TOP > アイドルマスター > 春香「千早ちゃん」 千早「何かしら?」

春香「千早ちゃん」 千早「何かしら?」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 22:29:48.92 ID:6HhjhG+R0

春香「千早ちゃんは、頭に何被ってるのかな?」

千早「さあ?」

春香「私のパンツ被ってるよね?」

千早「何言ってるの春香、寝ぼけてるの?」ス-ハ-ス-ハ-

春香「じゃあ、スーハースーハーって、不自然に深呼吸してるのは?」

千早「文字通り、深呼吸してるだけよ」ス-ハ-ス-ハ-

千早「…はぁ……いい香りだわ」ウットリ

春香「何よいい香りって!ともかく、ごまかしてって無駄だよ、私には思いっきりパンツ被ってるの見えてるから!」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 22:31:29.68 ID:6HhjhG+R0

春香「返してよ!」グググッ

千早「嫌よ!せっかくホカホカのはるパン手に入ったのに!」グググッ

春香「気持ち悪いこと言わないで!」グググッ

伊織「……ちょっと、ちょっと!」

春香千早「ん?」チラッ

伊織「あんたたち、何してるのよ!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 22:32:08.23 ID:6HhjhG+R0

春香「伊織、聞いて!千早ちゃんが私のパンツをくすねて、しかも頭に被って返してくれないの!おかしくない!?」

千早「ちょっとくらいいいじゃない!予備の下着なんていくらでもあるでしょ?」

春香「そういう問題じゃないでしょ、変態!」

千早「私は変態じゃないわ、変態淑女よ!」

春香「また意味のわからないこと言わないで!」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 22:32:39.29 ID:6HhjhG+R0

伊織「……」

伊織「……ねぇ春香」

春香「何、伊織?」




伊織「千早のパンツ被ってるあなたが、そんなこと言えるのかしら?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 22:33:09.69 ID:6HhjhG+R0

千早「私の下着!?水瀬さん、どうしてわかったの?」

伊織「なんでって……端の方に名前が書いてあるじゃない」

千早「……あっ、言われてみれば!!」

千早「……春香、私のパンツ返しなさい!」

春香「えぇ、嫌だよ!せっかく手に入れたちはパンなのにぃ」

千早「ちはパンなんて、気持ち悪いこと言わないで!!」

伊織「ブーメラン」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 22:33:55.63 ID:6HhjhG+R0

春香「とにかく、私のパンツ返してよ!!」

千早「春香こそ、返しなさい!!」

\ワ-ワ-ギャ-ギャ-/

伊織「はぁ……全く、とんだ痴話喧嘩ね」ヤレヤレ

雪歩「伊織ちゃん、おはよう」

伊織「あら、雪歩。来てたのね」

雪歩「うん。なんか後ろで騒がしいけど、何かあったの?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 22:34:49.42 ID:6HhjhG+R0

伊織「なんか、千早と春香が自分たちでお互いに奪い合った下着を、お互いに返してもらおうとしてるみたい。だけど、お互いに返したくないみたいなのよね」

雪歩「う~ん……つまり、お互いに奪った下着を返してもらおうとしてるんだね」

伊織「そうね…」

雪歩「ふたりとも、結構必死だね…」チラッ


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 22:35:25.12 ID:6HhjhG+R0

伊織「お互いに素直に返せば、すぐ終わるのに、強情なのね」

雪歩「それにしても、下着を頭から被って、何がしたいのかな…」

伊織「ほんと、理解に苦しむわ」

ガチャ

やよい「おはようございまーす!!」

真「おはようございます!」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 22:35:57.32 ID:6HhjhG+R0

伊織「おはよう、やよい、真」

雪歩「おはよう、真ちゃん、やよいちゃん」

やよい真「あっ、おは……」

やよい真「………」

伊織「どうしたのよ、私たちの顔見るなり黙って…」

雪歩「何かあったの?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 22:36:28.22 ID:6HhjhG+R0

伊織「……ああっ、雪歩、わかったわ!後ろで春香と千早が人として問題あることしてたから愕然して、つい押し黙っちゃったのよ」

雪歩「なるほど!確かに、あれはっ…ちょっと…ねっ……」

やよい真「い、いや、そっちだけじゃなくて……」

伊織雪歩「えっ?」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 22:37:01.55 ID:6HhjhG+R0

やよい「あ、あのー…」

真「あ、あのさ…」





やよい「伊織ちゃん、なんで私のパンツ被ってるの!?」

真「雪歩、なんでボクのパンツ被ってるのさ!?」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 22:37:37.21 ID:6HhjhG+R0

伊織「え、なんでって…やよパンは私の大事なエネルギー源だからよ!」

雪歩「私も、伊織ちゃんと同じで、まこパンは私にとってなくてはならないエネルギーだからですぅ」

やよい真「えっっ?」

伊織「そもそも春香たちは、被り方が下手すぎるわ!パンツは頭からじゃなくて、顔から被った方が、よりニオイを堪能できるのに…」

雪歩「うんうん!あの被り方は、宝の持ち腐れだよね」

伊織「ハァハァッ!やよいが目の前にいると、余計に捗るわ!」

雪歩「わ、私も!真ちゃん、真ちゃんッッ!!」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 22:38:45.31 ID:6HhjhG+R0

やよい真「…………」

ガチャ バタン

やよい「はぁぁぁぁぁ……」

真「ふぅぅぅぅぅ……」



やよい真「……事務所やめよ」

終わり


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/04/03(水) 22:39:28.27 ID:6HhjhG+R0

これで終わりです。
ありがとうございました。





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿