TOP > アイドルマスター > 千早「特別指導よ!」

千早「特別指導よ!」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/30(土) 21:27:39.66 ID:Aw2L+EOb0

トレーナー「はい、今日のボーカルレッスンはここまで!」

春香、千早「「ありがとうございました!」」

春香「……はぁ」

千早「どうしたの春香?」

春香「私、いつになったら歌上手くなるのかな…」

千早「最初の頃よりは、大分上手くなったと思うわ」

春香「そう…?」

千早「最初に歌を聞いたときは、思わず耳を疑ったもの。まさに不協和音だったわ」

春香「不協和音…」

千早「それが今はちゃんと歌にはなっているわ。だから、落ち込まなくてもいいんじゃないかしら」

春香「う、歌にはなってる…?」

千早「ええ。なんとか聞いていられるくらいには」

春香「う~ん、なんか言葉がいちいち引っ掛るなぁ」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/30(土) 21:28:28.04 ID:Aw2L+EOb0

千早「ともかく、春香はこの調子で大丈夫だと思うわ。私は楽しそうに歌を歌う春香がすきなの。グジグジ落ち込んでたら、春香らしくないわ!」

春香「千早ちゃん…」

春香「千早ちゃん、ありがとう!元気でたよ!」

千早「ふふっ。元の春香に戻って良かった!」

春香「だけど千早ちゃん、やっぱり私、もっと歌が上手くなりたい!」

春香「だから、千早ちゃん!私に歌をレッスンしてください!」

千早「レッスン…?」

春香「そう!私、千早ちゃんに歌教わりたいなって思ってたんだけど…なかなか言い出せなくて……」

千早「……」

春香(やっぱり、急すぎたかな……)


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/30(土) 21:29:53.28 ID:Aw2L+EOb0

千早「……わかったわ」

春香「本当!?」

千早「ええ」

春香「やった!ありがとう、千早ちゃん!」

千早「私、春香が歌にこんなに熱意を持ってるなんて思わなかったわ……ごめんなさい、さっきは酷いことを言ってしまって」

春香「いいよいいよそんなこと!」

千早「……だけど、春香。レッスンするからには、手加減しないわよ」キリッ

春香「わかっております!」

春香「これからよろしくね……いや、よろしくお願いします!!」

千早「こちらこそ、よろしく!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/30(土) 21:30:33.62 ID:Aw2L+EOb0

レッスンの日

春香「ふぅ~、やっと仕事終わった~!」

春香「……えぇっと~、千早ちゃんとの約束は何時だったっけ?」

春香「……確か6時半だったよね」

春香「今何時だろう…4時半か」スッ

春香「まだ約束場所に行くのは早いし、事務所でゆっくりしてようかな」

_________________________

PM6:00

春香「~♪」(そろそろ行こうかな)

雪歩「あれ、春香ちゃん?」

春香「あ、雪歩。来てたの?」

雪歩「春香ちゃん、千早ちゃんと5時半から歌の練習するって言ってなかった?」

春香「え!?6時半じゃなかったっけ?」

雪歩「確か、春香ちゃんは5時半って言ってたと思うけど…」

春香「ちょっと待って!メモはメモは……あった!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/30(土) 21:31:22.72 ID:Aw2L+EOb0

『千早先生と歌の自主練?(?_??)?PM:5:30』





春香「や、やらかしたーー!!」ガビ-ン

雪歩「春香ちゃん、ドンマイ…」

春香「じゃあ、行ってきまーす!!じゃあね、雪歩!」ガチャ

雪歩「転ばないようにね…」

春香(なんでメモ見なかったのよ~!!私のバカバカバカーーーー!!)


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/30(土) 21:32:43.99 ID:Aw2L+EOb0

_________________________

千早「春香、どこ行ってるのかしら!」プンプン

コンコン

春香「あ、あのー、失礼しまーす…」ガチャ

千早「春香!!一体何時だと思ってるの!!」

春香「ご、ごめんなさい…」

千早「本当、今まで連絡もしないで!何してたのよ」

春香「実は……カクカクシカジカ」

千早「つまり、時間を勘違いしてたのね」

春香「はい…」

千早「全く、春香から言い出したんじゃない!」

春香「そうです…」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/30(土) 21:40:48.57 ID:Aw2L+EOb0

千早「はぁ……じゃあ、早速レッスン始めるわよ」

春香「え?……は、はい!」

春香(えへへ、30分以上も遅刻したのに、もう許してくれるなんて。なんだかんだで、千早ちゃん、優しいな)

千早「……」スッ

春香「えっ?なんで千早ちゃん正座?」

千早「春香、ジャージと下着を下ろして、私の膝の上に来なさい」

春香「……ええっ!?///」

千早「ほら、早く」ポンポン

春香「な、何言ってるの?」

千早「何言ってるのって、今から指導するのよ」





千早「春香のお尻にね」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/30(土) 21:41:42.73 ID:Aw2L+EOb0

春香「うぅ…そ、それってもしかして…….お尻ペンペン?///」

千早「まぁ、言い方を変えれば、そうなるわね」

春香「い、嫌だよぅ!高校生にもなって、しかも年下にお尻たたかれるなんてぇ」

千早「年下って、私たち同学年じゃない」

春香「そういう問題じゃない!!」

春香「千早ちゃん、お尻ペンペンだけは勘弁して」

千早「ダメよ」

春香「お願い!次は絶対遅刻なんてしないから!」パチッ

千早「そもそも、このレッスン場は特別に許可をいただいて借りたのよ。だから、使える時間は限られてるの。前にも、そう言ってたはずだけれど」

春香「い、言ってた…」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/30(土) 21:42:30.22 ID:Aw2L+EOb0

千早「なのに、40分も遅刻するなんて!そんな時間管理もできない人は、歌の指導よりも、他の指導の方が先よね」

春香「し、指導って……他にも何かあるんじゃ…」

千早「うじうじ言ってないで、さっさと堪忍しなさい」

春香「は、はい…」プリン

春香「」カァ-

春香「や、やっぱり無理!せめて、ジャージの上からにして!」ハキハキ

千早「春香、お尻叩きは直に叩くものよ」

春香「うぅ…///」プリン

千早「さあ、膝の上に来なさい」ポンポン 

春香「……」ドサッ

春香(千早ちゃんが私のお尻を見てる……ああっ、顔から火が出そう///)

千早「早速いくわよ。覚悟はいいかしら?」

春香「え?ちょ、まって」

パシーン

春香「っっっ!!」ビクッ

春香「いったーーーー!!」ジワ-ッ

パシーン パシーン パシーン

春香「痛い、いたーい!!千早ちゃん、ちょっと待って!」

千早「何を待つの?」

パシーン パシーン パシーン

春香「もういやぁ!」サスサス

千早「ちょっと春香、手が邪魔よ!」

春香「もう、春香さんのお尻は限界です……ゆるしてぇぇ…」ガシガシ

千早「自分のお尻をガシガシ触れるくらい、余裕じゃないの。まだまだ大丈夫ね」スッ

春香「余裕じゃないーー!!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/30(土) 21:43:38.54 ID:Aw2L+EOb0

パシーン パシーン パシーン

春香「アンッ、アンッ、アンッ!!もう許して、おねがいしますぅぅぅ!!」バタバタ

千早「ちょっ、暴れないでくれるかしら?叩きにくいわ」

春香「だってぇ」

千早「まだ、終わらないわよ」

春香「そんなぁ」

パシーン パシーン パシーン

春香「アーン!もうやだあああああ、アーーーーーン!!」

千早「………!!」ピタッ

春香「ちはやちゃん、もうおわり?」グスッ


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/30(土) 21:44:43.32 ID:Aw2L+EOb0

千早「な、何?さっきの透き通った声は!?まるで天使の歌声だわ!」

春香「え?」

千早「春香、さっきの、もう1回言ってみてくれるかしら?」

春香「さっきのって?」

千早「アーーーーーン(美声)!!って」

春香「……い、嫌だよ、恥ずかしいもん…///」

パシーン

春香「アーーーーーン!!痛ーーーい!!」

千早「そうそう、それよ!!ああっ、なんて素晴らしい声なの!!」

春香「えぇっ、さっきの、声の、どこがずばらしい声なの…うぅっ….」ズズッ

千早「これは丁度いいわ。発声練習と、お尻叩きを一緒にしちゃいましょう!」

春香「なにそれぇ!意味わかんなーーーーい!!」

パシーン パシーン パシーン パシーン

春香「アン、アン、アーーン!!」

千早「そうそう、その声よ、春香!」

春香「もうおうち帰りたいよぉ……」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/03/30(土) 21:47:06.86 ID:Aw2L+EOb0

_________________________

数日後

千早「春香、行くわよ!」

ピシャーン

春香「アーーーーーン!!」サッ

千早「春香、手は前」

春香「だってぇ…」

ピシャーン

春香「アーーーーンッッ!!」

千早「春香、この調子よ!」

春香「うっ、えぐっ、これの一体どこが発声練習なのよぉ……ただ鞭で私のお尻しばいてるだけじゃーん…」グスッ

千早「行くわよ、もう1回!」

ピシャーン

春香「アーーーーーンッッ!!もういやぁぁぁ!!」

千早「うふふ、いい声」ウットリ 

終わり





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿