TOP > ポケットモンスター > マーマネ「そろそろリーリエをゼンリョクでオトそうと思うんだ」

マーマネ「そろそろリーリエをゼンリョクでオトそうと思うんだ」

1: ◆0ueH1gM89E 2019/06/26(水) 21:08:23.08 ID:ExZVBNZ9o

マーマネ「サトシ、カキ!協力してくれないかな?」

トゲデマル「マキュキュ!」


2: ◆0ueH1gM89E 2019/06/26(水) 21:12:45.17 ID:ExZVBNZ90

サトシ「落とすって……リーリエとケンカでもしたのかよマーマネ!?」

ピカチュウ「ピカァ!!」

カキ「いくらケンカしたとは言え、女の子相手に暴力はダメだぞマーマネェ」ジトー

マーマネ「い、いや……そうじゃなくって…」

トゲデマル「マキュ」


3: ◆0ueH1gM89E 2019/06/26(水) 21:25:59.48 ID:ExZVBNZ90

マーマネ「あのさぁ、サトシとカキから見て僕とリーリエってどう思う?」

サトシ「どうって…仲のいい友達だと思うよ!結構気も合ってるみたいだし」

ピカチュウ「ピカ一!」

カキ「だな。それをどこからか突き落とすだなんて……いったい何が理由でケンカなんかしたんだ?」

マーマネ「だ、だからケンカしてないってば!もうその話は置いといてよ!」

トゲデマル「マキュキュ!」プンプン

サトシ、カキ「???」

ロトム図鑑「マーマネー!サトシとカキにそんな回りくどい言い方をしても伝わらないロトー!」

マーマネ「! ロトム!」

サトシ「お、おいロトム!俺たちを頭悪いみたいに言うなよ!」

カキ「そうだ!サトシはともかく、何で俺まで!」

サトシ「なんだとカキ!!」

ギャー ギャー

マーマネ(相談する相手間違えたかな?)ハァ

トゲデマル「マキュ」


4: ◆0ueH1gM89E 2019/06/26(水) 22:06:43.32 ID:laX/WZCAO

………

サトシ「え?マーマネってリーリエのこと好きなの?」

ピカチュウ「ピカァ?」

マーマネ「い、いや…好きって言うかその////」モジモジ

サトシ「そんな恥ずかしがるなよマーマネ!俺だってリーリエのこと好きだよ」ニッ

マーマネ「えぇ!?」

サトシ「スイレンやマオのことだって好きだぜ?それにー……マーマネやカキ……ロトムにピカチュウに博士たちに、グラジオやアセロラ、ハプウも……」

マーマネ「な、なんだ……そういう意味か…」ホッ

ロトム図鑑「サトシー!そういう意味の好きではないロトー!」

サトシ「え?」

カキ「たくっ、サトシはお子ちゃまだな」フッ

サトシ「な、なんだって!!」カチン

カキ「マーマネの好きはリーリエを女の子として好きって意味だ。そうだろマーマネ?」

マーマネ「い、いや////」テレッ

サトシ「?? つまりマーマネはリーリエと結婚したいってこと?」

マーマネ「け、結婚!?」

カキ「話が飛びすぎだ」ヤレヤレ

ロトム図鑑「でも間違ってはいないロト」

ピカチュウ「ピカピ…」


5: ◆0ueH1gM89E 2019/06/26(水) 22:18:30.04 ID:laX/WZCAO

カキ「そういえばマーマネ……リーリエの前だとよくカッコつけたりしてたもんな~」ニヤニヤ

マーマネ「そ、そんなことないよ!」

サトシ「そういえば前にリーリエが言ってたっけ」ウーン

マーマネ「な、何を!?」

サトシ「リーリエがスクールに転校してきて心細かった時に、話しかけてきてくれたのがマーマネだって嬉しそうに言ってたよ!」

カキ「あ~、そんなこともあったなぁ」ハハハ

マーマネ「ほ、本当!?」

トゲデマル「マキュマキュ!」

サトシ「うん、ほんとにほんと!」ニッ

ピカチュウ「ピカ!」

ロトム図鑑「マーマネー!ボクの推理によると、これは脈ありロトー!」

マーマネ「みゃ、脈あり……」ゴクリ

マーマネ(ぼ、僕がクラスのマドンナのリーリエと付き合うことになったら…)ドキドキ

トゲデマル「マキュキュ」

マーマネ「……………」ウーン

サトシ、カキ「?」

マーマネ「………ごめんね?サトシ、カキ?お先!」ドヤッ

サトシ「は?何で謝られたの?」イラッ

カキ「よくわからないが、かなりイラッときたな」イラッ

ピカチュウ「ピカ一!」プンプン


6: ◆0ueH1gM89E 2019/06/26(水) 22:33:42.47 ID:laX/WZCAO

サトシ「よくわかんないけど、とりあえずマーマネの相談は終わったんだな!」

サトシ「うしっ!カキ!バトルしようぜ!」

ピカチュウ「ピカ一!」

カキ「ああ!負けないぜ!サトシ!ピカチュウ!」

マーマネ「ちょ、ちょっと待ってよ!まだ終わってないよ!!」ガシッ

トゲデマル「マキュキュ!」

サトシ「な、なんだよマーマネ…」

カキ「? つまりどういうことだ?」

マーマネ「えーっと、その……つまり////」モジモジ

サトシ、カキ「??」

ロトム図鑑「サトシー!カキー!マーマネはリーリエと付き合いたいから協力してくれと言いたいロトー!」

マーマネ「えと……その……////」テレッ

サトシ「な~んだ、そういうことか!」ポンッ

サトシ「へへへ!だったら俺たちに任せとけよマーマネ!」ニッ

ピカチュウ「ピカ一!」

マーマネ「サトシ……ピカチュウ……」

カキ「必ずマーマネとリーリエをくっつけてやる!大船に乗った気でいろ!マーマネ!」グッ

マーマネ「カキ……」

カキ「サトシ!俺たちの……アローラボーイズのキズナのチカラをマーマネに見せてやろうぜ!」

サトシ「アローラボーイズ!?なにそれ!カッコいいー!」キラキラ

ピカチュウ「ピカァ!」

マーマネ「うぅ……二人とも…ありがとう!」グスッ

トゲデマル「マキュキュ!」グスッ

サトシ「ハハハ、泣くなよマーマネー?」ポンッ

カキ「たくっ、そんなんじゃリーリエに情けない男だと思われるぞ?」フッ

マーマネ「う、うん!」ゴシゴシ

ロトム図鑑「うんうん、美しき男の友情ロト!」

ピカチュウ「ピカ一!」コクコク


7: ◆0ueH1gM89E 2019/06/26(水) 22:44:29.30 ID:laX/WZCAO

マオ「でさー?」

リーリエ「ふふっ、マオは相変わらずですね?」クスッ

スイレン「ほんとほんと」クスッ

シロン「コーン!」

ナギサ「イッブイ!」

「おーい!リーリエー!」

リーリエ「?」クルッ

サトシ「リーリエー!」

カキ「話があるんだー!」

スイレン「あっ、サトシ」

マオ「カキ…あんなに慌ててどうしたのかな?」

リーリエ「? 話?なんですか?」

シロン「コーン?」

サトシ「マーマネがリーリエのこと好きなんだって!」

リーリエ「へ?」

カキ「リーリエ!マーマネはいい男だ!付き合って損はないぞ!!」

リーリエ「えぇ!?」

マオ「え?なになに?この展開!!」ワクワク

スイレン「よくわかんないけど、ロマンチック!」キラキラ

アシレーヌ「シレーヌ!」


8: ◆0ueH1gM89E 2019/06/26(水) 22:58:15.76 ID:laX/WZCAO

リーリエ「うぇっ!?す、好き……? 付き合う!?////」アセアセ

シロン「コン!?」

スイレン「ねぇねぇサトシ!」クイクイ

サトシ「なに?」

スイレン「今のってどういうこと!?」キラキラ

マオ「カキ!詳しく聞かせてよ!」キラキラ

カキ「詳しくもなにも今伝えた通りだ!」

サトシ「マーマネがリーリエのこと好きらしいんだ!それで付き合いたいんだってさ!」

カキ「それでマーマネに協力するように頼まれたんだ!」

カキ「……でもマーマネのやつ……恥ずかしがって告白できない様子だったからな!」

サトシ「だから俺たちがかわりにマーマネのゼンリョクの思いをリーリエに伝えたんだ!」ニッ

マオ「なにそれ!?」キラキラ

スイレン「素敵!!」キラキラ

リーリエ「ぁわわわわわ////」カァーッ

シロン「コーン!」

「サトシ!カキ!」

サトシ、カキ「!」

マーマネ「ちょ、ちょっと!なにしてんのさ!?」

トゲデマル「マキュキュ!」

スイレン「おっ!主役の登場!」

マオ「マーマネー!ファイト!だよ!」

リーリエ「ぁわわわわわ////」


10: ◆0ueH1gM89E 2019/06/26(水) 23:11:55.80 ID:laX/WZCAO

カキ「ようマーマネ!」

サトシ「マーマネのゼンリョク、リーリエに伝えといてやったぜ!」ニッ

マーマネ「よ、余計なことしないでよ!!」

サトシ、カキ「えっ」

ロトム図鑑「サトシー!カキー!そういうのは自分で伝えなければ意味がないロトー!」

ロトム図鑑「サトシやカキならそこら辺、わかっていると思ってたロト!」

ピカチュウ「ピカ一!」プンプン

サトシ、カキ「あっ…」チラッ

マーマネ「うぅ……」

サトシ、カキ「……………」

サトシ「そ、その……マーマネ……」

カキ「なんていうか……少し早まったというか……」

マーマネ「……………」

スイレン、マオ(あっ……険悪な雰囲気………)

リーリエ「マーマネ……」

シロン「コーン……」

マーマネ「! リーリエ……」

トゲデマル「マキュ……」

サトシ、カキ、スイレン、マオ「」ゴクリ


11: ◆0ueH1gM89E 2019/06/26(水) 23:25:40.22 ID:laX/WZCAO

リーリエ「そ、その……さっきのですが…////」

マーマネ「い、いや……それはその………えーっと……」

リーリエ「うぅ…////」カァーッ

マオ「ね、ねぇ!スイレン!」ヒソッ

スイレン「うん!思ったより好感触!イイカンジ!」ヒソッ

サトシ、カキ(頼む!成功してくれ!!)ドキドキドキ

ピカチュウ「ピカ一」

マーマネ「……ど、ドッキリだよ!!」

リーリエ「…………へ?ど、ドッキリ……?」

シロン「コン?」

マーマネ「そ、そう!サトシとカキに頼んでさ!リーリエにドッキリを仕掛けたんだよ!」

マーマネ「………ね?サトシ!カキ?」

カキ「あ、いや……」

サトシ「その……」

マーマネ「いやぁ……告白されたと思って焦ったリーリエの顔、最高だったなー」アハハ

リーリエ「…………」

スイレン、マオ(あっ、マーマネ…やっちまったな)

ロトム図鑑「マーマネ。終わったロト」

ピカチュウ「ピカァ……」

トゲデマル「マキュ…」ハラハラ

リーリエ「……そうですか、ドッキリですか?」ニコッ

マーマネ「そ、そうなんだよ!だから、さっきのは気にしないでー……」アハハ


12: ◆0ueH1gM89E 2019/06/26(水) 23:38:32.66 ID:laX/WZCAO

リーリエ「最低です!最低すぎです!」キッ

シロン「コン!」キッ

マーマネ「……え?」

サトシ「あのリーリエが……」

カキ「怒った……?」

ピカチュウ「チャア……」

マオ「怒るに決まってるよ!バカじゃないの!?」

カキ「うっ……」ビクッ

スイレン「ほんと……全然わかってない。女の子のキモチ」ジトー

サトシ「」ビクッ

マーマネ「ぁ、いや……その……」ビクビク

リーリエ「もう金輪際私に話かけないでください!!」

リーリエ「帰りますよ!シロン!」プンプン

シロン「ゴーン!!」ペッ

マーマネ「ちょ……ま、待ってリーリエ!話を……」

リーリエ「…………」スタスタスマ

ガラッ

ビシャン

マーマネ「………ぁ…」

トゲデマル「マキュ…」

スイレン「リーリエを追わなきゃ!」タッタッタ

ナギサ「イッブイ!」タッタッタ

マオ「待ってよー!リーリエー!」タッタッタ

アマージョ「ッジョ!」タッタッタ

ガラッ

ビシャン

サトシ「………………」

カキ「………………」

ピカチュウ「アッチャー」


13: ◆0ueH1gM89E 2019/06/26(水) 23:49:36.97 ID:laX/WZCAO

マーマネ「ぁ……あぁぁ……?」ガクガクガク

トゲデマル「マキュキュ……」

サトシ「………………」

カキ「……………」

サトシ、カキ(やっべ…何て声かければいいんだ……)

ピカチュウ「ピカァ……」

マーマネ「………うぅぅ……」グスッ

ロトム図鑑「マーマネー!安心するロトー!」ヒュー

マーマネ「……ロトム……」グスグス

ロトム図鑑「一回くらいフラれたくらいでなにロト!」

ロトム図鑑「何もリーリエだけが女の子じゃないロト!世の中には、星の数ほど女の子がー……」

マーマネ「……………」

ロトム図鑑「この失恋も、行く行くはいい人生の経験値となりー…」

マーマネ「……………」

サトシ、カキ(これ以上おいうちをかけるのはやめてあげてくれよロトム……)

ピカチュウ「ピカー……」

マーマネ「……うぅ……」グスッ

ロトム図鑑「? どうしたロト?マーマネ?」

マーマネ「うわぁぁぁぁぁん!!」ビエーン

ロトム図鑑「ま、マーマネ!?」ビクッ

トゲデマル「マキュ…」


ウワァァァーン……


次の日からマーマネは登校拒否になった


14: ◆0ueH1gM89E 2019/06/27(木) 00:06:29.16 ID:H/8ilhxcO

3日後

ポケモンスクール

リーリエ「…………帰りますよ、シロン」スクッ

シロン「コン」

ガラッ

ビシャン

サトシ「………………」

スイレン「………………」

カキ「………………」

マオ「………………」

カキ「…………マーマネがスクールに来なくなってからもう3日か…」ハァ

マオ「リーリエ……きっと自分のせいでマーマネがスクールに来なくなったと思ってるんだ…」

マオ「…………あーあ、サトシとカキが余計なことするから…」ボソッ

カキ「なっ!?」

カキ「た、確かにマーマネには悪いことしたとは思ったが……お前らだって楽しそうにしてたろ!!」ガタッ

マオ「な、なによソレ!!」ガタッ

ロトム図鑑「ふ、二人ともー!ケンカはよすロト!」

アマージョ「ッジョ!」

シェイミ「シェミィ!」

カキ「とどめばりを刺したお前には言われたくない!」キッ

ロトム図鑑「ぼ、ボクはマーマネのことを思って……」

ギャー ギャー

サトシ「………………」スクッ

スイレン「! サトシ、どこいくの?」

サトシ「マーマネの家だよ」

サトシ「俺たちが余計なことしてマーマネとリーリエの仲を悪くさせちゃったんだから…ちゃんと謝んなきゃ!」

ピカチュウ「ピカ一!」


15: ◆0ueH1gM89E 2019/06/27(木) 00:42:14.71 ID:H/8ilhxcO

スイレン「待って!サトシ!」

サトシ「な、なんだよ!スイレン!」

スイレン「サトシ、今サトシがマーマネの所に行ってまた余計なこと言っちゃったら……逆効果!」

サトシ「余計なことってなんだよ。そんなの言うわけ……」

スイレン「………言うわけ……?」ジトー

アシレーヌ「シレーヌ?」ジトー

サトシ「………ないとも言い切れないな……」

ピカチュウ「ピカピ…」

スイレン「サトシ!何事も準備は肝心!」ビシッ

サトシ「準備?」

スイレン「そう、準備!しっかり計画を立てて、それからマーマネの家にレッツゴー!」

ナギサ「イッブイ!」

マオ「なによ!シスコン!」

カキ「し、シスコンじゃない!それに…今はそれ関係ないだろ!!」

スイレン「マオちゃん!カキ!落ち着いて!いつまでもイチャイチャしない!」ドードー

カキ、マオ「はぁ?してないし!!」

ロトム図鑑「息ピッタリロト」

アマージョ「ッジョ」コクッ

スイレン「みなさん静粛に!これより……始めます!作戦会議!」コホン

サトシ、カキ、マオ「作戦会議?」

スイレン「そう、名付けて……」フッフッフ

スイレン「リーリエとマーマネを仲直りさせよう大作戦!!」

ナギサ「イッブイ♪」

アシレーヌ「シレーヌ!」

カキ「マーマネとリーリエを……」

マオ「仲直りさせよう大作戦?」

サトシ「作戦……カッコいいー!」キラキラ

ピカチュウ「ピカー!」

スイレン「/////」テレッ

ロトム図鑑「スイレーン!作戦名に捻りがないロト!もっとこう……」

スイレン「はい、ロトム退場。ナギサ、ロトムをつれてって」

ナギサ「イッブイ!」グイッ

ロトム図鑑「な、なにするロトナギサ!やめるロトー!」


16: ◆0ueH1gM89E 2019/06/27(木) 21:01:44.84 ID:hnGji0S20

日曜日

マラサダショップ前

ワイワイ ガヤガヤ

マオ「新作のマラサダ、楽しみだねー!」

シェイミ「シェミィ!」

リーリエ「はい!それにしてもスイレン、よく新作のマラサダが出るなんてチェックしてましたね?」

シロン「コーン!」

スイレン「ふっふっふ!新作スイーツのチェックは乙女の嗜み!ね?マオちゃん!」

ナギサ「イッブイ!」

マオ「そうそう!」

リーリエ「さすがマオとスイレンです!」

リーリエ「早くお店に入りましょう!私、待ちきれな……」

マオ「あぁ!ちょっと待ってよリーリエ!」

スイレン「まだ、みんな集まってない!」

リーリエ「? みんな?」

「おーい!」

リーリエ「!」

マオ「あっ、きたきた!」


17: ◆0ueH1gM89E 2019/06/27(木) 21:48:07.62 ID:hnGji0S20

サトシ「ごめーん!遅れたー!」タッタッタ

ピカチュウ「ピカー!」タッタッタ

カキ(マオたち怒ってるだろうな~)タッタッタ

リーリエ「! サトシ!カキ!」

シロン「コーン!?」

スイレン「サトシ!遅い!遅刻!」プクー

サトシ「ハハハ、ごめんごめん」

スイレン「サトシ!女の子との待ち合わせに遅れる何てありえない!罰金私の分のマラサダ一個!」ビシッ

アシレーヌ「シレーヌ!」ビシッ

サトシ「えぇ!?」

スイレン「うっそで~す♪」テヘッ

サトシ「なんだ、嘘か」ホッ

ピカチュウ「ピカ」

カキ「たくっ、アイツらは」ヤレヤレ

マオ「いやいや、何を他人事みたいに?カキも遅れたんだから罰金私の分のマラサダ一個だよ」

カキ「えぇ……嘘だよな?」

マオ「さぁ?」

カキ「さぁって……」

ワイワイ

リーリエ「何故サトシとカキが……」

スイレン「サトシ」ヒソッ

サトシ「あぁ!バッチリつれてきたよ!」グッ

ピカチュウ「ピカ!」グッ

カキ「連れ出そうと思ったらかなり渋ったからな。それで遅れたんだ」

カキ「ほら!」クイッ

「サトシー!カキー!」タッタッタ

マオ「! やるじゃんカキ!」

マーマネ「ま、待ってよ!走るの速いよ!」ゼーゼー

ロトム図鑑「マーマネー!もうちょっとロトー!頑張って走るロトー!」ヒュー

トゲデマル「マキュキュ!」

リーリエ「マーマネ……」

シロン「コーン……」


18: ◆0ueH1gM89E 2019/06/27(木) 22:01:32.79 ID:hnGji0S20

マオ「よ~し!全員揃ったね!」

スイレン「それじゃ、いざマラサダショップ店内にレッツゴー♪」

ピカチュウ「ピカー!」

ナギサ「イッブイー!」

リーリエ「全員……あの…マオ、スイレン。これはいったいどういう……」

マーマネ「えと、リーリエ……その……アローラ…」

リーリエ「! マーマネ………」

マーマネ「……えーっと、この前は……その……」

リーリエ「……アローラじゃないですよ…」プルプルプル

マーマネ「……え?」

リーリエ「一週間もスクールを休んで……どれだけ心配したと……」

マーマネ「そ、その……ごめ……」

マオ「まぁまぁ、リーリエ」ドードー

スイレン「話はとりあえず中で!ね?」

リーリエ「……………」

シロン「コーン」

マーマネ「……………」

サトシ「マーマネ、大丈夫だよ!リーリエもマーマネのことすっげー心配してたし、ちゃんと謝れば許してくれるよ」ニッ

カキ「そうだ。何かあったら俺たちがフォローしてやるから安心しろ」ポンッ

マーマネ「サトシ…カキ……」

マーマネ(……いや、こうなちゃった原因の一つにサトシとカキのせいもあるんだけど……)

サトシ「よーし!いっぱいマラサダ食うぞー!俺、一番のりー!」ダッ

カキ「ま、待てサトシ!一番乗りは俺だ!」ダッ

トゲデマル「マキュキュ」


19: ◆0ueH1gM89E 2019/06/27(木) 22:16:02.64 ID:hnGji0S20

店内

ワイワイ ガヤガヤ

店員「店内でおめしあがりですか?」

マオ「はい!」

アマージョ「ッジョ!」

店員「では…お席はあちらの団体席で……」

マオ「あっ、二人ずつの席でお願いします」

店員「かしこまりました」ニコッ

リーリエ「? マオ、みんなで一緒に座らないんですか?」

シロン「コーン?」

マオ「アハハ、たまにはこういうのもいいかなーって?」

マオ「じゃあ席は……」

スイレン「サトシ!勝負しよ!マラサダ大食い競争!」

ナギサ「イッブイ!」

サトシ「おっ!受けてたつぜ!スイレン!」

ピカチュウ「ピカー!」

ロトム図鑑「サトシー!スイレンと大食い競争は無謀ロトー!」

サトシ「そんなのやってみなきゃわかんないよ!」

ピカチュウ「ピカー!」

スイレン「ちなみに負けた方は勝った方のマラサダ奢りで!」フッフッフ

サトシ「………やっぱやめとくかな…」

ピカチュウ「ピカピ……」

カキ「マオ、アイツらは好きにさせとけ」ポンッ 

マオ「アハハ……」

シェイミ「シェミィ…」

カキ「俺とマオ、マーマネとリーリエでいいか?マーマネ、リーリエ」チラッ

マーマネ、リーリエ「!」

マーマネ「……ぼ、僕はいいけど……」チラッ

リーリエ「……わかりました」

シロン「コーン」

カキ「……本当に仲直りできるのかアイツら?」ヒソヒソ

マオ「………ま、まぁ……いざとなったら私たちでフォローしようよ」ヒソヒソ


20: ◆0ueH1gM89E 2019/06/27(木) 22:24:50.59 ID:hnGji0S20

……………

リーリエ「……………」モグモグ

シロン「コーン」モグモグ

マーマネ(うわぁ……リーリエ、さっきからずっと無言でマラサダ食べてるよ。気まずい…)モグモグ

トゲデマル「マキュキュ」モグモグ

マーマネ「……あのさリーリ……」

リーリエ「………私、マーマネとはお話しません」プイッ

シロン「コン」プイッ

マーマネ「うぅ……」

マーマネ(リーリエ……やっぱりすごく怒ってるよ…)ハァ

マーマネ(うわぁぁぁ!どうしたらいいの!助けてよ!サトシ!カキ!スイレン!マオ!)チラッ


21: ◆0ueH1gM89E 2019/06/27(木) 22:42:03.19 ID:hnGji0S20

サトシ「うわぁぁ!うまそうなマラサダー!」キラキラ

ピカチュウ「ピカー!」キラキラ

サトシ「へへへ!いっただっきまー……」スッ

スイレン「あむっ」モグッ

サトシ「あぁぁぁぁ!!?」ガーン

ピカチュウ「ピカー!?」

スイレン「うん!ほんとだ!サトシのマラサダ美味しい!」モグモグ

サトシ「おいスイレン!何で俺のマラサダ勝手に食うんだよ!」

スイレン「サトシのマラサダが美味しそうだったから」

サトシ「美味しそうって……自分の食べろよ!」

スイレン「だって私のはサトシのマラサダと違うし。トッピング」

サトシ「……なら俺のと同じやつ頼めばいいじゃん…」

スイレン「サトシ……たかだかマラサダ一口で……ちっちゃい」ハァ

アシレーヌ「シレーヌ」ハァ

サトシ「なっ!?だったらスイレンのも一口食べさせろよ!」

スイレン「いや」サッ

サトシ「なんでだよ!」

ロトム図鑑「サトシー!店内ではお静かにロトー!」


カキ「ん?このマラサダ美味しいな!」モグモグ

マオ「うん!サイコー♪」モグモグ

アマージョ「ッジョ♪」モグモグ

カキ「ホシも連れてくれば良かったなぁ……あっ、お持ち帰り用にも買ってくかな」モグモグ

マオ「………実はー……私、最近マラサダ作りに凝ってるんだよねー?」

カキ「マラサダ作りに?」モグモグ

マオ「うん!今度作ってカキの家に持っていってあげるよ!」ニコッ

カキ「ほ、本当か!?よろしく頼む!」

カキ「ホシ……喜ぶだろうなぁ…」ホワーン

マオ「アハハ……」

シェイミ「シェミィ」


ワイワイ

マーマネ「………」

マーマネ(えぇ!?サトシとスイレンも……カキとマオも…なんで僕のことほったらかしでイチャイチャしてるの!?)ガーン

トゲデマル「マキュキュ」

マーマネ(こ、こうなったらもう、頼れるのは自分だけだよ!)グッ

マーマネ「……あ、あの……リーリ……」

リーリエ「…………」プイッ

シロン「コン」プイッ

マーマネ「」ガクッ

トゲデマル「マキュキュ」ポンッ


22: ◆0ueH1gM89E 2019/06/27(木) 22:57:45.81 ID:hnGji0S20

スイレン「! サトシサトシ」チョイチョイ

サトシ「なんだよ?もうマラサダやらないからなー」ササッ

スイレン「そうじゃない。見て、リーリエとマーマネ」スッ

サトシ「!」


マーマネ「……………」モグモグ

リーリエ「………」ツーン


サトシ「二人とも黙ってマラサダ食べてるな」

スイレン「うん、すっごく気まずそう」

スイレン「…………ロトム」クイッ

ロトム図鑑「! 僕にお任せロト」コクッ

ロトム図鑑「サトシー!スイレン!こっち向くロトー!」

サトシ「……へ?」

ピカチュウ「ピカ?」

スイレン「えへへ♪」ピース

パシャッ

サトシ「う、うわっ!いきなり何すんだよ!ロトム!」

ロトム図鑑「マラサダを食べに来た記念に写真を撮ったロト!」

サトシ「写真?」

スイレン「ロトム!見せて!今撮ったやつ!」

ロトム図鑑「どうぞロト」ビビビ

スイレン「! ぷぷっ、サトシ……変な顔」プププ

ナギサ「イッブイ!」ケラケラ

アシレーヌ「シレーヌ♪」クスクス

ピカチュウ「ピカァ!」ケラケラ

サトシ「わ、笑うなよ。ふいうちだったんだし、しょうがないだろ……」

サトシ「………つーか…スイレン、すっげー笑顔だな」

ロトム図鑑「ピースまでしてバッチリ決めてるロト」

スイレン「うぇ!?そ、そうかな?」ハハハ

スイレン(やった!サトシとのツーショットゲットだぜ♪)

アシレーヌ「シレーヌ」ニコニコ


23: ◆0ueH1gM89E 2019/06/27(木) 23:14:00.04 ID:hnGji0S20

マオ「なになにー?何してるのー?」

スイレン「ロトムに写真撮ってもらったの!」

スイレン「見て!このサトシの顔!」プププ

サトシ「やめろよ!////」

マオ「プッ!すっごい顔してるー!(スイレンすごく嬉しそうな顔してるね…)」

スイレン「マオちゃん!マオちゃんもカキと撮ってもらいなよ!写真!」

マオ「あっ!いいね!それ!」

カキ「写真?別にい…」

マオ「いいからいいからカキ!せっかくだからさ!」グイッ

カキ「お、おい…」

パシャッ

カキ「おいロトム!ふいうちはやめろ!」

ロトム図鑑「ならもう一回撮るロト?」ビビビ

カキ「………いや、いい…」

マオ「あぁー!結構よく撮れてるね!ありがとうロトム!」

ロトム図鑑「お安い御用ロト!」

スイレン「うんうん、ロトムが写真を撮ったから…今日はマラサダ記念日!」

ナギサ「イッブイ!」

サトシ「おいなんだよカキ!変な顔で写ってるな?」プププ

ピカチュウ「ピカ一!」ケラケラ

カキ「人のこと言えるのか!」

スイレン「………さてと」チラッ

マオ「うん」チラッ

リーリエ「?」

スイレン「リーリエ!リーリエもマーマネと撮ってもらいなよ!写真!」

マオ「せっかくのマラサダ記念日なんだしさ!」

マーマネ「え?写真?」

リーリエ「………わ、私は別に…」

シロン「コーン…」


24: ◆0ueH1gM89E 2019/06/27(木) 23:43:01.52 ID:hnGji0S20

ロトム図鑑「マーマネー!リーリエー!なまこぶし~」

パシャッ

リーリエ、マーマネ「!」

スイレン「どう?ロトム!うまく撮れた?」ワクワク

ロトム図鑑「バッチリロト!」

マオ「見せて見せて!」ワクワク

ロトム図鑑「どうぞロト」ビビビ

スイレン「あっ!リーリエ!目つぶっちゃってる!」

リーリエ「い、いきなりだったので……」

シロン「コーン」

マオ「……じゃあ、もう一回撮る?」ニヤニヤ

リーリエ「け、結構です!」

サトシ「マーマネ………すっげー顔してんな」

ピカチュウ「ピカ一」

カキ「まるで暗闇でゴーストポケモンに出会ったみたいな顔だな?」プッ

マーマネ「サトシやカキだって人のこと言えるの!?」

トゲデマル「マキュキュ!」

リーリエ「本当です!マーマネの顔…」プッ

マーマネ「! リーリエ…」

リーリエ「………ハッ!」

リーリエ「……」プイッ

シロン「コーン」プイッ

マーマネ「」ガクッ

サトシ「………う~ん……まだ仲直りって訳にはいかないか…」

ピカチュウ「ピカ一」

カキ「だな」

マオ「でも……いい雰囲気にはなってきたよ!」

スイレン「うん!ロトム!グッジョブ!」グッ

ロトム図鑑「困った時は僕にお任せロト!」グッ

スイレン、マオ「あっ、それと……」

ロトム図鑑「?」

スイレン「その…後でちょうだい!さっきのサトシとのツーショット////」モジモジ

マオ「ま、まぁー……せっかくのマラサダ記念日だし……さっきのカキとの写真……貰っておいてあげるよ」コホン

ロトム図鑑「女の子は貪欲ロト」

ピカチュウ「ピカァ」


25: ◆0ueH1gM89E 2019/06/28(金) 00:15:22.24 ID:0YGP74nH0

映画館

ワイワイ

サトシ「………ん~……話題のラブロマンス映画かー」

ピカチュウ「ピカ一」

サトシ「それよりもこっちのバトルアクション映画の方が面白そうだな!こっち観に行こうぜ!カキ!」

カキ「おっ!いいなー!」

サトシ「おーい!スイレーン!マオー!」

スイレン、マオ「?」

サトシ「俺とカキはこっちのバトルアクション観てくるからさ!」

カキ「マーマネとリーリエは頼んだ」

スイレン、マオ「はぁ?」

サトシ「んじゃ、終わったら合流で!」

カキ「行くか!サトシ!」

サトシ「おう!」

スイレン「ちょっと待った!」グイッ

サトシ「ぐえっ」

マオ「何勝手なこと言ってるのよー!元はと言えば、リーリエとマーマネがケンカするきっかけを作ったのはサトシとカキでしょー?」

アマージョ「ッジョォ!!」プンプン

カキ「わ、わかった!悪かった!ちゃんとラブロマンス観るから!」

スイレン「確かにこのバトルアクションも面白そう…」ウーン

サトシ「だろだろ!」

スイレン「わかった!サトシ!この映画はまた今度観に行こ!」ニコッ

スイレン「………二人で////」ボソッ

ロトム図鑑「サトシー!このバトルアクション映画、前にアセロラが観たいと言っていた映画ロト!」

サトシ「マジ?んじゃ、今度アセロラといこーっと」

スイレン「なんで!?」クワッ

サトシ「」ビクッ

ピカチュウ「ピカピ…」


26: ◆0ueH1gM89E 2019/06/28(金) 19:06:12.61 ID:QIiOHouH0

マーマネ「はい、リーリエ!ポップコーンとサイコソーダだよ」スッ

リーリエ「ありがとうございますマーマネ………ハッ!」

リーリエ「わ、私!これくらいでマーマネのことを許したりはしませんから!」プイッ

シロン「コーン!」プイッ

マーマネ「うぅぅ…」ショボーン

トゲデマル「マキュ……」


スイレン「う~ん…リーリエ意外と頑固!」

マオ「アハハ、それ、スイレンが言う?まぁー……でも…マーマネもやるね?」

スイレン「うん!ポップコーンとジュースは映画に必需品!それを言わなくても先に用意するなんてなかなか!」フムフム

スイレン「………と、言うわけで……」

スイレン「サトシ!私、パイルジュースとポップコーン!でっかいの買ってきて一緒に食べよ!」

サトシ「え?」

ピカチュウ「ピカ」

マオ「カキ!私はロズレイティーとポップコーンで!」

カキ「おいちょっと待て!何で俺たちが……」

マオ「早く!映画始まっちゃうよ!」

シェイミ「シェミィ!」

スイレン「サトシ!レッツゴー♪」

ナギサ「イッブイ♪」

サトシ、カキ「えぇ……」

ロトム図鑑「サトシ!カキ!女の子と遊びにきたら、男が黙って女の子の分もお金を出す!これは全世界共通のマナーロト」ヒソヒソ

サトシ「そ、そうなのか!!」

カキ「マナーなら仕方ないな」ヤレヤレ

スイレン、マオ「♪」

ピカチュウ「ピカピ…」


27: ◆0ueH1gM89E 2019/06/28(金) 21:16:32.55 ID:QIiOHouH0

…………

ピカ…チュウ

イッブイブイー

マオ「…今話題のピカチュウとイーブイのラブロマンス映画…噂以上にいいね~」ウットリ

アマージョ「ッジョ」ウットリ

スイレン「うん、素敵…」ウットリ

ピカチュウ「ピカ一!」

ナギサ「イッブイー!」

スイレン(いいなぁ…あのピカチュウとイーブイ…いつか私もサトシと……)

サトシ「ねぇねぇ、スイレン」ヒソヒソ

スイレン「!」ドキッ

スイレン「な、なに……?サトシ?」ドキドキ

スイレン(な、なんだろサトシ……今はロマンチックなラブロマンスを観てる状況だし、まさか……)ドキドキ

サトシ「……バトルシーンまだ?」

スイレン「へ?」

サトシ「だからさ!バトルシーンだよ!ドドドーンってポケモンたちがバトルする!スイレンも好きだろ!バトルアクション!」

スイレン「………好きだけど……ない。ラブロマンスだから」

サトシ「そうなの?なんだぁ…」ハァ

サトシ「ま、いっか。この映画のピカチュウ可愛いし」

ピカチュウ「ピカピー!」

スイレン(サトシ…ロマンチックの欠片もない)ハァ

カキ「ううぅ……!この映画!感動だ!」グスグス

マオ(感情移入して観るのはいいけど、泣き声がうるさいよカキ)ハァ

シェイミ「シェミィ…」


28: ◆0ueH1gM89E 2019/06/28(金) 21:33:01.65 ID:QIiOHouH0

リーリエ「ポケモンの恋を綴った映画……素敵です」ウットリ

シロン「コーン」ウットリ

トゲデマル「マキュキュ」ウットリ

マーマネ(良かった…リーリエ、楽しんでるみたい)

マーマネ(ハァ…僕もこの映画のピカチュウとイーブイみたいにリーリエと上手くいったらなぁ…)

リーリエ「……このピカチュウがゼンリョクの想いをイーブイに告白するシーン。すごく素敵だとは思いませんか?マーマネ」

マーマネ「うぇっ!?あ、うん!そ、そうだね!」ビクッ

マーマネ(リーリエにいきなり話しかけられるのは想定外だったからキョドっちゃったよ!)ドキドキ

マーマネ(で、でも……僕に話しかけるってことは、もう許し……)

リーリエ「………私、人でもポケモンでも"好き"っていう気持ちを想いの相手に告げるというのは、とても勇気がいるし……それに、素敵なことだと思います」

リーリエ「たとえ結果がどうだったとしても」

マーマネ「え?」

リーリエ「きっと告白された相手だって…好きってキモチを誰かに伝えられたら嬉しいと思いますし、そのキモチを受け止めて相手にどう返すか?その覚悟やプレッシャーは相当なものだと思います」

マーマネ「あ、あの?リーリエ……?」

リーリエ「それを…」ハァ

マーマネ「」ビクッ

リーリエ「………実はドッキリでした~?とか言って踏みにじるような行為は最低だと思います。その人の人間性を疑います!そう思いませんか?」

リーリエ「………ね?マーマネ?」ニコッ

シロン「コーン」ペッ

マーマネ「あ……いや……アハハ………」ダラダラダラ

マーマネ(うわぁ……もうこれ完全に怒ってるよリーリエ……恋人どころか、今まで通り友達でいられるかも怪しいよ……)ガクッ

トゲデマル「マキュ……」


29: ◆0ueH1gM89E 2019/06/28(金) 22:34:39.62 ID:QIiOHouH0

……………

スイレン「見てサトシ!ピカチュウのキーホルダーが売ってる!」キラン

サトシ「おぉー!欲しいー!」キラキラ

ピカチュウ「ピカァ!」

ロトム図鑑「サトシー!今日はだいぶお金を使ったロト!大丈夫ロト?」

サトシ「大丈夫大丈夫!この金額ならギリギリ足りるよ!」

スイレン「私もこれ買ってこっと」ヒョイッ

サトシ「! イーブイのキーホルダーか?可愛いー!」

スイレン「うん!」ニコッ

ナギサ「イッブイ!」

サトシ「スイレン!早く買ってこようぜ!」

スイレン「サトシ!レジはあっち!」スッ

スイレン(やった!サトシとお揃いのキーホルダー、ゲットだぜ♪)

アシレーヌ「シレーヌ」ニコニコ


カキ「う~ん……」ジロジロ

マオ「カキー?何ぬいぐるみとにらめっこしてるの?怪しい人みたいだよ?」

シェイミ「シェイミ!」

カキ「う、うるさいな~!これは……」

マオ「ホシちゃんにプレゼント選んでるんでしょ?」

カキ「! ま、まぁな…」

マオ「だったら私も一緒に選んであげるよ!」

アマージョ「ッジョ!」

カキ「! 本当かマオ?助か……」

マオ「カキのセンスで選んでって、ホシちゃんがオニゴーリになったら可哀想だからね?」プププ

カキ「………たくっ、一言余計だ!」

ワイワイ

リーリエ「前々から思っていましたが…サトシとスイレン………カキとマオはすごく仲がいいですね?」クスッ

シロン「コーン」

マーマネ「う、うん。そうだね……」

リーリエ「………10年後…20年後に……大人になった時にスクールの同窓会をしたとして……」

マーマネ「?」

リーリエ「サトシとスイレン、カキとマオが結婚して…子供をつくって、家庭を築いて……そうなってたら素敵だと思いませんか?」

マーマネ「……リーリエは…結婚とか興味はあるの?」

リーリエ「当然です!私だって女の子ですから!」

シロン「コン!」

リーリエ「………とは言いましても……憧れはしていますが、まだまだ人を好きになるってキモチは私にはよくわかりません……」

リーリエ「ですが……いつかきっと私も…」グッ

シロン「コン!」

マーマネ「リーリエ………」

マーマネ(………そうか、僕はあの時………)

マーマネ(リーリエのキモチを踏みにじったんだ……)

トゲデマル「マキュキュ……」


30: ◆0ueH1gM89E 2019/06/28(金) 22:50:01.56 ID:QIiOHouH0

ロトム図鑑「サトシー!もう帰る時間ロトー!」

サトシ「そうだな!」

カキ「じゃあ今日は解散するか!」

ピカチュウ「ピカァ!」

スイレン「サトシ!帰りに家寄ってかない?晩ごはんご馳走する!」

アシレーヌ「シレーヌ!」

サトシ「いいの?」

ロトム図鑑「いきなり行って大丈夫ロト?スイレンのママに迷惑がかからないロト?」

スイレン「大丈夫大丈夫!(ちゃんと予定して、お母さんに頼んどいた!ご飯多目に作ってって)」フッフッフ

ナギサ「ブイッ!」

カキ「さて、じゃあ俺たちも帰るか」ポイッ

リザードン「ザァドン!」ボンッ

マオ「カキー!私もリザードンに乗せてってもらっていいかな?」

カキ「………ま、ホシのプレゼントを選ぶの手伝ってもらったし仕方ないな」ヤレヤレ

マオ「し、仕方ないってなによ!」プクー

アマージョ「ッジョ!」プクー

リザードン「ザァドン……」

ワイワイ

マーマネ「……さてと、僕たちも帰ろっかトゲデマル!」

トゲデマル「マキュキュ!」

リーリエ「マーマネ!」

マーマネ「? どうしたの?」

リーリエ「………今日は迎えの車を頼んでませんので、良ければ屋敷まで送って頂いてよろしいですか?」

シロン「コン」

マーマネ「……え?」

トゲデマル「マキュ…」

………………

………



31: ◆0ueH1gM89E 2019/06/28(金) 23:10:02.84 ID:QIiOHouH0

帰り道

マーマネ「…………」トボトボ

リーリエ「………」スタスタ

シロン「コーン!」

トゲデマル「マキュキュ」

マーマネ(うぅ……リーリエ、さっきからずっと無言で気まずいよ…)トボトボ

マーマネ(リーリエ…ずっと怒ってたのに…送ってくれってどういうつもりなんだろ?)チラッ

リーリエ「……………」スタスタ

マーマネ(……って、考えてもしょうがないっか!仲直りするなら今が絶好のチャンスなんだ!!)トボトボ

マーマネ(僕も男だ!ちゃんとリーリエに謝って……仲直りするんだ!!)

マーマネ「あ、あのさリー……」

リーリエ「……………今日のマーマネ……」ピタッ

マーマネ「え?」

リーリエ「………私が話しかけないと話さないし……話しかけたら話しかけたで"うん"とか"その、えっと"しか言わないし…ずっとビクビクしてるし……」

リーリエ「………そんなに私と一緒にいるのが気まずいですか?」ジトー

マーマネ「……あ、えと……その……」アセアセ

リーリエ「ほらまた言いました!」ビシッ

マーマネ「ぁ……いや……」

シロン、トゲデマル「………………」

リーリエ「………あーあ、きっとサトシやカキならマーマネみたいにビクビクしないで、ハッキリと言いたいことがあったら言ってくれるんでしょうね?」ハァ

マーマネ「なっ!?」カチン

マーマネ「今はサトシやカキは関係ないでしょ!!」

リーリエ「だったら言ってください!私に言いたい事があるんですよね?」ジトー

マーマネ「うっ……そ、それは………」

リーリエ「………マーマネ」

マーマネ「え?」

リーリエ「………男の子でしょ?」

シロン「コーン!」

マーマネ「……………」

トゲデマル「マキュキュ」ポンッ


32: ◆0ueH1gM89E 2019/06/28(金) 23:26:40.73 ID:QIiOHouH0

マーマネ「ごめんなさい!!」ペコッ

リーリエ「!」

マーマネ「その……あの時あんなこと言っちゃって!!」

リーリエ「……………」

マーマネ「リーリエをからかうつもりはなかったって言うか………本当はそんなつもりじゃなかって言うか……!!」

リーリエ「……………」

シロン「コーン……」

マーマネ「と、とにかく!僕、リーリエとこのまま気まずいままなんて嫌だよ!」

マーマネ「仲直りしたいんだ!!」

トゲデマル「マキュ…」ゴクリ

リーリエ「……………」

マーマネ(うぅ……リーリエずっと無言だ……やっぱりダメ……)

リーリエ「………ふふっ」クスッ

マーマネ「え?」

リーリエ「………マーマネのゼンリョクのキモチ…しっかり伝わりました」

リーリエ「………はい!仲直りしましょう、マーマネ」ニコッ

マーマネ「うぅ……リーリエ……僕……」グスッ

リーリエ「もう!泣かないでくださいよマーマネ!」

マーマネ「だ、だってぇ……」グスグス

トゲデマル「マキュ!」パシン

シロン「コン!」パシン


33: ◆0ueH1gM89E 2019/06/28(金) 23:33:31.07 ID:QIiOHouH0

リーリエ「ほらマーマネ!空を見てください」スッ

マーマネ「…………え?」ゴシゴシ

キラキラ

マーマネ「…………わぁ……星がとってもキレイだ……」

トゲデマル「マキュキュー!」

リーリエ「………はい!…………お月様も……とってもキレイですね?」

シロン「コーン!」

マーマネ「…………」

マーマネ(……そ、そうだ!いつまでも泣いてらんないよ!僕だって男だ!!)

マーマネ(勇気を出して……あの時の……告白の続きをするんだ!!)グッ

マーマネ(ゼンリョクで!!)メラメラメラ

リーリエ「? ………あの、マー……」

マーマネ「リーリエ!!」クワッ

リーリエ「は、はいっ!?なんでしょう!?」ビクッ

マーマネ「…………ちょ、ちょっと………寄り道してかない……?」


34: ◆0ueH1gM89E 2019/06/29(土) 00:10:18.68 ID:tyClKJnY0

森の中

ガサガサ

リーリエ「うぅ……夜の森は薄暗くてちょっと怖いです…」

シロン「コーン……」

マーマネ「トゲデマル!悪いけど、少し光を強めて貰っていいかな?」

トゲデマル「マキュキュ!」ペカー

リーリエ「ありがとうございます!マーマネ、トゲデマル」

トゲデマル「マキュキュ!」ペカー

リーリエ「……ところでマーマネ……いったい何処に向かっているんですか?」

シロン「コーン?」

マーマネ「それはついてからのお楽しみだよ!リーリエ!」

トゲデマル「マキュキュ!」

マーマネ(この森を抜けた先には星がよく見える僕だけの秘密のスポットがあるんだ!)ガサガサ

マーマネ(告白するにもシチュエーションが大事だからね!星を見ながらのロマンチックな告白……絶対に成功させてみせるぞ!)

トゲデマル「マキュキュ!」

リーリエ「マーマネ!やせいのポケモンが襲ってきたりはしないでしょうか?」

マーマネ「安心してよリーリエ!ここは僕の庭みたいなものだからさ!」

マーマネ「それに……やせいのポケモンが襲ってきたら、僕がリーリエを守ってあげるよ!」

トゲデマル「マキュキュ!」

リーリエ「………ふふっ、さっきとは見違えるように頼もしくなりましたね?マーマネ!」クスッ

マーマネ「ま、まぁね?////」テレッ

マーマネ「あっ、リーリエ!そこ坂になってるから、落ちないように気をつけ……」

ツルッ

マーマネ「え」

トゲデマル「マキュ!?」

リーリエ「! マーマネ!危ない!」

シロン「コーン!」

マーマネ「あわわわ!!(ま、まずい!話に夢中になって足をとられた!)」ヨロッ

マーマネ(こ、このままじゃ、坂から転げ落ち……)ヨロヨロ


35: ◆0ueH1gM89E 2019/06/29(土) 00:21:13.66 ID:tyClKJnY0

リーリエ「マーマネ!私の手に掴まってください!」バッ

マーマネ「リーリエー!」バッ

ガシッ

リーリエ「い、今引き上げますからね……!(うぅ……重い……)」グググ

シロン「コーン!」グググ

トゲデマル「マキュキュ!」グググ

リーリエ「………ていっ!」グッ

マーマネ「うわっ!」ドサッ

マーマネ「……ふぅ…ありがとうリーリエ!助かったよ!」ハァハァ

リーリエ「い、いえ……と、いいますかマーマネ。もう少しダイエットを……」ゼーゼー

マーマネ「そ、そうだね……(あぁ~……!リーリエにカッコ悪い所見られた上に、逆に助けられるなんて!)」

マーマネ「……と、とにかく……ここ、滑りやすいから気をつけ……」スクッ

ツルッ

マーマネ「!?」ヨロッ

マーマネ(ま、まずい……!また滑っ……)ヨロヨロ

ドンッ

リーリエ「へ?」

マーマネ「あ」

トゲデマル「マキュ!?」

シロン「コン!?」


36: ◆0ueH1gM89E 2019/06/29(土) 00:26:27.27 ID:tyClKJnY0

マーマネ(し、しまった!滑った拍子にリーリエを突飛ば…)

リーリエ「あ………え……?」ヨロヨロ

ズルッ

リーリエ「ギャアァァァァア!!」


ズザザザザザザ

ゴロゴロ

マーマネ「ヒィィィィ!!リーリエが坂から転げ落ち……」

シロン「コン!!」

トゲデマル「マキュ!?」

キャァァァァ……

メキッ

ボキッ

グシャッ

マーマネ「あわわ…!……って、言ってる場合じゃない!!」

マーマネ「リーリエを助けに行かなきゃ!」ダッ

シロン「コン!」ダッ

トゲデマル「マキュ!」ダッ

……………

……



38: ◆0ueH1gM89E 2019/06/29(土) 18:22:41.45 ID:LXE4i09mO

翌日

サトシ「あれからマーマネとリーリエ、ちゃんと仲直りできたかな~」

ピカチュウ「ピカー」

スイレン「あの二人なら大丈夫!今頃きっとラブラブアツアツ!」

アシレーヌ「シレーヌ!」

サトシ「ラブラブ?」

ロトム図鑑「マーマネのことロト!サトシと違って上手くやってるロト!」

スイレン「そうそう」

サトシ「どういう意味だよ…」

ピカチュウ「ピカ一」

「サトシ、スイレン!」

サトシ、スイレン「!」

マオ「アローラ!」

アマージョ「ッジョ!」

シェイミ「シェミィ!」

カキ「ふぁ~あ、アローラ」

ガラガラ「ガラー!」

ロトム図鑑「マオとカキロトー!」

スイレン「アローラ!マオちゃん、カキ!」

サトシ「アローラ!」

マオ「! おっ?」

スイレン「?」

マオ「なにぃ?スイレン?早速サトシとお揃いのピカチュウとイーブイキーホルダーつけてきたんだぁ?」ニヤニヤ

スイレン「うぅ////」

サトシ「へへへ!このキーホルダーカッコいいだろ!」

ピカチュウ「ピカ一!」

ナギサ「イッブイ!」

マオ「朝からアツアツだね~?」ニヤニヤ

スイレン「もぅ!そ、そんなんじゃない!/////」

サトシ「今日そんなに暑いか?」

カキ「丁度いいくらいの気温だと思うぞ」

ピカチュウ「ピカピ…」


39: ◆0ueH1gM89E 2019/06/29(土) 18:31:42.75 ID:LXE4i09mO

カキ「それよりマーマネとリーリエなんだが……」

サトシ「あぁ!俺も今丁度スイレンとその話してたんだよ!」

ピカチュウ「ピカ一!」

スイレン「サトシ!だから何度も言ってる!大丈夫!」ビシッ

マオ「そうだよ!きっと今頃は昨日のラブロマンス映画みたいに……」

スイレン、マオ「キャーー/////」

サトシ「だってさ!」

カキ「いや、だってさとか言われても……」

ロトム図鑑「女子はコイバナ大好きロト」

カキ「ま、とりあえず教室に入って確かめてみるか」スッ

サトシ「だな!」

カキ「マーマネのやつ……今日はちゃんと来てるんだろうな?」

サトシ「へへへ!アロー……」スッ


リーリエ「……………」ムスッ

シロン「コン!」ムスッ

マーマネ「……………」ハラハラ

トゲデマル「マキュキュ…」ハラハラ

ズーン……


カキ、スイレン、マオ(え?何この重い空気??)

サトシ「おっ!マーマネ来てんじゃん!良かった~!」

ピカチュウ「ピカピ…」


40: ◆0ueH1gM89E 2019/06/29(土) 19:11:06.21 ID:LXE4i09mO

サトシ「マーマネ!リーリエ!アローラ!」

ピカチュウ「ピカ一!」

マーマネ「あ、アローラサトシ……ピカチュウ……」ハハハ

リーリエ「……………」

シロン「コーン」

カキ「な、なぁ…なんかリーリエ機嫌悪そうじゃないか?」ヒソヒソ

スイレン「う、うん……プリンよりプクプクプクリンのおこリーリエ!」ヒソヒソ

マオ「ま、まさかマーマネ……あの後何かやらかしたんじゃ……」ヒソヒソ

リーリエ「……………」ムスッ

カキ、スイレン、マオ「」ゴクリ

サトシ「マーマネ!昨日あれからリーリエと仲直りできたー?」

カキ、スイレン、マオ(あっ、サトシ……聞きにくそうなことを普通に聞いた)

ロトム図鑑「さすがサトシロト」

ピカチュウ「ピカ一」

マーマネ「い、いや…その……」ハハハ

トゲデマル「マキュー」

サトシ「…………ん?」チラッ

リーリエ「……………」


41: ◆0ueH1gM89E 2019/06/29(土) 19:30:41.97 ID:LXE4i09mO

サトシ「ねぇリーリエー!腕に絆創膏貼ってるみたいだけど……どうしたの?」

ロトム図鑑「ケガでもしたロトー?」

リーリエ「………はい、これは…」スッ

マーマネ「」ビクッ

リーリエ「昨日マーマネに落とされてしたケガです。頭の上でお星さまがまわっていました」ムスッ

シロン「コーン!」

サトシ「え?」

カキ、スイレン、マオ(え?)ピクッ

マーマネ「だ、だからリーリエー!昨日のは……」

マオ「え?なになに?マーマネにオトされてしたケガってどういうこと!?詳しく教えてよ!」キラキラ

スイレン「頭の上でくるくる回る星の下でオトされる…すごいロマンチック!!」キラキラ

リーリエ「…………え?ロマンチック……?」

シロン「コーン?」

カキ「マーマネ!とうとうリーリエをオトしたのか!やったな!」

サトシ「やるじゃんマーマネ!」

ロトム図鑑「おめでとうロトー!マーマネー!」

ピカチュウ「ピカ一!」

マーマネ「ぁ……いや、その……」

トゲデマル「マキュ……」

リーリエ(……私を坂の上から落としておいておめでとう……?)

リーリエ(それに……とうとうとかやるじゃんとか……まさかマーマネ……最初から私をあの場所から落とす計画を……?)

シロン「コーン」

リーリエ「……マーマネェ!!」ガタッ

マーマネ「」ビクッ

サトシ、スイレン、カキ、マオ「?」

リーリエ「見損ないましたよマーマネ!!絶交です!!」

シロン「コーン!!」ペッ

マーマネ「なっ!?」ガーン

マーマネ「ちょ、ちょっと待ってよリーリエ!」

リーリエ「マーマネなんて知りません!行きますよ!シロン!」プイッ

シロン「コーン!」プイッ

マーマネ「そ、そんなぁ……!!」

トゲデマル「マキュ……」

スイレン、マオ(マーマネ……リーリエが怒る程激しいことを……)ゴクリ

サトシ、カキ(やっべ……また余計なこと言っちゃったかな?)

ピカチュウ「ピカ一……」









『ポケットモンスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿