TOP > アイドルマスター > P「誰も俺の名前を呼んでくれない」

P「誰も俺の名前を呼んでくれない」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:22:44.42 ID:c11Xr55N0

P「うおおおおっ!」

律子「うわっ、いきなり奇声あげないで下さいよ」

P「もう、もうイヤだ! 俺だけ名前で呼ばれないなんてイヤだぁぁぁぁ!!!」

小鳥「大変! プロデューサーさんがおかしいわ!」

P「だからそれをヤメてくれって言ってんだよぉぉ!!」

伊織「……あーもう何よ、うるっさいわね」

律子「あ、伊織。今プロデューサーがちょっと暴走してて」

やよい「プロデューサー!? な、何かあったんですか?」

P「うわぁぁあぁん!! プロデューサーって言うなぁぁぁ!!」


2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:23:24.73 ID:c11Xr55N0

春香「あちゃー。これはだいぶ限界って感じだね」

千早「一体どうしてこんな事に……」

美希「ハニー、落ち着いて!」

真「……聞く耳持たず、か。ともかくプロデューサーを止める方法を考えないと」

雪歩「でも、止めると言われても……」

響「うう、どうしたらいいんだ?」

貴音「仕方ありませんね……はっ!」トンッ

P「う……」ガク


3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:24:22.38 ID:c11Xr55N0

…………

P「はっ!? ここは誰? 俺はどこ!?」

千早「目を覚ましたみたいですよ」

あずさ「ちょっと言ってる事がおかしいみたいだけど~」

真「だ、大丈夫なのかな」

亜美「典型的な症状だし、すぐ治るっしょ」

真美「にーちゃんだもんね」

P「……おう、皆。俺は一体何を……」


4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:25:49.68 ID:c11Xr55N0

やよい「プロデューサーって言わないでって言ってました」

小鳥「名前で呼んでほしいとも叫んでましたね」

P「……そうだった。なぁ、皆は何で俺のこと、プロデューサー呼びなんだ?」

響「すっごく今更の質問だな」

律子「なんでと言われても……」

美希「ミキはハニーって呼ぶよ?」

P「ハニーも名前じゃないだろ」

美希「ダメなの?」


5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:26:34.75 ID:c11Xr55N0

P「最近、名前で呼んでもらえない事がストレスになってきたんだよ」

貴音「つまり、貴方様というのも不快だったという事ですか……」

亜美「にーちゃんってのも?」

真美「イヤだった?」

P「不快、とまで言われるとそれはまた違うんだが……たまには名前で呼んでくれたっていいじゃないか」

やよい「うーん、でも考えてみたらプロデューサーの名前って知らないなーって」

P「えっ」


6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:27:32.61 ID:c11Xr55N0

千早「そうですね。私も本名って知らないです。多分皆もじゃない?」

律子「実は私も……小鳥さんは?」

小鳥「そういえば、知らないですね」

あずさ「事務員ですから、書類を目にしたりしないんですか?」

小鳥「プロデューサーさんの名前が載ってる書類や仕事は社長が処理してるので……」

伊織「それは流石におかしいと思うけど」

亜美「いおりん、そこはツッコんじゃダメな部分なんだよ」

真美「そこは生暖かい目で見逃してあげようよ」


7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:28:55.11 ID:c11Xr55N0

P「……俺、入社した時、自己紹介しなかったっけ?」

春香「確か社長が『皆、彼が新しく入ったプロデューサー君だよ』って……」

真「その後プロデューサーが『皆、よろしく頼むなっ』って感じで終わったような」

雪歩「名前は聞いた覚えがないですぅ」

P「……よく覚えてないが、そうだったっけか?」

千早「はい。確かにそんなやり取りでしたよ」

P「なるほど。全てはそれで終わったのが原因か……っていうか誰も疑問とか湧かなかったのか?」

亜美「全く」

真美「これっぽっちも」


8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:30:13.29 ID:c11Xr55N0

美希「ハニーはハニーだからそれでいいの」

千早「改めて聞かれてようやく……という感じですね」

響「プロデューサーっていうのに慣れちゃったからな」

P「くっ、この薄情者どもめ」

伊織「もう! 女々しいったらないじゃないの」

あずさ「それなら、もう一度自己紹介したらどうですか~?」

P「そうか! そうすれば、俺も皆に名前で呼んでもらえるよな」

真「プロデューサーの名前かぁ……ちょっとドキドキしてきた」

雪歩「どんな名前なんだろう。やっぱり赤羽根とかカッコいい苗字なのかな」


9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:31:27.30 ID:c11Xr55N0

響「間島っていうのも似合わないか?」

小鳥「私的には浅沼というのもアリかと」

律子「まぁ、イメージだとその辺りが妥当ね」

春香「流石に山田や鈴木はないですよね?」

伊織「ちょっと春香! 全国の山田さんや鈴木さんに謝りなさい!」

小鳥「でももしプロデューサーの名前が山田太郎だったりしたら?」

貴音「どのような名前であっても、貴方様は貴方様です」

やよい「はい。プロデューサーはプロデューサーです!」

P「……なぁ、そろそろいいか?」


10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:32:29.97 ID:c11Xr55N0

あずさ「あらあら、すみません」

千早「変な予想するよりも、直接聞いた方が早いですからね」

亜美「さぁ、にーちゃん!」

真美「せーだいに頼むYO!」

P「では、俺の名前を発表する……」

P以外「……」ドキドキ

P「俺の名前は……」

P「風呂出優佐だ」

P以外「えっ」

P「えっ」


12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:34:56.76 ID:c11Xr55N0

春香「す、すいません。プロデューサーさん、もう一回」

P「だから、風呂出優佐だよ」

やよい「ちょっとむずかしかったので、ひらがなでお願いしたいなーって」

P「喋ってるのに漢字も平仮名もないと思うが……ふろでゆうさ、だよ」

伊織「ねぇ、それって芸名?」

P「何でプロデューサーが芸名使わなにゃならんのだ……いや、そういう人もいるだろうけど」

真「えぇと、プロデューサー……ですか?」

P「違う! ふろでゆうさだってば!」


14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:36:02.33 ID:c11Xr55N0

雪歩「だから、プロデューサーですよね?」

P「ふ・ろ・で! ゆ・う・さ!」

亜美「続けて読むと?」

真美「プロデューサー」

P「うおおおおおっ!!」

小鳥「それって、冗談とかドッキリじゃないですよね?」

P「免許見ますか? 見ます? むしろ見ろっ!!」バッ

律子「……ホントみたいですね」

千早「衝撃の事実だったわね」

響「自分、まだ信じられないぞ」


18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:37:27.40 ID:c11Xr55N0

貴音「……貴方様、今のやり取りから思ったことがあるのですが」

P「ん、どうした貴音」

貴音「いえ、貴方様の紹介の際、高木殿はもしや貴方様の名前を口にしていたのでは、と」

P「えっ」

亜美「それって『皆、彼が新しく入ったプロデューサー君だよ』ってセリフ?」

真美「直すと『皆、彼が新しく入ったふろでゆうさ君だよ』……あぁ」

小鳥「あの時プロデューサーに君を付けてたのは変な言い方だなとは思ってたけど」

律子「確かに、貴音の考えだと辻褄が合うわね……」

美希「つまりミキたちはハニーの名前を最初から知っていたって事なの!!」

春香「な、なんだってーーー!!?」


20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:38:48.79 ID:c11Xr55N0

真「それにしても、これでスッキリしたね」

雪歩「ずっとわだかまってたものが無くなりましたぁ」

響「疑問が解けて良かったな、プロデューサー!」

貴音「貴方様のお役に立てたようで、私も嬉しい限りです」

千早「これで全て解決ね」

春香「良かったですね、プロデューサーさん!」

亜美「いや~、終わった終わった」

真美「にーちゃんも、スッキリしたっしょ」


21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:39:36.55 ID:c11Xr55N0

律子「プロデューサー、これで肩の荷が降りたんじゃないですか?」

小鳥「これにてめでたしめでたしって感じですね!」

P「……」

やよい「う? どうかしたんですか、プロデューサー」

伊織「何よ、まだ不満でもあるわけ?」

P「結局名前で呼んでくれないのかよおおおぉぉぉぉっ!!!」ダダダダッ

P以外「あ」


終わり


23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/26(水) 20:40:19.78 ID:c11Xr55N0

こんな一発ネタを読んでくれた方、ありがとうございます。

展開的に小鳥さんいない方が無理がないんだけど……仲間はずれはよくないよねって事でご了承願います。





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿