TOP > シンデレラガールズ > モバP「トーク番組の仕事か…」

モバP「トーク番組の仕事か…」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 02:19:17.17 ID:TOxn+xhC0

ー事務所ー


モバP「うーん…」

モバP「こ」


モバP「うぅん……」

モバP「こ」


モバP「うぅーん……」

モバP「こ!!!!」


ちひろ「子供か!!!!!」

モバP「あ、ちひろさんおはようございます」

ちひろ「おはようございます…なにをさっきから小学生みたいなことばっかり言ってるんですか?」

モバP「いやですね、トーク番組の仕事が来たんですよ」

ちひろ「それがどうさっきの小学生みたいな発言につながるんですか?」

モバP「それでどのアイドルをいかせるか悩んでたんですよね…」

ちひろ「…?予定が合う娘がいないんですか?」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 02:22:20.84 ID:TOxn+xhC0

モバP「そうではないんですけど…やっぱりトーク番組なんで話が面白い奴じゃないとダメじゃないですか」

ちひろ「あー、確かにそうですね」

モバP「でも俺ってあんまりアイドル達とそういう話しないんでわからないんですよね」

ちひろ「プロデューサーさんと話すときは皆やっぱり可愛い女の子でいたいんですよ」

モバP「ちひろさん誰か心当たりありませんか?」

ちひろ「私もちょっと分からないですね…そもそもあんまり長く話す機会が無いので」



モバP「川島さんとか佐藤さんとかはなんか面白そうですよね」

ちひろ「元アナウンサーとぶっちゃけトークしてくれそうな二人ですもんね…その二人の内の一人にしますか?」

モバP「でも二人とも仕事入ってるんで無理なんですよね…」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 02:24:21.98 ID:TOxn+xhC0

ちひろ「難しいところですねぇ…そうだ、いっそ今から来た娘から順番になにか話してもらうっていうのはどうですか?」

モバP「あ、いいですねそれ!」

ちひろ「では提案料金100モバコインあとでお願いしますね♪」

モバP「え?」







モバP「え?」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 02:26:23.95 ID:TOxn+xhC0

ちひろ「あ、誰か来たみたいですよ!」



ガチャッ


凛「おはよー」

モバP「お、最初は凛か!」

凛「…?なんの話?」

ちひろ「実はかくかくしかじか…」



凛「なるほど…面白い話ねぇ」

モバP「なにかあるか?」


凛「そうだね…そういえばこの前…」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 02:28:02.85 ID:TOxn+xhC0

『一人目、渋谷凛のお話』



凛「この前総選挙皆のおかげで1位になれたでしょ?」


凛「それで蘭子と愛梨にお祝いしてもらうことになったときの話なんだけど……」



凛「とりあえずどこでお祝いしようかって話になったから蘭子の部屋ですることになったんだよね、それで三人でジュースとかお菓子かってから蘭子の部屋に遊びにいったんだ」

凛「まぁ蘭子の部屋っていうからだいたいの予想はついてたんだけど案の定すごい内装だったんだよね、カーテンとかも黒いフリフリついてたりして」

凛「そしたらさ、どうにもそういうインテリアが多いから室温が上がりまくってすごいことになっちゃったんだよ、まぁそれで愛梨がやっぱり服とか脱ぎ出してね」

凛「でも本当に暑かったからついつい私と蘭子も服脱いじゃったんだよね、三人とも完全に全裸でさ」

凛「まぁいま考えると恥ずかしいけどそのときは皆もう気にしてなかったんだよね、それで普通にお開きになって服着てその日は帰ったんだ」


凛「それでしばらくしてから蘭子の部屋に卯月と遊びに行く機会があったから行ったんだよ、まぁ普通に蘭子の部屋について三人でまた話したりしてたんだけどふと床見たらさ………」




凛「あきらかに毛色も毛質も何もかもが違う三種類のちぢれ毛が落ちてたんだよねぇ………」




ちひろ「まさかの下ネタ!!!?」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 02:31:12.50 ID:TOxn+xhC0

凛「…ってまぁこんな感じだけどどうかな?」

モバP「うん、個人的にはそういう女の子の軽めの下ネタ大好きだな」

ちひろ「いやこれ地上波で流せないでしょう!?凛ちゃんのキャラ崩壊しますよ!?」

モバP「えぇ…でも部屋掃除してたらちぢれ毛が落ちてるなんてよくあることでしょう?」

ちひろ「確かにありますけど!!」

凛「まぁいまは蘭子の部屋に四種類ちぢれ毛落ちてるかもね」

ちひろ「なんで卯月ちゃんも脱いだの!?」



モバP「その辺もうちょい詳しく…」

凛「いや蘭子が歳のわりには毛が薄いのを気にしてて…」

ちひろ「やめろぉ!!!!」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 10:19:07.55 ID:TOxn+xhC0

ガチャッ


幸子「おはようございます、いつでもかわいいボクですよ!!!」


モバP「お、次は幸子か」

幸子「何がですか?」

ちひろ「実はかくかくさちさち…」


幸子「なるほど…面白い話なら任してください!ボクはかわいいうえに話も面白いので!」

モバP(幸子の面白さって滑り芸な感じがする)

幸子「じゃあ星さんが実はたけのこの里派っていう話をしますよ!!」

ちひろ「なんで先にオチいっちゃうの?」



9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 10:20:14.53 ID:TOxn+xhC0

『二人目、輿水幸子』


幸子「じゃあ別の話しますね、すこし前に買い物にいった時の話なんですけど」


幸子「ボクは自分のかわいさにさらなる磨きをかけるために服を買いにいっていたんですけどあんまり良い服となかなか巡り会えなかったんです」


幸子「それで小一時間ほどふらふらと回っていたらやっとボクのかわいさの前でもくもらないかわいい服を見つけたんですよ」


幸子「その店にはかわいい下着もおいてあったのでせっかくなのでそれも試着してみようと思って服と下着を試着してみたんですよね」

幸子「まぁもちろんどちらもボクにものすごく似合ってたのでお買い上げしたんですよ、それでボク服を買ったらそのまま着て行くタイプでして袋のなかに元々着ていた服をいれて帰路へとついたんですよ」


幸子「それで家に帰ってその服と買った服をタンスにしまおうと着替えた時にきずいたんですけどボクってば元々履いてた下着を店に忘れてしまったんです」

幸子「そしてもう一度店にいって取りに行こうと思って行ってみたらですね……」


幸子「ボクの下着、商品だと勘違いされて買われてたんですよ、森久保さんに」


ちひろ「なんで幸子ちゃんも若干下ネタ!!?」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 10:21:31.20 ID:TOxn+xhC0

モバP「それでその後どうしたんだ?」

幸子「森久保さんは普通に新品だと思ってお金だして買ったんですから返してなんて言えないですよ」

モバP「つまりそのパンツには幸子と乃々のエキスが……!!!」

ちひろ「言い方!!!」

幸子「いえ違いますよ、あのパンツ元々履いてたのは星さんですからね、趣味に合わないからとボクにくれたんです」

ちひろ「パンツってそんな交換するものなの!?」


モバP「うほっ…アイドル三人のエキスつき…おほほほほ!!!」

ちひろ「欲望駄々漏れですよプロデューサーさん!!」



凛「あ、もしもし加蓮?うん、もう使わなくなったパンツとかない?」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 13:06:33.90 ID:TOxn+xhC0

モバP「二人ともなかなかぶっこんだトークをしてくれたな、次は誰だろう」


ガチャッ


七海「おはようごいますれす~♪」

モバP「おお、七海か」

ちひろ「わりと未知数な娘が来ましたね」

七海「なんの話れすか~?」

ちひろ「かくかくれすれす…」


七海「面白い話れすか~、あんまり自信ないれすねぇ~」

モバP「まぁ確かに七海はほわほわしてるもんなぁ」

七海「でも諦めるはダメなのれすよねぇ~、七海がんばって話すれすよ~♪」





15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 13:17:22.34 ID:TOxn+xhC0

『三人目、浅利七海』


七海「七海は趣味が釣りなんれすけどいつも海までいってるんれすよ~」


七海「でもたまには川釣りもしてみたら?と肇先輩に言われたのれ山にのぼって川釣りに行くことにしたんれす~」


七海「馴れない川釣りらったんれすけどいっぱい釣れたのれついつい長居しちゃったんれすよ~、そしたら途中でおトイレにいきたくなったんれすね~」


七海「海釣りだと近くにコンビニや公衆トイレがあるんれすけど山にはもちろんそんなものはないんれすよねぇ~、それで悩んだんれすけどもう川でしちゃえ!と思って上流までいったんれす~」


七海「上流には人もいなかったのれパンツさげてチョロチョロっと川にしてたんれすけど~、パッと前をみたら同じ状況の女の人が向こう岸にいたんれすよねぇ~」

七海「気まずいなぁ…と思っておたがい見てみぬふりをしてたんれすけど~やっぱり見ちゃうじゃないれすか~?」

七海「それでよく見たら向こう岸にいたの肇先輩れした」


ちひろ「だから!!なんで下ネタなんだよ!!!」



16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 13:22:19.85 ID:TOxn+xhC0

モバP「!!!!!!」ガタガタガタッ!!!


ちひろ「プロデューサーさんも反応しすぎですから!!!」


モバP「ちぢれ毛といいパンツといい聖水といいうちのアイドルはなんて粒ぞろいなんだ!!俺も川釣りしたくなってくるような素晴らしい話だったぞ七海!!」ナデナデ

七海「誉めてもらえるのはうれしいれすねぇ~♪」

ちひろ「それ釣り以外の目的でしょうが!!!」




凛「あ、もしもし加蓮?何度もごめんね、今度さ奈緒も誘って川釣りいかない?うん、コーヒーとか飲みながら」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 16:45:47.76 ID:TOxn+xhC0

モバP「さてここまで三人中三人が下ネタでしたが次はどんな下ネタなんですかね」

ちひろ「いまのところギリギリ幸子ちゃんしか放送できない内容でしたけど」

モバP「まぁ次に期待ですね」


ガチャッ


茜「皆さん!!!おはようございまぁぁぁす!!!」

ちひろ(あ、健全だ)

モバP(健全なやつがきた)


茜「今日は良い天気ですね!!こんな日は外で走りたくなってきました!!というかむしろもう走ってきました78キロ!!!」

モバP「う、うん、おつかれ」

ちひろ「ところで茜ちゃんかくかくこめこめ」



茜「面白い話ですか!!わかりました!!」

モバP「大丈夫か?こういっちゃなんだが茜って長い話とかするの苦手だろ?」

茜「確かに苦手です!!!でもそれでも自分なりのやり方があります!!うぅー…ボンバー!!!!」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 16:56:46.81 ID:TOxn+xhC0

『四人目、日野茜』


茜「長くお話すると眠たくなってくるので完結に何個か話します!!!」


茜「すこし前までブルマやスパッツ、短パンはパンツの代わりに履くものだと思ってたのでそれまでノーパンでした!!!!」

茜「動くときに邪魔になるのでブラはアイドルになるまでつけたことさえありませんでした!!!!」


茜「人間の三大欲求である食欲と睡眠欲が豊富です!!!つまりは残るひとつもそういうことです!!!」


茜「この前雨のなかを走っていたら転んでしまいしりもちをついたんですがパンツが汚れてしまったなーと思いましたがそもそもパンツはいてませんでした!!!!」


茜「ていうかぶっちゃけると常にノーパンノーブラですッッ!!!!!」


茜「あと最後に私はなんで勢いに任せてこんなことを暴露してしまったんだろうと思うとものすごく恥ずかしいですッッッッ!!!!!」カオマッカ


ちひろ「問題児過ぎてもはやなにも言えません」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/12(月) 17:03:50.21 ID:TOxn+xhC0

茜「どうでしたかプロデューサー!!」

モバP「俺的には大好きだがちょっと趣旨が違ったかな、俺的には股間がだいぶ盛り上がったけどな」


茜「そうですか…残念ですけどまた次回がんばります!!!そのためにもとりあえず長く話せる練習をしときます!!!それまで待っててくださいプロデューサー!!」ガシッ

モバP「おう、がんばれよ!!!」ガシッ


ちひろ「なに熱い抱擁交わしてるんですかあの内容で」

モバP「うほほほうぇぇぇぇ!!やわこいのうやわこいのうwwww茜の体はやわこいのうwww」

ちひろ「いや違うわこの人この話聞いたからこその抱擁だわ」






凛「もしもし加蓮?やっぱりパンツいらない」


25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/13(火) 00:34:40.36 ID:i3Ztq+MF0

モバP「いやー、なんか色々と盛り上がってきましたね」

ちひろ「さらっとセクハラするのやめてください」


ガチャッ


モバP「お、次は誰だー?」


飛鳥「やぁおはよう」

ちひろ「飛鳥ちゃんですか、飛鳥ちゃんもあんまりそういうイメージないですね」

飛鳥「イメージ?そうだね、ちひろさんがなんの話をしているのかはわからないけどご期待に添えなくて申し訳ないね」

モバP「おう、飛鳥もノーパンか?」

飛鳥「プロデューサーは一度生まれ変わるといいよ、新たな自分になってごらん」


ちひろ「あのね飛鳥ちゃん、かくかくにのにの……」



飛鳥「へぇ、面白い話かい?」


飛鳥「そうだね、ボクの平穏な日常の話で良いならいくらでも語ってあげるよ?ただボクの平穏が皆の平穏とは違う…かもしれないよ?」



26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/13(火) 00:44:23.16 ID:i3Ztq+MF0

『五人目、二宮飛鳥』


飛鳥「これはつい先日の話さ、ボクが時子さんと一緒に仕事にいった時の、ね」


飛鳥「その日は…ひどい雨だったね、どしゃ降りの中を走ってボクたちはスタジオへと向かっていたんだ」

飛鳥「まぁそのときに時子さんが顔面から転んだりしたけどそれは置いておこうか、なんにせよボクたちは無事にスタジオへ到着したんだよ」


飛鳥「そしてまず最初にボクのパートが終了してあとは時子さんを待つだけだったわけだね、ところがボクはこのとき腹痛に襲われてしまってね」

飛鳥「トイレに駆け込み用を足したあとの事さ、どうやら隣の個室に誰かはいったみたいだったんだ」


飛鳥「そのときボクは疲れと腹痛から解放された喜びのせいで冷静さを失っていてね、隣にいるのが時子さんだと思いこんでたってわけなんだけど」

飛鳥「その時隣にむかって思いっきり」



飛鳥『う●こぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!』


飛鳥「って叫んだらその現場の監督さんだったね」


ちひろ「飛鳥ちゃんどんなキャラ目指してるの!!?」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/13(火) 13:18:47.66 ID:i3Ztq+MF0

モバP「うん、良い感じだな飛鳥!なんか汚れを知らない感じがそそられる!!」

飛鳥「ふふっ、ボクを汚せるのは君だけさ」

モバP「こいつめー!!」

ちひろ「いちゃつくな!!!」








凛「もしもし加蓮?うんこぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」

加蓮『だまれ』


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/13(火) 13:26:24.65 ID:i3Ztq+MF0

モバP「五人の話を聞きましたけど誰が一番適任ですかね?」

ちひろ「幸子ちゃんと飛鳥ちゃんくらいしか放送できるのがいないんですけど」

凛「ねぇ私は?」

モバP「確かに他の話はイメージダウンにも繋がりかねないですね…肇の」

凛「私の話は?」

ちひろ「他の娘を巻き込むのはさすがにダメですからね」

凛「わーたーしーはー?」


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/13(火) 16:08:21.32 ID:EJfxH8Xp0

ちひろ「そうだ、プロデューサーさんは何か面白い話とかないんですか?」

モバP「え?俺ですか?」

ちひろ「はい、やっぱりこういう仕事だと色々とあるじゃないですか」

ちひろ「それにトークの技術だとかも皆のお手本にもなりますし」


モバP「うーん…といっても俺ってそういう話のネタなんてないですからね……いたって普通の日常をおくってますから」



モバP「精々自分の体におでんのっけたりラーメンのっけたりたこ焼き焼いたりするくらいですかねぇ」



ちひろ「あー………」




ちひろ「全然普通ですね」

モバP「でしょ?」











凛「もしもし加蓮?…………着拒された」


ー終わりー


35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/13(火) 16:11:37.26 ID:EJfxH8Xp0

以上です、お付き合いいただきありがとうございました


ちなみに飛鳥の話の元ネタはお察しの通りビーストウォーズメタルスの山口勝平さんです


過去作
モバP「島村卯月の飼い方」

その他


それではまた





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿