TOP > ガヴリールドロップアウト > サターニャ「元号が変わったって何も変わんないじゃないの!!!」タプリス「当然ですよ」

サターニャ「元号が変わったって何も変わんないじゃないの!!!」タプリス「当然ですよ」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 04:57:25.349 ID:/OOKvplc00501

サターニャ「サタニキア様の時代が始まると思ったのに!」

タプリス「世界が変わってもそれだけはありえませんからね!」


2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 04:58:56.517 ID:/OOKvplc00501

タプリス「だいたい、なんで胡桃沢先輩は私の家に来てるんですか?天真先輩や月乃瀬先輩、白羽先輩と遊べばいいじゃないですか」

サターニャ「......みんな...」

タプリス「はい?」

サターニャ「みんな里帰りで誰もいないのよ!暇で暇でしょうがないわ!」

タプリス「そうですか...まあ予想通りですけど」

サターニャ「私の鎌で天界に襲いかかろうかしら」

タプリス「な!それじゃあ天使のみんなが悲しみますよ!」

サターニャ「うっぐぐぐぐぐ...命拾いしたわね天界!」


5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 04:59:26.363 ID:/OOKvplc00501

タプリス「ところで先輩はなんで里帰りしなかったんですか?」

サターニャ「そ、それはアレよ!下界を征服する準備に忙しいのよ!別に10連休もあるの知らなくて里帰りする準備できてなかったとかそういう訳じゃないんだからね!」

タプリス「な、なななななっ!下界を征服する準備!?そんなことさせま...あれ?さっき暇でしょうがないって言いませんでしたっけ?」

サターニャ「う、うるさいわね!そういうあんたはどうなのよ!?」


6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 04:59:54.066 ID:/OOKvplc00501

タプリス「私ですか?私はまだ下界で学ぶべきことがたくさんあると思っているので、それをGWを利用して学んでいきたいと思っています!」キラキラキラァ-

サターニャ「......」

タプリス「どうしました?」

サターニャ「いや...眩しすぎて直視できないわ...」


7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:00:22.532 ID:/OOKvplc00501

サターニャ「学ぶことって言ったけど具体的になにすんのよ」

タプリス「そうですね...昨日なんかは公園のゴミ拾いをしたり、近所の子供達と遊んだりしましたね」

サターニャ「...なってないわ」

タプリス「えっ」

サターニャ「全然なってないって言ってるのよ!そんなんで下界の全部が学べないわ!この私が特別に手を貸してあげるから感謝なさい!なーっはっはっは!」

タプリス「ええっ!?い、嫌な予感しかしないんですけど...」

サターニャ「いいから来るの!」

タプリス「うわあああ!!?」


8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:01:01.997 ID:/OOKvplc00501

エンジェル喫茶 入口前

タプリス「ここですか」

サターニャ「何よ、文句あるわけ?」

タプリス「いえ、先輩の割にまともだったから意外だなって思いまして」

サターニャ「ちょっと!それどういう意味よ!?」

タプリス「褒めてるんですよ」

サターニャ「そぉお?ふふん、やっとあんたも私の魅力に気づいたようね!あんたが私の配下に下る日も近い...!」ニヤニヤ


9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:01:42.420 ID:/OOKvplc00501

タプリス「それで、ここで何を頼むんですか?」

サターニャ「何言ってるのよ。ここでは店員をやってもらうわ!」

タプリス「そうなんですか!?それはなんで...」

サターニャ「ガヴリールから頼まれたのよ。ガヴリールは私のことを崇高な大悪魔様とついに認め、そう呼んだからその潔さに免じて引き受けてやったのよ!」ドヤッ


10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:02:03.904 ID:/OOKvplc00501

サターニャ「それにあんなに頭下げられたら断れないし...」

タプリス(天真先輩、せっかくなら10日間のGWを教えてあげればいいのに...いや、敢えてなんでしょうね、こうして頼めるから)

タプリス(胡桃沢先輩のことが心配になってきました。騙されて借金背負わされたりとかしないといいですけど...)

サターニャ「なにボーッとしてんのよ!さっさと入るわよ」

タプリス「あ、はい!」


11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:02:36.747 ID:/OOKvplc00501

エンジェル喫茶

マスター「二人ともよく似合ってるね」

サターニャ「ふふん、私にかかればどうってことないわね!なーっはっはっは!」ドヤッ

タプリス「用意された服を着ただけでよくそこまで...」

マスター「二人には食器を洗ってもらったり、お客さんが来た時に接客したりしてもらうよ。二人は接客は大丈夫かな?」


13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:03:14.618 ID:/OOKvplc00501

サターニャ「接客?クックック...いいのかしら?私に接客をさせて...。サタニキア様と相対した者達は皆!恐怖にひれ伏してこの場から逃げ出すわよ!」

マスター「せっかくのお客さんを追い返すのはやめてくれるかな!?」アセアセ

タプリス「この悪魔!そんなことさせませんよ!先輩は大人しく裏方に徹して皿でも磨いてて下さい!」

マスター「言い方!もうちょっと気を付けようね!?」アセアセ

サターニャ「なっ!あ、あんたまさか客が来ないのわかってて言ってるんじゃないでしょうね!?」

マスター「客が来ない...」ガ-ン


14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:03:50.944 ID:/OOKvplc00501

エンジェル喫茶 入口前

カランカランカラ-ン

サターニャ「なんだかんだマスターを慰めるのが1番疲れたわね...」

タプリス「先輩が余計なことを言うからですよ...」

サターニャ「悪かったわよ...」


15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:04:26.430 ID:/OOKvplc00501

サターニャ「そろそろお腹空いてきたわ...近くのファミレスに行くわよ!奢ってあげるわ!」

タプリス「えっ!?悪いですよ!自分の分くらい自分で払いますから!」

サターニャ「気にしないの!あんまり先輩らしいことしてあげられてないし、たまには大悪魔の威厳と器の広さを示さないとね!」

タプリス「でも...」

サターニャ「...これは私がやりたいからやるのよ。だからあんたは「ちょっと得したな」って思うだけでいいわよ」ニコッ

タプリス「そうですか...」

タプリス(先輩のこと、ちょっと見直しちゃいました。なんて...)


16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:04:53.490 ID:/OOKvplc00501

ファミレス 店内

店員「何名様ですか?」

サターニャ「 二 名 様 で ! ! ! 」ドヤァァァァ----!

タプリス「台無しですよ先輩!」


17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:05:24.895 ID:/OOKvplc00501

タプリス「先輩!なんですかそれは!」

サターニャ「ふふん、これはなんとコーラとカルピスとメロンソーダとレモンジュースを混ぜた、サタニキア様特製ジュースよ!」ドヤッ

タプリス「ド、ドリンクバーの飲み物を混ぜる...なんて悪魔的な...!」

サターニャ「これはC級に匹敵する悪魔的行為...なーっはっはっは!それじゃあ早速」


18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:05:53.558 ID:/OOKvplc00501

タプリス「あ!ダメですよ!食べる前に飲むとお腹が膨れて食べきれなくなっちゃいますから!」

サターニャ「いいじゃない!ちょっとくらい!」

タプリス「ダメです!!」

サターニャ「うー...わかったわよ...」


19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:06:38.978 ID:/OOKvplc00501

サターニャ「なかなか美味しいわね」モグモグ

タプリス「意外ですね。他の先輩方から味音痴って聞いてたんですが」モグモグ

サターニャ「あいつらが好き嫌い激しすぎるのよ!...これ七味かけた方がもっと美味しいわね」パッパッパッパッパッパッパッパッ

タプリス「ああ...なるほど...」

サターニャ「そういえば...あんたの友達って誰がいるのよ。そこら辺の話聞いてないわよ」モグモグ

タプリス「失礼ですね!私にも友達いますから!黒奈さんと篠原さんって言うんですけど──」キャッキャウフフ


20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:07:26.365 ID:/OOKvplc00501

ファミレスの外

サターニャ「ふう、美味しかったわね!」

タプリス「ごちそうさまでした!」

サターニャ「いいのよ。それにしてもあんたのマフラーにあんな秘密があったなんてね~」

タプリス「先輩方には内緒でお願いしますよ」

サターニャ「わかってるわ!二人だけの秘密ね」

タプリス(二人だけの、ですか...ふふっ)


21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:08:03.347 ID:/OOKvplc00501

タプリス「先輩!いつか必ず恩返ししますから!」

サターニャ「気にしなくていいって言ったじゃないの」

タプリス「私がやりたいからやるんです!!」ゴゴゴゴ

サターニャ「あ、圧がすごい...分かったわよ!そこまで言うなら好きにしなさい」


22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:08:47.559 ID:/OOKvplc00501

タプリス「この後はどこに行くんですか?」

サターニャ「今度は私が本当に連れてきたかった場所に連れていくわ!」

タプリス「それを聞いているんですが...」

サターニャ「行ってからのお楽しみよ!」


23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:09:17.736 ID:/OOKvplc00501

洋服店

タプリス「......意外ですね...もっと悪魔的な場所に連れてこられるかと思ってましたが...」

サターニャ「クックック...油断したわね!ここは誰でも悪魔的になれる場所!ここに立ち入った時点であんたは悪魔的になるのよ!!なーっはっはっは!」

タプリス「なんですって!わ、私が悪魔的になるんですか!?」

サターニャ「そうよ!受け入れなさい!はいこれ」

タプリス「え?」

サターニャ「とりあえずあんたに似合う服を選んどいたわ。着替えてきなさい」

タプリス「は、はあ...随分と急ですね...」


24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:09:47.650 ID:/OOKvplc00501

タプリス「か、かわいい...」

タプリス(シュッとしたスタイリッシュなファッションです。ファッションのことは詳しくはないですが、私の顔は幼い感じなのでギャップ効果で可愛くなっているのでしょうか)

サターニャ「終わったー?」シャ-ッ

タプリス「うわっ!いきなり開けないで下さいよ!まだ着替えてたらどうするつもりですか!」


25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:10:10.474 ID:/OOKvplc00501

サターニャ「なかなかイカしてるわね!最高に悪魔的よ!」

タプリス「...ありがとうございます///」

タプリス(『悪魔的』という言葉は普段嫌っていますが、この時だけは嬉しく思いました)

サターニャ「あ!そうだ、あんた今日この服で帰りなさいよ!みんなから悪魔的って言われるわよ!」

タプリス「そんなあ......ふふっ」


26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:11:00.005 ID:/OOKvplc00501

タプリス「先輩も私もけっこう服買いましたね」

サターニャ「そうね...。だけどなんで私がこの服で帰らなきゃいけないのよ!」

タプリス「先輩が私を天使らしくない悪魔的な服で帰らせるからですよ!だったら先輩もエレガントな服で帰ってもらわないと釣り合いがとれません!」

サターニャ「ぐぐぐぐぐ......分かったわよ!」


27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:11:32.889 ID:/OOKvplc00501

タプリス「先輩、この後はどこに行くんですか?」

サターニャ「え?もう帰るわよ。夕方になってきたしね」

タプリス「あ...そうですね...」

サターニャ「あんたの実家の家族も心配してるだろうから、帰らないならちゃんと連絡してあげるのよ!分かった?」

タプリス「はい...」

サターニャ「それじゃあ」

タプリス「あのっ!」


29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:12:11.372 ID:/OOKvplc00501

サターニャ「なによ」

タプリス「あの...これからはタプリスって呼んでくれますか?」

サターニャ「そんなこと?いいわよ」ニコッ

サターニャ「じゃあ私は大悪魔サタニキア様と呼んでもらおうかしらね!」

タプリス「それはちょっと...」

サターニャ「なんでよ!」


32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:13:14.802 ID:/OOKvplc00501

サターニャ「今日は楽しかったわ!じゃあね、タプリス」

タプリス「はい!私も楽しかったです!」

タプリス(私は胡桃沢先輩の背中を見つめる)

タプリス(悪魔的な格好をした私が、先輩の背中に抱きつくという悪魔的な行為をしたら...私は悪魔に見えるでしょうか)

タプリス(そこまで考えて私は帰るために足を運びます。だって今の先輩は......)

タプリス(先輩の嫌なことは私にとっても嫌なことにしておきたいんです。それはつまり、私達二人だけの感覚...ふふっ)

終わり


33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/01(水) 05:15:21.152 ID:/OOKvplc00501

令和だし二期来い





『ガヴリールドロップアウト』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿