TOP > その他 > 勇者「我こそが、王の名にふさわしい究極の王者!」

勇者「我こそが、王の名にふさわしい究極の王者!」

2019/04/09 03:01 | その他 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 18:20:31.81 ID:eqpPrlEx0

魔王は私が倒す!

この街を破壊する者は私が許さない!

私は王の名にかけて、貴様を滅しに来た

「ククク…お前か。私に戦いを挑もうという愚か者は」

魔王よ、いざ、尋常に勝負だ!


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 18:28:57.11 ID:eqpPrlEx0

魔王に一撃を与えてやる

「ハッ!!!」

「グォォ!!」

どうだ、魔王よ。容赦はしないぞ

「クハハ…なかなかやるようだな。これだけの打撃を喰らわせてくるやつは、お前が初めてだ」

そうだろう。

私は王だからな。魔王を倒すだけの力を持つのは当然のことだ。

もう一発いくぞ!

「グァァ!!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 18:34:20.34 ID:eqpPrlEx0

「キサマ…結構効いた」

魔王と言えども、私の打撃をまともに受けて、そう簡単に耐えてはいられないだろう

叩きのめしてやる!

「エイッ!」

「ヤァッ!」

「トウリャッ!」


「グァァァッッッ!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 18:38:14.77 ID:eqpPrlEx0

「アァ…キサマ…効いた…効いたぞ」

魔王よ。そろそろトドメを刺してやる。

「この街を破壊するものよ。

王の名にかけて、魔王を粉砕する!

エェエイッ!

ヤァァァァァッ!

トォォォォリャァァァァァァッ!!!」

「グァァァァァァァァッ!!!」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 18:43:55.87 ID:eqpPrlEx0

「キサマァ……効いた…ケッコウ効いたぁぁぁ!!!」

はっはっはっはっ!!!

そうだろう!

私の打撃は効いただろう!

「アァ……効いたぁ…」

はっはっはっ

魔王よ。

どうやら貴様は徹底的に叩きのめさないと分からないみたいだ

私の全身全霊をかけて、全力で戦う!!!

「タァァァァァァアアアッッッ!!!」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 18:46:18.96 ID:eqpPrlEx0

「タァァッ!」

「グォォ!」

「ハァァァッ!!」

「グァァァァァ!!」

「エイヤーーーーーーーーーーッ!!!」

「グァァァァァッ!」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 18:52:57.64 ID:eqpPrlEx0

「クゥゥ……ケッ…コウ…キイタ…」

「魔王よ。街を破壊しようとするものを、このまま見過ごしておくわけにはいかない。お前が力尽きるまで、私はもう戦うことをやめないぞ!」

「ハアァァッ!!」

「グォォ!!」

「うおりゃ!!」

「グァァァァァ!!」

「ハァァァ…

エイヤーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 18:56:38.85 ID:eqpPrlEx0

「フゥ…フゥ…」

「……」

魔王よ……力尽きたか

「……………フゥ」

「……」


「はっはっはっ。

私こそ!カゴメ野菜をも飲み込む、究極の王者!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 19:02:45.05 ID:eqpPrlEx0

「ナニヲシテイル」

「むっ、これは、魔王」

「いつからユメのなかとサッカクしてイタァ」

「むっ、いつの間に私は夢を見ていたのだ。

魔王、一筋縄では行かない奴だ」

こいつ…気を付けねば

「いくぞ魔王!」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 19:06:07.38 ID:eqpPrlEx0

「無理に近づきはしまい。矢で攻撃だ!」

「喰らえ!」

「グァァァァァ!」

「どうだ。今度はしっかりと見ていたぞ。

これで、お前も効いただろう」

「アァ…キイタァァ!」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 19:10:42.84 ID:eqpPrlEx0

「アァ…キイタ…キイタァァッ…」

ふっ。魔王が効いたような素振りをしている。
どうやらこれは効いたようだな。

「弓矢でどんどん攻撃してやる」

「アァ…ヒトツ…言いたいことがある」

「むっ、なんだ」

「ソロソロ、ワタシからも攻撃してイイカァ?」

「なにっ」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 19:28:27.61 ID:eqpPrlEx0

「ハッハッハァァ…まだ街を破壊したりないのダァ!」

「なにっ街を破壊するだと!」

「ハッハッハッ」

「それはさせない!それは、私が絶対にさせんぞ!」

「イクラ王と言えども、街を破壊されるのは、なにもできないダロウ」

「………」

「ハッハッ…ドウダ、もう打つ手は無いのか?」

「………………………ふぅ」

「ナンダ、ドウシタ」

「魔王よ。それなら私からも言わせてもらうが、お前はいつから街を破壊していると錯覚していた。ここは海だ」

「ナニ!?」

「今から向こう岸まで泳いで勝負してもらう」

「ナンダトッ」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 19:35:13.71 ID:eqpPrlEx0

「いくぞ魔王!」

「マ、マテッ」

「どっちが早く着くか勝負だ」

「グォォォ!ワタシに逆らったことを後悔させてやる」

泳ぎの勝負になった。

向こう岸まで見える島に早く辿り着いた方が勝つというルールになった。

王である私は泳ぎも得意だ。

いざ、尋常に勝負する!

「キサマ、勝負をする前にヒトツ言わなければならないことがある」」

「何だ、魔王よ」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 19:41:48.64 ID:eqpPrlEx0

「イツカラ泳ぎの勝負になったとサッカクしてイタァ」

「なにっ。いつから私は泳ぎの勝負になったと錯覚していたんだ」

「オウよ。もう小細工は終わりだ。

私は私の理念に従って、この街を破壊する。

正面から向き合って、キサマを倒そうでは無いか」

「………そうか。

それでは、魔王。私もお前に真正面から向き合うことにする。

私は王の名にかけて、お前と全力で戦い

お前が間違っているということを、この身で戦って分からせてあげよう」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 19:42:57.90 ID:eqpPrlEx0

「いくぞ、魔王!」

「カァァァ!!オウよぉぉぉっ!」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 19:49:10.16 ID:eqpPrlEx0

「………」

「……ふぅ」

魔王は力尽きたか

街を破壊するとは、魔王はやり過ぎた。

お前は落ちるところに落ちて、反省していたまえ。

「…帰る前に、ひとこと魔王に言っておいてやる」

「……」











「私は、イクラ王と呼ばれた時から、海の王様になることを決めていた」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/30(土) 19:50:28.10 ID:eqpPrlEx0






『その他』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿