TOP > その他 > 女子高生「出来心だったんです……」店長俺「あのね、万引きって犯罪なのよ?犯罪」ニチャァ

女子高生「出来心だったんです……」店長俺「あのね、万引きって犯罪なのよ?犯罪」ニチャァ

2019/06/24 15:02 | その他 | コメント(0)
1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/23(日) 15:26:17.542 ID:Oe0IsgvX0

女子高生「ご、ごめんなさい……あの、本当、謝るので許してください……」

俺「いやねぇ、万引きって額以上の損害があるわけよ。謝って済んだら警察要らないよね?」ニチャァ

女子高生「!け、警察だけは……!」

俺「え?」

女子高生「受験生なんです……!警察だけはやめて下さい……!」

俺「……」

女子高生「……」

俺「いやさ、そうは言ってもこっちは明確に被害を受けたわけでさぁ。誠意だけでなんとかなるもんじゃないんだよね」

女子高生「あ、あの!どんなことでも……どんなことでもしますから警察だけは!」

俺「どんなことでも?」

女子高生「……」

俺「……」

女子高生「あの……」

俺「うーん(早く警察突き出したいなぁ。多分署に送る途中でパトカー乗れるよな、一回乗ってみたかったんだよなぁ)」ワクワク


16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/23(日) 15:31:02.000 ID:Oe0IsgvX0

女子高生「……お店に出した被害は払いますから」

俺「あのねぇ、君学生だよね?そのお金はあるの?ないなら――」

女子高生「……はい。だから体で」

俺「親御さんに連絡しようか」

女子高生「えっ」

俺「そういえば警察も大事だけど親への連絡もやっておかなくちゃいけなかったよな。忘れてた忘れてた」

女子高生「あ、あの」

俺「え、なに?」ニチャァ

女子高生「お、親もやめて下さい。このことがバレたら……私に出来ることはしますから、お願いです」

俺「……」

女子高生「……」

俺「ふぅん。じゃあスマホ貸してよ」

女子高生「スマホですか……?はい」


22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/23(日) 15:34:49.476 ID:Oe0IsgvX0

俺「どれどれ……親御さんへの連絡先は……」スッスッ

女子高生「あっ!そのフォルダは……!」

俺「おわっ!これは……ハメ撮り画像!?」

女子高生「そ、それは……」

俺「何これ……ふぅん、これってもしかして君の彼氏?」ニチャァ

女子高生「……はい」

俺「……」

女子高生「……」

俺「こんな画像あったら困るよね、削除しとこっと」ポチッ

女子高生「えっ」

俺「さて、電話帳はっと……」ポチポチ


40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/23(日) 15:39:45.970 ID:Oe0IsgvX0

女子高生「あの、本当に親はやめてください……!」

俺「なんだか強情だなぁ。何かまだもっと後ろめたいことでもあるの?」ニチャァ

女子高生「それは……」

俺「……カバン、調べさせてもらうよ」

女子高生「!ま、待って下さい!」

俺「そうもいかないよ。どれどれ……あっ!」ガサゴソ

バイブ「」ゴロン

ディルド「」ボロン

コンドーム「」ドサッ

俺「……」

女子高生「あっ……ち、違うんです、これは」

俺「……君は悪い子だなぁ」ニチャァ


50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/23(日) 15:44:58.349 ID:Oe0IsgvX0

女子高生「…・…あの、誤解なんです」

俺「ふぅん。じゃあ何、これは?」

女子高生「……」

俺「しらをきるんだ。こうして君が悪い子である証拠がここにあるのにねぇ」ニチャァ

女子高生「……あの」

俺「まさか他店でも万引きしてたなんてな」

女子高生「えっ」

俺「この商品は隣町のショップのものだろう?常習犯だったなんてな……」

女子高生「え、あの」

俺「まったく、困った子だ。これは警察に……」

女子高生「あの、だから、それだけは!」

俺「え?そんなこと言われても」

女子高生「……別にこれは盗んでませんけど、店長さんの言う通り私は悪い子かもしれません」

俺「うん。じゃあ警察」

女子高生「だから……店長さん。私をお仕置してください」


61: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/23(日) 15:52:52.824 ID:Oe0IsgvX0

俺「え?」

女子高生「悪い子には折檻が必要ですよね。だから、これで……」チラッ

俺「いや、警察に……」

女子高生「……店長さん、まだ分からないんですか?店長さんが私に躾して……それで全部チャラにしましょうよ」

俺「……」

女子高生「……」

俺「……それは無理だ」キリッ


71: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/23(日) 16:00:41.886 ID:Oe0IsgvX0

女子高生「……えっ」

俺「無理だよ。(勝手に懲罰を与えたら警察に捕まえて貰えなくてパトカーに乗れなくなりそうだから)まず俺にとって良くない。困るんだ」

女子高生「……店長さん、そんな冴えない顔してたけど奥さんいたんですね。でもいいじゃないですか、ちょっと過ちを冒すだけですよ」

俺「俺だけじゃない。(憧れのパトカーに乗れなくて)君にとってもためにならない」

女子高生「……」

俺「いいのか?君はそれで。君には夢がないのか?叶えたいこと(パトカーに乗る)、やりたいこと(パトカーに乗る)、あるだろ?」

女子高生「……」

俺「なら、こんなことはするべきじゃない。そうだろ(パトカーに乗れなくなるから)」

女子高生「店長、さん……」

俺「……すまない。年甲斐もなく長々と喋ってしまって」


81: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/23(日) 16:07:49.043 ID:Oe0IsgvX0

女子高生「店長さん、ごめんなさい……私が間違ってました」

俺「よし!俺の気持ちが伝わったみたいだな。それじゃあ――」

警察「すみません、警察です!通報を受けて駆け付けました!」ドタドタ

俺「おっ!呼んでもないのに丁度いいところに!おまわりさん、この子が……」

警察「いたぞ!確保!」ガチャッ

俺「え?」ガチャリ

警察「犯罪者め!暴れたりするんじゃないぞ!」

俺「えっ?あの、俺じゃなくてあっちの――」

店員「見たんですよ俺!店長が気持ち悪い笑顔であの女子高生にすり寄ってるところ!今にも性犯罪をしでかしそうな顔をしてたんです!」

警察「通報感謝致します。市民のご協力でまた一つ犯罪を未然に防ぐことが出来ました」

俺「えっと、いや、だから違」

警察「オラッ!早く歩け!署でみっちり取り調べしてやるからな!」

END





『その他』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿