TOP > リトルバスターズ! > 【リトバス 】恭介「理樹の赤ちゃんか……」

【リトバス 】恭介「理樹の赤ちゃんか……」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 14:01:33.12 ID:rA2Hmhrt0

恭介「正直見てみたいよな」

真人「は?」

恭介「いや、だから母性に目覚める理樹の姿をだな」

来ヶ谷「病院にでも行ったらどうだ?」

西園「………」

恭介「とにかく、俺は絶対に理樹に子供を産ませてやる。明日を楽しみにしておけよ」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 14:06:42.83 ID:rA2Hmhrt0

次の日


チュンチュン


理樹「…………おはよ、真人」


真人「おぅ、起きたか理樹。それなら早く飯を食いに……」チラッ

ポッコリ


真人「っておい!なんだよそれ!なんでお前、そんなに腹が出て……」


理樹「え?なに言ってるのさ。前からこんな感じだよ?」

真人「前からって……なんだよそれ……」

理樹「決まってるじゃないか、僕の赤ちゃんだよ」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 14:12:28.30 ID:rA2Hmhrt0

理樹「もー、おかしな真人だなぁ。早くご飯食べに行こう?」ダキッ

真人(距離が近い……)

スタスタ

理樹「もうそろそろ産まれるから、ご飯は控えめにしなくちゃね」

真人「そ、そうか……でも、どうやって……」

理樹「えっ!?そ、そんな事聞いちゃうんだ……///」

理樹「ま、まぁ一応言うと、ほら、恭介との間に産まれる訳で……」カァァ


真人(な、なんだよそれ……ありえねぇだろそんな話……)



食堂





クド「おはようございます!リキ、お腹の具合はどうですか?」サスサス



理樹「あはっ、昨日の夜にちょっとだけ動いてたみたいで……中々元気そうだよ」


葉留佳「それは良かった!早く元気な赤ちゃんを見せて欲しいなぁ」


真人「く、狂ってる……こんなの、絶対おかしいぞ……」



恭介「よっ、理樹、調子はどうだ?」

真人「……!?恭介……」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 16:06:53.61 ID:rA2Hmhrt0

真人「おい!恭介!ちょっとこっちこい!」グイッ

理樹「どうしたの真人!喧嘩しちゃダメだよ!」

恭介「いや、問題ない。どうした?真人」

真人「……ここじゃなんだから向こうで話すぞ」



………………


真人「なぁ、俺が話したい事、分かるよな」

恭介「はて、俺には分からないな」

真人「とぼけるな!理樹の腹についてだよ!」

真人「お前は昨日言ってたよな!子供を見たいとかなんとか言って、お前は世界を変えちまった!!」

恭介「変えたってほどではないさ。ただ、俺が違う願いをして新しい世界を作ったまでさ」

真人「……お前って奴は……」

恭介「お前もどうせなら楽しもうぜ、理樹の赤ん坊が見れるんだぞ?」


真人「うっ……生憎、俺はそんな気持ち悪い感性持ち合わせちゃいないんでね……遠慮させてもらうぜ」


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 16:17:29.92 ID:rA2Hmhrt0

真人(それから暫くの間、この狂った世界で俺は過ごし続けた)

真人(理樹は母性という物が目覚めたのだろうか、前よりもさらに中性的になった気がする)


理樹「~~」ナデナデ

真人「なぁ、風呂空いたぞ」

理樹「うん……ねぇ真人、そこのお洋服を取ってくれないかな?」

真人「それは良いんだが……一つ、聞きたい事がある」

理樹「?、なに?」

真人「お前は……本当にこの世界に違和感を感じないのか?」

理樹「違和感……?」


真人(この世界にいて分かったのは、妊娠は普通に女子がするものだと言う常識自体は変わってない。つまりは理樹の方が異端な状態だ)


真人(しかし、周りの大多数はそれに気づいていない。理樹と、周りの人間もだ)


真人「……理樹は、子供を男が産めると思うのか?」

理樹「な、何言ってるのさ!現に僕にはこうしてお腹の中に赤ちゃんがいるんだよ!そんなひどい事言わないでよっ!」

真人「うっ……理樹、違うんだ、もう一度考えてみろ!じっくりと、自分の状況を……」

理樹「自分の、状況……?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 16:25:21.98 ID:rA2Hmhrt0

理樹(僕は……自分のお腹の中に赤ちゃんがいて……それでもうそろそろ産まれそうで……)

理樹(あれ、なんだろう……なんで僕の中に赤ちゃんが……?えっ、おかしいよ……そんなの、絶対変なのに……)


理樹「………………あ、あぁぁぁ!!!!」

真人「り、理樹!?」

理樹「いたい!!!おなか、おなかがぁ……!!」


真人(お腹が痛いと言っている理樹の腹を見てみると……そこには明らかに異常な蠢き方をした『赤ちゃん』が収まっていた)

真人「おい!しっかりしろ!!今すぐ他の奴を呼んでやるから……!!」


廊下に飛び出した俺は真っ直ぐに恭介の部屋に向かった、が、恭介の部屋がない


真人「う、嘘だろ……そもそも、部屋番号自体がねぇ……」


明らかに世界が崩れかかっていた。理樹が真実に目覚めてしまったから、夢から覚めてしまったから。だからこそ、崩れるのも早い


真人「しょうがねぇ……あいつの所に戻って……」


真人(仕方なく、俺は理樹の所へ戻る。それに、あの謎の生き物も気になっていた)



ガチャッ


真人「おいっ!理樹!大丈夫か!?」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 16:32:05.24 ID:rA2Hmhrt0

部屋を開けたそこには、理樹を床に寝かしつけ…………いや、違う。無理矢理押さえつけている恭介がいた。

理樹「やだっ、こわいよっ!!恭介、助けてぇ!!!」


恭介「暴れるな!!今暴れたら余計苦しく……」

真人「恭介、てめぇって奴は!!!!」

俺は怒りに任せて恭介に殴りかかるが、すんでの所で恭介は攻撃を受け流す。

真人「今すぐだ!今すぐこの世界を閉じろ!!理樹をこれ以上苦しめやがったら……!!」


バヂィッ


真人「ぐあっ……!!」

真人(う、後ろだ……誰がいやがって……)



西園「申し訳ありません。ですが、これも仕方ない事です」


恭介「よくやった。後は、理樹に産ませるだけだ」


真人「お、おまえら……いったいなにをしようと……」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 16:42:12.31 ID:rA2Hmhrt0

恭介「単純な話だ。俺らは理樹の子供が欲しい、それだけさ」

西園「私も同じ理屈です。彼のお腹を痛めて産んだ子供、是非手に入れたいと思いまして」

理樹「ひうっ……!お腹がやぶれそうちゃう……!!いたい、いたぃ……」


西園「…………」(チャキッ

理樹「!?」

恭介「麻酔はあるか?西園」

西園「あぁ、忘れていましたが一応……」プスッ

理樹「あっ……ね、ねむくなって……」



パタッ



真人「まさかお前ら……腹を裂く気か!?」


恭介「心配するな。ここは俺らの世界、失敗なんてしない」


真人「そ、そんな事させる訳……」

真人(か、身体が動かん……)


西園「では……御対面といきましょうか」ザクッ








おぎゃああああああああああ


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 19:00:14.92 ID:rA2Hmhrt0

チュンチュン


真人「……!!!」ガバッ

真人「ってあれ?ここは……」

理樹「すぅ……」

真人(理樹の腹には何も無かった。切り裂いた後もなければ、それこそ謎の生き物も)








鈴「おはよう、真人、理樹」

理樹「おはよう、今朝は眠れた?」

鈴「あー、ちょっと寝苦しかったかも……なんせ新入りがいるもので」

真人「し、新入り!?そいつは一体どんな奴が……」




????「……………………」


真人(目の前にいたのは人の姿とはかけ離れた化け物そのもの、身体はゴム質のような肉で覆われており、目は全身に付いていた)

真人「うわあああああ!!!!」

鈴「なに怖がってるんだ?普通の男の子じゃないか」




恭介「そうだぞ。かわいいかわいい、理樹の子だ。ほら、お前も仲良くな」



????「……………………!!!」

西園「あら、彼は真人さんと遊びたいようですね……では、遊んであげて下さい」


真人(俺の前に覆いかぶさってくるそれは、ゆっくりと、しかし、確実に大きくなっていた。周りを見れば、『来ヶ谷であった』ものが散らばっていたり、小毬の私物が散乱しているのは明らかだった)




理樹「ね、真人、僕の子供、かわいいよね?」







真人「あぁ……かわいいな」






バクッ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 19:01:36.69 ID:rA2Hmhrt0

ここで終わりです。行き当たりばったりに書いたからクオリティは許して。それではまた





『リトルバスターズ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿