TOP > SSSS.GRIDMAN > 【SSSS.GRIDMAN】ボラー「何でオレがメイド服着なきゃならねーンだよッ!?」

【SSSS.GRIDMAN】ボラー「何でオレがメイド服着なきゃならねーンだよッ!?」

2019/05/14 00:40 | SSSS.GRIDMAN | コメント(0)
1: ◆z6xlohu3JE 2019/05/13(月) 23:38:59.08 ID:tcgNDVTv0

~ 某日 六花家の店にて ~


ボラー「ウィース」スタスタ

六花ママ「あら珍しい、今日はひとりなの?」

ボラー「そっスね」スチャ


グゥ~…


ボラー(あーなんか腹減ったな~…)

ボラー「ママさ~ん、注文いい?」

六花ママ「どうぞどうぞ。好きなの頼んじゃって」

ボラー「えーっとじゃあこれとこれと…」


2: ◆z6xlohu3JE 2019/05/13(月) 23:41:10.81 ID:tcgNDVTv0

───


六花ママ「にしても今日は珍しいじゃない。お店に来るのがキミだけだなんて~」

ボラー「そっスか? たまたまっスよたまたま」モグモグ

六花ママ「……もしかして、みんなちゃんとした定職に付いたとか!?」

ボラー「あーないない。それはないッスよ絶対」

六花ママ「……あっそう…」



ボラー(うぃ~食った食った)パンパン

ボラー「ママさん、会計お願いね」

六花ママ「はいはい、え~っと、合計で1200円になりま~す」

ボラー「あ~い…」

ボラー(意外とするのな…)ゴソゴソ

六花ママ「ウチはお得意さん割引とかナシだからね~」

ボラー「ケチー」ゴソゴソ


3: ◆z6xlohu3JE 2019/05/13(月) 23:43:03.64 ID:tcgNDVTv0

ボラー(……んっ?)ジャリ…

ボラー(あっ!ヤベッ!持ち金足んねーじゃん!)

六花ママ「?」

ボラー「……な…なぁママさん…」
    
六花ママ「んっ? なぁに?」

ボラー「……あのー…お代ってさ、ツケにしてもらうことってできる?」

六花ママ「えッ!? まさかお金持ってないの!?」

ボラー「いやいや!あるにはあるよ!
    ただ…ちょーとばかし足りないっつーか…なぁ?」

六花ママ「……はぁー…ウチはツケ払いお断りなんだけど…」

ボラー「頼むって~!オレとママさんとの仲じゃんかよ~!」

六花ママ「あ~ダメダメ。そんな常連さんにばっかり甘い顔するなんて、商人が一番やっちゃいけないことなんだからね!」

ボラー「……チッ…どケチばばあ……」ボソッ

六花ママ「ん~?なになに何か言った~?」

ボラー「べっつに~」


4: ◆z6xlohu3JE 2019/05/13(月) 23:45:39.42 ID:tcgNDVTv0

六花ママ「……はぁー…全く仕方ないわねぇ…」

ボラー(おっ!もしかしてオマケしてくれる?)

六花ママ「払えないモンが払えないってんじゃあねぇ~……仕方ないわねぇ~…」p p p


1 1 0 


ボラー「ちょッ!ちょっとママさん何してんの!?」

六花ママ「何って…通報」
    
ボラー「ちょッ!ちょッ!ちょい待ちちょい待ちッ!
    勘弁してくれよー!たかが1200円くらいでさー!」

六花ママ「たかがぁ~? そのたかが1200円が支払えないのは何処のどなたさんですかぁ~?」

ボラー「うぐっ…あっそうだ!
    何ならもう直ぐマックス達がこの店に来るからさ!そんとき代わりに払ってもらえば…」

六花ママ「皆がいつここに来るか分かってんの?」

ボラー「……そりゃ~…まぁ…」

六花ママ「……今日中に来るって保証できる?」

ボラー「えぇっと……多分…いや!絶対来るって!」


六花ママ「ん~……いや!それでもダメ~!」

ボラー「はぁ!?」

六花ママ「お金が足りなかったのは君の落ち度なんだからさぁ…
     他人をあてにしようだなんて考えないで、自分の力で何とかしなさい!」


5: ◆z6xlohu3JE 2019/05/13(月) 23:47:46.51 ID:tcgNDVTv0

ボラー「な…何とかしなさいって…」

六花ママ「ほら~、よくドラマとかであるじゃない。
     ラーメンのお代が払えなくて皿洗いを手伝うとか、そういう展開」

ボラー「……それって、つまりこの店で働けってことか?」

六花ママ「そうね~…お代の分だけ働いてくれれば、今回のことは水に流してあげても良いわよ?」

ボラー「おっ、マジで?」

ボラー(ラッキー!この店滅多に客なんか来ねーし、楽な仕事でチャラにできるなら安いモンだぜ!)

ボラー「ぅし!わかった!引き受けたぜ~その話!」

六花ママ「おっ、やる気満々ね~。その心意気よし!」

六花ママ(……ん~…でもウチの手伝いなんて、大した仕事にはならないわよねぇ…基本暇だし)

六花ママ(あんまり楽な仕事じゃこの子も反省しないだろうし……う~ん…)

六花ママ「……あっ、そうだわ!」

ボラー「んっ?」


6: ◆z6xlohu3JE 2019/05/13(月) 23:50:49.46 ID:tcgNDVTv0

───


六花ママ「え~っと…確かこの辺りに…」ガサゴソ

ボラー「ママさ~ん。なに探してんの?」

六花ママ「あっ!あ~!あったあった!」

ボラー「?」


六花ママ「フフッ…さぁ~て…
     君には今から、これを着て仕事をしてもらいま~す♪」バサッ



つ【メイド服】



ボラー「えっ……はぁァァッ!!?」


六花ママ「これね~、六花が小学生の頃に買ってあげた服なんだけどねぇ…
     六花ったらけーっきょく一度も着ることなくて、そのままタンスの肥やしになっちゃってたのよ~」

六花ママ「……ねぇ? 折角だからこれ着て仕事してくんない?」

ボラー「い…いやいやいや!着れるかよンなモン!オレ男だぞ!?」

ボラー「てか!この店で仕事すんのに何でそんな服着る必要があるンだよ!?」

六花ママ「ンなもん私が着せたいからに決まってるじゃな~い!」

ボラー「ハァッ!!?」

六花ママ「ねぇねぇいいじゃ~ん!キミなら服のサイズもピッタリだろうしぃ~きっと似合うって~♪」

ボラー「いやいや!ぜってー着ねェからな!」


7: ◆z6xlohu3JE 2019/05/13(月) 23:52:00.93 ID:tcgNDVTv0

六花ママ「……あーそう。そういうこと言っちゃう? じゃあ仕方ないわねぇ…」

ボラー「えっ?」

六花ママ「えっと、警察の番号は110番…」ピッピッピッ

ボラー「なっ!?」

六花ママ「もしもしおまわりさ~ん? 食い逃げですよ食い逃げ~」

ボラー「あーもうッ!分かったよ!やればいいンだろやれば!」

六花ママ「うむ、分かればよろしい」


8: ◆z6xlohu3JE 2019/05/13(月) 23:53:24.87 ID:tcgNDVTv0

───


ボラー(メイド姿)「……ッ!」

六花ママ「わーお!似合ってるわよ!かわいいじゃないの♪」

ボラー「嬉しかねーよ!」

六花ママ「はいはい。それじゃあ私はちょっとの間店外すから、適当に店番よろしくね?」

ボラー「はぁ!? オレ一人で仕事やれってのかよ!?」

六花ママ「大丈夫大丈夫。ウチの店そんなにやることないし」

ボラー「いや良いのかよそんな適当に任せて!?」

六花ママ「いいのいいの。じゃ、後はよろしくね~」クルッ
  
ボラー「ちょ!おいッ!」

ボラー(こンのクッソババア~…!
    コイツが店から出てったら、こんな服ソッコー着替えてやるからな~!)


9: ◆z6xlohu3JE 2019/05/13(月) 23:54:41.03 ID:tcgNDVTv0

六花ママ「あっ、ズル出来ないようにキミの服は私が預かっとくから」バサッ

ボラー「えっ!はぁ!?」

ボラー(オレの服!いつの間に!?)

六花ママ「じゃあ私が帰ってくるまで店番頑張ってね~」スタスタ


ボラー「ちょッ!!待てよババアーッ!!」


10: ◆z6xlohu3JE 2019/05/13(月) 23:56:26.49 ID:tcgNDVTv0

───

 
ボラー「あーもうマジやってらんねー!」

ボラー(何でオレがこんなフリフリの服着なきゃならねーンだよ!
    …ったく、なんか股の辺りががスースーするしよォ~…着れたもんじゃねーぜコレ!)


スタスタ…


客「すいませ~ん。ここ喫茶店もやってるって聞いたんですけ…」


ボラー「うォ!?」ビクッ!

客「……ど…」

ボラー「……ッ!」カァー…///


客「……め…メイド喫茶…?」

ボラー「ちげーわボケッ!!///」

客「ひっ!すいませんでしたー!」ダッ


タッ タッ タッ タッ … 


11: ◆z6xlohu3JE 2019/05/13(月) 23:57:37.51 ID:tcgNDVTv0

ボラー「あ゛ぁ゛~もう!こんな格好で仕事なんかやってられっかよー!!」

ボラー(客に見られるだけでもクッソ恥ずかしいってのに…
    こんなの…内海やマックスたちになんてぜってー見せらンねぇ~ッ!!)

ボラー「……やっぱりこんな服、誰か来る前にさっさと脱いで…」


六花「ママー、いるー?」ヌッ


ボラー「─ッ!」ビクッ!

六花「……って…えっ? ボラーさん…?」

ボラー「あっ…」

六花「ど…どうしたんですかその格好? コスプレ…?」

ボラー「あ゛あ゛あ゛あ゛ぁ゛ーッ!!///」


12: ◆z6xlohu3JE 2019/05/13(月) 23:59:33.69 ID:tcgNDVTv0

~ ボラー説明中 ~


六花「あ~…それでそんな格好を…」

ボラー「ったくテメェのかーちゃんには参ったぜ…」

六花「んー……でも意外と似合ってると思いますよ、その服」

ボラー「ば…ばーか!お前までなに言ってンだよ!似合ってたまるかよ!」

六花「えー? かわいいと思いますけど、ボラーさんのメイド姿」

ボラー「う…うるせぇ!!///なに言ってンだよマジで!///」カァー…///

六花「あっ、そういえば内海くんと響くんがウチの店に来るって、さっき連絡ありましたよ」

ボラー「あ゛っ!? マジかよ!!?」


13: ◆z6xlohu3JE 2019/05/14(火) 00:00:56.51 ID:tLC0u49I0

prrr… ピッ


ボラー「あっ!おい内海!いいか!今日一日六花ん家の店にはぜってー来るンじゃねーぞ!」

ボラー「何でって…何でもいいだろーが!
    いいか!来たらブッ飛ばしてやるかんなッ!裕太にもそう伝えとけよッ!!」ブチッ


ツー… ツー…


六花「あはは…何もそこまでしなくても」

ボラー「うっせー!オレにとっては死活問題なンだよ!ったく…」

ボラー(そうだ、マックスたちにも店に来るなって連絡しとかねーと…)


ガラガラ


キャリバー「………」

マックス「んっ?」

ヴィット「おっ?」


六花「あっ…」

ボラー「………」


14: ◆z6xlohu3JE 2019/05/14(火) 00:02:42.76 ID:tLC0u49I0

ボラー「だぁ゛ー!!も゛う゛ーッ!!
    何で来るんだよお前らぁ゛~ッ!!」


キャリバー「……ぼ、ボラー…何だその格好は…?」

ボラー「あ゛ーもう聞くな聞くなッ!!///」

ヴィット「へぇー、ボラーってそんな趣味あったんだ。なんか意外」

ボラー「ちげーよバカ!この服はママさんが無理矢理なぁー!」

ヴィット「ふーん、でも結構似合ってるよ」パシャパシャ

ボラー「なにテメェ勝手に撮ってンだよッ!止めろよッ!!」


マックス「……ボラー…」

ボラー「ンだよ!?」

マックス「…女装は癖になるから気を付けろ」


ボラー「う゛る゛せ゛ぇ゛ーッ!!」


15: ◆z6xlohu3JE 2019/05/14(火) 00:05:03.76 ID:tLC0u49I0

~ その頃、裕太たちは… ~ 


内海「いやいや…それは流石にないから!絶対ないから!」

裕太「そうかな~? オレは案外なくはないと思うけど…」

内海「それ、本人の前で言ったら絶対に蹴り入れられるからな!
   いいか!マジであの人の前でその話するなよ!十中八九オレにもとばっちり来るんだから!」

裕太「う…うん…」


ppp! ppp!


裕太「─ッ!Gコールだ!」

内海「怪獣か!?」

裕太「ああ!急いで六花の店に行こう!」

内海「……あー、でもボラーさんがさっき店には来るなって言ってたしな~…」

裕太「緊急事態なんだ!そんなこと言ってる場合じゃないよ!」

内海「それもそうだな…よし、行こうぜ裕太!」ダッ


16: ◆z6xlohu3JE 2019/05/14(火) 00:09:08.11 ID:tLC0u49I0

~ 六花家の店 ~


ガラガラ


内海「ボラーさんすいません!俺たち来ちゃっ…」


ボラー(メイド姿)「─ッ!?」


内海「……た…」


ボラー「………ッ!!///」カァー…///


裕太「どうしたの内海!?」ダッ


ボラー「………ッ!///」


裕太「…ボラーさん、その格好…」

ボラー「………///」プルプル…プルプル…



裕太「……ボラーさんって…やっぱり!女の子だったんd」



ボラー「あ゛あ゛ぁ゛ー!!」ダンッ


ドゴァッ!


裕太「うげェ゛!!?」


ドンガラガッシャーン!!

 

内海(と…飛び蹴りッ!!?)

六花「響くん!?」

ヴィット(あ~…お店の商品まで巻き添えに…)


17: ◆z6xlohu3JE 2019/05/14(火) 00:12:30.99 ID:tLC0u49I0

裕太「う゛ぅ…」

ボラー「テメーマジで蹴るぞゴラァッ!!」

裕太「けっ…蹴ってから言っ…」バターン!

内海「ゆッ!裕太ぁー!」

マックス「いかん!気を失っている!」

六花「響くん大丈夫!?」

裕太「あ…あ…」ブクブク


ヴィット「あらら…何も飛び蹴りなんて食らわせなくても」

ボラー「うるせぇーッ!!もう我慢出来るかッ!!脱いでやるよこんな服ッ!!!」ヌギヌギ

マックス「早まるなボラー!こんな所で裸になったらこの店に迷惑が!」

ヴィット「いや、そういう問題?」

キャリバー「と…取り押さえるぞ」ガシッ

ボラー「うるせーッ!もうこんなのやってられっかーッ!!」ジタバタ


ヴィット「あの~…今はそれよりも怪獣をどうにかしないといけないんじゃない?」

マックス「そうしたいのは山々だが、肝心の裕太がこれではグリッドマンが…」


内海「裕太!おい裕太ぁ!しっかりしろよォ!」ユサユサ

裕太「…あばば…あば…」ピクッ… ピクッ…


ヴィット「………」

マックス「………」


18: ◆z6xlohu3JE 2019/05/14(火) 00:17:57.79 ID:tLC0u49I0

~ 翌日 ~


内海「…ったく昨日のボラーさんには参ったよなぁ…」

裕太「うん…凄い飛び蹴りだったよ…いてて…」
   
内海「あの後、マックスさんのショック療法のお陰で
   どうにか裕太の意識が戻ったから良かったものの…本当に一時はどうなる事かと思ったぜ」

裕太「……でも、ボラーさん結構似合ってたよね。あの格好」

内海「お前なぁ…またそんなこと言ったら今度こそ本当に殺されるぞ?」

裕太「あはは…もう本人の前では絶対に言わないよ…」


20: ◆z6xlohu3JE 2019/05/14(火) 00:19:44.02 ID:tLC0u49I0

~ 六花家の店 ~


内海「こんちは~」ガラガラ

裕太(今日もボラーさん来てるのかな…)ヌッ



ボラー(???)「─ッ!?」



内海「な゛ッ!?」

裕太「あっ!」


 
ボラー(メイド姿)「うぅ…お前らぁ…!」プルプル…



裕太「えっ! ボラーさん…何でまたその格好!?」

ボラー「うっ…うるせー!聞くな!」


21: ◆z6xlohu3JE 2019/05/14(火) 00:22:04.58 ID:tLC0u49I0

六花ママ「あら~二人ともいらっしゃ~い」スタスタ


内海「あの~…どうしてまたボラーさんがこの店で働いてるんですか…?」

内海(しかも昨日と同じメイド姿で…)

六花ママ「いやね~昨日ボラーちゃんがウチの商品壊しちゃってね~」

裕太(あぁ…オレが蹴り飛ばされた時にぶつけたアレの…)

六花ママ「んで、商品の弁償代が払えないっていうから暫くウチで働いてもらうことにしたの!」

ボラー「も~!だからって何でまたこの格好なんだよ~!」

六花ママ「良いじゃな~い!似合ってるじゃないの~♪メイド服♪
     お客さんだってそっちの方が喜んでくれるって~!」

ボラー「─ッ!!あ゛あ゛ぁ゛ーも゛ー最悪た゛ぁ゛ー!!///」

内海(うわ~…ボラーさん御愁傷様~…)


22: ◆z6xlohu3JE 2019/05/14(火) 00:26:54.67 ID:tLC0u49I0

客「あのすいません…コーヒーのおかわりを…」

ボラー「あ゛ぁ゛!」ギロッ

客「ひっ!」

ボラー「…ったく!注いでやるからカップ寄越せよ!」ガッ!

トクトクトク

ボラー「おらよっ!」ズイッ!

客「あ…ありがとうございます…」

客「………」チラッ チラッ

ボラー「─ッ!なに人のことじろじろ見てんだよ!///さっさと飲め!///」

客「は、はい!」


客(……か、かわいい~…!)




六花ママ「ふふっ…!ボラーちゃんメイドの効果で集客力アップ間違いなし!
     これでお店の売り上げもうなぎ登りだわ~!」


六花「……ママ…頼むからウチの店で変な商売始めないでよ…」



~ おわり ~


23: ◆z6xlohu3JE 2019/05/14(火) 00:28:49.47 ID:tLC0u49I0

以上です。メイド服ボラーちゃんくんさん良いよね…

19051400361.jpg





『SSSS.GRIDMAN』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿