TOP > アイドルマスター > P「みんな!今日も765プロで頑張るぞ!」

P「みんな!今日も765プロで頑張るぞ!」

1: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 03:57:12.79 ID:9qBo69td0

P「はい!プロデューサーさん!ファイトですよ!ファイト!」

P「ふふ~ん!自分がいれば、完璧さー!」

P「ははは、響はいつも元気だな」


ガチャ

P「おっはよ~ん!」

P「兄ちゃーーん!」

P「おっ、もっと元気な奴らが来たな……」


3: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 04:01:53.73 ID:9qBo69td0

P「目標は、兄ちゃん!!」

P「兄ちゃん向かって……どーーん!」抱きっ

P「2発目、どっかん、どっかーーん!」抱きっ

P「わっ!こ、こら、2人とも、危ないじゃないか!」

P「そ、そうだぞ!それに、急にプロデューサーに抱きつくだ何て……」

P「おやおや~?もしかして……」

P「ひびきん、ヤキモチってやつですかなぁ~?」

P「ちっ……ちがっ、自分はそんな……」///


4: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 04:06:32.30 ID:9qBo69td0

P「ほ、ほら、プロデューサーさんも困ってるから、2人とも離れなよ!」

P「そうなの?兄ちゃん?」上目遣い

P「えっ……その……」

P「兄ちゃん………真美達に抱かれるの、嫌?」上目遣い

P「え、えぇっと……」

P「ぷ、プロデューサー!何でハッキリしないんだ!」

P「プロデューサーさん……まさか、ロリ……」

P「ち、違う違う!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 04:08:51.51 ID:9qBo69td0

P「こ、これは、逃げるしかない!」タタタ

P「あっ!プロデューサー!」

P・P「「兄ちゃんが逃げたー!!」」

P「プロデューサーさんを、もっと困らせちゃったかな……」


7: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 04:15:34.56 ID:9qBo69td0

P「はぁはぁ……何とか、逃げたか……」

P「おや、あなた様……」

P「おっ、貴音。何してるんだ?」

P「雪歩と、先日私達が行ったミニライブの写真を鑑賞していました」

P「はい、四条さん写真写りがいいんですぅ」

P「どれどれ……おっ、本当にいいな。しかも、よく撮れてるじゃないか!」

P「誰が撮ったんだ?」

P「あの……私です」スッ

P「あぁ、お前かぁ」


8: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 04:21:11.32 ID:9qBo69td0

P「写真、よく撮るのか?」

P「はい。最近、撮り始めて…上手くはありませんが」

P「上手いと思うよ?まぁ、俺が言ってもな……」

P「…………うっ、嬉しいですよ!」

P「え?」

P「プロデューサーに、そう言ってもらえるの……」///

P「ははは、そっか、それはよかった」


10: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 04:26:48.80 ID:9qBo69td0

P「所で律子、このミニライブの写真だが、雪歩と貴音とあと誰がしたんだっけ?」

P「あぁ、やよいですよ」

P「やよいか……あ、やよいの写真見っけ」

P「やよいちゃん、失敗が無くて良かったって喜んでましたよ」

P「えぇ……ライブが終わった後でも、元気に歓喜しておりました」

P「そうか……ちゃんと、褒めてやらないとな」


11: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 04:30:31.89 ID:9qBo69td0

ガチャ

P「みなさん、おはようございまーす!」

P「おっ、来たな、やよい!」

P「はい?」トコトコ

P「昨日のミニライブ、よく頑張ったな」なでなで

P「はわっ!あ、ありがとうございます……えへへ」///

P・P・P「!!」

P「プ、プロデューサー!」

P「ん?何だ、雪歩?」


12: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 04:34:49.91 ID:9qBo69td0

P「わ、私も、私もミニライブがんばったんですぅ!」

P「お、そうか…よくやったな」なでなで

P「あっ……え、えへっ」///

P「ぷ、プロデューサー……私も、写真を撮る作業を一応頑張って…」

P「あぁ、よく撮ってくれた律子」

P「………撫でないん、ですね」

P「え?」


13: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 04:40:01.51 ID:9qBo69td0

P「も、もういいです!ふん!」プイッ

P「り、律子どうしたんだよ?そんな、急に怒って……」

P「あなた様……今のは、あなた様に原因があるかと……」

P「えっ、えぇ!?」

P「ぷ、プロデューサー……もっと撫でて欲しいです~」///

P「わ、私も……もっと……」///

P「やよいも雪歩もどうしたんだ……?」

P「と、とりあえず、ゴメン律子!あとで何か奢るよ!」タタタ

P「プロデューサー、逃げちゃいましたね……」

P「もっと撫でて欲しかったですぅ……」


15: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 04:49:46.43 ID:9qBo69td0

P「あ、あの4人から何とか逃げれたな……」

P「あ……プロデューサー」

P「お、千早。何してるんだ?」

P「今、ダンスの練習を真、水瀬さん、美希としてるん…ですけど…」

P「どうした?」チラッ

P「もう!何で言われた通りにしないんだよ!」

P「あんたの注文は常人レベルじゃないのよ!」

P「あふぅ……」すやすや

P「ご覧の通りで……」

P「あぁ~…………」


16: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 04:57:12.71 ID:9qBo69td0

P「こらこら、真、伊織、何騒いでる?」

P「あ!プロデューサー!」

P「丁度いいわ!真ったら無茶な要求ばっかして、練習にならないのよ!」

P「ちゃんとやれば出来るってば!」

P「はぁ……いつも通りの2人だな……」

P「真、伊織はもうちょっとレベルを下げたのが欲しいんだ。それを、出してあげないか?」

P「えっ、でも、それじゃあ目標のダンスレベルに…」

P「徐々にレベルを上げていけばいいさ」

P「………そう、ですよね。少し、急かしてしまいました」


17: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 05:01:47.22 ID:9qBo69td0

P「ほぉら!!御覧なさい!私が正しかったでしょ!」

P「伊織は、頼む時にそれ相応の態度をとりなさい」

P「うっ………」

P「………ごめん、伊織。徐々にレベルを上げて行くよ」

P「……わ、私も、言い過ぎたわ……続き、教えてくれる?」

P「もっちろん!へへっ!」

P「よしよし……あとは……」

P「むにゃむにゃ……うーん……」すやすや


19: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 05:08:14.77 ID:9qBo69td0

P「こら、美希」

P「ん~………」すやすや

P「………おにぎり食べよっかな」

P「なのぉ!!」ガバッ

P「あっ、ハニー……おはようおやすみムニャ……」

P「ほらほら、3人とダンスレッスンしなさい。終わったらおにぎりやるから。」

P「本当!?ハニーも一緒に食べようね?」

P「わかったわかった。さぁ、行ってこい!」

P「………プロデューサー、ありがとうございます」

P「なぁに……それにしても、千早がダンスの自主練習とは珍しいな」


20: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 05:14:23.86 ID:9qBo69td0

P「……最近、歌を歌うだけじゃ無く、アイドル活動に励みを入れたくなったんです」

P「そうか…それはいい事だ」

P「これも皆、765プロの皆のお陰………」

P「それと………私を1番支えてくれた、プロデュ」




カチャカチャッ

ガチャ

カチッ

P「!!??」

小鳥「はぁ~、疲れたぁ……んっ?えっ!?」


21: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 05:19:35.35 ID:9qBo69td0

小鳥「プ、プロデューサーさん?」

P「えっ、あっ、こ、小鳥さん……」

小鳥「まだ事務所にいたんですか?残業ですか?」

P「は、はい………」

小鳥「あと1時間で終電ですよ?泊りですか?」

P「え、えぇ……そのつもりで……」

小鳥「と、というか、明かりのついてない部屋で、何してたんですか?」

P「………………」


22: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 05:24:39.35 ID:9qBo69td0

小鳥「ま、まぁ、あたしは先に帰りますので、戸締りの方を……」


ガチャ

高木「社長室から、一部始終を聞いていたよ、キミぃ」

P「!!??」

小鳥「しゃ、社長!?いらしたんですか!?」

P「聞いて……いたんですね……」


23: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 05:30:44.44 ID:9qBo69td0

高木「キミは、今のを始める前に何かボソボソと呟いていたね……」

P「…………」

高木「そこだけは、よく聞こえなかったが……何か苦しんでいるようだったね…」

P「……………」

高木「何を………呟いていたのだね?」

P「……………」

小鳥(蚊帳の外………)


24: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 05:34:00.27 ID:9qBo69td0

P「………俺は、本当に765プロに必要なんでしょうか」

高木「何?」

P「彼女達はとても輝き……輝きの向こう側へと行こうとしている……」

P「俺は……それに不相応じゃないかと……悩んでいたんです」

高木「キミぃ………」

小鳥「プロデューサーさん………」


25: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 05:39:15.88 ID:9qBo69td0

??「「「「「プロデューサーは、私達に必要です!!」」」」」

P「!!!??」


雪歩「プロデューサー!!」

P「雪歩……」

響「プロデューサー!!」

P「響………」

やよい「プロデューサー!!」

P「やよい………」

律子「プロデューサー!!」

P「律子………」


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/28(月) 05:44:53.33 ID:9qBo69td0

春香「プロデューサーさん!!」

P「春香…….終電大丈夫か」

真「プロデューサー!!」

P「真……」

あずさ「プロデューサーさん!!」

P「あずささん……素で忘れてました」

美希「ハニー!!」

P「美希……」

貴音「プロっ……あなっ……プロデューサー殿!!」

P「貴音……悩むな」


27: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 05:51:04.29 ID:9qBo69td0

高木「キミぃ!!」

P「社長……出んの早いですよ」

真美「兄ちゃん!!」

P「真美………」

亜美「……………」

P「台詞同じになるが言ってくれよ」

貴音「あなた様!!」

P「さっきお前言った」

小鳥「……………」

P「……………」

小鳥「え、これ、私も言わないと?」

P「……………」

小鳥「…………プ、プロ」

P「みんな!!ありがとな!!」

小鳥「この仕打ちよ」


28: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 05:57:54.23 ID:9qBo69td0

P「俺………この765プロに入って、良かった!!」

P「不安だった……俺がいなくてもいいんじゃないかって思って……」

P「それで……一人芝居なんかして、メンタルを保とうとして……」

P「でも……そんなの、勘違いだったみたいだな!」

皆「「「「「プロデューサー…………」」」」」

小鳥(暗い部屋の中で一人芝居してたんだ……)


29: ◆p3yuNM37DY 2014/07/28(月) 06:05:22.18 ID:9qBo69td0

春香「プロデューサーさん!私達はずっと繋がってます!」

千早「最高の仲間に巡り会えましたよね!」

雪歩「この出会い、大切にして行きたい……ですよね!」

皆「「「「「うん!」」」」」

P「お前達……。本当、この765プロダクションはどんな所よりも、1番!!」

皆「「「「「最高!!!プロダクション!!!」」」」」

小鳥「どっかの事務所と紛らわしい言い方………」









『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿