TOP > シンデレラガールズ > モバP「おはようございまーす」 ちひろ「えっ」

モバP「おはようございまーす」 ちひろ「えっ」

1: ◆mTQtXPIEW. 2014/04/01(火) 16:55:39.99 ID:ovWPlS+no

モバP(以下P)「えっ、ってなんですか酷いなー」

ちひろ「いや、その、だって、今日はプロデューサーさん風邪で来ないって連絡がさっき…」

P「俺が風邪? この通り元気ですけど」ピンピン


2: ◆mTQtXPIEW. 2014/04/01(火) 16:56:00.43 ID:JnVuSrCko

ちひろ「…いえ、まだプロデューサーさんが無理しているという可能性があります。…失礼、します」オデコピトッ

P「えっ、ちょ、ちょっとちひろさん!?」

P(ちひろさんの顔が! 近い! 近すぎる!)

ちひろ「……はい。熱は、なさそうですねっ//」

P「だからさっきから言ってるじゃないですか!」


3: ◆mTQtXPIEW. 2014/04/01(火) 16:56:55.96 ID:JnVuSrCko

ちひろ「……こほん// じゃあ、さっきの連絡は一体…」

P「どんな感じだったんですか?」

ちひろ「事務所の電話にプロデューサーさんの声で『今日は風邪で休みます』ってかかってきたんです」

P「お、俺の声?」

ちひろ「はい! それはもう、そっくりすぎて…わ、私でも本人だと勘違いするほどでした!」

P「へぇ…」

モバP(もしかして…)


4: ◆mTQtXPIEW. 2014/04/01(火) 16:59:43.10 ID:JnVuSrCko

ドアバン!

「なんじゃ助手。私は今日はオフだぞ?」

P「知ってるよ晶葉…なぁ、お前の仕業だろ?」

晶葉「ん? 助手は何を言って」

P「人の声を完璧に真似ることができるなんて、うちの事務所にはお前しかいねぇだろ!」

晶葉「い、いやまぁ、確かに私にとってそのような事は、変声機を使えば朝飯前だが…助手。話が見えないぞ」

P「…マジで言ってんの?」

晶葉「あ、あぁ」

P(もしかして、晶葉じゃない…?)


5: ◆mTQtXPIEW. 2014/04/01(火) 17:00:54.21 ID:JnVuSrCko

晶葉「…助手。話してくれないか」

P「あ、あぁ…」

ーーーーーーーー

P「~というわけなんだ」

晶葉「なるほど…」

P「まぁ、今日はみんなオフだから惨事にはならないと思うが」

晶葉「…助手は休まないのか?」

P「いやー、結構資料溜まっててな」

晶葉「そっか…助手も少しは休息を取れよ?」

P「なんだ、心配してくれてんのか?」

晶葉「……う、うるさいっ//」

P(かわいい)

晶葉「しかし…私以外にも声を真似る者が…ん?」ゴソゴソ

P「ん? どうした?」

晶葉「……やっぱり、ない。私が作った変声機がない!」

P「な、なに!?」

晶葉「これで私の疑いは完璧に晴れた、が…」

P「あぁ…謎が深まったな…」


6: ◆mTQtXPIEW. 2014/04/01(火) 17:04:08.33 ID:OHoFYZ9wo

晶葉「あっ、そういえば。先週、頼まれて杏に貸したのだった」

P「おい」

P(えぇー…こんなんで犯人判明かよ…まぁいいけど)


7: ◆mTQtXPIEW. 2014/04/01(火) 17:04:53.63 ID:OHoFYZ9wo

P「と、いうわけだが。弁解はあるか?」

杏「い、いやぁ、ほら。プロデューサー。今日ってあれじゃん?」

P「あれ? …あぁ、エイプリルフールか」

杏「そそ! だから杏も嘘つかなきゃなーって」

P「無理して吐く必要ねぇだろ…。それで? なんでこんな嘘を? どうせお前のことだ、俺が休みだったらさぼれるとでも思ったんじゃないか?」

杏「いやいや、今日は杏休みでしょ?」

P「あっ、そうか…ん? じゃあなぜ…」


8: ◆mTQtXPIEW. 2014/04/01(火) 17:05:46.88 ID:OHoFYZ9wo

杏「…プロデューサーさぁ、働きすぎじゃない?」

P「へ? そうか?」

杏「絶対そうだよ。これだけはいいきれるね」

P(そういえば、晶葉も同じようなこと言ってたな…)

P「そっか……で、それがどうした」

杏「うん…杏はね、心配なんだよ?」

P「はっ? 心配?」

杏「いつか倒れんじゃないかーってね。だから、杏は…」

P「…杏。俺は倒れたりしないぞ?」


9: ◆mTQtXPIEW. 2014/04/01(火) 17:07:12.39 ID:OHoFYZ9wo

杏「そんなの、わかんないじゃん!」

P「いや、倒れない。もし俺が倒れたら、お前達優しいからな、心配するだろ?」

杏「……」コクッ

P「だから倒れない。いや、倒れるわけにはいかない。お前たちには笑顔が一番だ。それはアイドルにも言える。その笑顔を失わせてたまるか」

杏「で、でも!」

P「…まぁ、俺も人間だ。こんな大それた事言っておきながら、倒れる時が来るかもしれない」

杏「……」

P「そんな時は、笑顔で俺を看病してくれないか?」

杏「えっ」

P「俺はお前たちに輝いて欲しい。もっともっと。だから、俺は頑張る。な?」

杏「……言ってること無茶苦茶だよ、プロデューサー」

P「ははっ、それは俺も思った」

杏「…んー、仕方ないなー。その時は杏に任せてよ! すぐ治してあげるからさ!」

P「あぁ!」

杏「その時は、杏も仕事を休みに…」

P「それはだめだ」

杏「えー」

おわり





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿