TOP > アイドルマスター > 美希「4月30日」

美希「4月30日」

1: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:29:08.76 ID:9k8YLoaC0

「今から、デートしないか?」

「うん、いいよ」

時はゴールデンウィーク真っただ中。
今日のお仕事終わりのミーティングで出た魅力的な提案を、
ミキは受け入れた。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/01(水) 00:30:21.95 ID:9k8YLoaC0

スタッフさんの挨拶もそこそこに、急いで車に乗り込む。
いつもならここから事務所に向かうけれど、今日は別。
反対方向へ曲がって、ミキとハニーは夜の街へ飛び出した。

「行先とか、聞かないのか?」

何も言わないミキのことを不思議に思ったのかな。
こちらを向かず聞いてきたハニーの横顔を、ミキはじっと見つめ返した。

「ハニーと一緒なら、どこだってキラキラのステージなの!」


3: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:31:10.92 ID:9k8YLoaC0

車の中の時間はミキが大好きな時間。だってハニーと二人っきりだもん。

今日のお仕事のこと。
今流行りのファッションのこと。
昨日学校で話したこと。
明日の宿題のこと。
ファンの人のこと。
ミキのパパとママのこと。
ハニーのこと。
ミキのいろんなお話を、ハニーは前を向いて、でもちゃんと聞いてくれるよね。


4: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:31:59.05 ID:9k8YLoaC0

そんなハニーが、なんだか今日は上の空。
ミキがなにをいっても、「ああ」とか「そっか」とか、そんなのばっかり。

「ねね、ハニー。ミキの話、ちゃんと聞いてる?」

「え。あ、うん。大丈夫。ちゃんと聞いてるぞ」

そんなこと言ってるけど、このくだりもこれで3回目。
今日のハニーはウソツキさんだね。
いつもならミキも怒るところだけど、今日はそのまま、ハニーをじっと見る。

「……どした?」

「ううん」

緊張してるのかな。
ハニーの横顔、いつもよりちょっとかたい気がする。


5: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:32:33.89 ID:9k8YLoaC0

上の空のハニーのお話に、ミキも答えて。

ハニーの鼻歌に合わせて、ミキも歌って。

時々ちょっと揺れる車に、身体を預けて。

ハニーの横顔を、じっと見つめながら。

あっというまに、目的地に到着した。


6: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:33:00.15 ID:9k8YLoaC0

「寒くないか?」

「うん、だいじょぶ」

人気のない、真夜中の夜の波止場。
夏には花火大会が、冬にはイルミネーションでキラキラしてるけど、
4月の終わりにそんなのあるわけない。

「この場所、覚えてるか?」

当たり前だよ。忘れるわけがない。
だってここは、ミキとハニーの特別な場所だもん。


7: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:35:02.57 ID:9k8YLoaC0

「美希と初めて会ったの、もう随分前なんだよな」

「初めて公園で出会って、初めて事務所でミーティングして。仕事して、レッスンして」

「アイドルについて一緒に悩んで考えて。身体をはったこともあったっけ?」

ハニーの言葉を聞きながら、ミキもたくさんのこと、思い返してた。
最初はテキトーにお仕事してたこと。
初めてライブで、キラキラした景色がみえた時のこと。
ハニーと一緒に、事務所でいっぱい、アイドルについて考えたこと。
アイドルについてわからなくなったときに、ハニーがミキのこと、みててくれたこと。

それから、こわい夜のことも。


8: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:36:13.08 ID:9k8YLoaC0

思い切って髪を切ったことも、ハニーが立ち止まっていた時のことも。
全部全部、覚えてる。忘れられない、忘れたくない、ミキとハニーの思い出なの。

「美希がここで変わるって言ってくれた時は、本当に嬉しかった」

「一生懸命に頑張る美希が嬉しくて、キラキラしている美希が眩しくて」

「眩しすぎて……いつの間にか、俺のほうが置いてけぼりにされてた」

「そんな俺を、美希はその先で待っててくれたよな」

「美希が信じてくれたから、隣に立っててくれたから、俺も変わらなきゃって思ったんだ」


9: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:36:49.51 ID:9k8YLoaC0

「もしかしたら、もっとふさわしい場所があったのかもしれない」

「二人っきりになれるレストランとか、綺麗な夜景が見られるスポットとか、以前ライブしたステージとか……」

「けどなんだろうな。俺には、これ以上の場所が思いつかなかった」

「美希が俺に約束して、俺が美希に約束した、たくさんの足跡が残る、特別な場所だから」

「だから……新しい時代を迎えるこの時間に、美希と二人でいたかったんだ」


10: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:37:16.04 ID:9k8YLoaC0

「美希」

「美希と出会ってから、今日までのこの日まで、たくさんの物を俺にくれて、ありがとう」

「明日から新しい時代になっても、きっとこれまで以上に楽しいことも、大変なこともあると思う」

「でも、何があっても俺を信じて、これからも隣にいてほしい」

「だから……その」

「これからも、よろしくお願いします」


11: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:38:13.12 ID:9k8YLoaC0

「……ぷっ」

「…………?」

「あはっ☆ ハニー、緊張しすぎってカンジ!すっごい他人行儀だよ?」

「う……うるさいなあ!緊張してるんだよ、これでも!」

「ハニーがミキに告白してくれた時みたいなの。あの時もガチガチだったし」

「掘り起こすな!!」

「ハニーって、案外本番に弱いタイプだったりして」

「…………からかうなよ、もう」


12: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:39:08.07 ID:9k8YLoaC0

「ね、ハニー」

「…………なんだよ」

「みて。今、日付変わったよ」

スマホの画面をハニーに差し出す。
いつの間にかそこに浮かぶ数字は、もう5月1日を示していた。

「ミキもね。ハニーと会えて、ホントに良かった」

「でも、今日からの新しい時代は、もっともっと、ステキなことがあると思うの」

ぴん、と背中を伸ばして、ハニーをまっすぐ見つめる。
最初の姿は、ちゃんとしていたいから。


13: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:39:40.32 ID:9k8YLoaC0

「これからもずっと、ずーっと。ミキのこと、よろしくおねがいします」

「…………はい」

たくさんの思い出が詰まった平成の時代が終わって。
ハニーのちょっと冷たくなった手が、初めての令和の思い出になった。


14: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:40:32.05 ID:9k8YLoaC0

「…………腹減った」

「えー」

「仕事終わってからここまでなんも飲まず食わずだぞ。そりゃ腹も鳴るって」

「いくらなんでもムード台無しってカンジ……」

「なんだよ、美希は腹減ってないのか」

「………ペコペコなの」

「じゃ、ご飯食べ行こうか。令和最初の、二人のご飯!」

「うん!」


おしまい


15: ◆dzX3.Do/lI 2019/05/01(水) 00:41:54.56 ID:9k8YLoaC0

以上です。ここまで読んで下さいましてありがとうございました。

きっと令和の時代も、美希とプロデューサーはふたりでキラキラしていけるはず。





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿