TOP > 艦隊これくしょん > 【艦これ】あきつ丸「鎮守府厳戒態勢発令であります!!」

【艦これ】あきつ丸「鎮守府厳戒態勢発令であります!!」

1: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 16:55:15.07 ID:nJMS/9th0

キャラ崩壊注意



あきつ丸「全自警団員に緊急連絡であります!!」

あきつ丸「大本営より、各鎮守府に厳戒態勢が発令されたであります!!」

あきつ丸「すでにいくつもの鎮守府が、その被害に……!」クッ...!

あきつ丸「この鎮守府を守るべく、全力で警戒に当たって欲しいであります!!」





あきつ丸「そう、Gotland殿の魔の手から提督殿を……!!」





朝潮(`・ω・´)ゞビシッ!

金剛(`・ω・´)ゞビシッ!

叢雲(`・ω・´)ゞビシッ!

加賀(`・ω・´)ゞビシッ!

潮(`・ω・´)ゞビシッ!


2: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 16:57:48.26 ID:nJMS/9th0

執務室――



Gotland「今日は良い天気ね」

提督「最近は曇りが続いていたからな」

Gotland「……そうだ、お昼はお外で食べるのはどうかしら?」

提督「いやいや、ピクニックにはまだ早いだろ」アハハ

Gotland「それじゃあ暖かくなった時の約束ね?」

提督「そうきたかーまあいいぞ」

Gotland「やったあ♪」


3: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 16:58:19.20 ID:nJMS/9th0

Gotland「でも、本当に約束守ってくれるかしら?」

提督「なんだなんだ、俺を疑っているのか?」

Gotland「だってあなたったらいつも、ゴトの約束を守ってくれないじゃない」プクー

提督「え? そうだっけ?」

Gotland「そうよ」

Gotland「この間だって、お昼ご飯一緒に食べよって約束したのに、すっぽかしたでしょう?」

提督「あれは急な用事が入ったから……」


4: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 16:58:49.80 ID:nJMS/9th0

Gotland「本当にあなたったら、昔からゴトの約束を破ってばかり」

Gotland「……覚えてる? 幼い頃、あなたと交わしたあの約束のこと」

提督「幼い頃……約束……」

Gotland「ええ」

Gotland「大人になって……まだお互い素敵な人に巡り合えてなかったら……」

Gotland「ゴトのこと……おy――」









あきつ丸「そこまでであります!!」ピピーッ!!


5: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 16:59:20.83 ID:nJMS/9th0

提督「うお!? どうしたあきつ丸!?」

提督「突然現れるんじゃない! ビックリしたじゃないか!」

あきつ丸「失礼、なにせ緊急ゆえ」

提督「それなら仕方ないか……」

あきつ丸「それよりもGotland殿!! 隊長の目はごまかせても、このあきつ丸の目はごまかされません!!」

Gotland「な、なんのことかしら……?」ダラダラ

あきつ丸「とぼけても無駄であります!!」


6: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 16:59:51.46 ID:nJMS/9th0










あきつ丸「隊長の記憶を捏造・改竄する『ゴト行為』は禁止であります!!」









7: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:00:22.16 ID:nJMS/9th0

Gotland「そ、そんな大げさなことじゃないわ」アセアセ

Gotland「ただ、昔のことを思い出してもらおうとしただけで」アセアセ

あきつ丸「あなたが隊長殿と初めて会ったのは着任直後!! その思い出は偽りであります!!」

提督「何!? 俺はGotlandと幼い頃結婚の約束をしたんじゃないのか!?」

あきつ丸「ないであります!!」









Gotland「『ないであります』……?」


8: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:00:52.90 ID:nJMS/9th0

Gotland「それは本当にないのかしら?」

あきつ丸「えっ」

Gotland「実はあるかもしれないわね」

提督「えっ」

Gotland「なかったと思っていたことでも、気付けば本当に存在していた……そういうことってあるでしょ?」

あきつ丸「ま、まあ……多少は……」

Gotland「そんな小さな出会いを人は『奇跡』って呼ぶの」


9: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:01:23.79 ID:nJMS/9th0

Gotland「私は、こんなに素敵な鎮守府で、こんなに素敵な提督や、こんなに素敵な仲間と出会えたことは、奇跡だと思っているわ」

Gotland「私たちの力があれば、どんな小さな可能性にもたどり着ける……」

Gotland「そうでしょう?」

あきつ丸「そ……そうでありますな!」

あきつ丸「隊長殿率いる我々の力があれば、どんな困難にも立ち向かっていけるであります!!」ビシッ!!

提督「よく言ったあきつ丸、その意気だ」


10: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:01:54.54 ID:nJMS/9th0

Gotland「ふふ……あなたは昔から、人を育てるのが得意だったわね」

Gotland「……覚えてる? 学校帰りのあの夕方、私に語ってくれた夢のこと」

提督「夕方……夢……」

Gotland「ええ」

Gotland「ゴトに、甲子園の土を踏ませてやるって、熱く語ってたわ」

Gotland「そして、マウンドで私に愛の告h――」









朝潮「そこまでです!!」ピピーッ!!


11: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:02:25.09 ID:nJMS/9th0

提督「うお!? どうした朝潮!?」

提督「突然現れるんじゃない! ビックリしたじゃないか!」

朝潮「申し訳ありません、緊急事態でしたので」

提督「それなら仕方ないか……」

朝潮「それよりもGotlandさん!! 司令官とあきつ丸さんの目はごまかせても、この朝潮の目はごまかされません!!」

Gotland「な、なんのことかしら……?」ダラダラ

朝潮「とぼけても無駄です!!」

朝潮「司令官の記憶を捏造・改竄する『ゴト行為』は禁止です!!」


12: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:02:55.82 ID:nJMS/9th0

Gotland「そ、そんな大げさなことじゃないわ」アセアセ

Gotland「ただ、昔のことを思い出してもらおうとしただけで」アセアセ

朝潮「司令官は根っからのサッカー少年!! その思い出は嘘八百です!!」

提督「何!? 俺はGotlandに甲子園の地で愛を告白する約束をしたんじゃないのか!?」

朝潮「事実無根です!!」









Gotland「『事実無根』……?」


13: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:03:26.68 ID:nJMS/9th0

Gotland「確かに根は無いかもしれないわ」

朝潮「えっ」

Gotland「でも葉はあると思わない?」

提督「えっ」

Gotland「『根も葉もない』という言葉があるように、言葉には根と葉が存在する……そう思わない?」

朝潮「ま、まあ……論理的には……」

Gotland「つまりどんな言葉も『芽吹く』ことが可能なの」


14: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:03:57.56 ID:nJMS/9th0

Gotland「私は、こんなに素敵な鎮守府で、こんなに素敵な提督や、こんなに素敵な仲間と言葉を交わせて、世界一幸せだと思っているわ」

Gotland「私たちの力があれば、どんな小さな希望も芽吹かせることができる……」

Gotland「そうでしょう?」

朝潮「そ……そのとおりです!」

朝潮「この朝潮はじめ私たちの力があれば、どんな絶望にも希望を生み出す次第です!!」ビシッ!!

提督「よく言った朝潮、その意気だ」


15: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:04:28.46 ID:nJMS/9th0

Gotland「ふふ……こんなに可愛い子が頑張ってくれるんだもの、あなたは幸せ者ね」

Gotland「……覚えてる? 体育館の裏で、後輩の女の子から告白を受けたことを」

提督「体育館の裏で……呼び出し……」

Gotland「ええ」

Gotland「あなたはキッパリとその告白を断っていたわね、あの時はビックリしたわ」

Gotland「だって、あなたの本当の想い人がわt――」









金剛「ヘイフリーズ!!」ピピーッ!!


16: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:04:59.09 ID:nJMS/9th0

提督「うお!? どうした金剛!?」

提督「突然現れるんじゃない! ビックリしたじゃないか!」

金剛「ソーリー、でもこれがワタシの使命デース!!」

提督「それなら仕方ないか……」

金剛「それよりもGotland!! テートクとあきつ丸と朝潮の目はごまかせても、このワタシの目はごまかされないヨー!!」

Gotland「な、なんのことかしら……?」ダラダラ

金剛「とぼけても無駄ネー!!」

金剛「テートクの記憶を捏造・改竄する『ゴト行為』は禁止デース!!」


17: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:05:29.83 ID:nJMS/9th0

Gotland「そ、そんな大げさなことじゃないわ」アセアセ

Gotland「ただ、昔のことを思い出してもらおうとしただけで」アセアセ

金剛「学生時代のテートクは非モテの極みだから、そんな奇特な子はノー!! なんだからネー!!」

提督「何!? 俺にはGotlandがいるからと後輩の告白を断ったんじゃないのか!?」

金剛「目を覚ますネー!!」









Gotland「『目を覚ます』……?」


18: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:06:00.40 ID:nJMS/9th0

Gotland「つまりここは夢の世界なのかしら」

金剛「えっ」

Gotland「それともここは現実の世界かしら」

提督「えっ」

Gotland「今自分が夢の世界にいるのか現実の世界にいるのか分からない……そういうことってあるでしょ?」

金剛「ま、まあ……タマには……」

Gotland「でも夢か現実かじゃないの、大事なのは今この世界にいるってこと」


19: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:06:31.10 ID:nJMS/9th0

Gotland「私は、こんなに素敵な鎮守府で、こんなに素敵な提督や、こんなに素敵な仲間のいる世界が、一番大事だと思っているわ」

Gotland「夢だろうと現実だろうと、私たちのこの世界を守りたい……」

Gotland「そうでしょう?」

金剛「そ……そうですネー!」

金剛「テートクとワタシたちの力があれば、どんな世界も救うことができマース!!」ビシッ!!

提督「よく言った金剛、その意気だ」


20: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:07:02.01 ID:nJMS/9th0

Gotland「あなたは昔から、皆の平和を守り続けてきたわ」

Gotland「……覚えてる? 深海棲艦に襲われた私を、あなたが助けてくれたことを」

提督「深海棲艦から……助けた……」

Gotland「ええ」

Gotland「怯える私に言ってくれたあの言葉……私はそれで勇気を出せたの……」

Gotland「世界が平和になったら……一緒にくr――」









叢雲「そこまでよ!!」ピピーッ!!


21: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:07:32.58 ID:nJMS/9th0

提督「うお!? どうした叢雲!?」

提督「突然現れるんじゃない! ビックリしたじゃないか!」

叢雲「うるさいわね酸素魚雷食らわせるわよ!!」

提督「それなら仕方ないか……」

叢雲「それよりもGotland!! 司令官とあきつ丸と朝潮と金剛の目はごまかせても、この叢雲の目はごまかされないわ!!」

Gotland「な、なんのことかしら……?」ダラダラ

叢雲「とぼけても無駄よ!!」

叢雲「司令官の記憶を捏造・改竄する『ゴト行為』は禁止なんだから!!」


22: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:08:03.23 ID:nJMS/9th0

Gotland「そ、そんな大げさなことじゃないわ」アセアセ

Gotland「ただ、昔のことを思い出してもらおうとしただけで」アセアセ

叢雲「司令官はこれまで海なし県の実家にいっぱなしだから、そんな状況ありえないのよ!!」

提督「何!? 俺は華麗にGotlandを助けながら将来を約束したんじゃないのか!?」

金剛「あんたもうボケたんじゃないの!!」









Gotland「『ボケた』……?」


23: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:08:33.99 ID:nJMS/9th0

Gotland「つまり提督は平和ボケしているのね?」

叢雲「えっ」

Gotland「平和ボケ……良いことじゃない」

提督「えっ」

Gotland「脅威にさらされる機会が減ったせいで、危機感を抱かないまま生きていく……合ってるわよね?」

叢雲「え、ええ……合ってるわ……」

Gotland「でもそれって、それだけ平和な日々が続いているってことでしょう?」


24: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:09:04.58 ID:nJMS/9th0

Gotland「私は、こんなに素敵な鎮守府で、こんなに素敵な提督や、こんなに素敵な仲間のいる世界を、平和にしたいと思っているわ」

Gotland「提督が平和だと思っているのは、私たちの活躍がちゃんと評価されているから……」

Gotland「そうでしょう?」

叢雲「そ……それもそうね!」

叢雲「司令官も私たちも、誰もがこんな毎日を送れるよう、最後まで戦い続ける覚悟よ!」ビシッ!!

提督「よく言った叢雲、その意気だ」


25: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:09:35.24 ID:nJMS/9th0

Gotland「あなたは昔から、最後まであきらめずに戦い続けてきたわね」

Gotland「……覚えてる? 海軍へ入るための試験前日に、私がお守りを渡した日のことを」

提督「試験前日に……お守りを……」

Gotland「ええ」

Gotland「わき目もふらず勉強していて……でも私に行ってくれたわ……」

Gotland「提督になったら秘書艦という……永久sh――」









加賀「そこまでです」ピピーッ!!


26: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:10:06.03 ID:nJMS/9th0

提督「うお!? どうした加賀!?」

提督「突然現れるんじゃない! ビックリしたじゃないか!」

加賀「ちゃんとノックしてゆっくり入室しました」

提督「それなら仕方ないか……」

加賀「それよりもGotland……提督とあきつ丸と朝潮と金剛と叢雲の目はごまかせても、この加賀の目はごまかされません」

Gotland「な、なんのことかしら……?」ダラダラ

加賀「とぼけないでください」

加賀「司令官の記憶を捏造・改竄する『ゴト行為』は禁止です」


27: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:10:36.64 ID:nJMS/9th0

Gotland「そ、そんな大げさなことじゃないわ」アセアセ

Gotland「ただ、昔のことを思い出してもらおうとしただけで」アセアセ

叢雲「提督はコネ入学の努力知らずお坊ちゃまなので、そんな状況はあり得ません」

提督「何!? 俺は努力で海軍をのし上がっていくサクセスストーリーを歩んでいるのではないのか!?」

加賀「グーで殴られる覚悟は決めましたか?」









Gotland「『殴られる』……?」


28: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:11:07.43 ID:nJMS/9th0

Gotland「確かに、私たちは殴られてきました」

加賀「えっ」

Gotland「深海棲艦から、そして国民から」

提督「えっ」

Gotland「所詮私たちは兵器、守るべき国民から非難されることも……覚えはあるでしょう?」

加賀「え、ええ……それなりに……」

Gotland「でも私たちは、そんな彼らを非難する気はさらさらないの」


29: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:11:38.12 ID:nJMS/9th0

Gotland「私は、こんなに素敵な鎮守府で、こんなに素敵な提督や、こんなに素敵な仲間と一緒に、世界を守りたいと思っているわ」

Gotland「非難する人すらいない世界なんて、絶対にあってはいけない……」

Gotland「そうでしょう?」

加賀「……その通りね」

加賀「深海棲艦の脅威の無い世界……それが私たちの目指す未来よ」ビシッ!!

提督「よく言った加賀、その意気だ」


30: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:12:08.68 ID:nJMS/9th0

Gotland「ふふ……あなたは昔から、誰よりも深海棲艦を駆逐したがっていたわね」

Gotland「……覚えてる? 壁の向こうから、超大型深海棲艦が現れた日のことを」

提督「壁の向こうから……深海棲艦……」

Gotland「ええ」

Gotland「あの日を境に、あなたはどんどん逞しくなっていったわ」

Gotland「全ての深海棲艦を駆逐したら、海の見える家に二人で暮r――」









潮「はいそこまでです!!」ピピーッ!!


31: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:12:39.43 ID:nJMS/9th0

提督「うお!? どうした潮!?」

提督「突然現れるんじゃない! ビックリしたじゃないか!」

潮「これが私のお仕事なので!!」

提督「それなら仕方ないか……」

潮「それよりもGotlandさん!! 司令官とあきつ丸さんと朝潮さんと金剛さんと叢雲さんと加賀さんの目はごまかせても、この潮の目はごまかされません!!」

Gotland「な、なんのことかしら……?」ダラダラ

潮「とぼけても無駄です!!」

潮「隊長の記憶を捏造・改竄する『ゴト行為』は禁止です!!」


32: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:13:10.05 ID:nJMS/9th0

Gotland「そ、そんな大げさなことじゃないわ」アセアセ

Gotland「ただ、昔のことを思い出してもらおうとしただけで」アセアセ

潮「プロットが完全に『進撃●巨人』でした!! パクらないでください!!」」

提督「何!? 俺はGotlandのために深海棲艦を駆逐していたのではないのか!?」

潮「駆逐艦は私たちです!!」









Gotland「『駆逐艦』……?」


33: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:13:40.94 ID:nJMS/9th0

Gotland「そう、あなたたちは英雄よ」

潮「えっ」

Gotland「そう、誰よりも英雄なのよ」

提督「えっ」

Gotland「駆逐艦は装甲が薄いし、やっぱり戦艦と比べて火力が見劣りする……そう思うでしょ?」

潮「ま、まあ……思います……」

Gotland「でも、そんなあなたたちにしか出来ないことも多いわ」


34: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:14:11.53 ID:nJMS/9th0

Gotland「私は、こんなに素敵な鎮守府で、こんなに素敵な提督や、こんなに素敵な仲間が集まっていることが、その答えだと思うの」

Gotland「皆が個性を出し合い、皆が結束して勝利する……」

Gotland「そうでしょう?」

潮「そ……そうですね!」

潮「提督と私たちなら、どんな相手でも打ち倒していけます!!」ビシッ!!

提督「よく言った潮、その意気だ」


35: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:14:42.18 ID:nJMS/9th0










潮「……なんて言うと思いましたか!?」キリッ!

Gotland「!?!?!?!?」









36: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:15:12.68 ID:nJMS/9th0

潮「それはそれ!! これはこれ!!」

潮「ゴト行為を注意された直後のゴト行為!! これはもう言い逃れできませんね!!」

朝潮「な、なんですって……!?」

金剛「確かに、すっかり話をはぐらかされていたヨー!」

叢雲「よくも私たちをだましてくれたわね!」

加賀「あまりに自然過ぎて、一言もしゃべれなかったわ……」

あきつ丸「総員撤退!! ここは騙されない潮殿にお任せするであります!!」ダダダッ

「「おおー!!」」ダダダッ

提督(どっか行っちゃった……)


37: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:15:43.48 ID:nJMS/9th0

潮「さあ!! このわっぱのお世話になりましょう!!」

潮「あなたの首を差し出せば、晴れて私は勲章です!!」

潮「さあ!! さあ!!」

Gotland「くっ……どうなっているの……!?」

Gotland「あなた……ただの艦娘じゃないわね!?」

潮「……バレてしまいましたか」


38: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:16:14.13 ID:nJMS/9th0

潮「ある時は七駆の一員!!」

潮「ある時は元祖隠れ巨乳!!」

潮「ある時はリアルイベント要員!!」

潮「ある時は季節グラの人妻担当!!」

潮「ある時はゴト行為取り締まり員!!」

潮「ある時は近代化回収のことをよく分かっていないボケ担当!!」

提督「頑張ってるなあ」

潮「ありがとうございます!!」

潮「しかし、その正体は――」バッ!!


39: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:16:44.76 ID:nJMS/9th0










潮「治安維持局の者です!!」ドーン!!

提督「潮さん!!」









40: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:17:15.28 ID:nJMS/9th0

提督「治安維持局といえば、この町の治安維持を管轄する公安組織……!」

Gotland「くっ……まさかセキュリティが紛れ込んでいたなんて……!」

潮「そう!! その顔です!!」

潮「自分が一枚上手だと完全に思い込んでいたしたり顔が崩れていく!!」

潮「その顔が見たくてこの仕事やってるようなものなんです!!」

潮「これが権力ってやつです!!」ドヤァ!!

提督「うしおはしごとにんげんだなあ」


41: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:17:45.97 ID:nJMS/9th0

潮「提督、このままGotlandさんの身柄を引き取ります」

提督「分かってる。セキュリティには協力しないといけないからな」

潮「本件を上に伝える必要があるので、名簿を貸してもらえますか?」

提督「お安い御用だ」

提督「えーっと、登録番号がいるんだっけ?」ガサゴソ

潮「はい、うちでは番号管理が必須なので」

提督「それなら仕方ないな。ホラ」つ□


42: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:18:16.65 ID:nJMS/9th0

Gotland「あら、もうお昼の時間よ?」

提督「え? あ、本当だ」パサッ

Gotland「じゃあ皆でお昼に行きましょう」

潮「はい、ぜひ」

提督「仕事は良いの?」

潮「食べてからでも問題ありませんから」スタスタ

提督「そうなのか」スタスタ

Gotland「それじゃ、まずお昼を食べて……」スタスタ


43: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:18:47.25 ID:nJMS/9th0

ヒュウウ……

パラパラパラ……





『着任履歴

××年〇一月二二日 叢雲 着任

××年〇三月〇三日 深雪 着任

××年〇四月〇九日 潮 着任

××年〇五月一三日 電 着任

××年〇六月二九日 深雪 轟沈

××年〇六月三〇日 電 転属

××年〇七月〇八日 朝潮 着任

××年一〇月〇六日 金剛 着任

××年一一月一九日 加賀 着任

×△年〇一月二七日 あきつ丸 着任

以上』


44: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:19:17.77 ID:nJMS/9th0










Gotland「 そのあと 『 お話 』 でも しましょう か 」ニヤァ...









おわり


45: ◆ag9TZfREZs 2019/03/23(土) 17:19:48.34 ID:nJMS/9th0

以上です、ありがとうございました





『艦隊これくしょん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿