや、待て、うるか、お前、まさか……わっ」

ドテッ

成幸 「いててて……っ!?」

うるか 「えへへ……もう逃げられないよ、成幸っ」


726: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 23:03:51 ID:BODDsAFI

成幸 (ま、まずい! このままじゃ、うるかにキスを……)

成幸 (うるかと、キス……)


―――― 『だからずっと…… ちゃんと見ててねっ!!!』


成幸 「っ……///」

うるか (えへへ……成幸と、キス……キス……)

グイッ

うるか 「ふぐっ……」

文乃 「ストップだよ、うるかちゃん。どうどう」

うるか 「文乃っち! 何するのさー!」

文乃 「……ねぇ、うるかちゃん、気づいてる?」

文乃 「倒れた成幸くんに覆い被さってるうるかちゃん、控えめに言って痴女さんみたいだよ?」

うるか 「ふぇっ……!?」 ハッ 「ち、違うよ!? あたし、その……」

うるか (あたし、一体何やってんのー!?)


727: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 23:06:07 ID:BODDsAFI

成幸 「ふぅ、助かった……」

文乃 「大丈夫、成幸くん?」

成幸 「ありがとな、古橋。うるかの奴、一体どうしたんだか……」

文乃 (うん。それで気づかないあたり君は本当に君だよね、成幸くん)

文乃 「………………」 チラッ

理珠 「はうぅ……///」

あすみ 「先生、どんだけ後輩とキスしたいんですかー?」

真冬 「だ、だから違うと言っているでしょう!」

うるか 「うぅ……あたしってば、なんて大胆なことを……///」

文乃 (……みんな、なんかすごいことになってるなぁ)

文乃 (……ひょっとしてひょっとすると、これは)

文乃 「……チャンス、かな」 ボソッ


728: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 23:06:39 ID:BODDsAFI

成幸 「ん? なんか言ったか、古橋?」

文乃 「……ううん。なんでもないよ」

文乃 (そう、そうだよ)

文乃 (うるかちゃんとりっちゃんは言わずもがな成幸くんのことが大好きだし、)

文乃 (小美浪先輩は成幸くんと恋人のフリをしてるらしいし、)

文乃 (桐須先生は定期的に成幸くんを家に招いているらしいし……)

文乃 (……うんうん。そういう人たちに、キスを義務的にさせるなんて、やっぱりダメだよね)

文乃 (その点わたしは、成幸くんのことを弟としか思っていないから問題ないし)

文乃 (ここは、わたしがキスをするべきかな!)

文乃 「………………」

文乃 (べつに、わたしが成幸くんとキスをしたいわけじゃないからね!)


729: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 23:07:19 ID:BODDsAFI

文乃 「ねぇ、成幸くん」

成幸 「ん?」

文乃 「わたしは君のお姉ちゃんです」

成幸 「……は?」

文乃 「わたしは君のお姉ちゃんです」

成幸 「いや、えっと……」

文乃 「……わたしは君のお姉ちゃんです」

成幸 「は、はい。文乃姉ちゃん……」

文乃 「よろしい。わたしは君のお姉ちゃんなので、何の問題もありません」

成幸 「いや、あの……えっと、何の話?」

文乃 「だから……っ」

文乃 「わたしと君は姉弟だから、キスをしても何の問題もないって言ってるの」

成幸 「お前まで何とち狂ったこと言ってんだ!?」


730: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 23:07:56 ID:BODDsAFI

理珠 「む? 何をしているのですか、文乃」

うるか 「!? 文乃っち、ひょっとして成幸とキスしようとしてる!?」

文乃 「へっ!? いやいやいや、そんなことしてないよ!?」

真冬 「ダメよ、古橋さん! そんなそんな役目、あなたにさせるわけにはいかないわ!」

あすみ 「そんなこと言って後輩とキスしたいだけのくせにー」

真冬 「なっ……! だ、だからそうではないと言っているでしょう!」

ワーワーギャーギャー

成幸 (あ……阿鼻叫喚だ……。止めないと)

成幸 「みんな、ちょっと落ち着いて……」

ドン!!!

成幸 「わっ……!?」 (誰かの手が当たって、バランスが……!)


731: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 23:08:45 ID:BODDsAFI

コケッ

成幸 「うおっ……!?」 (やば! 倒れ……!)

文乃 「!? 成幸くん、危ない!」

理珠 「成幸さん!」

うるか 「成幸!」

真冬 「唯我くん、手を……!」

あすみ 「後輩!」

ドタドタドタッ……!!!

成幸 「……!?」

チュッ……

?? 「あっ……」

?? 「今、くちびる、当たって……」

成幸 (い……今のって、キス……?)

……………………………………

…………………


732: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 23:09:19 ID:BODDsAFI

………………唯我家

成幸 「……ん……あっ……」

成幸 「……き……キス!?」

ガバッ

成幸 「………………」

成幸 「……夢、か」

成幸 「夢……」


―――― 『今、くちびる、当たって……』


成幸 「っ……」 カァアアアア……

成幸 「いや、でも、夢だし。うんうん。夢だから、べつに……」

成幸 「………………」

成幸 (……いやキスする夢を見るってヤバいだろ常識的に考えて!!)

成幸 (っていうか 『キスしないと出られない部屋』 !? バカなのか俺は!?)


733: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 23:09:56 ID:BODDsAFI

成幸 (……いや、いやいや、それより)


―――― 『後夜祭で打ち上げられる一発目の花火』

―――― 『そいつが上がった瞬間に触れ合っていた男女は 必ず結ばれるんだってさ……』


―――― 『あ……ありが……』


成幸 (あのときと、同じ相手……)

ドキドキドキドキ……

成幸 (俺は……)

成幸 (ひょっとして、あのときのことを意識してるのか……?)

成幸 「………………」

成幸 (“必ず結ばれる” か……)

成幸 (……いやいやいや)

成幸 (何を考えてるんだろうな、俺は。恥ずかしい)


734: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/03/02(土) 23:10:28 ID:BODDsAFI

………………???

?? (っ、何で、あんな夢……)

?? (『キスしないと出られない部屋』 なんて、何を考えて、そんな……)

?? 「………………」


―――― チュッ……


「っ……///」

ソッ……

?? (残ってる、この、くちびるに……)

?? (彼とのキスの、感触が……)

?? 「……えへへっ」

おわり





『ぼくたちは勉強ができない』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿