TOP > シンデレラガールズ > 凛「プロデューサー、何考えてんの」

凛「プロデューサー、何考えてんの」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 21:39:11.06 ID:3bH0zQn2o

P「…………」

凛「黙ってたらわからないんだけど……」

P「…………いや、このままじゃ駄目かなって思って」

凛「それでこんなことしちゃったんだ……」

P「…………はい」

凛「プロデューサーが私たちのことを考えてくれたのは嬉しいよ?」

P「……はい」

凛「でもね? これはやっちゃいけないことだよね?」

P「……………………」

凛「だよね?」

P「……………………やっては……いけなかったんですか?」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 21:40:02.16 ID:3bH0zQn2o

凛「……………………はぁ」

P「っ!?」ビクッ

凛「プロデューサーならわかってくれてると思ってたんだけど」

P「……………………すみませんでした」

奈緒「ほ、ほら、Pさんも反省しているみたいだし、もう許してあげたらどうだ?」

P「な、奈緒……」ガタッ

凛「ふぅ……奈緒は甘いよ。プロデューサーも正座止めて良いって言っていないよね?」

P「あ、はい」スッ

奈緒「で、でもさ、Pさんも何が駄目だったかわかったと思うし。な、Pさん?」

P「……………………」

奈緒「Pさんっ!?」

凛「ほら、プロデューサーは理解していないんだよ。自分が何をしてしまったかを」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 21:41:14.64 ID:3bH0zQn2o

P「いや、凛たちが嫌がるというのはわかったけど、その嫌がる理由までは……」

奈緒「……………………はぁ」

P「っ!?」ビクッ

奈緒「がっかりだよ……Pさん」

P「奈緒……。で、でも……今まで誰も……」

凛「うん、確かに今までしちゃ駄目って誰も言って無かったよ?」

P「だ、だよな? 言ってくれなきゃ駄目だなんてわからないよな?」

凛「でもね? それでもプロデューサーならわかってくれてると信じていたんだよ」

P「凛……」

凛「でもその結果がこれだよ……事務所を見てみなよ」チラッ

P「…………うわぁ」チラッ


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 21:42:04.02 ID:3bH0zQn2o

凛「加蓮はショックのあまり熱を出して寝込んじゃったし、志希は呆けたままだし」

加蓮「うーん……Pさん…………P……さん」

志希「……………………ほへー」ボー

奈緒「杏のやつはショックで引きこもっちゃったし、Pさんの机の下にだけど」

杏「……………………プロデューサーのバーカ」

輝子「フヒ……と、友達…………増えた」

乃々「せ、せまいんですけど……これ以上増えるの…………むーりぃー……」

凛「まゆなんてずっと暗い笑い方で笑ってるし」

まゆ「うふ……うふふ…………Pさん……うふふ」

奈緒「早苗さんと楓さんは事務所で自棄酒してるし……」

早苗「まったくP君は…………シメてやる」ゴクゴク

楓「…………プロデューサーの……バカ」ゴクゴク


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 21:42:55.29 ID:3bH0zQn2o

P「いや、まさかこんなことになるとは思わなくて……」

奈緒「なに他人事みたく言っているんだよPさんっ、泣いている小さい子もいるんだよ!?」

雪美「…………P………………P」ポロポロ

薫「…………せんせぇ……なんで……薫のこと嫌いになったの? ぐすっ」

友紀「うぅ…………ぐすっ……」

千枝「…………千枝が……千枝が悪い子になっちゃったから……うわーんっ」

P「すまん…………ん? 何か小さい子以外も……」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 21:43:37.50 ID:3bH0zQn2o

凛「…………わかった。理由はともかくもうやらないって誓ってくれるなら、これ以上責めないよ」

P「…………凛」

奈緒「そうだな。Pさんとはこれからも一緒にやって行きたいし」

P「…………奈緒」

凛「じゃあ、プロデューサー? みんなの前で誓ってくれるかな?」

P「ああ……わかった。もう……もう二度と――」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 21:44:19.16 ID:3bH0zQn2o




P「もう二度と香水は使いませんっ」キリッ




9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 21:45:23.38 ID:3bH0zQn2o

凛「ふふっ、約束だよ? プロデューサー」

奈緒「ははっ、まったくPさんは。いきなり香水を付けて来たときは、何かあったのかと思っちゃったじゃないか」

P「……………………」

加蓮「ほ、ホント!? ホントにもうPさんの匂いがわからなくなるような香水は付けない!?」

志希「にゃははー、思わず香水を打ち消す薬を開発しようかと思っちゃったよー」

杏「何か安心したら杏、眠くなっちゃった……お休みー」

まゆ「もうPさんたら……まゆが付いていないと駄目なんだから」

早苗「やったー! これでビールが美味しく飲めるっ、かんぱーい!」

友紀「かんぱーい! ごくごくごく……ぷはぁっ! うまいっ!」

楓「ふふっ、今日はどこか貸しきって飲みましょうか?」

雪美「……P…………良かった……また……Pの匂いが……嗅げる」

薫「せんせぇ、薫のこと嫌いになったんじゃなかったんだね、よかったー」

千枝「千枝、良い子になるっ! そしたらまた……嗅いで良いよね?」

P「………………」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 21:46:27.12 ID:3bH0zQn2o

P「みんなして匂いを嗅いでくるから、匂うのかなって思って香水付けたのに……」

P「何だこれ……何だこれ……うちのアイドルたちって」

凛「これで私も一安心、かな? 今日は香水の匂いが付いていないシャツで我慢しよう」クンカクンカ

P「あ、それ……ロッカーに置いておいた予備……」

加蓮「あっ、凛! 独り占めはズルいよっ」クンカクンカ

奈緒「そうだぞ、凛! 今日は生で嗅げないんだからみんなのことも考えろよ!」クンカクンカ

凛「わ、わかってるって。じゃあ、これからプロデューサーの家に行く? 宝物たくさんだよ?」

みんな「賛成!」

凛「ふふっ、じゃあ行こっか?」

P「えっ……家の鍵を出せ? あ、はい……ゆ、夕方には帰るんだぞ?(震え声)」チャリ



ちひろ「…………うん。今日も事務所は平和です(現実逃避)」


おわり


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/27(日) 21:53:02.10 ID:f21Vpt4Vo

乙。
クンカーが増殖してやがる…





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿