TOP > ミリオンライブ! > 静香千早「「アライブファクター」」 【ミリマス】

静香千早「「アライブファクター」」 【ミリマス】

1: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:28:12.02 ID:PusMuPT6O

 昼と夜の隙間を貫くような、冷たい風だった。

 肘の辺りをさすりながら、静香は舌を唇へとやった。
 意識してのことではなかった。乾燥を覚えた時、あるいはそれ以外の時にも、静香には自分の唇を舐める癖があった。
 元々は、友人や相棒がよくやる仕種だっただろうか。癖がうつる、というのはどうやら本当のことらしい。

 ――余計に乾燥するから感心しないわ。

 いつか言われたことを思い出す。
 コートの右ポケットには愛用のリップクリームが転がっている。以前は女の子らしく鞄の中の更にポーチの中に携帯していたのだけれど、いつの間にかそこが定位置となってしまった。
 つつ、とクリームを滑らせる。ぱっぱっ、と唇を合わせて軽く馴染ませる。
 わざとらしいくらいの清涼感。
 すっ、と鼻が通るような、その瞬間が静香は嫌いではなかった。

 ふぅ。

 一つ、大きく息を吐く。


 ――その程度なの、静香。


 突き刺すような視線が、静香を冷たく焦がしている。

 本番の日が、近付いていた。


2: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:32:20.00 ID:PusMuPT6O

 ◇


「静香、新曲だ」

 未来、翼、それに静香の三人、レッスンまでの時間を控え室で過ごしていた。
 プロデューサーの言葉はいつも唐突だ。静香は改めてそう思う。

「わー! 静香ちゃん、新曲だって! すごいすごーい!」

 と、まるで自分のことのように嬉しそうな未来。

「えー! プロデューサーさん、静香ちゃんだけですかー?」

 ずるいずるい。口にするのは翼。
 そんな二人の様子に、プロデューサーは、悪戯っぽい笑みを浮かべる。

「今回は、な。未来と翼の新曲についても、実は、もう動き出してるから」

 期待して待っててくれ。
 やったー、と二人手を合わせて喜ぶ未来と翼。
 そしてそんな二人を見ながら楽しそうなプロデューサー。
 未来と翼は良い。でも、大人であるはずの彼のそんな茶目っ気が、静香はあまり好きではなかった。


3: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:33:39.10 ID:PusMuPT6O

「……プロデューサー、新曲の話を聞かせてください」

「悪い悪い。今回静香に歌ってもらうのは……」

「「もらうのは?」」

「そういうのいいですから。未来と翼も簡単に乗せられないの」

「「はーい」」

「ぐ……」

 相変わらず子どもっぽい。
 静香は心の中でため息をつく。
 まったく、この人はいつになったらしっかりしてくれるのだろう。
 ……やる時はやる人だということぐらいは、分かっているのだけど。

「静香、今回は、またデュオ曲を用意した」

「デュオ……『D/Zeal』の時みたいに、ですか?」

「そうだ。相方は――千早」

 今度は、さらりと、爆弾を落とした。


4: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:35:23.70 ID:PusMuPT6O

「へ?」

 静香が呆気に取られた声を出す。
 今、プロデューサーは何と言った?
 相方は、千早?
 千早って、あの、千早さん?
 と、二人で?

「千早さんと!? すごい! すごいすごーい!」

「静香ちゃん、千早さんに憧れてるって言ってたもんね! いいないいなー」


「え、ええええええええええ!?」


 静香の絶叫が、劇場内を駆け巡った。


5: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:36:20.99 ID:PusMuPT6O

 ◇


 大丈夫。
 事前にしっかり練習してきた。
 楽譜も完全に頭に入れて、ピアノでも弾けるようになった。
 『D/Zeal』での経験もある。

 初めての二人揃ってのレッスンを前にして、静香は、言い聞かせるように一つ一つ自分の行いを確認した。
 今の自分を千早に見てもらう。
 そして、あわよくば、認めてもらうんだ。
 どきどきと共に、わくわくとした感情を確かに静香は覚えていた。


6: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:37:16.49 ID:PusMuPT6O

 ガチャ、と扉の開く音がした。
 振り向くと、そこにトレーニングウェアを着た千早の姿があった。

 ――空気が、違う。


「ごめんなさい、遅れたわ」

「い、いえ、まだ時間前ですし……」

 千早が入って来た瞬間から、ピリピリとした何かを、静香は感じていた。
 いつもの千早さんじゃない?
 一人黙々とストレッチを始める千早に声をかけようとしたけれど、結局、それは叶わなかった。
 ちらちらと様子を窺う静香に、千早が気付いていないとは思えなかった。普段の彼女なら、そんな静香に一声二声とかけて緊張を解してくれるはずだった。


7: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:38:26.85 ID:PusMuPT6O

 レッスンコーチ、そしてプロデューサーが入室する。
 千早が立ち上がり、一礼。
 静香も慌ててそれに続いた。

「今度の曲は、ライブが初披露となる。その意味が、分かるな?」

 プロデューサーの言葉に、

「はい」と、千早。

「は、はい」と、静香。

「コーチには、普段以上に厳しく、とお願いしてある」

「望む所です」

「が、頑張ります」

 よし、とプロデューサーが頷いた。
 コーチが二人の前に出る。

「始めよう。如月、最上、もちろん、準備はできているな?」

 唇が冷たい。
 静香の瞳が、怯えるように揺れている。


8: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:40:46.35 ID:PusMuPT6O

 ◇


「……で、あたしの所に相談に来た、と」

「……はい。すいません。ジュリアさんもお忙しいのに」

「バカ、謝んなって。ユニットとしての活動は多少減ったとはいえ、シズは今でもあたしの相棒なんだから」

「ジュリアさん……ありがとうございます」

 千早と二人でのレッスンは、なかなか静香の思うようには進まなかった。
 萎縮している、という自覚はあった。そうして歌えば歌う程に、千早との差が感じられて、更に自分が小さくなって行くような悪循環に陥っていた。

「心配しなくても、チハは、あいつは、シズのことを認めてるよ」

「で、でも、レッスン中、全然声もかけてくれなくて……それに……」


9: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:41:50.09 ID:PusMuPT6O

 ――その程度なの、静香。

 初日のレッスン終了後、千早からかけられた言葉が、鋭い視線が、頭から離れない。


10: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:44:02.83 ID:PusMuPT6O

「期待の表れだって言っても、シズは納得しないよな?」

「……すいません。どうしてもそうは思えなくて」

 これまでの優しい千早とのギャップが、静香を悩ませていた。
 自分が悩む時にはいつもアドバイスをくれた。導いてくれた。
 その千早が、今は、無言で自分を見つめている。
 何か、千早の気に入らないことをしてしまったのではないか。そもそも、最初から自分の力量に納得していないのではないか。
 やっぱり、

「やっぱり、千早さんは、ジュリアさんとの方が――」

「ストップ。シズ、その先は言っちゃダメだ。絶対に」

「あ……ご、ごめんなさい……」

 謝ってばかりだ。
 静香は思う。

「まったく、チハもチハだぜ。シズをこんなに悩ませて……」

「いえ、千早さんは……」

「はぁ。不器用なんだよな、あいつ」

 バカみたいに。
 ジュリアの言葉に、静香は答える術を持たなかった。


11: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:46:52.17 ID:PusMuPT6O

 ◇


「しーずーかーちゃん!」

 何をするでもなく、控え室で物思いにふける静香に声をかけたのは、春香だった。

「春香さん?」

「新曲の具合はどう?」

「……ええと、その……」

 上手く行っていない、と正直に答えることはできなかった。

「……なんて。ごめんね、ちょっとだけ、ジュリアちゃんから聞いてるんだ」

「ジュリアさんから?」

「うん。それで、静香ちゃんとお話がしたいなって思ったの」

 春香と千早が親友同士の関係であることは、身内を飛び越えて、ファンにまで知られていることだった。
 その春香が、自分に話がある、という。
 静香がつい姿勢を正して身構えてしまったのも、無理はないことだっただろう。


12: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:47:57.27 ID:PusMuPT6O

「待って待って。違うの、そんなに堅苦しいことじゃなくて」

 あわあわ、と慌てるように春香は続けた。

「えーと、そうだ、ちょーっと待っててね。すぐ戻るから」

 言うと、春香は、控え室を飛び出し、
 ……あいたっ!
 そんな声を響かせながらどこかに消えた。

「春香さん……?」

 何だったのだろう。
 まったく事情を飲み込めない静香の元に、春香が戻ってきたのは宣言通り、すぐのことだった。
 片手に、美希の手を引いて。

「ほら、美希、美希連れてきたから! 大丈夫だよ!」

 更によく分からなくなった。
 何が大丈夫なのだろう。


13: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:48:54.90 ID:PusMuPT6O

「もう、春香、何なの?」

「美希も知ってるでしょ? 今度の千早ちゃんと静香ちゃんの新曲!」

「それは、知ってるけど……」

「そ、それで、私一人だと静香ちゃんも話し辛そうだったから、美希がいれば」

「あ、分かった。また春香がお節介焼こうとしてるの」

「お節介って……ち、違わないけど、違うから!」

 もはや、静香の混乱は極まっていた。
 春香の言葉も、美希の言葉も、何一つ頭には入ってこない。


14: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:50:35.99 ID:PusMuPT6O

「あ、あのね、静香ちゃん!」

 と、春香は静香に再び切り出す。

「は、はい」

「静香ちゃんから見て、千早ちゃんってどういう女の子、かな?」

「それは……」

 少し、考えてから、静香は続ける。

「歌が上手で、凜としていて、それに気配りもできて、いつも優しい、私の憧れの先輩で……」

「へぇ」と、面白そうに聞いているのは美希だった。

「なるほどなるほど」

 嬉しそうに、春香が頷く。


15: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:56:26.03 ID:PusMuPT6O

「千早ちゃん、優しいよね」

「はい」

「でも、今の千早ちゃんは、優しくなくて……」

「……」

 静香は沈黙で返答する。

「……でもね。それが、千早ちゃんなりの優しさなんだよ」

 優しくないのが、優しさ。

「……ごめんなさい、よく、分かりません」

「ええと、これ以上は出来れば静香ちゃん自身に気付いて欲しいっていうか……美希は、分かるよね?」

「春香は回りくどいって思うな」

「うぐ」


16: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/29(土) 23:57:56.78 ID:PusMuPT6O

「あのね、静香」

 と、今度は美希が静香に語りかける。

「千早さん、怖いよね」

「……はい」

「ミキもね、その気持ち、すごく分かるの」

「え? 美希さん……が?」

 おおよそ何をやっても人以上にこなしてみせる美希のことを、静香は天才だと思っていたし、世間からの評価もそういったものだった。
 そんな美希が、慕っているはずの千早のことを怖い、と言う。

「ミキならこれぐらいできて当然だって、千早さん、平気で決め付けてくるの。ぼーじゃくぶじんって思うな」

 美希は続ける。

「それで、できたらもちろん褒めてくれるんだけど、次の時はもっと上になってて、もうキリが無いの!」

 静香にも、少し、分かる気がした。
 自分にも、他人にも、求めるものが高い。それが静香の知る千早だった。

「怖い人なの、千早さんは」

 怖いと言いながら、でも、美希は笑って。

「そんなぼーじゃくぶじんな千早さんを、ガッカリさせたくない。結局いつもそう思っちゃうのが、本当に怖いところなの」

 ずるいよね。
 美希の言葉に、何を言うこともできず、ただ、こく、と頷いた。


17: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:26:21.87 ID:+e3phmGi0

 ◇



 ステージの裏は、様々な音に溢れていた。

 今まさに舞台から流れてくる歌声、音楽。ファンの声援。そしてそれを支えるスタッフの細かなやり取り。行き来激しくいくつも重なる足音。出番を終え抱き合うアイドルと、迫る自曲を小さく口ずさむアイドル。
 その喧騒が、静香は嫌いではなかった。
 ライブという非日常の世界の中に、自分が確かに存在しているのだと実感する。
 用意された椅子に浅く座り、目を瞑り、その一つ一つの音に耳を傾ける。
 そうしてから、今度はその全てを排して奥へ奥へと意識を集中させる。

 歌えるだろうか。

 小さくない不安が、未だ、静香の中を燻っていた。
 結局、千早とは満足に話ができないまま、今へと至っていた。彼女は意識的に静香のことを避けているようだった。
 これまで、ライブの前には必ず優しい言葉をかけてくれるのが、如月千早という先輩だった。

 千早ちゃん、優しいよね。
 春香の言葉を思い出す。

 静香ならやれるわ、大丈夫。
 憧れの人からの一言にいつも救われ、前を向くことができた。


18: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:27:12.99 ID:+e3phmGi0

 しかし、今回は、違う。

 千早さん、怖いよね。
 美希の言葉を思い出す。

 その程度なの、静香。
 射抜くような目だった。
 憧れの人を、初めて怖いと思った。
 手の震えを自覚する。冷たい。脚に、喉に、唇にまでその震えは伝わっていく。


19: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:28:40.97 ID:+e3phmGi0

「3分前です。準備をお願いします」

 スタッフの言葉に、はっと目蓋を開ける。
 ネガティブな感情も、身体の震えも一向に収まりそうにはない。
 それでも、出番が来たのならばファンの前で歌わなければならない。そういう世界の、そういう存在に、静香はなったのだから。

 立ち上がる。
 深呼吸を一つ。
 二つ。
 顔を上げる。
 前を向く。


「…………千早、さん」

 あの人の姿が目に入った。
 凜、と千早は立っていた。ステージから漏れ聞こえる熱気に向き合うように、受け止めるように、あるいは立ち向かうように。

 静香が、憧れた、如月千早だった。

 その強さを美しいと思った。羨ましいと思った。
 遠い。
 そう感じた。


20: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:29:55.98 ID:+e3phmGi0

 と。
 不意に、千早が振り返った。
 視線がぶつかる。
 こつ、こつ、こつ。千早はゆっくりと静香の方に向かってくる。
 まっすぐに、静香を見つめていた。
 その瞳から、静香は逃げたかった。でも、逃げたくなかった。
 そこから逃げてしまえば、二度と自分はアイドルも千早の後輩も名乗れないような気がした。
 千早の足が止まる。
 肩と肩とがぶつかりそうな距離だった。

「……千早さん」

 耳元で何か優しい声をかけてくれるのだろうか。
 淡い期待が無かったと言えば嘘になる。


 しかし、千早は――


 ――ばし、と力強く、静香の背中を叩いたのだった。


 思いがけない衝撃に、よろめきそうになる。
 千早さん、と声をかけ、意図を伺おうとして、


21: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:31:13.59 ID:+e3phmGi0

19063001041.png







     「本気でかかって来なさい、静香」


22: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:32:10.32 ID:+e3phmGi0


 静かな、だが、確かな熱のこもった千早の一言が。

 静香を、まっすぐ、貫いた。


23: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:32:59.46 ID:+e3phmGi0

 こつ、こつ、こつ。遠ざかる千早の足音が聴こえる。
 30秒前です。促すスタッフの声もどこか遠く。
 背中から、そして胸の辺りから、熱い何かが全身を駆け巡るようだった。
 身体の震えは相変わらずだったけど、それはさっきまでの冷たい震えとは違う何かだった。
 意識したわけでもないのに、口角が上がっていた。

 ぺろ、と唇を舐める。

 あの千早が、憧れた人が、言ったのだ。
 本気でかかって来い、と。
 ただ、自分のみに向けて!

 どうして忘れていたのだろう。
 『D/Zeal』としてジュリアと向き合った時、確かに抱いたはずの感覚を、ようやくにして静香は思い出した。

 あの時と同様、いや、それ以上に好戦的な気持ちがふつふつと湧いて来る。
 本気でぶつかってやる。
 やってやる。
 負けない。
 絶対に負けない。

 例え、あなたが相手だって――


24: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:41:09.83 ID:+e3phmGi0

 ◇



 観客から見て左側から千早が、右側から静香がゆっくりと姿を見せた。
 二人の、否、千早の登場に、小さなざわめきが起こる。
 ただそこにいるだけでファンに特別な何かを思わせる、それがライブにおける歌姫如月千早という存在だった。
 千早に注目が集まる。
 予想していたことだった。当然のことだった。普段なら嬉しいとさえ感じることだった。
 だけど、静香は、
 それを、初めて、悔しいと思った。

「私たちの新曲です」と、千早。
「聞いてください」と、静香が続ける。

 前口上は、ただ、それだけで。


25: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:41:51.18 ID:+e3phmGi0


  静香千早「「アライブファクター」」


26: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:42:20.48 ID:+e3phmGi0


 二人の声が重なり、
 蒼の光と音楽が、会場を満たして行く。


27: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:42:55.06 ID:+e3phmGi0

 ……すげぇ。

 誰かの声が漏れた。

 ……なんだ、これ。

 別の誰かが呆然と呟いた。

 そして、それは、会場の総意に近いものだった。




 歌いだしは静香。
 第一声、否、第一音から、観客を圧倒する力強い歌声だった。
 一部ファンの間で「蒼の系譜」「千早の後継」と囁かれる彼女の実力は、先の『D/Zeal』としての活動も含めようようにして認められたものではあった。
 しかし、今の静香は、その誰の想像をも上回る。



 千早が続く。
 765プロの、日本の歌姫と名高い彼女の歌声は、静香に劣らぬ強さを感じさせる、ファンの期待する声色そのものであった。



 二人の歌声が重なる。
 互いの存在を確かめあうような、あるいは牽制しあうような。
 ちらちらと互いを意識しながら、二つの声を収束させていく。

 静香が歌う。
 千早が歌う。

 二人の歌声が再び重なりあう。




 ……千早ちゃんが……押されてる?

 ぽつり。ふと、誰かが驚愕と共に漏らした。

 殊に、歌という分野において、如月千早は絶対的な存在だった。
 歌唱力に優れたアイドルは数多あれど、一般に、歌姫と称されるのは千早ただ一人。
 その千早が、今、確かに、最上静香という後輩のアイドルの歌声に押されていた。
 信じられない。信じたくない。そう思う観客は一人二人ではなく。
 一方で、千早が、笑みを浮かべたことに気付いた観客も少なくなかった。





 間奏が入る。
 静香と千早の視線が交錯する。
 珍しく……本当に珍しいことに、千早が率先して観客を煽った。
 静香も少し遅れてそれに続く。初披露のはずの曲に、会場は異様な盛り上がりを見せる。
 もっと熱を。
 蒼く冷たい熱を――


28: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:44:03.52 ID:+e3phmGi0

 間奏が終わり、今度の歌いだしは、千早。
 直前、横目に静香を見やってから、

 ――とん、と千早が翔んだ。

 そうして、抑えきれない激情を無理やり押し留めるように、深く着地をする。
 膝が地面に着きそうな程の低い体勢から、一度下げた頭を正面の客席へと向ける。

 顔つきが、違った。

 修羅のような、敵(かたき)を捉えた武人のような、おおよそアイドルには似つかわしくない獰猛な眼光。
 その第一声、第一音に、観客は――そして静香は、魂を掴まれるような衝撃を受けた。
 誰の記憶の千早にも無い、どこまでも荒々しく力強い歌声、いや、叫びだった。

 全方位へと向けられた刃が会場を切り裂いて、ざわめきさえも立ち消える。






 不器用なんだよな、あいつ。
 それが、千早ちゃんなりの優しさなんだよ。
 怖い人なの、千早さんは。

 ああ、確かに、あなたは――





 千早の歌声に誰もが声を飲み込んでしまった中で、

 しかし、静香は、

 同じく、雄叫びのような歌声で応えてみせた。


 千早の苛烈な一振りに対し、怯むことも無く果敢に噛み付いていく。
 あの千早が、遠い憧れだった如月千早が、形振り構わず静香に対している。そのことが、言葉にならない程嬉しかった。
 ぺろ、と唇を舐める。
 自然と、ギアが上がった。
 これ以上は無いと振り絞っていた歌声の、更に向こう側へ。
 引かない。
 負けたくない。
 私の本気で、あの人に――


29: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:44:59.01 ID:+e3phmGi0

 ……闘ってる。

 誰かが小さく呟いた。
 聞こえた人間の全てが同意するものだった。

 デュオだった。
 だが、デュオと表現するのが躊躇われるような二人の歌唱だった。
 もはやそれは、歌を介した闘いだった。
 本来ならばあるまじきことに、観客さえも意識することなく、ただただ互いに歌という暴力で殴り合っているような光景だった。



 二人が中央へと歩み寄る。
 歌声が、重なる。

 二倍どころではない。共鳴する。三倍にも四倍にも感じられる声の圧力。
 びりびりと身体の真ん中にまで響く歌声だった。割れんばかりの、とはよく使われる表現ではあるが、本当に物理的に会場が割れてしまうのではないか、観客にそう思わせる程の圧倒的な力強さだった。
 盛り上がる程に冷たくなっていくような、異様な興奮が彼らを包みこんでいた。

 如月千早の相手役としての最上静香。当初そう考えていたファンでさえ、ここに至って、二人は「如月千早と最上静香」として、対等の立場でステージに立っているのだと理解した。
 静香の刃は、確かに千早へと、観客へと届いていた。
 如月千早をも超え得る存在。
 とうとう、最上静香はそう認められたのだった。


30: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:45:42.37 ID:+e3phmGi0

『君に 憧れ』

 そう、いつも静香の視線の先には千早がいた。
 歌に憧れた。凜とした姿に憧れた。
 そんな風に、いつか、自分もなりたいと思った。
 だけど、どこかで、決して、届かない遠い存在なのだと決め付けていた。
 でも、それは。
 勝手な思い込みで。


 手を伸ばせば届く距離で、貴方は――


『君を 待ち焦がれ』


 ――私に向かって、手を差し伸べてくれていた


31: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:46:15.02 ID:+e3phmGi0

 ……がんばれ。

 その呟きは、果たしてどちらに向けられたものだっただろうか。
 互いの汗さえ降りかかりそうな歌い合い、殴り合いだった。
 きっと、本来の振り付けも、立ち位置さえも乱して、千早と静香はそれぞれの中にある感情をぶつけ合っていた。

 歌の、闘いの終わりは近いようだった。

 一心にペンライトを振るファンがいた。
 両の手を合わせ祈るように見守るファンがいた。
 頬を流れる涙を拭うこともできず立ち尽くすファンがいた。


 二人の歌声が共鳴する。
 千早が、静香が、今日最大の気勢をもって呼応する。
 既に互いを見やることさえ無く、ただ己が魂を主張するような叫びを振り絞る。

 ここが決着だと誰もが確信に似た予感を覚える。

 ロングトーン。
 千早の声が伸びていく。
 静香の声が伸びていく。

 会場を越え、どこまでも、二人の声が――


32: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:46:53.12 ID:+e3phmGi0

 ◇



 ステージの裏にいてさえびりびりと響くような歓声は、まだしばらく収まることはないように思えた。

 冷ややかな熱が身体に残っていた。
 とくんとくん。心臓のリズムが、震える指先にまで伝わってくるようだった。

「静香」

 離れていても通るその声に、静香は振り返った。

「……千早さん」

 こつ、こつ、こつ。
 ゆっくりと、千早が静香へと向かって来る。
 こつ、こつ、こつ。
 静香も、ゆっくりと千早へと歩み寄る。

 静香は、今度はしっかりと千早を見据えることができた。
 競演前、そして競演中の険しさを感じさせない、柔らかな表情だった。

 千早が握手を求める。
 静香は、笑顔でそれに応じた。
 両の手で握り締めた千早の右手は、思いの外小さくて、でも、とても重く感じられた。


33: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:47:22.82 ID:+e3phmGi0

「ありがとう」


 耳元で囁くように、千早は言った。
 そのたった一言に、一体どれだけのものが込められていたのか、静香には想像もつかない。
 だけれど、その感謝は、紛れも無く千早から静香へと向けられたもので、静香が自身の力で勝ち取ったものに違いなかった。
 共に歌った今だから分かる。千早には千早なりの何かがあって、彼女はそれを静香にぶつけたのだ。静香が、そうであったように。


34: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:47:58.51 ID:+e3phmGi0

「千早さん」

 伝えたいことがあった。

「千早さんは、私の憧れです」

 伝えたいことができた。

「でも、ライバルでありたいって。そう思いました」

「そう」

 千早が笑みを見せる。

「――でも、千早さんは、憧れでいてください」

「……え?」

 怪訝そうな千早に、静香は続けた。

「もっともっと成長して、いつか、私は千早さんを超えてみせます。でも、千早さんは絶対に超えさせないでください。やっぱり千早さんは凄い。私ももっと頑張らなきゃ。そんな千早さんであり続けてください」

 そんな、矛盾だらけで、どこまでも自分勝手な意見を。
 静香は、楽しそうに言うのだった。


35: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:48:27.27 ID:+e3phmGi0

 呆気にとられたのは千早だった。
 少しの間、静香の言葉を反芻して、それから千早は苦笑いを浮かべた。

「……今日の静香にそう言われるのは、正直、かなりのプレッシャーなのだけれど」

 恐らくそれは本心であったのだろう。
 引きつったような笑み。そんな千早の表情を見るのは初めてだった。

「やれって私を煽ったんです。千早さんだって、やってください」

 悪戯っぽく、静香が笑った。
 一瞬、きょとんとした顔を見せた千早が、今度は明確に表情を綻ばせた。
 ここに至って、もはや千早は負けを認めるしかなかった。

「ええ。ふふ、そうね、静香にだけ無茶をやらせるのはフェアじゃないわね」

「そうです。千早さんは――」


 いつか、画面の向こうの輝きに惹かれた。
 同じ世界に立って、それはもっと大きなものになった。
 手の届く距離にまで来て、でも、それはやっぱり変わらずに、

 静香の、心の真ん中にある。


「――私の、憧れなんですから」


36: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:49:00.49 ID:+e3phmGi0

 ◇




 今か今かとうずうずしながら見守っていた未来と翼を先頭にして、十を越えるアイドルたちが静香と千早の元へと駆け寄って行く。
 辿り着くなり、もみくちゃにされる二人の様子を見ながら、美希は、あはっと笑った。隣には春香と、すぐ傍にプロデューサーとジュリアの姿もあった。

「髪の毛直すの大変そうってカンジ」

「そうだね。あはは、メイクさんは……わ、流石、もう道具持って待機してる……」

「……春香は、行かなくて良かったの?」

「千早ちゃんとは、この後ゆっくりお話できるから」

「まさかの惚気だったの……」

「そ、そんなのじゃないけど……でも、美希の方こそ、良かったの?」

「ミキは……今はこうして、見てたい、かな?」

「そっか。……ねぇ、美希。ちょっと、羨ましいね」

「うん。すっごく、羨ましいの」


37: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:50:05.00 ID:+e3phmGi0

「……おいおい、ハル、美希」

「なぁに、ジュリアちゃん?」

「なんなの、ジュリア?」

「……お二人さん、今、自分たちがどんな顔してるか、分かってるか?」


38: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:50:43.54 ID:+e3phmGi0

 ふふっ。
 あはっ。




「プロデューサーさん」
「プロデューサー」


「次は、私の番ですよね?」
「次は、ミキの番だよね?」



 静香と千早が巻き起こした冷たい炎が、燻り続けている。


39: ◆0NR3cF8wDM 2019/06/30(日) 00:52:18.49 ID:+e3phmGi0

以上です。
お付き合いいただき、ありがとうございました。

参考

HOTCHPOTCH FESTIV@L!! アライブファクター

765の先輩組後輩組が共にステージに立った最高のライブなのですが、
amazonに限定版が7点だけ残っているようです!
お値段なんと16,343円! 
0.18529478天井!
これは完全にお得!!
コメンタリーも是非ご覧ください!!





『ミリオンライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿