TOP > コードギアス > マオ「頭の中を見てやるぞルルーシュ~!」

マオ「頭の中を見てやるぞルルーシュ~!」

2019/05/07 19:09 | コードギアス | コメント(0)
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 16:00:41 ID:fHRG4K/I

ルル「くっ!?」

マオ「ハハハハハ! お前の焦りが手に取るようにわかる!」

C.C.「よせ、マオ!」

マオ「クククッ、C.C.も気になってるんじゃないかい?」


マオ「コイツが、本当は君の事をどう思ってるのかがさぁ!」


C.C.「……よせ、マオ!」

ガシッ!

ルル「!? おい、離せC.C.!」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 16:06:51 ID:fHRG4K/I

マオ「さぁて、じっくりとお前の心を見てやるよ……!」

ルル「や、やめろ!」

マオ「そうだなぁ……C.C.に対する不満は?」

ルル「っ!? よせ、俺の心を読むな!」

C.C.「ほう、良い質問だなマオ」


マオ「へぇ~!」

マオ「――ゴハンのリクエストが『何でも良い』は困る」

マオ「なんて思ってるんだな、ルルーシュぅ~!」


ルル「やめろおおおっ!」ジタバタ!

C.C.「……」

C.C.「はっ?」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 16:11:53 ID:fHRG4K/I

C.C.「おい、ルルーシュ?」

ルル「ち、違う!」

マオ「いいや、違わないね!……何々~?」

C.C.「いいぞマオ、続けろ」

ガシッ!

ルル「!? よせ! これ以上はやめてくれえええっ!」ジタバタ!


マオ「ハッハッハッハ!」

マオ「――何が食べたいかを聞きたいのに」

マオ「なんて思ってるとは、滑稽だなルルーシュぅ~!」


ルル「やめろおおおっ!」ジタバタ!

C.C.「……なるほど」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 16:16:10 ID:fHRG4K/I

C.C.「お前は、私が食べたい物が気になるのか」

ルル「そんな訳があるか!」

マオ「フフフッ! 本当にそうなのかなぁ~?」

C.C.「マオ、どんどん続けろ」

ガシッ!

ルル「いい加減にしろ、C.C.!」


マオ「アーッハッハッハ!」

マオ「――出来るだけ喜んで欲しいからな」

マオ「なんて思ってるのに、傑作だよルルーシュぅ~!」


ルル「やめろ! やめてくれえええっ!」ジタバタ!

C.C.「……ほう」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 16:21:56 ID:fHRG4K/I

C.C.「お前は、私に喜んで欲しいのか」

ルル「図に乗るな魔女!」

マオ「C.C.! コイツの言うことは全部デタラメだ!」

C.C.「マオ、どういう事だ?」

ガシッ!

ルル「ぐおおっ!? み、身動きが!?」


マオ「聞いてよC.C.!」

マオ「――C.C.が喜ぶ顔が見たい」

マオ「だってさ! なんて哀れな奴だ!」


C.C.「……そうなのか」

ガシィッ!

ルル「ほわあっ!?」ポキポキンッ!


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 16:27:44 ID:fHRG4K/I

C.C.「お前は、そんな事を思っていたのか」

ルル「ち、違う……!」

マオ「へぇ~! 随分と頑張ってるみたいじゃあないか!」

C.C.「頑張っている? 何をだ?」

ガシッ!

ルル「やめろマオ! やめてくれえええっ!」ジタバタ!


マオ「コイツは色々とレシピを調べたりしてるよ、C.C.!」

マオ「ハハハッ! この前は火傷をしたのか!」

マオ「ルルーシュ! お前はなんて間抜けな奴なんだ!」


C.C.「……」

ガシィッ!

ルル「うぐおおっ!? ほ、骨があっ!」ポキンッ!


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 16:33:20 ID:fHRG4K/I

C.C.「火傷をした素振りは見えなかったが?」

ルル「っ!?」

マオ「C.C.~! コイツは演技をしてたんだよ!」

C.C.「……演技、だと?」

ガシッ!

ルル「ち、違う! 演技などしていない!」ジタバタ!


マオ「――変に気を遣わせたくないからな」

マオ「アッハッハ! C.C.がお前に気を遣うだって?」

マオ「思い上がるなよルルーシュぅ~!」


C.C.「……そうだな」

ガシィッ!

ルル「お、おおあ……!?」ポキーンッ!


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 16:39:43 ID:fHRG4K/I

C.C.「マオ、次の質問に移ろうか」

マオ「うん! わかったよC.C.!」

ルル「C.C.!? お前は誰の味方だ!?」

C.C.「お前と私は共犯者だ。そうだろう?」

ルル「くっ! 確かに、味方とは言っていない……!」


マオ「そうだ! C.C.はお前の味方なんかじゃない!」

マオ「――幸せになって欲しい」

マオ「なんて思ってても、全部無駄なのさ! アッハッハ!」


C.C.「……」

きゅっ!

ルル「があっ!? 小指の骨があっ!?」ポキッ!


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 16:48:06 ID:fHRG4K/I

マオ「ちなみにだが、教えておいてやるよルルーシュ!」

ルル「フン! お前に教えられる事など何も無い!」

マオ「クククッ、これを聞いてもそんな強がりが言えるかな?」

ルル「ほう? 随分と自信ありげじゃないか」

マオ「……いつまでスカした顔をしてるつもりだあっ!」


マオ「ルルーシュ!」

マオ「お前は、C.C.の手料理を食べたことが無いんだろう?」

マオ「あんなに美味しいのに! 絶品なのになぁっ!」


ルル「!? マオ、お前はまさか……」

ルル「……C.C.の手料理を食べた事があるのか!?」


C.C.「…………」

C.C.「……」


C.C.「おい、その話はやめろ」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 16:53:28 ID:fHRG4K/I

マオ「あるとも! お前とは違うんだからな!」

ルル「ば、馬鹿な……!?」

C.C.「マオ、その話はやめろ」

マオ「聞かせてやろうよC.C.! この哀れな奴に!」

C.C.「やめろと言っているのが聞こえないのか、マオ!」


マオ「C.C.の作る炒飯は絶品なんだ!」

マオ「それこそ、三食全部炒飯でも飽きなかったよ!」

マオ「機嫌がいい時はチキンライス! それも山盛りさ!」

マオ「……どうだ、羨ましいだろうルルーシュぅ~!」ニヤニヤ!


ルル「……!?」チラッ!

C.C.「……おい、こっちを見るな」


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 17:01:00 ID:fHRG4K/I

ルル「C.C.、お前……!?」

C.C.「信じるなルルーシュ」

マオ「C.C.!? 何を言ってるんだい!?」

C.C.「…………私は他にも作った」

マオ「嘘だ! 嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ!」


マオ「C.C.はいつも僕に炒飯を作ってくれたじゃないか!」

マオ「出かける時は、冷蔵庫に炒飯があるからチンして食べろ、って!」

マオ「どうして誤魔化すのさC.C.!?」

マオ「ルルーシュを羨ましがらせたくないの!? ねえ、C.C.!」


ルル「……!?」チラッ!

C.C.「……やめろ、見るな」


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 17:07:42 ID:fHRG4K/I

ルル「C.C.、お前……」

C.C.「違うんだルルーシュ」

マオ「違わないね! 僕の体は炒飯で出来てる!」

C.C.「マオ……! もうやめてくれ……!」

マオ「どうして!?」


マオ「ルルーシュの奴は、羨ましがってるのに!」

マオ「――俺もC.C.の手料理が食べたい」

マオ「なんて、身の程知らずな事を考えてるんだよ!?」


ルル「っ!?」

C.C.「……」


C.C.「はっ?」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 17:13:19 ID:fHRG4K/I

C.C.「マオ、詳しく聞かせろ」

ガシッ!

ルル「や、やめろ! いい加減に離せ、C.C.!」

マオ「! うん! わかったよC.C.!」

C.C.「ルルーシュは、羨ましがっているのか?」


マオ「そうだよ! それも、凄く羨ましがってる!」

マオ「お前の考えなんか、手に取るようにわかるぞルルーシュ!」

マオ「頭の中に炒飯が浮かんでは消えてを繰り返してるだろ!」

マオ「ハッハッハ! そんなにC.C.の炒飯が食べたいのか!」


C.C.「……ほう?」

ルル「マオおおおおっ! やめろおおおおっ!」


14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 17:22:21 ID:fHRG4K/I

C.C.「ルルーシュ、そんなに羨ましいか?」

ルル「っ……!」

マオ「黙っても無駄だルルーシュ! 羨ましいんだろう!」

C.C.「ふふっ! 素直に言えば、炒飯を作ってやるぞ?」

ルル「な、何ッ!?」

マオ「アッハッハ! 出来ないよなぁ、ルルーシュ!」


マオ「素直に食べたいって言えない奴だ、お前は!」

マオ「だから、お前はC.C.の作る炒飯が食べられないんだ!」

マオ「ひねくれ者は損をするよなぁ、ルルーシュぅ~!」


C.C.「……ふふっ!」

C.C.「おい、何とか言ったらどうだルルーシュ?」ニヤニヤ!


ルル「……!」


15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 17:27:06 ID:fHRG4K/I

マオ「聞いてよC.C.!」

C.C.「どうした?」

マオ「ルルーシュの奴、C.C.の手料理が食べたいと思ってるけど……」

C.C.「ふむ」

マオ「でも! 自分の料理も食べて欲しいと思って、悩んでるよ!」

C.C.「ほう」

マオ「なんって欲張りな奴だ! ねっ、C.C.もそう思うよね?」

C.C.「ああ、そうだな」


C.C.「そんな強欲なお前には――」


ルル「……!」


C.C.「――オムライスの刑だ」


マオ「ハハハッ! いい気味だなルルーシュぅ~!」

マオ「お前にはオムライスがお似合い……オムライス!?」


16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 17:33:31 ID:fHRG4K/I

マオ「何だよC.C.!? ねえ、オムライスだって!?」

C.C.「マオ、今日はもう帰って良いぞ」

マオ「ねえ、どういう事!? 答えてよC.C.!」

C.C.「帰り道は車に気をつけろ」

マオ「うん! 勿論だよ!」


マオ「……じゃなくて!」

マオ「――上にケチャップで名前を書いて欲しい」

マオ「なんて思ってるルルーシュに、オムライスを作るの!?」


C.C.「……ほう?」ニマニマ!


ルル「……!」


マオ「何を勘違いしてるんだルルーシュぅ~!」

マオ「C.C.が、ケチャップで名前を書くのに期待するんじゃないッ!」


17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 17:43:24 ID:fHRG4K/I

マオ「C.C.がそんな事するもんか!」

C.C.「ああ、名前を書くのは大変そうだからな」

ルル「っ……!」


マオ「アッハッハ! お前の絶望が伝わってくるぞ、ルルーシュ!」

パチ! パチ! パチ! パチ!

マオ「……C.C.の手料理を食べられるのは、僕だけだ!」

マオ「C.C.の作るニチレイの炒飯は、いつも美味しいんだ!」


C.C.「書くのは『 ♥』だ」


マオ「!?」

マオ「どういう事、C.C.!?」


18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 17:55:06 ID:fHRG4K/I

マオ「本当に、ルルーシュにオムライスを作るの!?」

C.C.「さよなら、マオ」

マオ「嘘だよね!? ねえ、こっちを向いてよC.C.!」

ルル「……!」ワクワク!

マオ「んああああああっ! 期待するなルルーシュ!」


マオ「――っ!? ねえ、聞いてよC.C.!」

マオ「ルルーシュ、あーんして欲しい、なんて思ってるよ!」

マオ「……なんて気持ち悪い奴なんだ、お前は!」


C.C.「……ふふっ!」ニコリ!


ルル「っ!?」


マオ「あーんなんかしないよね!? ねっ、しないよね!?」

マオ「んあああっ! 期待するなって言ってるだろルルーシュ~~っ!」


19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 18:03:52 ID:fHRG4K/I

C.C.「随分と可愛げがあるじゃないか」

ルル「……もう、隠しても無駄なようだな」

C.C.「ああ」

ルル「……だがな、C.C.。覚えておけ」

C.C.「何だ?」

ルル「……」


ルル「あーんして良いのは――」

ルル「――あーんされる覚悟のある奴だけだ」


C.C.「……」


マオ「!? こ、コイツ……本気で言ってる!」

マオ「C.C.と食べさせ合いっこするつもりだとぉ!?」


20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 18:17:15 ID:fHRG4K/I

ルル「お前がオムライスを作るのなら――」

ルル「――俺は、サラダとスープを用意しよう」

C.C.「ほう? サラダ、か」

ルル「無論、チーズたっぷりのシーザーサラダだ」

C.C.「……ふふっ、わかってるじゃないか」


ルル「当たり前だろう? 俺とお前は共犯者だからな」

ルル「それに……キッチンは戦場と言うだろう?」


C.C.「……ああ、そうだったな」

C.C.「久しく思い出したよ、レンチン以外の生き方というものを」


マオ「……レンチン?」

マオ「ねえ、C.C.……レンチンって何!?」


21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 18:40:32 ID:fHRG4K/I

ルル「手助けが必要か?」

C.C.「誰にものを言っている。私はC.C.だぞ?」

ルル「お前ならそう言うと思ったよ」

C.C.「ふふっ! ああ、そうだとも」


マオ「……くっそおおおおおおっ!」

マオ「――照れくさくて言えないが感謝するぞ、マオ」

マオ「なんて、僕に感謝するのはやめろルルーシュ!」


C.C.「ありがとう、マオ」ニコッ!


マオ「! うん、C.C.!」パアッ!

マオ「C.C.が喜んでくれるなら、僕も嬉しいよ!」


22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/07(火) 18:51:23 ID:fHRG4K/I

マオ「C.C.は僕のものだ! 今のを見ただろう!」

ルル「……ああ、そうだな」


ルル「……C.C.のあんな笑顔は見たことがない」

ルル「だがな、マオ……お前なら、俺の考えがわかるだろう?」


マオ「ふん! 良いじゃないか、やってみろよ!」

マオ「一緒に料理をして食べさせ合いっこをして――」

マオ「――C.C.を笑わせる事が出来るもんならなぁ!」


ルル「……結果は、次に会う時にわかるだろう」


マオ「アッハッハッハ! そうだなルルーシュ!」

パチ! パチ! パチ! パチ!


マオ「次に会った時、お前の心の中を見るのが楽しみだよ!」



おわり





『コードギアス』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿