TOP > からかい上手の高木さん > 高木さん「西片はからかいがいがあるなぁ」西片「くそぉ!」

高木さん「西片はからかいがいがあるなぁ」西片「くそぉ!」

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/21(金) 08:19:19.753 ID:EJTLiphwa

高木さん「ふふ、ひっかかったね西片」

西片「くそーまたからかわれた!次は絶対ひっかからないぞ~っ」

ドンッ

俺「っ痛…」

西片「あっ…す、すみません!前を見てなくて…」

俺「危ねえな~!仲良くお喋りするのはいいが前くらい気をつけろや!!」


2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/21(金) 08:19:42.537 ID:EJTLiphwa

西片「ご、ごめんなさい…!」

高木さん「すみませんでした!(西片、謝ったし面倒ごとになる前にさっさと行こ…?)」コソコソ

西片「(そ、そうだね…)」ササッ

俺「待てよ逃がさねぇぞ!?」ガシッ

高木さん「きゃっ!?」

西片「高木さん!!」


3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/21(金) 08:20:12.912 ID:EJTLiphwa

西片「やめろよ!高木さんを離せ!」

俺「へへ…うるさいガキだがよくみると可愛い顔してんじゃねぇか!」

高木さん「うぅ…」

西片「なっ…それ以上高木さんに変なことしたら絶対に許さないぞ!」

俺「あの子高木って名前なんだ。西片は高木さんのこと好きなの?」

西片「う、うるさいな…あんたには関係ないだろ!もう離してくれ…よ!?」俺「……」チュッ

西片「っっ~///!?」

高木さん「西片っ!!」


10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/21(金) 08:22:18.110 ID:EJTLiphwa

西片「ぷはっ、な…なんで、オレにキスなんて…」

俺「言ったろ…?可愛い顔してるなって。西片ちょっと俺と遊ばない?」

高木さん「西片を離して!」グイッ

俺「うるせえ!女は黙ってろ!!」ドンッ

高木さん「きゃあっ」ドサァ

西片「高木さん!もうわかったから!ぶつかったオレたちが悪かったよ!だから高木さんに手を出すのはやめてくれ!」

俺「へへへ…やっぱりあの高木さんって子好きなんだな。高木さんに酷いことされたくなければ…」ボロン

西片「えっ…」

高木さん「あっ…に、西片…そんなこと、やらなくていいから…!」

俺「10秒以内にしゃぶれ。さもないとこの女の顔面をぶん殴る」


14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/21(金) 08:26:58.452 ID:EJTLiphwa

西片「そんなのできるわけ!」

俺「10~9~8~!」

西片「わ、わかった!やればいいんだろ!その…おちんちんを咥えればいいんだよな…」パクッ

西片「(うぅ…臭いし苦くて吐きそうだ…でも高木さんのために頑張らないとっ…)」グッポグポ

俺「よーし、やりゃできんじゃねぇか…そのままもっと奥まで咥えろ!!」グイッ

西片「んぐぅ!?」

高木さん「西片ぁ!!」ウルウル


20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/21(金) 08:32:54.290 ID:EJTLiphwa

高木さん「(うぅ…私のせいで西片があんな目に…)」ウルウル

高木さん「(……!そうだ、今のうちに私が誰か人を呼んでくれば!)」

俺「余計なことしようとしてるならやめとけよ。ちょっとでも不審な動きした瞬間ぶっ殺してやるからな」

高木さん「っ…」

西片「ね、ねぇ…オレならなんでもするからさ!高木さんだけでも逃してあげてよ!!」

高木さん「西片…」

俺「うーん、そうだな…西片の男気に免じて逃してやってもいいけど…」

俺「よし、西片!お前俺のケツの中に挿れろ。それで高木さんだけは逃してやるよ」

西片「……!」

高木さん「や、やだ…西片…そんなことしなくていいからぁ…」ウルウル


28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/21(金) 08:39:40.320 ID:EJTLiphwa

西片「(オレのおちんちんを…この人のお尻に挿れ…)」

俺「ほらほら!まずは勃起しないと愛しの高木さんを助けられないぞ!」

西片「っ…ええい、これも高木さんのためだ。なにか興奮する状況を思い浮かべろ…」

西片「(高木さんのおでこ高木さんのおでこ…)」ムクムク

高木さん「西片…あぁ…」

西片「よし…そ、それじゃあ挿れるぞ…!」ズプッ

俺「あぁっ、西片!いいぞ!そのままもっと激しく腰を動かせ!!」ビクンビクン

西片「っ…こ、これで!高木さんは!助けてくれるんだよね!?」パンパンッ

俺「もちろんだ!もう行っていいぞ!高木さん!!」

高木さん「う、うぅっ…西片…ごめん…!」ポロポロ


34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/21(金) 08:54:47.415 ID:EJTLiphwa

西片「はぁはぁ…高木さんは行ったか…」

俺「へへ…なんだかんだ言って西片も興奮してるんだな。普通こんな状況で勃起なんてできねぇもん」

西片「なっ…これは高木さんを助けるためにっ」

俺「ならなんで今も勃起したままなんだよ!なぁ認めろよ。あんな女より俺の方が西片を愛してる。俺のものになれよ…」チュッレロォ

西片「んっ…ふぁぁ…」ドピュゥッ

……………

高木さん「ここです!ここで男の人にぶつかって…西片が、襲われ…」

警官「誰もいないじゃないか…?本当にそんな男いたのかい?襲うなら普通君の方を…」

高木さん「本当です!信じてください!!」

翌日、西片は何事もなかったかのように学校に来た。あの後なにがあったのかも教えてもらえず、気まずい空気が流れ、私たちの仲は次第に疎遠になっていったのだった…

俺家

西片「んっ…はぁ、俺さん…♡」

俺「んっ…ふふ、お前の身体は汚れてちまったんだ。そんな身体で大好きな高木さんに合わせる顔なんてないもんなぁ…?」

西片「あぁ…♡」

俺「もうお前は俺のものだ。絶対に誰にも渡さないからな…西片…♡」チュッ

西片「(高木さんごめん…俺もう、高木さんの所へは戻れない…)」


こうして西片は高木さんを捨て、俺の元で幸せに暮らすのであった


おしまい♡





『からかい上手の高木さん』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿