TOP > シンデレラガールズ > モバP「机の下の輝子」

モバP「机の下の輝子」


1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 20:53:47.08 ID:AXoKPaQy0

※注意事項
・モバマスssです
・キャラ崩壊
・ただの下ネタ
以上でよければどうぞ


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 20:57:48.76 ID:AXoKPaQy0

モバP「うーん、ロックか……」


岡崎泰葉「どうしたんですか、Pさん?」


P「泰葉か。清美にロックについて説明してあげたいんだが、どうすればあいつにわかってもらえるか考えていたんだよ」

泰葉「清美ちゃん、変に偏った知識を持っていますからね」

P「昔、李衣菜と一緒に勉強したんだけどな。清美は曖昧な説明じゃ納得してくれないだろうからより詳しくしらべようと思ったのさ。今日はまだ帰らないから送ってやることはできない。すまんな」

泰葉「それは、残念です。Pさん、昨日も遅くまで残っていたんですよね?Pさんは働き過ぎると変なことする癖があるんですから、今日はなるべく早く休むようにしてくださいね」

P「ありがとう。ロックについて調べたら帰るようにするよ。それじゃ、気を付けて帰るようにな」

泰葉「はい、お先に失礼します。おやすみなさい、Pさん」

P「お疲れ様。おやすみ、泰葉」


バタン


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 21:02:37.71 ID:AXoKPaQy0

P「さて、確かちひろさんが資料を俺の机に…あっ」


星輝子(つくえのしたにいる)「フヒ…キノコも喜んでる…」


P(まだ輝子も残っていたのか。こいつは本当にキノコが好きなんだな……)

輝子「フンフンフフーン……キノコー…あっ、P、や、やぁ」

P「やぁ、輝子。キノコの調子はどうだ?」

輝子「フフフ…ここはジメジメしてて…愛するキノコもいい調子だよ…」

P(愛するか……キノコを愛でる……いかんな、変な妄想が……)

輝子「キノコ~キノコ~♪」ナデリナデリ

P(おぉ…いやらしい手つき……ん?もしかして、輝子)


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 21:03:48.08 ID:AXoKPaQy0


P(性欲が溜まっているのか?)


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 21:07:52.15 ID:AXoKPaQy0

P(輝子は前からキノコ好きだったが、あんな卑猥な撫で方をしていただろうか?もしかして、性欲が溜まりすぎてキノコをアレに見たてていたり…このままでは、このままでは……)


輝子『…んっ……れろ…れろっ……んふぅ……んっ、んぁ……キノコ…すき……』
ペチャ シュッシュッ  クチャクチャ ニチャ


P(いかん、このままではさらに卑猥な方向に行ってしまうかもしれない……どうすれば……)


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 21:14:12.84 ID:AXoKPaQy0

ガチャ


千川ちひろ「ただいま戻りました。プロデューサーさん、まだ残っていたんですか?」

P「あっ、おかえりなさい。少し調べものしたら帰るつもりですよ」

ちひろ「最近遅くまで残りすぎですよ?今日ぐらいは早めに帰ってください。倒れたり奇行に走られたらこちらも困ります」

P「そ、そこまでいわなくても…」

ちひろ「そこまで言わないといけないぐらい働きすぎなんですよ。調べ物したらそのまま仕事も続けるのがプロデューサーさんですからね。資料も家で見るように言ったはずですよ?」

P「いや~すみません…」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 21:21:20.91 ID:AXoKPaQy0

ちひろ「今日の残りは私に任せてください。プロデューサーさんはゆっくり休んでくださいね」

P「ありがとうございます。それでは今日は先に失礼します。輝子も…また明日な」

輝子「バイバイ、P。ゆっくり休んでくれ……」

P「あぁ…輝子、ほどほどにな」

輝子「?」

ちひろ「プロデューサーさん、お疲れ様でした」

  
P(俺のことよりも…今は輝子をなんとかしなければ……)


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 21:29:08.99 ID:AXoKPaQy0

~次の日~


P「おはよう、ございます」

多田李衣菜「あっ、Pさんおはようございます!」

P「り、李衣菜!?」

李衣菜「えっ!?なんでそんなに驚いているんですか?私、何か変ですか!?」

P「い、いや、なんでもない…元気な返事に驚いただけさ」

李衣菜「なーんだ…Pさんは元気ないみたいですね?何かあったんですか?」

P「なに、大丈夫さ。HAHAHA」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 21:34:46.10 ID:AXoKPaQy0

李衣菜「あまり無理しないでくださいね?」

P「あぁ、ありがとう」

李衣菜「あー、バンド楽しみだなー!みんなでロックンロールしたいなぁ…」

P「ロックンロール!?」

李衣菜「Pさんも一緒にロックンロールしましょう!」

P(まさか……まさかとは思っていたが李衣菜……お前も……)


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 21:35:23.33 ID:AXoKPaQy0


P(性欲が溜まっていたのかっ!?)


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 21:43:33.82 ID:AXoKPaQy0

P(昨日、家に帰って資料を見た後にネットでも調べてみたら、ロックンロールの語源が……古くからアメリカ英語の黒人スラングで「性交」及び「交合」の意味からだった。あくまで語源であって現在使われている言葉にその意味はないのかもしれない……しかし、その意味がないとも言い切れないじゃないか……)

李衣菜「Pさん?」

P(ロックンロールと叫ぶことは、抑圧された性欲からの叫びなのかもしれない。そう思い始めたら眠ることができなかった……昨日の輝子の件もある。メタルはハードロックの延長線上というらしいし、ロック好きの李衣奈と輝子には通じるところがあるのかもしれない。李衣菜はよくロックンロールと言っていたのだ、このままでは……)


李衣菜『あん…あんっ…ぁん……んんっ、んぁ……あぁあん………ろ、ロックンロールっ!!』
パンパンパンパン


P(このままでは、バンドメンバーを巻き込んでロックロールなレッスンを始めてしまうかも知れない!……輝子の件もあるというのにどうすれば……)


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 21:53:18.85 ID:AXoKPaQy0

李衣菜「おーい?Pさーん?」

P「んお!?どうした李衣菜?」

李衣菜「どうかしてるのはPさんの方ですよ。疲れが溜まっているんですか?仮眠室で休みますか?」

P「溜まっている……仮眠室……休む……だと!?」

P(まさか……このまま仮眠室でロックンロールするつもりなのか!?そこまで溜まっていたのか!?)

李衣菜「ちひろさんがコンビニから戻ってくるまでだけでも布団に行きましょうよ」

P「李衣菜……おまえ……俺でいいのか?」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 21:57:50.85 ID:AXoKPaQy0

李衣菜「Pさん?もちろん、私はPさんがいいんですよ!だから、Pさんが元気ないと困りますからね。早く元気になってくださいね!」

P「…………そうか、ならば俺も腹を括ろう」ゴクゴク

李衣菜「あれ?なんでエナチャを飲んで……」

P「俺が必ず満足させてやるからな!!」ガシッ ダッ

李衣菜「えっ!?いきなりお姫さまだっこ!?なんで私も!?えぇっ、ちょ、なんで服を脱いで…ぎゃあああああああああああああああああ」


このあと滅茶苦茶怒られた


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 22:05:54.06 ID:AXoKPaQy0

P「うぐっ……まさか俺の勘違いだったとは。ちひろさんが戻ってきていなかったら危なかった……李衣菜も途中から嫌がらなくなったからてっきり……」


輝子(つくえのしたにいる)「フヒ…キノコ~キノコ~♪」シュッシュッ


P(もしかしたら、輝子も性欲が溜まっているわけではないのかもな……俺の勘違いか)

輝子「やぁ、P……えっ!?その顔…どうした?襲われたか?」

P「いや、どちらかというと襲った側……ちひろさんから激しい注意をしてもらっただけさ!」

輝子「は、激しいちゅー!?ほ、ほんとうなのかっ!?」

P「ちゅー、じゃなくて、ちゅういだ。なんでそんな聞き間違い……はっ!?」

P(ちゅーと注意なんて普通は聞き間違えない…なのに聞き間違えてしまうということは……輝子はやはりっ!?)


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 22:06:33.01 ID:AXoKPaQy0


P(性欲が溜まっているのか)


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 22:12:15.57 ID:AXoKPaQy0

P(ちゅーと注意なんて、まるで思春期の男子的間違えじゃないか。つまり溜まっているということだ。やっぱり俺の勘違いではなかったというのか……)

輝子「そ、そうか…Pはちゅーされたわけじゃ、ないのか……よかった……」

P(っ!?俺がキスされていないと知って安堵しているのか?これはもしや……)

P「俺がちゅーされたら、困ることでもあったのかな?」

輝子「うぇ!?え、えっと…それは……フ…フハハハ、ゴートゥヘーーールッ!!!」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 22:18:52.48 ID:AXoKPaQy0

P「すまんすまん、いじわる言ったな」

輝子「べつに…いい……フヒッ」

P「それより、キノコはどうだ?」

輝子「ねぇ、P。キノコたちがこんなにツヤツヤ…喜んでる…フヒ…」

P「それは輝子がキノコを愛でているからさ」

輝子「P…キノコと同じように私を愛でてもい……///」

P(こんなに想われているのなら……俺がなんとかしてやらねぇとな……)


P「……」スッ ガタン

輝子「P…急に座ると足が……っ!?」


P(さっきちひろさんにかなり怒られたからな……今は、今はこれでなんとかしてくれ……)


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 22:19:32.03 ID:AXoKPaQy0


P(俺のキノコで)


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 22:28:22.26 ID:AXoKPaQy0

輝子「そ、そんな…Pの……ナメコじゃ……ない!?」


P(そう、前回俺が輝子に俺のキノコを自慢した時に言われた言葉は『ナメコ』。ナメコを見せたところで今の輝子は満足してくれないだろう。しかし!今回は違う。俺はさっきエナチャを飲んだばかり……エナドリ成分には、こう言う効果もあるのだよ……)


輝子「も、もしかして……タケリタケ!?」

P「ん?タケリタケ?」

輝子「キノコにカビが寄生して奇形になったもののこと……これは…どうしたら……」

P「…………なら、そのカビを取り除かないとな」

輝子「でも…もとの硬さは失われて…触ると崩れるんだ……」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 22:34:57.72 ID:AXoKPaQy0

P「安心しろ、輝子。俺のキノコがそんなボロボロに見えるか?」

輝子「あっ……///すごく……しっかりしてる……///」

P「さぁ、早くそのキノコから胞子を出すために奉仕してくれ」

輝子「う、うん…///」

P(俺のキノコを愛でることで性欲を発散してくれ。輝子を愛でるのは…次の機会に……)


26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 22:41:57.68 ID:AXoKPaQy0

ガチャ

片桐早苗「おーい、P君はここにいるかーい?」

P(……大丈夫、きっと大丈夫。前も似たような状況があっただろうし、その時はなんとかなったから大丈夫)

P「はい、俺はここにいますよ」


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 22:46:15.96 ID:AXoKPaQy0

早苗「いたいた、ちょっと李衣奈ちゃんのこで聞きたいことがあってねー」

P「その件でしたらちひろさんに……」

早苗「そう、ちひろさんから聞いたの」

P「え?」

早苗「どういうことかはP君から詳しーく聞いてくださいって言われてね~」

P「えっと、その……」


28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 22:50:30.92 ID:AXoKPaQy0

早苗「さて…詳しい話はあっちの仮眠し……」スタスタ


輝子(つくえのしたでしている)「よいしょ…よいしょ……///」シュッシュッ


P「」

早苗「……それじゃ、いこっか」

P「はい」

このあと滅茶苦茶にされた


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 22:54:27.43 ID:AXoKPaQy0

P「もう俺はダメかもしれない……結局俺は……」


森久保乃々(under the Pの机)「…………」


P(乃々か……そういえば、乃々にも勘違いで酷いことしたよな……)


P「……」スッ

乃々「っ!?」ガタン

P「なぁ、乃々。そのままでいいから聞いてくれないか?」

乃々「……いいですけど」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 22:56:48.99 ID:AXoKPaQy0

P「俺さ、また勘違いでいろいろやってしまったんだよ。前回も勘違いで乃々に酷いことしたのにな……」

乃々「プロデューサーさん……」

P「結局、まだまだ俺はアイドル達のこと何にもわかってあげられていないんだよ。これじゃ、みんなのプロデューサー失格だよな」

乃々「…………」スッ

P「うぉっ!?何故急に股間を触る!?」


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 23:00:04.94 ID:AXoKPaQy0

乃々「ぷ、プロデューサーさんが、触って欲しいから椅子に座ったのかと思いまして……」

P「ち、違うよ、俺は乃々と顔を合わせるのが恥ずかしくてそれで……」

乃々「では、私も酷い勘違いを、してしまいましたけど……私は、プロデューサーのアイドル失格ですか?」

P「乃々…お前……」

乃々「わ、私たちは、違う人間なんですから、完全な意思疎通なんてできません。大切なのは、相手のことをわかろうとする意思です……って漫画にありました……」

P「相手のことをわかろうとする意思……」

乃々「プロデューサーさんは、いつも全力で私たちのことを……わかろうとして、悩んでくれています。そういうの……嬉しい、です。だから、プロデューサー失格なんて言わないで欲しいんですけど」

P「乃々……ありがとう。気が楽になったよ」


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 23:06:51.10 ID:AXoKPaQy0

乃々「でも、プロデューサーさんの勘違いは酷すぎると思うんですけど」

P「ははっ、それをいわれるとな……」

乃々「それで、今回はどんな勘違いをしたんですか?」

P「あぁ、それは……」

~説明中~

P「……ってなことさ」

乃々「……こんな勘違いをする時って、いつもプロデューサーさんが働き続けているときですよね」

P「確かに、そうだな」


33: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 23:09:58.21 ID:AXoKPaQy0

乃々「えっと……その……勘違いの原因って……///」

P「ん?どうした?」

乃々「プロデューサーさんの……///」

P「俺の?」

乃々「性欲が溜まっているから、だと思うんですけど///」

P「」

その後、Pが変な勘違いをすることはなくなったという…


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 23:15:43.75 ID:AXoKPaQy0

~後日~


P(乃々の指摘を受けてから、対策はばっちりだ。おかげで盛大な勘違いをすることも減ってきた……)


輝子(つくえのしたにいる)「フヒヒ……キノコ…今日も元気……フヒ」


P(俺の性欲のせいで勘違いをすることはなくなった……だが……)

P「よっこらせっと」スッ

輝子「っ!?」

P(あの輝子の手を思い出すと、性欲が溜まってしまうのだ……だからこれは仕方ないよな。輝子もノリノリだったし、キノコの世話だもんな)


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 23:17:14.10 ID:AXoKPaQy0

輝子「わぁ…Pのナメコ、元に戻ったんだね。これならもう…大丈夫、カワイイ」


P「」


その後、Pのナメコがタケリタケになることはなかった


36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/08/01(金) 23:18:15.86 ID:AXoKPaQy0

~おわり~


37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 23:22:22.62 ID:AXoKPaQy0

本当は前回書けなかったR-18展開で行こうと思ったのだがただの下ネタに
いいよね、机の下。股間が熱くなるよ
だれか書いてください、なんでもしまむら


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/08/01(金) 23:25:16.60 ID:AXoKPaQy0

俺も性欲が溜まってきているということか
もう寝ます おやすみなさい





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿