TOP > アイドルマスター > P「春香ってさ、俺のことプロデューサーさんって呼ぶじゃん?」

P「春香ってさ、俺のことプロデューサーさんって呼ぶじゃん?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 11:27:17.47 ID:tKNsNH4Do

P「それってなんかプロデューサーSONみたいでちょっと……な?」

伊織「………………」

P「……………………」

伊織「………………」ピポパ........プルルルルッ

伊織「とりあえず病院行くべきね。待ってていま救急車呼ぶから」

P「ま、待て待て! 俺はどこもおかしくないぞ?」

伊織「おかしいでしょうが!」

伊織「致命的に! 頭が!」

P「いや、Pヘッドでもあるまいし……」

伊織「中身よ中身!」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 11:32:25.11 ID:tKNsNH4Do

P「俺は事実を言ったまでなんだけど」

伊織「その受け取り方がおかしいのよ」バンッ

P「おかしくないだろ」

伊織「あずさはなんて呼ぶ?」

P「ん? プロデューサーさん」

伊織「じゃぁ小鳥は?」

P「プロデューサーさん」

伊織「春香は?」

P「プロデューサーSON」

伊織「おかしくない!?」ガンッ

P「健全だ」キリッ

伊織「110番が正解のようね」ピポ

P「ちょ、ちょっ、ちょっと待ったそれはシャレにならないからやめろ!」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 11:37:54.39 ID:tKNsNH4Do

P「俺がいなくなったら大変だぞ」

伊織「あんたが消えるなら茨の道だって歩いてやるわ」

P「春香が悲しむぞ」

伊織「っ……」

P「だから落ち着け。な?」

伊織「……仕方ないわね。話くらいは聞いてあげるわ」

P「まず、SONがなんだか解ってるのか?」

伊織「息子でしょ? 春香が子供欲しいとかわけわからない妄想してるんじゃないの?」

P「半分正解だ。SON=息子とは、男だけが持つ例のアレだ」

伊織「……は?」

P「つまり春香は毎朝男だけが持つ例のアレにおはようだとか元気ですかとかきい――」

伊織「セイッ!」ブンッ

ガンッ!

P「カハッ……」ドサッ

伊織「変態変態変態変態ッ! サイッテーだわ!」ゲシッゲシッ


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 14:50:58.97 ID:ZDBdRkH2o

P「くっ……本当のことを言っただけでボロボロにされるとは……」ボロッ

伊織「何が本当なのよこの変態!」

P「上級ハルニストのお前なら解ると思ったのに」

伊織「男にしかわからないようなことなんて、いくら上級でも解るわけないでしょうが!」

P「千早は解ってくれたぞ」

伊織「そんな馬鹿な――」


バンッ!


千早「事実よ。水瀬さん」

伊織「ち、千早ッ!?」

P「来たか」

千早「ええ、少し遅くなりました」

P「いや、丁度いいところだ」チラッ


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 14:55:25.21 ID:ZDBdRkH2o

伊織「な、なによ……」

千早「春香は私のことを千早ちゃんと呼ぶでしょう?」

伊織「それが?」

千早「それってまるで新婚のラブラブな2人がお互いを呼び合うみたいに思えない?」ドヤッ

伊織「…………………」

伊織「…………………」

伊織「…………は?」

千早「千早ちゃん!」

千早「春香!」

千早「千早ちゃん!」

千早「春香!」

……ギュッ

千早「どうかしら?」

伊織「ごめんなさい、重傷者が一名……違うわ。頭の方よ。もう手がつけられないレベルで……」

千早「何しているのよ水瀬さん!」バンッ


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 15:43:10.98 ID:uD772rsAo

伊織「病院に電話してんのよ。見ればわかるでしょ」

千早「そうじゃないわ。なんで電話する必要があるのかを聞いているの」

伊織「頭がおかしい人がいるからでしょ。それ以外に何かある?」

千早「聞き捨てならないわ。なぜ、私がそんな言いがかりをつけられなくちゃいけないのかしら」

千早「春香を愛するハルニスト同盟の名誉会員を務める私が」

千早「春香の話題において救急車を呼ばれなければいけないような失言をしたというの?」ドンッ

伊織「……どうやら手遅れのようね」

P「なぁ、伊織」

伊織「なによ」

P「もしかして………妬いてるのか?」

伊織「ハァッ!?」

伊織「な、何馬鹿なこと言ってんのよ!」バンッ


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 15:53:14.46 ID:uD772rsAo

P「俺がプロデューサーSONって呼ばれたり」

P「千早が千早ちゃんって呼ばれてたりすることにさ」

伊織「何の根拠があるって言うのよ」

千早「水瀬さんがそういうふうに逃れようとすること自体が根拠」

千早「そう言ってもいいかしら」

伊織「なっ……」

P「正直に言えよ。春香になんて呼ばれたいのか」

伊織「っ……」

千早「お嬢様? ご主人様? 伊織様?」

伊織「ぅ……」

伊織「うるさいうるさいうるさい! 私はあんた達とは違うのよ!」ガンッガンッ


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 17:25:11.64 ID:lX/0DmjPo

伊織「健全なハルニストを目指してるの!」

伊織「だからそんな呼び方なんかで」

伊織「変に反応したりしないのよ!」

千早「……だ、そうですよ?」

P「そうか……悪かったな。健全なハルニスト精神……確かに大事だ」

伊織「……………」

P「というわけで、不健全なハルニストである俺達に健全なハルニストについてご教授願いたい」

伊織「え?」

千早「水瀬さんも春香を愛する一人だわ。きっと素晴らしい愛し方をしてるに違いありませんね」

P「そうだな、上級ハルニストの資格があるんだもんな」

伊織「ちょ、ちょっと……」

P「さぁ伊織。春香の健全かつ優雅で素晴らしく清らかな愛し方を教えてくれ!」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 17:31:19.24 ID:lX/0DmjPo

伊織「っ……」

千早「どうしたの水瀬さん」

千早「もしかして、健全そうに見えて不健全な愛し方をしてるとでも言うの?」

伊織「そんなわけないじゃない!」

千早「だったら話せるわよね」

伊織「ゎ……わかったわよ! 話せばいいんでしょ!」

P「っしゃ千早! 伊織が教えてくれるそうだぞ!」

千早「ええ! これで私たちの新しい愛し方が生み出せるかもしれないわ!」

P「それで伊織、まずはどうするんだ?」

伊織「えっと……そ、そうね。健全なハルニストは相手にむやみに触れないわ。見るだけで留めるのよ」

P「……視姦?」

伊織「違うわよ馬鹿! そんな悪い視線じゃなくて、こう、芸術品を見るかのような目で見るのよ」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 20:00:16.49 ID:xkzuxKSgo

千早「芸術品を見るかのように、ジロジロと見るのね?」

伊織「言い方変えただけじゃない!」バンッ

P「落ち着け伊織。そんなんじゃまるで自分のハルニスト精神に自信がないみたいだぞ?」

伊織「そんなこと……」

P「だったら自信もてよ。そうやって誰かの言葉に怒鳴るんじゃなくてさ」

P「余裕の笑みを浮かべたまんま、言葉なんか無視して言っちまえよ」

伊織「あんた……」

P「あるんだろ? 伊織にも誇れるハルニスト精神ってやつがよ!」

伊織「!」

伊織「……そうね」

伊織「千早の言葉にいちいち反応してたらキリがないわ」

千早「……………………」

伊織「だからあえて私は一言で言わせてもらう」

伊織「春香を穢すのではなく神聖なものとして崇め、守りぬく。それが健全なハルニストよ!」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 20:07:06.92 ID:xkzuxKSgo

千早「つまり、春香に踏まれたいのね?」

伊織「そう思うならそうなのかもしれないわね」

千早「え?」

伊織「私達ハルニストは一つの崇高なる理由のもとに集っただけの有象無象」

伊織「だからこそ、それぞれの思いを表す形は違う」

伊織「誰かがなんと言おうと、私の春香を穢すことなく守っていくという精神は変わらないわ」ニヤッ

P「……………………」

千早「…………………」

P「……………………」

千早「…………………」

P「……ぉ、ぉぃ、なんとか言えって」コソコソ

千早「ま、まさかこんなアブノーマルな人だなんて思いませんでしたし」コソコソ

P「ば、ばか! そんなこと言ったら可愛そうだろ!」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 20:16:37.80 ID:xkzuxKSgo

伊織「………………」

千早「春香の足を舐めたいって言うならまだしも……踏まれたいはちょっと」

P「ま、まぁ人それぞれだし……な?」

伊織「あぁぁぁぁぁぁああああぁぁぁッ!!」


ガンッ、ガンッ!


P「!」

千早「!」

伊織「なんなのよもう! あんたたちが聞いてきたんじゃない!」

伊織「それを勝手な解釈して」

伊織「それで可哀想だとかなんだとか……グスッ」

伊織「ふざけんじゃないわよ! 馬鹿! 変態! 悪魔! 鬼畜!」ダダダダダッ.........


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 20:35:05.61 ID:xkzuxKSgo

千早「水瀬さん……逃げてしまいましたね」

P「……ちょっと責めすぎたかもしれないな」

千早「……プロデューサー的には踏まれるのはありですか?」

P「まぁプロデューサーSONが軽く踏まれる程度なら大歓迎だな」

千早「私も千早chanが踏まれるくらいなら歓迎です」

P「やっぱりな」

千早「ふふっ……じゃぁ、水瀬さんに謝りに行きましょう」

P「そうだな、名誉会員殿」

千早「名誉会長が何言ってるんですか……っと」ガサッ

P「どうした?」

千早「名誉会員MKからのお届けですよ」

P「おおっこれは!」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 20:56:24.79 ID:xkzuxKSgo

P「袋を開けるまでもなく解るこの温もり」

P「開けて広がる芳醇で濃厚な香り」

P「一度嗅げばたまらなく体が上気して」

P「理性が食い荒らされて、欲望に正直にならざるを得ないという……」

P「ハルニストの間で酒……いや、麻薬とさえ言われる例のあれか!」

千早「ええ」

P「MKはどうやってこれを?」

千早「元々純粋な子でしたからまだ耐性があるって音無さんは言ってました」

P「よくやった! 伊織と仲直りしてみんなで一緒に楽しもう」

千早「はい!」

スタスタスタスタ..........ガチャッ


……………

………………

……………………

用具入れ「あー……そういえば私のジャージ見当たらなかったっけ」

用具入れ「まぁ……知らない人に盗まれるよりはマシなのかな」

用具入れ「」ガチャッ

春香「………………」スタスタスタ

春香「全然マシじゃないよ!?」バンッ

春香「………………」

春香「……なのになんで辞めるって言えないんだろ。馬鹿だなぁ。私」 エヘヘッ


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/20(火) 20:53:42.35 ID:xkzuxKSgo

終わり





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿