TOP > シンデレラガールズ > 速水奏「特別な、プレゼント」

速水奏「特別な、プレゼント」

1: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:06:16.77 ID:XJiA5g9W0

――事務室

コンコンコン

モバP(以下P)「ん。どうぞ」

ガチャ

速水奏「プロデューサーさん、いる?」

P「ああ、奏か。パーティーはどうだった」

奏「楽しかったわ。ほら、見てこれ」ガサッ

P「おわ、すごいことになったな」

奏「こんなにたくさんの花を持ったの、初めてだわ」

P「企画したのは相葉さんだったっけ」

奏「そうなの? てっきりPさんかと思った」

P「さすがにロマンチックが過ぎるよ」

奏「そう? 皆から渡される花で作る花束なんて、素敵じゃない」

P「それを俺が企画したって?」

奏「んー……そうね、タイプじゃないかも」

P「だろ」

奏「でも、私のためにタイプじゃないことを考えてくれたなら、嬉しいかもって」

P「なら、今後の参考にさせてもらうとしよう」


2: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:07:18.54 ID:XJiA5g9W0

P「今日はあと……藤居さんが一緒の誕生日だったな」

奏「ええ、ふたりで花束作っていたわ」

P「藤居さん、髪に飾られてそう」

奏「よく分かったわね」

P「えっ、マジにやられたの」

奏「最初にやったのはあいさんだったかしら」

P「あー」

奏「そしたら大人組がわらわらと」

P「悪のりしたな」

奏「彩華さんが仕上げを担当してたわ。朋って髪量あるじゃない。身長10cmは増やされてた」

P「うわ、見たかった」

奏「あとで誰かデレぽにあげるんじゃない? あれは髪を洗うの大変ね」

P「奏は被害に遭わなかったのか」

奏「周子とフレちゃんに詰め寄られたけど」

P「けど?」

奏「こう、全力の笑顔をしたら退いてくれたわ」

P「さすがの圧力」


3: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:07:50.21 ID:XJiA5g9W0

奏「圧力をかけたわけじゃないんだけど……あのメンバーに行動に出られたら、抵抗しても無駄でしょ」

P「まあ」

奏「抵抗するつもりも無かったけど、結果的にブラフになっちゃったわね」

P「奏にやるには後が怖いってことかな」

奏「別に飾られても嫌じゃなかったのよ? 実際、朋も楽しんでたし」

P「なんだ、少しはいじられたかったか」

奏「どうかな。そういういじられる、みたいなのは得意じゃなかったけど」

奏「……この一年で変わったかも。一緒に楽しんでしまえば、悪くないって思えるわ」

P「濃い面子と仕事してるもんな。変わりもするか」

奏「ふふ……」

P「?」

奏「当事者の自覚ないの? 変えたのは、Pさんよ」

P「そうか」

奏「そうね」

P「……いい環境を用意できたのなら、プロデューサー冥利に尽きるよ」

奏「照れ隠しに仕事を言い訳にするなんて、ずるい人」


4: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:08:22.95 ID:XJiA5g9W0

奏「なんで途中で抜け出してきちゃったの」

P「最後までいたかったけどな。仕事があったから」

奏「そっちも仕事なの? もう」

P「そこに文句は付けないでくれよ」

奏「ふふ、冗談」

P「まったく……ああ、そっちにいろいろ届いてる」

奏「いろいろ?」

P「ファンからのプレゼントがメイン。前に仕事で一緒したタレントさんとか、社内からも少しあるか」

奏「結構あるわね……」

P「これでも少しは減ったんだぞ」

奏「減った?」

P「検閲済みってこと」

奏「ああ」

P「生ものはどうしてもな。言えないようなものは無かったけど」

奏「言えない?」

P「あー……しまった、藪をつついた」

奏「ふふ、今日の蛇はおとなしくしておくわ」


5: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:08:49.77 ID:XJiA5g9W0

奏「……でも、ちょっと切ないわよね」

P「ん?」

奏「理由、目的はどうあれ、私に宛てて贈ってくれたものが届くことがないなんて」

P「まぁ、奏の気持ちは分からんでもない」

奏「そう?」

P「だけど、それこそ人に言えないような物を贈るのは、相手のために贈ったものじゃない」

P「自分を満たすために贈っているんだよ。そんなのは届かなくても仕方がない」

奏「なるほど。そう考えれば、そうね」

P「まあ気にするなってこと。それよりどうするこれ」

奏「今日持って帰るのはちょっと無理ね。ただでさえ花で片手ふさがってしまうもの」

P「アイドルの人数考えると、片手で済んで良かったな」

奏「そこは考えてあって、ある程度ユニットで纏めてくれたみたい。全員が来てた訳じゃないしね」

P「あぁ。バランスよくまとめてくれたんだな」

奏「……これが、贈り物ってことなのね」

P「そういうこと」


6: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:09:30.43 ID:XJiA5g9W0

P「個人でもらう分はまた別に貰ってるだろ」

奏「そうね、かさばらないものが多かったわ。あ、ちょっと持ってきていい?」

P「いいけど、どうした」

奏「荷物の整理がてら、もらったもの一緒に見たいの」

P「あの、仕事……」

奏「少しだけ。ね?」

P「……はぁ、断れないな」

奏「ありがとう。すぐ戻ってくるわ」

パタン

P(……貰ったプレゼントを自慢したいこどもみたいな顔してんだもんな)

P(ん? そのものか)

- - -

奏「文香からはブックカバーね。ん、ありすちゃんから栞……あら?」

P「同じ意匠で同色か。合わせたんだろうな」

奏「ふたりで買いに行ったのかしら。ふふっ」


7: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:10:00.74 ID:XJiA5g9W0

奏「志希からは、オリジナルのパルファン」

P「言ってたけど、小物が多いな」

奏「でしょう。これは美嘉と加蓮、ふたりでって言ってたわ。たぶんネイルね」

P「ああ。……そうだな、ピンク」

奏「分かるの?」

P「多分だけどな。どっちともユニット組んでるんだから、奏に詳しそうだなって」

奏「果たして、どうかしら」パカ

奏「凄いわ、当たり。私に詳しいとピンクなの?」

P「持ち物に多いだろ」

奏「ふぅん。ということはPさんも、私に詳しいんだ」

P「……あー……事務所と仕事の範囲までなら?」

奏「もっとプライベートなところまでは、知りたくない?」

P「そこは遠慮しておくよ」

奏「そう。残念だけど、そっちの方がいいかも」

P「ん?」

奏「その方が、見せていく楽しみがあるから」

P「……はぁ」

奏「ふふっ。楓さんのは……これ何かしら」

P「なんだろうな。小箱だけど……指輪でも入ってそうな大きさ」

奏「それなら、Pさんに付けてもらおうかな」

P「意味のないことならやってもいいけど」

奏「それじゃつまらないわ」


8: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:10:28.84 ID:XJiA5g9W0

奏「でも私、楓さんにサイズ教えたかしら」

P「指輪ならフリーサイズのもあるけど」

奏「楓さんがフリーサイズの指輪を贈るっての言うのは、想像つかないわね」

P「まあ、そういうのはあんまり高いアクセサリーじゃないか」

奏「とはいえ高いものでも困るけど」

P「開けてみれば」

奏「そうね……渡してくれる時に『ちょこっと悩んじゃいました』って言ってたわ」ガサガサ

P「……あ、なんだか予想ついた」

奏「え?」

P「予想ついたけど贈るか普通」

奏「え、ちょっと、どう言うこと」パカ

P「……あ。うん」

奏「……猪口」

P「うん。江戸切子だ……渋いな」

奏「未成年に贈ってどうするつもりなのあの人」

P「そこも含めて、悩んだんだろうな」

奏「成人したら飲みましょうってこと?」

P「……好意的にとらえると、そうかな」


9: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:10:55.60 ID:XJiA5g9W0

奏「こんな感じね。まだあるけど、全部は見てられないわね」

P「ファンからのプレゼントで大きめの紙袋のあったな。それに詰めさせてもらうか」

奏「包装を事務所に捨てていくのも気が引けるし……そうさせてもらうわ」

P「残りは少しずつ持ち帰るか、宅配にするか」

奏「着払い?」

P「申し訳ないが」

奏「そう……じゃあ、持って帰れるものは分けて持っていくわ」

奏「持って帰るのに苦労するのは宅配したいわね」

P「OK、ちひろさんに伝えておくよ」

奏「……」

P「どうした?」

奏「分かってはいるわ」

P「うん?」

奏「Pさんがこう言う日に、パーティーを開く援助をしてくれている」

P「まぁ」

奏「それで十分。担当だからって、特別なプレゼントを貰えるわけじゃない」

P「……ああ、それも仕方ないな。何か品物にすると、どこかで差が出るし」

奏「分かってはいるの。……でも、それでも」

奏「Pさんからの特別なプレゼントが欲しい」


10: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:11:22.47 ID:XJiA5g9W0

P「……」

奏「なんて思ってみたり、ね」

奏「ごめんなさい、困らせてしまったわ。欲張りね、私」

P「そうだな……分かってくれるならいい」

奏「ええ。でも、他の子もそう思ってるんじゃないかしら」

P「そうかもな。別に全く贈り物をしない訳じゃないぞ」

奏「そうね、CDデビューとか、初ライブとか……そう言う時には何か聞いてくれるわよね」

P「あくまでできる範囲でだけど」

奏「なら、形に残らないものなら?」

P「……何かをしてほしいって?」

奏「例えば」

奏「キスして欲しいとか」

P「予想はしていたけど」

奏「だめ?」

P「だめ」

奏「そう、残念」


11: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:11:49.40 ID:XJiA5g9W0

P「こう返ってくるのも、分かってたろ」

奏「そうかもね」

P「……思ったんだが」

奏「ん?」

P「奏、されたい方なんだな」

奏「されたいって……キスを?」

P「ああ」

奏「そうね…… ああ、思えばそうかも」

奏「女性からのキスも情熱的でいいと思うけど」

P「けど?」

奏「……秘密」

P「そうか」

奏「訊かないの?」

P「隠しごとは美貌の秘訣なんだろ」


12: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:12:18.45 ID:XJiA5g9W0

奏「噂でしょう、それ」

P「なんだ、違うのか」

奏「まあ、悪くはないかしら」

P「別にいいと思うぞ、そのスタンス」

奏「そう? なら、そうさせてもらうわ」

P「ああ」

奏「キスをしてくれないのは、Pさんのスタンスなの?」

P「それ、スタンス以前の問題だよ」

奏「それもそうね」

P「なんにせよ、俺からするなんてことは無いだろうな」

奏「そう……実はね」

P「ん?」

奏「Pさんにキスされるかもって思ったこと」

奏「一度だけあるのよ?」


13: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:12:45.17 ID:XJiA5g9W0

P「えっ。嘘だろ、そんな覚えないぞ」

奏「それはそうよ。私の勘違いだったから」

P「……なにしたっけ」

奏「私をスカウトして、売りだす前のこと」

P「えー……」

奏「たいしたことじゃ……いえ、私には大したことだったかな」

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

P「ちょっと、良く見せてもらっていいか」

奏「えっ。ええ、いいけど……」

クイッ

P「綺麗だな。薄い茶色……いや、ほとんど金色だ」

奏「……」

P「ほんの少し釣り気味で、しっかりと大きく形もいい。うん、この眼もポイントにできるな」

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

奏「眼を見たの」

P「眼?」


14: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:13:11.45 ID:XJiA5g9W0

奏「ちょっとそこに座って」

P「ん? ああ」ギシ

奏「私のね、この瞳を、こう」

P「おっと……」

奏「こんな感じに」クイッ

P「……顎に手を添えてもいたのか」

奏「そう」

奏「こんなことされたら、キスされるかと思っても仕方ないわよね?」

P「あー、うん、やったな……すまなかった」

奏「謝る必要ないわ。嫌じゃなかったんだから」

P「そうか……」

奏「これだけ顔を近づけているのに、避けようとしないんだ」

P「自分からは、しないんだろ」

奏「そう、そうね……信頼されているのかな」

P「気を悪くしないで欲しいんだけど」

奏「ええ」

P「そんな度胸はないかなって」

奏「……やっぱりPさん、私に詳しいわ」

P「悪かった」

奏「謝らないでよ、私の立場がないでしょう」

P「……ああ」


15: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:13:39.11 ID:XJiA5g9W0

奏「ふふっ、離れてって顔してる」

P「それを口にしないで離れてくれよ」

奏「せっかくのチャンスなのに、もったいないのね」

ギッ

P「ふぅ……キスにもったいないとかあるのか」

奏「あるかもしれないよ?」

奏「私は初めて会った時から、あなたにキスをねだったわ」

奏「最初はPさんをからかうため」

P「ああ」

奏「いまでも変わってないと思う?」

P「ん?」

奏「ふふ……ねえ。18歳になって、いろいろOKになったのよ」

P「……そうだな、選挙とか、免許とか」

奏「結婚とか」

P「……」

奏「キスは」

奏「何歳でだって、いいのに」

P「無理矢理はだめだろ」

奏「そんなの前提にしてないわ」


16: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:14:09.39 ID:XJiA5g9W0

奏「ねえ」

奏「私はあの時から、あなた色になるのを許した……いえ、決めた」

奏「歌と踊りだけじゃない。いろんな私を見せてくれて、そして私もそうなろうとした」

奏「私はあなたの望むアイドルになれている?」

P「ん……そうだな」

奏「そうなった先は?」

P「先?」

奏「言語学者に拾われて、レディに仕立てられた町娘は、もう庶民として暮らせなくなった」

P「古い映画だ」

奏「私も」

奏「もう戻れないわ」

奏「この華やかに飾り付けられた世界を知ったの」

奏「教えたのは、あなたよ」

P「あー……責任もてって?」

奏「そんな重いこと言わない」

奏「でも、今日この唇を奪わなかったこと、後悔するかも」


17: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:14:35.43 ID:XJiA5g9W0

奏「覚悟してね」

奏「私はもっと素敵になるから」

奏「ねえ、立って」

P「ん? ああ」

ギッ

奏「Pさん」

P「……」

奏「……」

P(眼が)

P(金色の瞳が、まっすぐに)

奏「私」

P「……」

P(あれ……これ、まずいんじゃないか)

P(止めた方が)


18: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:15:02.91 ID:XJiA5g9W0

P「……」

奏「あなたが好き」

P「……あ」

奏「……」

P「その……いま言われるとは、思ってなかった」

奏「私も」

P「え」

奏「いま言うなんて思ってなかった」


19: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:15:29.21 ID:XJiA5g9W0

P「勢いなのか」

奏「そう……ごめんなさい、言うつもりなかったの」

P「……」

奏「もっと言わずにいられると思った。いえ、Pさんに言わせてみせるなんて思ってた。でも……」

奏「溢れてしまった。止められなかったの」

P「奏、俺は…… ……どう答えたものかな」

奏「……答えが欲しいわけじゃないわ」

P「……」

奏「伝えたいことを、伝えてしまっただけ」

奏「あなたへの贈りものじゃないの。私のために伝えただけ」

奏「そんなものは、あなたに届かなくても仕方がない。そうでしょ?」

P「……聞かなかったことにしろって?」

奏「そうね……でも、あなたは聞いてしまったから。取り消せないなら」

トン

奏「Pさんの、ここに。届いてくれたら嬉しい」

奏「態度で分かっていたかもしれないけどね」

P「いや……どこまで本気かは分からなかったよ」


20: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:15:55.60 ID:XJiA5g9W0

奏「ねえ、抱き着いていい?」

P「……ま」

奏「答えは聞かない」

ギュッ

奏「……」

P「今日はいつも以上に我がままだな……」

奏「ごめんなさい。……気持ちがね、溢れて止められないの」

奏「それでもPさんなら、受け止めてくれるかなって」

P「……答えは言わないでおく」

奏「でも、避けないでくれている」

奏「そのまま受け止めてくれた」

奏「そんなところが、好きよ」

P「……」


21: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:16:23.76 ID:XJiA5g9W0

奏「さっきのキスの話覚えている?」

P「え? ああ、秘密って」

奏「気が変わったから言おうかな……私がキスされたい理由」

P「……それは?」

奏「やっぱり、意中の人に求められるのって、嬉しいでしょう?」

P「……はー……」

奏「ふふっ。ねえ、Pさん」

奏「私の言葉に、あなたへの好意が含まれているのを知っているなんて、素敵だと思わない?」

P「……光栄だね」

奏「本音は?」

P「……」

奏「いいよ、正直に言って」

P「……面倒」

奏「でしょうね」


22: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:16:50.13 ID:XJiA5g9W0

奏「ふふっ、また困らせちゃったわ」

奏「やっぱり、あなたの隣に立つには、私はまだ幼くて」

奏「こんな我がままを言ってしまうくらい子どもで」

奏「そんな私を受け止めてしまうくらい、あなたと差がある」

P「……奏を見くびっているわけじゃないんだけど」

P「年齢の差って、そうやって出てくるだろ」

奏「……そうよね」

奏「ねえ、Pさん。あなたの隣に立って恥ずかしくないくらいの人になれたら」

奏「私を認めてくれたら、その時は」

奏「私にキスをして?」


23: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:17:17.65 ID:XJiA5g9W0

P「……告られた、以上のことを言われた気がする」

奏「そうね……すごいこと言ったかも」

P(止めるべきだっただろうか)

P(そもそも、俺に止める気はあったんだろうか)

P(……正直、自分にもわからない)

P「あ」

奏「?」

P(わからないんだな。自分にも)

P(奏の、このまっすぐな想いを受け止めたいのか、突き放したいのか)

奏「……Pさん?」

P「ちょっと離れて」

奏「え? ええ」ス…


24: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:17:44.21 ID:XJiA5g9W0

ガサッ

P「これ、ひとつ貰うな」

奏「? いいけど……」

P「ハサミは……デスクにあったな」

パチン

P「こんなもんか」

奏「……」

P「答えは伝えられない」

P「どっちの答えでも……たぶん、この関係は続かなくなる」

P「だからいまは」

スッ

奏「……!」

P「これで勘弁してくれ」

P「俺が贈るものじゃなくて、形に残らなければ、まあいいだろ」


25: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:18:10.25 ID:XJiA5g9W0

奏「……やっぱり、ロマンチストね」

P「参考にしただけだよ」

P「いや……俺も少し浮かれてるのかも」

奏「でも、タイプじゃないことを……あなたの精一杯の答えを返してくれたね」

P「……」

奏「私も浮かれていたのかな。すごいこと言っちゃった」

P「取り消しなら、いつでも聞くよ」

奏「絶対しないわ」

P「……余裕あるな」

奏「そう見えてるだけかも、ね」

奏「Pさん」

奏「プレゼント、ありがとう」

P「どういたしまして」


26: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:18:36.79 ID:XJiA5g9W0

奏「今日は帰るわ」

P「ああ」

ガサッ

奏「いま持って帰れるのは、これくらいかな」

P「わかった」

奏「……ねえ」

P「うん」

奏「帰るまで、このままでいい?」

P「……お好きに」

奏「うん。……お疲れさま」

P「お疲れ」

パタン

P「……」


27: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:19:03.04 ID:XJiA5g9W0

奏「……ふぅ」

奏(バレていたかしら)

奏(バレていたら仕方ないけど……信じるしかない)

奏(耳に掛けるように飾られた花が)

奏(あなたからの、特別なプレゼントが)

奏(私の赤くなった耳を隠してくれているだろうって)

奏「……ふふっ」





おわり


28: ◆WO7BVrJPw2 2019/07/01(月) 00:19:29.53 ID:XJiA5g9W0

お読み頂き、ありがとうございました。
奏、誕生日おめでとう。

次は楓さんか美嘉かなぁ。
よければこちらもどうぞ。

速水奏「はー……」モバP「はー……」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546751465/

渋谷凛「連れていってほしい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1547822704/

一ノ瀬志希「失踪しちゃおうか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1552181742/

速水奏「とびきりの、キスをあげる」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555420447/

塩見周子「どっちがいーい?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559372967/





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿