TOP > シンデレラガールズ > 【モバマス】夕美「お花見は私に任せてね」

【モバマス】夕美「お花見は私に任せてね」

21: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)20:41:26 ID:ryH

――モバP家

モバP(以下P)「くぅー、くぅー」クテー



タッタッタッ

ガチャ

夕美「ただいまぁ!」
バァン




「あれ?Pさんは?」キョロキョロ



P「くー、くー」グッスリ

夕美「寝てるよぉ……せっかくお昼前に帰ってきたのにぃ」

「というか、こんなに散らかして……」ハァ

ガサゴソ

「とりあえず、これでよし……さてと」



「Pさん、起きて起きてぇ!」ユサユサ

P「ん…………夕美か……」ボンヤリ

夕美「せっかく早く帰って来たんだからお花見に行こうよぉ」ユサユサ

P「うぅ……先週、事務所のみんなと行ったばかりだろうに……」

「それに昨日、Cute組が色々遊んだらしいし……」



夕美「それはそれ、今日は今日だよぉ!」ユサユサ


22: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)20:44:52 ID:ryH

――というわけで

トコトコ

夕美「えへへ……久しぶりに二人一緒だね」ニコッ

P「うっ……」

(起きぬけの頭に夕美の笑顔がまぶしい……)

夕美「どうしたの?まだ寝ぼけとるのかな?」

P「いや……そのなんだ……やっぱり夕美は可愛いなぁ……ってさ」シドロモドロ

夕美「え……」



「えーっ!?」



「えー――――――――っ!!!」

「もーっ、そんな恥ずかしいことを平気で言うなんて!」ポカポカ

P「ははっ、痛くないぞう」





『あれ?アイドルの・ワ・ちゃんじゃないか?』

『でも・ワ・ちゃんだったら、あんなバカップルやなくて、もっとパッションに溢れてるはずだけど……』

『なら別人か……リア充め』ギリギリ


23: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)20:48:56 ID:ryH

P「ところで昼はどうするんだ?どこか近くのコンビニで買っていくか?」

夕美「それがね……」

「じゃーん!」バーン

つ【かわいいおはなみべんとう】

P「ん……これは?」

夕美「今日の収録の帰りに見かけたお店で売ってたの。可愛いでしょ」ウキウキ

P「あぁ……まぁたしかに」

(ちょっとばかり量は少なさそうだけど……)チラッ



夕美「えへへ……」ニコニコ



P(まぁ、夕美が喜んでるしええか)

「じゃあ行くか」

ギュッ

夕美「あ……」

(これって……恋人繋ぎ……だよね(///))



「うんっ!」


24: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)20:53:10 ID:ryH

――公園

夕美「うわぁ……いっぱい人がいるよぉ」キョロキョロ

P「……の割にはシートで埋まっとるわけじゃないな。どうしたんだろう?」



『おい、向こうで美波ちゃんと愛梨ちゃんとみくにゃんの撮影があるってさ』

『何!前川さんが来るのか』

『この温かさなら、愛梨が脱ぎ出すぞ、急げ急げ!』

ドタドタドタ



夕美「……そういうことかぁ」

P「そういうことだな」

夕美「私だって同じ事務所のアイドルだけどなぁ……」

ポンポン

P「今は、俺だけのアイドルでいてくれればいいさ」



夕美「あ…………えへへ」

「うんっ!」


25: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)20:57:09 ID:ryH

みく「ふ……ふぁ……ひっぷしゅん!」

美波「ひくしゅん!」

愛梨「くしゅん!」

美波「うぅ……ちょっと肌寒いから冷えたのかしら……」

愛梨「こんなに暑いのにでしょうかぁ?」ヌギヌギ

みく「愛梨チャンは脱がないの!……また智絵里ちゃんが噂してるだけにゃ」

智絵里(違うよー)

美波「違うって言ってるわね」

みく「智絵里チャンは相変わらずだにゃ……」

愛梨「じゃあ脱いでいいんですね」ヌギヌギ

みく、美波「まってちがう」ビシッ

愛梨「あうっ!」

智絵里(二人ともいいツッコミだよ)


26: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)21:04:21 ID:ryH

ファサ

P「じゃあ、レジャーシートは敷いたから……」

夕美「飲物は今買ったし……よいしょ」

ファサァァァ

「……うん、やっぱり綺麗だね」ウットリ

サラサラ

P「あぁ……海外では中々散らない薔薇とかを好むとか聞くけど」

「日本人は潔く散る桜が好きなんだなぁ……」

夕美「でも、私は簡単に散るようなアイドルになるつもりはないからね」フンヌ

P「いや……散るなら散るでいいさ」

夕美「え?ど、どういうことかな?散っちゃうんだよ?」キョトン

「それとも、まだ婚約したばかりなのに、もうアイドルを辞めろとか言うのかな?!」アタフタ



P「違う違う。落ち着け」ビシッ

夕美「あぅ……」

P「……今、桜が散っても、日本の四季は紫陽花に向日葵が控えておるからな……

「だから、可憐な桜の夕美だけでなく、しっとりとした紫陽花な夕美に、元気溌剌な向日葵やコスモスに紅葉と、次々に咲き誇る夕美を見てみたいわけと……」



「…………言ってて恥ずかしくなってきたな(///)」テレテレ


27: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)21:09:48 ID:ryH

夕美「……」



「うんっ!だったら…これから先、色んな私を毎日Pさんに見せてあげるから!」

P「こらこら……俺だけじゃないだろ」

夕美「えへへ……アイドルだもん。ファンのみんなにでしょ」



P(そのファンの一号がオレなんだけどなぁ」ボソッ

「役得、役得」



夕美「…………」

「……」



P「どうした、夕美?」キョトン

夕美「もーっ!そんな恥ずかしいことを!!本人の前で!言わないでよーっ!」ポカポカポカポカ

P「ははっ、聞こえとったか」



夕美「もーっ!もーっ!!(///)」ポカポカ


28: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)21:12:55 ID:ryH

…………
……

P「ふぁぁ……さて、昼ご飯も済んだし。ちょっと辺りを回って帰るか?」

夕美「えっと……」

ポンポン

P「どうした?太股を叩いて」

夕美「あ、あの……相葉さんのお膝が……あ、空いているからね」ポンポン
「よかったら……だけど……」




P「……」

夕美「う……」

(や、やらなきゃよかったかな……)



P「うん……俺専用の膝枕だからな」

ゴロン

「うぅ……久しぶりの夕美の膝枕は気持ちいいな」

夕美「あ……」



「うんっ!」ニコッ


29: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)21:15:59 ID:ryH

P「癒されるなぁ……」ゴロゴロ

夕美「こ、こらぁ……くすぐったいよぉ」

P「P、わかんない……」

夕美「もーっ……しょうがないなぁ」ナデナデ





P「そういえば、前に鳥と戯れた時に俺が夕美のほっぺたをツンツンした時があったよな」

19040322501.jpg


夕美「うんっ、鳥さん達がいきなりPさんをつっつき始めちゃってビックリしたよ」

P「そんな【憩いの花香】の衣裳を見て思ったんだが」

夕美「うん?」


30: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)21:17:31 ID:ryH

P「これ

19040322502.jpg

の夕美のお腹のスカートのリボンがさ」

夕美「うんうん」





P「下着のパンツのリボンに見えてきたんだ」





夕美「え?」


31: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)21:19:33 ID:ryH

P「こないだ下着を洗濯した時に、結構大きいパンツ……サニタリーショーツだったか……を見て、ふとそう思ったわけ」

夕美「」



P「夕美?」



夕美「セ……」

P「ん?」





夕美「セクハラだよぉぉぉぉ!!」

バシーン

P「痛恨の一撃!?」

パタリコ


32: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)21:22:14 ID:ryH

夕美「そういうのはね、わかっていても言わないもんなんだよ」ヒューヒュー

「まったく、女の子はデリケートなんだからね!」ハァハァ

P「おーけー、夕美さん。落ち着こう、なっ、なっ」アセアセ

夕美「わ、私は落ち着いてるよっ!」ハァハァ

「だいたい、Pさんが……」クドクド



P(あー、ダメだこりゃ。長引くな)


33: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)21:25:26 ID:ryH

ガチャ

P「ただいまー」

夕美「つーん」

P「もう……機嫌直してくれよ。俺が悪かったからさぁ」

夕美「ふーんだ!乙女心を傷つけた罪は軽くないんだからね!」プンプン

「今日という今日は、うさぎ亭のケーキでも許さないんだからね!」プリプリ

P「あ……」

(まいったなぁ……先手を取られたよ)トホホ



(まぁ、最後の手段といくか……)


34: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)21:38:08 ID:ryH

P「夕美っ!」

バンッ

夕美「ふわっ!?」ドキッ

(か、壁ドンっ?!)

P「いつまでも機嫌を直さない夕美が悪いんだからな」

ジリジリ

夕美「ちょ、ちょ……んンっ」

チュッ

P「夕美の弱いとこはお見通しさ」

夕美「や……ヤだ……ずるいよぉ」ドキドキ

P「次は……」

サッ

夕美「ふわっ!」

(あ……ベッドまで運ばれて)ジュン

P「さぁ、どうしてやろうか」

トサッ

夕美「あうっ!」

P「ベッドのスプリングが壊れるまで愛し合おうか」

チュッチュ

クチュクチュ

夕美「んっ……はあッ……ダメ……こんな強引に……こ、婚約者同士でも犯罪だよぉ」ドキドキ


35: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)21:41:33 ID:ryH

P「なら……」

夕美「……ん?」



P「一生犯罪者でもいいから……」イケボ

夕美「んっ?!」トゥンク



P「一生罪を償うから、その分一生夕美を愛し続けるからな……」チュッ

夕美「ふわッ!……ふぇぇ……あ……あの……」ドキドキ





「なら、私も……同罪……だよ(///)」



「だって……好き…なんだもん」


36: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)21:49:00 ID:ryH

…………
……

夕美「もうすっかり深夜だね……」

P「あぁ、寝る前にシャワーを浴びるか?」

夕美「うん……あ、でも先に浴びていると、Pさんがまたやりたくて入ってきそうだしなぁ」

P「どっかのアユマリンかよ」トホホ

夕美「ふふっ、Pさんの105mm砲にいつもどっからでも狙われてるからね」

P「おいおい、俺の主砲はブルドッグ(AC-130UJ)並かよ。せめてシーデビルの127mm砲にしてくれ……」

夕美「はーい。でももう四月なんだね……」ギュッ

P「あー、そうだな」

「……悪いな。いつもこんな……えっちなことばかりで」

夕美「え?何を今更?」キョトン

P「……その、もっと休みとか取れれば二人で一緒にデートとかできるのに」

夕美「いいよ……こんなえっちなことばかりしてるけど……」

P「む……否定しないのか」

夕美「ふふっ」

ソッ



夕美「それも、私たち二人にとっては一つの愛の形だと思うよ」ニコッ

P「…………」



「ありがとう……大好きだ」

夕美「私もだよ……」

チュッ



おしまい


37: ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/03(水)21:49:41 ID:ryH

はい、以上になります

ありがとうございました


38: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/03(水)21:59:20 ID:ryH

ちなみに作中でCute組がお花見の話は

【モバマス】すぷらとりーおぺれーしょん
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1553999140/

こちら参照(ごちゃごちゃしてますが……)





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿