TOP > シンデレラガールズ > ショタ(モバ)P「美嘉おねえちゃんとおやすみ」

ショタ(モバ)P「美嘉おねえちゃんとおやすみ」

1: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 20:33:05.87 ID:cK+Bdv7z0

独自設定・独自解釈・キャラ崩壊あり。

前作「美嘉おねえちゃんとお風呂」の続編ですが見てなくても何とかなります。
果たしてPは美嘉おねえちゃんの誘惑に勝てるのか!? まぁ負けるんですが。

無事にスレが立ったら続けます。


2: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 20:35:35.31 ID:cK+Bdv7z0

よくわかるあらすじ:モバPからショタPになって美嘉おねえちゃんと一緒にお風呂入っていいこいいこしてもらったよ!

ショタ(モバ)P「ぁぁぁぁなに流されてんだぁぁぁ」

美嘉「どうしたのPくん?」

ショタP「いや少し人生最大級の自己嫌悪を……って、自分の体くらい自分で拭くから!」

美嘉「い・い・か・ら。おねえちゃんがPくんのことふきふきしてあげるね★」

ショタP「だ、だからいいって!」

美嘉「頭わしわしー!」

ショタP「ん、ちょ、やめ……」

美嘉「はーい次は背中だよー」

ショタP「む、胸! 押し付けないで! 俺が後ろ向けばいいだけだろ!」

美嘉「あは★ Pくんおっぱい大好きだから、ギュってしちゃったよ」


3: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 20:38:01.77 ID:cK+Bdv7z0

ショタP「好きって、そりゃ、嫌いじゃないけど……」

美嘉「背中ふきふき……ふきふき……」

ショタP「ちょ、美嘉、もう乾いたから、いいって……」

美嘉「あーまた名前で呼んだ。おねえちゃんじゃなきゃダーメ。そんな悪い子はもう全部ふきふきしちゃうよー!」

ショタP「あ! 脇! くすぐったいって! あは! あはは!」

美嘉「どんどん行くよー!」

ショタP「あぅ! 指! 当たってる! タオルじゃないって! ん、ん……」

美嘉「んーなんのことー? 男の子もおっぱいいじられるの気持ちいいのかなー? それはこっちよりもかなー?」


4: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 20:41:39.87 ID:cK+Bdv7z0

ショタP「あ、やめ、やめ、ゆび、すりすり、だめ」

美嘉「Pくん、また元気になっちゃってる……もー、パンツ履けなくなっちゃうよー?」

ショタP「それは美嘉が!」

美嘉「おねえちゃん、だよ?」

ショタP「お、お、おねえちゃんが……」

美嘉「おねえちゃんが?」

ショタP「俺のを、手で、弄るから……」

美嘉「俺のって何かな? おねえちゃん、女の子だからわからないなー?」

ショタP「そ、れは、ん、んあ」

美嘉「なーんて! Pくんが可愛かったからつい意地悪しちゃった★ ふきふき終わり!」

ショタP「あ……」


5: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 20:45:53.67 ID:cK+Bdv7z0

美嘉「あれれ? Pくん、どうしたの? もしかして、もっとしてほしかった?」

ショタP「そ、そんなこと、ない……」

美嘉「本当に? Pくん、すっごい物足りない顔してるよ?」

ショタP「そんな……」

美嘉「ね、素直になろ? おねえちゃん、Pくんに気持ちよくなってほしいよ。おねえちゃんが出来ることなら、なーんでもしてあげるから」

ショタP「なん、でも」

美嘉「うん。Pくんの口から、おねえちゃんにしてほしいこと。ちゃんと言ってくれたら、なんでもしてあげるよ」

ショタP「……俺の」

美嘉「俺の?」

ショタP「俺のこと、お……おねえちゃんの手で、もっと、気持ちよくして、ほしい……」


6: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 20:51:32.94 ID:cK+Bdv7z0

美嘉「……んーかわいい! Pくん、ちゅーしよ♡」

ショタP「え? ってちょんむぅ!?」

美嘉「んちゅ……れろん♡ はぁ、Pくん、かわいい……♡ あむ、ぬちゅ、えろぉ」

ショタP「んー! ん、ぅん! んむぅ、あ……お、おねぅ、むぅ……」

美嘉「ぷはぁ……ふふ、ごめんねPくん。おねえちゃん、我慢できなくなっちゃった♡」

ショタP「はぁ……はぁ……おねえちゃん……」

美嘉「あは♡ Pくんももう我慢できない、って感じだね♡ いいよ……ベッド、行こっか♡」


7: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 20:55:58.32 ID:cK+Bdv7z0

美嘉「んぅ、むちゅ……にちゅ♡ れろぉ♡ Pくん、ガッつきすぎだよぉ♡ そんなにちゅーするの好き?」

ショタP「うん、大好き……おねえちゃん、おねえちゃん……はむ、くちゅ、ぴちゃ」

美嘉「ぁん♡ ぷちゅ、えぅ♡ ぷはぁ♡ ふふ、Pくんは素直だねぇ♡ そして……こっちも元気一杯だ♡」

ショタP「おねえちゃぁん……もう我慢できないよ……」

美嘉「そっかぁ。ベッドまでよく我慢できたね♡ 偉いね♡ じゃあ、私のここでも、いい子いい子してあげる♡」

クパァ♡

ショタP「おねえちゃんのここ、すごっくトロトロしてる……」

美嘉「Pくんの可愛い顔見てたら、おねっちゃんも我慢できなくなっちゃった……♡ Pくんに遊んでほしいって甘えちゃってるの♡」

ショタP「俺も、おねえちゃんに気持ちよくなってほしい……」

美嘉「ありがとー♡ Pくんのちっちゃい手で私のここ、いっぱい気持ちよくして♡」


8: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 21:00:22.53 ID:cK+Bdv7z0

ショタP「うん、触るね……」

美嘉「あ♡ あぁぁ♡ Pくんが♡ 私のことすっごいみてる♡ いやらしいお汁出てるとこ、ネチャネチャ触ってるよぉ♡」

ネチュネチュネチュネチュ

美嘉「あ♡ あん♡ やぁ♡ きもちいい♡ Pくんの指気持ちいいよぅ♡ ひん♡」

ショタP「すごいよおねえちゃん……入口なのにすっごいぬるぬるしてる……」

美嘉「Pくんの固いの欲しくていっぱいよだれ出てるのぉ♡ Pくんので塞いでくれなきゃずっと出てるんだよぉ♡」

ショタP「奥からいっぱい出てくる……奥も、触っていい?」

美嘉「いいよぉ♡ 好きなだけ触ってぇ♡ Pくんの指で私の中かき回してぇ♡」

クチュクチュクチュ ピチャピチャピチャ

美嘉「はぁぁぁん♡ いい♡ 指♡ 入ってる♡ 私の中入ってるぅ♡」


9: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 21:04:03.46 ID:cK+Bdv7z0

ショタP「はぁ……はぁ……」

美嘉「ゆっくり♡ Pくん♡ ゆっくり優しくして♡ おねえちゃんきもちいいの止まんないの♡ いやらしいのあふれちゃうのぉ♡」

ショタP「だって……おねえちゃんの、すっごいえっちなんだもん……」

美嘉「そうなの♡ おねえちゃんはえっちなの♡ Pくんに指でおま〇こいじられてきもちいいのぉ♡」

クチュクチュクチュクチュクチュクチュ

美嘉「あっ♡ あっ♡ だめ♡ もうだめ♡ Pくん♡ いれて♡ Pくんのおち〇ぽ♡ おねえちゃんに挿れてぇぇ♡」

ショタP「うん、俺も、おねえちゃんのおま〇こに挿れたい……!」

美嘉「うん♡ ここ♡ ここだよ♡ おねえちゃんのおま〇こ♡ もう準備できてるから♡ 早く、はやくぅ♡」

グチュゥゥゥゥゥゥ

美嘉「あぁぁぁぁ♡ 挿入ってる♡ いぃ♡ 挿入ってる♡ Pくんのおち〇ぽ♡ 私のなかにはいってくぅぅ♡」

ジュブジュブジュブ

美嘉「Pくん♡ こんなにちっちゃいのに♡ かわいいのに♡ Pくんのおち〇ぽが♡ わたしを犯してるぅぅぅ♡」


10: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 21:07:45.19 ID:cK+Bdv7z0

ショタP「おねえちゃんのなか……! 熱くてトロトロでがまんできない……!」

美嘉「ダメ♡ Pくん、ゆっくりだよ♡ 最初はゆっくり、まずは先っぽまで抜いて♡」

ショタP「う、うん……」

ズブズブズブ

美嘉「あん♡ あっ♡ そうだよ♡ 入口まで、ゆっくり♡」

ショタP「あぅぅ……お、おねえちゃんが、絡みついてくる……!」

美嘉「はぁぁ♡ はぁぁ♡ おねえちゃんも気持ちいいよ♡ 今度はまた奥までゆっくり入れて♡」

ショタP「ゆっくり、ゆっくり……」

グチュゥゥゥ

美嘉「はぁぁぁぁん♡ Pくんが♡ ふかいぃぃぃ♡」


11: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 21:10:42.05 ID:cK+Bdv7z0

ショタP「も、もういっかい……!」

ズブズブズブ

美嘉「あはぁぁん♡ Pくん上手だよ♡ そのままゆっくり戻ってきて♡」

ショタP「……だ、だめ」

美嘉「……Pくん? どうし」

ショタP「ゆっくりなんてむり……!」

美嘉「え? Pくん、今なんて」

グチュゥ!!

美嘉「ひゃぁぁぁぁぁ!!!♡♡」


12: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 21:15:40.26 ID:cK+Bdv7z0

ショタP「おねえちゃん! おれ! もっといっぱいシたい!」

パンッ! パンッ! パンッ! パンッ!

美嘉「ひぃ♡ ひぃ♡ あぅ♡ ぴぃ♡ Pくん♡ だめ♡ とまってぇ♡」

ショタP「無理だよ! こんなの! 我慢できない!」

パンッ! パンッ! パンッ! パンッ!

美嘉「あっ♡ あっ♡ あっ♡ あっ♡」

パンッ! パンッ! パンッ! パンッ!

美嘉「だめ♡ だめだめだめだめおねえちゃんもうだめなのぉ♡♡」

ショタP「おねえちゃん! 俺もう射精そう! イキそうだよ!」


13: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 21:19:22.69 ID:cK+Bdv7z0

美嘉「中に射精すの? おねえちゃんのおま◯こにPくんのいっぱい射精ちゃうの?」

ショタP「うん! おねえちゃんの中に射精したい!」

パンッ! パンッ! パンッ! パンッ!

美嘉「いいよ♡ おねえちゃんのいっぱいにして♡ Pくんの精子いっぱい食べさせてぇぇ♡♡」

パンッ! パンッ! パンッ! パンッ!

美嘉「ひぃぃ♡ くる♡ Pくんのずんずんって♡ 私♡ も♡ だめ♡ イっちゃう♡ イっちゃうダメダメイくイくいくぅぅぅ♡♡」

ドクン! ビュルルル!

美嘉「あぁぁぁぁ♡♡♡ 入ってくるぅぅ♡ Pくんの精子♡ えっちのもと♡ 私のおま○こにくるよぉぉ♡♡」

ビクン! ビュ! ビュ!

美嘉「あっ♡ あっ♡ 当たってる♡ 中♡ 暴れて♡ いっぱいぃぃ♡♡」


14: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 21:25:05.68 ID:cK+Bdv7z0

ビッ ビクビク

ショタP「おねえちゃん、絞らないで……もう出ないよ……!」

美嘉「Pくんの種♡ おいしい♡ おち○ぽ♡ 気持ちよくて美味しくて♡ あっ♡ だめ♡ また♡ またイっちゃう♡ あっ♡ あっ♡ あっひぁひぁぁぁ♡♡」

ビクビクビクビク!!

ショタP「あぁぁぁ! おま○こ! また締まる! すごい食いついてくる……!」

美嘉「ごめんね♡ おねえちゃん、ちょっと落ち着くから♡ もうちょっとだけPくんの味あわせて♡」

グチュグチュ

ショタP「おねえちゃん……動かないでぇ……」

美嘉「腰が♡ 勝手に動いちゃう♡ Pくん♡ チューしよ♡ そうすれば収まるから♡」

ショタP「えっんむ! ちょ、おねへひゃ!」

美嘉「んちゅ♡ ちゅるっ…Pくんかわいい……♡ Pくん、大好き、Pくん、Pくん……♡」


15: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 21:30:04.01 ID:cK+Bdv7z0

チュン チュン クルッポー

ショタP「ぁぁぁぁ一度ならず二度までもぉぉぉ」

美嘉「ん、んぁ……あ、おはよ、Pくん……」

ショタP「あ、あぁおはようおね、美嘉……って! なに普通に挨拶してんだ! 起きろ!」

美嘉「えぇ……? 今日お休みじゃなかったっけ?」

ショタP「いや休みだけど! え、なんでおまえそんなに普通なの!?」

美嘉「……」

ショタP「……ん? 美嘉?」

美嘉「Pくん、美嘉じゃないでしょ」

ショタP「え、あ、いや、確かに昨日は、その、ちょっと違う呼び方したけど」

美嘉「ちゃんと呼んでくれなきゃなんもしないから。ふん」


16: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 21:34:41.60 ID:cK+Bdv7z0

ショタP「お、おい、美嘉……」

美嘉「……」

ショタP「お、お、おねぇ……ちゃん」

美嘉「Pくんぎゅー★」

ショタP「うわぁ! 待て! 待っておねえちゃん! ちょっと、まずは話を」

美嘉「話って、おねえちゃんとPくんがいっぱいえっちして中にぴゅっぴゅ★って気持ちいいの出したこと?」

ショタP「あ、あぅ……」

美嘉「あぁ……顔真っ赤になってかわいい……! 大丈夫だよ、ちゃんとお薬飲んでるから、まだ妊娠はしないと思う」

ショタP「そ、そっか……って、そういう問題じゃ!」

美嘉「だ・か・ら……」

ショタP「え? って、まっ、あっ!」

美嘉「まだまだ好きなだけ、トロットロの生おま〇こ、好きなだけ味わっていいからね♡」


17: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 21:39:44.52 ID:cK+Bdv7z0

ショタP「お、おねえちゃん……」

美嘉「あはぁ♡ Pくんの元気になってきた♡ じゃあ今から、またしよっか♡」

ショタP「ま、待って! こんな朝早くからって! っていうかおねえちゃん、俺んちに泊まって大丈夫かよ!」

美嘉「え? あぁ、今日は志希ちゃんの家に泊まってるってことになってるから大丈夫だよ★」

ショタP「は? え、だって、俺が志希の薬で小さくなったの昨日だし、都合よく志希の家に泊まるって……え、おい、まさか」

美嘉「あとで志希ちゃんにお礼言わなきゃ……んふふ。今日も、いーっぱい、いちゃいちゃしようね。Pくん★」


18: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 21:41:23.84 ID:cK+Bdv7z0

ほんとちょっとおまけ:

美嘉「そういえばさ、Pくん」

ショタP「ん、どうした?」

美嘉「私もPくんって呼んでるけど、莉嘉もPくんって呼ぶよね」

ショタP「ん、そうだな。それで?」

美嘉「Pくんっていま、ぶっちゃけ小学生くらいだよね。莉嘉よりもちっちゃいくらい」

ショタP「……まっておねえちゃん。今何考えてる?」

美嘉「ねぇPくん」

ショタP「な、なんで近づいてくるんだ……? ま、まって」

美嘉「あとで莉嘉と一緒に、三人であそぼっか★ もちろん……朝まで♡」


19: ◆71NsoKrlNY 2019/07/01(月) 21:52:00.59 ID:cK+Bdv7z0

おねえさんに襲われるおねショタ

おねえさんを襲っちゃうおねショタ

そんなのひとのかって

ほんとうにしこれるシチュなら

じぶんのすきなタイミングでヌくべき

HTML依頼出してきます。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

762. 名無し2019年07月02日(火) 12:23 ▼このコメントに返信
それでも襲っちゃう方は滅ぶべき
コメントの投稿