TOP > シンデレラガールズ > 加蓮「こたつと」泰葉「みかんと」

加蓮「こたつと」泰葉「みかんと」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 20:58:28.31 ID:vtQcZTVHO

―――


加蓮「…………」ヌクヌク

泰葉「…………」ムキムキ


加蓮「……暇だね」

泰葉「……。ん」


加蓮「…………」ヌクヌク

泰葉「…………」ムキムキ


泰葉「……はい、剥けたよ加蓮。あーん」

加蓮「あーん」


加蓮「もぐもぐ。……ふふ、甘い♪」

泰葉「もぐ……うん。美味しいね」ニコ


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:01:33.93 ID:vtQcZTVHO

加蓮「…………」ムグムグ

泰葉「…………」モキュモキュ


加蓮「……ねー泰葉」

泰葉「ん、なぁに?」

加蓮「Pさんとちひろさん、どこまで行ったのかなぁ」

泰葉「さぁ……でも、二人で出かけるのは珍しいかも」

加蓮「うん」

泰葉「もしかして、新しいお仕事のことだったり?」

加蓮「あ、だったらいいな。次はどんなこと出来るかな?」

泰葉「ふふ、楽しみね」

加蓮「ね♪」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:05:40.94 ID:vtQcZTVHO

泰葉「もうひとつ食べる?」

加蓮「あーんっ」

泰葉「はい。……なんだか餌付けしてるみたい」クス

加蓮「んぇへへ」

泰葉「私も。……ぁむ」


加蓮「…………」モムモム…

泰葉「…………」モグモグ…


加蓮「……んー」

泰葉「今度はどうしたの?」

加蓮「ん。李衣菜、来るの遅いなって」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:09:30.09 ID:vtQcZTVHO

泰葉「そういえば。なにかあったのかな……っと、LINE着てたみたい」

加蓮「あ、ほんとだ。えっと――」


『ごめーん!電車遅れてるみたい((('ω'*)))もう少しかかりそー』


加蓮「あはは」

泰葉「ふふ、それじゃしょうがないか」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:11:54.68 ID:vtQcZTVHO

加蓮「んーと、『待ってるね。りーなもいないとさみしいな』、っと」

泰葉「あれ、珍しく素直」

加蓮「め、珍しくとは失礼な」

泰葉「だって……ね?」

加蓮「むー」

泰葉「それに、私がいるのに寂しいの? 悲しいなぁ」

加蓮「うっ、そ、それは言葉の綾というかなんというか……!」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:15:04.10 ID:vtQcZTVHO

泰葉「っふ、ふふふっ……う、そ。冗談だから」

加蓮「えっ、あ……! 泰葉のいじわる!」

泰葉「くすくす……♪」

加蓮「泰葉きらいっ」

泰葉「そう? 私は加蓮のこと大好きだけど」ニコー

加蓮「~~~ッ!」ペシペシ

泰葉「ふふっ、いつものお返し♪」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:17:10.90 ID:vtQcZTVHO

加蓮「泰葉だって大切だもん……!」

泰葉「うんうん」

加蓮「ほ、ほんとだからね?」

泰葉「はいはい♪」

加蓮「うぅ、もう……!」

泰葉「ふふふ♪」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:19:32.91 ID:vtQcZTVHO

加蓮「…………」ツーン

泰葉「まぁ、いつも三人一緒だし。寂しいのも分かるかな」ナデナデ

加蓮「……李衣菜がいないと、なんとなく落ち着かない感じがするの」

泰葉「うん、私も。……ふふ、無意識に頼ってるのかもね、私たち」

加蓮「うーん……そう、なのかな?」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:21:35.87 ID:vtQcZTVHO

泰葉「加蓮は頼ると言うより、甘えてる感じだけど」クス

加蓮「……それは否定しません」

泰葉「ふふふ。裏表がなくて、明るくて……」

加蓮「ちょっとドジだけど、いざというときはほんと頼りになるよね」

泰葉「ね。……なんて、本人に言ったらどうなるかしら?」

加蓮「ふふっ、慌てながらふにゃーって顔して照れそう♪」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:24:12.00 ID:vtQcZTVHO

泰葉「ふにゃー、か……どんな顔? 加蓮やってみて」

加蓮「へっ?」

泰葉「加蓮のふにゃ顔、見せてほしいな?」

加蓮「……隠してるスマホを置いたら考えてあげる」

泰葉「えへ、バレちゃった。うまく撮れたらみんなに送ろうと思ったのに」

加蓮「……今日の泰葉、極悪非道だよ」ムスッ

泰葉「加蓮に言われたくないな。ふふ♪」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:26:59.98 ID:vtQcZTVHO

加蓮「いいもん、李衣菜に言いつけてやるんだからっ」

泰葉「どうかなぁ、李衣菜も普段の加蓮にイジメられてるし」

加蓮「い、イジメてないっ! あれはコミュニケーションなの!」

泰葉「じゃ、私のもコミュニケーションだから」

加蓮「ぅぐぐ、ああ言えばこう言う……!」プクー

泰葉「えいっ」プニッ

加蓮「ぅにぃ。……もー!」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:28:57.38 ID:vtQcZTVHO

泰葉「ふふふ、変な顔……♪」

加蓮「なによっ、こっちだってこうして……!」ムニー

泰葉「ふにぃ。んふふっ♪」

加蓮「ふふっ、あはは……♪」


―――

――




15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:30:25.71 ID:vtQcZTVHO

―――


がちゃっ


李衣菜「おはよーございまーすっ。遅れましたー」


しーん……


李衣菜「って、あれ? 静か……あ」


加蓮「すぅ……すぅ……」

泰葉「……むにゃ……」


李衣菜「……寝てる?」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:34:04.57 ID:vtQcZTVHO

加蓮「すや……」

泰葉「くぅ……」


李衣菜「不用心だなーもう……。Pさんもちひろさんも今いないって話だし」

李衣菜「ほら、二人とも。こたつで寝てたら風邪引いちゃうよ? 起きなってば」ユサユサ

泰葉「……ぅー……」

加蓮「やぁ……」

李衣菜「……ふー、まったくもー」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:36:35.62 ID:vtQcZTVHO

李衣菜「えーっと、毛布どこだっけ……」

ごそごそ

李衣菜「あ、あったあった。よいしょ、よいしょ」

ふぁさ

李衣菜「うん、これで大丈夫かな? ……あ、みかんだ」

もぐもぐ

李衣菜「へへ、あまーい」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:38:26.98 ID:vtQcZTVHO

李衣菜「んしょ。……はぁ、こたつあったかいなー……」

加蓮「くー……」

泰葉「すー……」

李衣菜「……ふふ。Pさんたちが戻ってくるまで寝かせてあげよっかな」


泰葉「ん……ふふ……♪」

加蓮「んんぅ……ぇへ……♪」

李衣菜「へへへ♪」ニコニコ



おわり


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/19(水) 21:39:52.78 ID:vtQcZTVHO

というお話だったのさ
りーなは二人のお姉ちゃんしてたらいいなってことでひとつ





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿