TOP > アイドルマスター > 伊織「Stairway Generation」

伊織「Stairway Generation」

1: ◆RY6L0rQza2 2014/05/05(月) 15:26:06.50 ID:EHIYiXaRo

・伊織20歳になった設定

すぐ投下終わります


2: ◆RY6L0rQza2 2014/05/05(月) 15:26:28.96 ID:EHIYiXaRo

律子「誕生日おめでとう、伊織。乾杯!」

伊織「乾杯。………ビールって言うのは不味いのね。」

律子「あら、20になったばかりの伊織にはまだ早かった?」

伊織「そうね、日本酒の方がまだ美味しいわよ。」

律子「意外だわ…アンタ、ワインの方が美味しいって言うと思ったのに。」

伊織「ワインにはあまりいい思い出が無いの。」


3: ◆RY6L0rQza2 2014/05/05(月) 15:28:26.51 ID:EHIYiXaRo

律子「そう。………本当に、アイドルを辞めるのね?」

伊織「もちろん。20を過ぎたら、私もプロデューサーになる、って言ったでしょう?」

律子「………決心は固いのね。分かった。」

伊織「トップアイドルになって分かったわ。高みに上り詰めても、寂しいだけってね。」

伊織「いつかは、終わりが来てしまうもの。私が欲しいのは、確固たる居場所。砂上の楼閣なんて嫌だわ。」

伊織「色あせて終わってしまうよりも、私は煌びやかなまま終わるのよ。」

律子「ふぅん………。」


4: ◆RY6L0rQza2 2014/05/05(月) 15:28:53.68 ID:EHIYiXaRo

律子「………伊織、あなた、お酒弱いのかしら?」

伊織「な、ど、どうしてよ?」

律子「普段より饒舌よ。まだおかわりも頼んでないのに。」

伊織「ふん。ビールは不味いけど気分がいいわ。なんせ、誕生日だもの。」

律子「それを酔っていると言うのよ。」

伊織「そんな事くらい知ってるわよ!!」


5: ◆RY6L0rQza2 2014/05/05(月) 15:29:20.03 ID:EHIYiXaRo







伊織「こうして歳を取ると言う事は、未来への階段を上ると言う事他ならないのよね。」

律子「藪から棒に、どうしたの。」


6: ◆RY6L0rQza2 2014/05/05(月) 15:30:28.05 ID:EHIYiXaRo

伊織「今、過去を振り返ろうとしたのよ。でもね、私は階段を上り続ける以外道がないって思ったわ。」

伊織「水瀬伊織はここに居る、って証明する為に、ずっと登って、登って。」

伊織「いつかはお母様に届けるのよ。貴女の娘はここまで上り詰めたわ、って。」

伊織「何を言っているか分からなくなってきたわ。………お酒、もう一本頼んでいい?」


7: ◆RY6L0rQza2 2014/05/05(月) 15:31:02.13 ID:EHIYiXaRo

律子「潰れても知らないわよ。」

伊織「いいのよ。ええ。今日はめでたい日だもの。」

律子「………しょうがないわね、こうなったらとことん付き合ってあげる。」

伊織「望む所よ、にひひっ♪………ふぁあ………。」

律子(この調子だと、すぐ潰れそうね。………世話が焼けるんだから。)


おわり


9: ◆RY6L0rQza2 2014/05/05(月) 15:34:42.06 ID:EHIYiXaRo

https://www.youtube.com/watch?v=rVPoIlCpllU


ハッピーバースデー伊織さま~~~
しかしただ単に伊織と律子が飲んでるだけって言うSSになった
多分他の人がこってりとした伊織誕書くと思うので、俺はあっさりめに

見てくれてありがとう





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿