TOP > シンデレラガールズ > 姫川友紀「ホームランをダービーするやつ」

姫川友紀「ホームランをダービーするやつ」

1: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)22:33:54 ID:B7Z

結城晴「うーっす」

姫川友紀「……」

晴「あれ? 誰もいねーのかな……」

友紀「……」カチカチ

晴「なんだ、友紀いるじゃんか。おっす」

友紀「あぁ うん、おかえりー」カチ

晴「いや おかえりって……オレ今日事務所来たの初めてなんだけど」

友紀「……んぁ、晴ちゃんか。ゴメンゴメン」


2: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)22:35:37 ID:B7Z

晴「ったく、なにボーっとしてんだか。何してんの? パソコン?」

友紀「うん」カチリ

晴「へー。珍しいな、友紀がパソコン触ってるなんてさ」

友紀「まぁねー」

晴「何調べてるんだ? ……って、なんだよ野球じゃん。ゲーム?」

友紀「そそ、今ちょっとホームラン打ってるの」カチカチ

晴「ふーん」

友紀「おおぅ……露骨に興味失ったね……」

晴「だって野球だろ? またいつものパワ○ロ……」



晴「……ん、あれ? よく見たら、なんか違うくね? なんだこりゃ」


3: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)22:38:12 ID:B7Z

友紀「うん。今日はこっちの気分だったんだ」

晴「いつものやつじゃねえんだ?」

友紀「ちっちっち。パソコンで○ワプロはできないんだな、晴ちゃんや」カチリ

晴「それは知らねーけど。……お、打った」

友紀「ちぇ、届かないかー」

晴「どっかで見たことある後ろ姿が草野球やってんな……」

友紀「そうそう、赤と黄色のクマがね、森で」

晴「……なぁ、これ映して大丈夫なヤツか?」

友紀「へーきへーき、ゲーム自体はちゃんと公認のだし」

晴「なら良いんだけど。ウチの事務所、こんなゲーム置いてあったんだ」

友紀「いや、これインターネットのやつ」

晴「へ? ネット?」

友紀「"ぶらうざげーむ"っていうらしいよ。よく分かんないけど」

晴「あー……、"ふらっしゅ"ってヤツ? 前に橘が言ってたような気がする。よくわかんねーけど」

友紀「ありすちゃんが言ってたなら、多分合ってるね」

晴「多分な」


4: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)22:42:02 ID:B7Z

晴「……で? 友紀はなんで、急にこんなのやってんだよ。パソコンでゲームするようなタイプだったっけ」

友紀「普段は全然しないけどねー。なんとなく、もう1回やりたくなっちゃってさぁ」

晴「前にやったことあるやつなのか」

友紀「うん、何年か前だけど。ただ……」カチカチ

晴「ただ?」

友紀「終わっちゃうんだってさ。これ」

晴「え?」

友紀「近々サービス終了して、もうできなくなるんだって。最近知ったの」

晴「あー……」

友紀「今まで続いてたものが終わっちゃうのって、妙にさみしいよねぇ……」カチリ

晴「まぁな……」

友紀「サービス終了って、なんか他人事じゃないような気もするしさぁ」

晴「……何の話だ?」

友紀「あたしたちもさ、いつ急に終わるか分からないじゃん?」

晴「何が」

友紀「歌って踊る方もあるし、お隣の件もあるし。今あるこの瞬間を大事にしていきたいよね」

晴「わかんねえ……友紀が何言ってるのかわっかんねーよ……」

友紀「そう?」

晴「この辺でやめとこうぜ、この話。なんかこえーわ」

友紀「そっか」


5: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)22:44:34 ID:B7Z

友紀「ともかく、なんか懐かしくなっちゃってさ。それでね」

晴「なるほどな」

友紀「晴ちゃんもやってみない? ハマると、けっこう楽しいよ?」

晴「いや、オレは別に……」

友紀「ふーん、そっか。これが最後の機会かもしれないのになぁ」

晴「……」

友紀「さびしいなぁ。晴ちゃんとゲームしたかったなぁ」

晴「……まぁ? 見てるぐらいなら、付き合ってやるよ」

友紀「はいはーい♪ いつでも代わるから、やりたくなったら言ってねっ」

晴「だからやらねーってば……」

友紀「♪」カチカチ



――



6: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)22:47:12 ID:B7Z

友紀「ほい12本。クリアだね」

晴「へぇー……やるじゃん!」

友紀「まぁまぁ、まだ3人目だし。このくらいはね」

晴「いやすげーよ、なんか緩急すごかったのに、あっさりクリアするんだからさ」

友紀「へへー♪」

晴「てか、これでまだ前半なのか? まだまだ後ろに控えてそうな感じだけど」

友紀「うん、あと5人かな」

晴「ほぉ~ん……」

友紀「どうどう? やりたくならない?」

晴「……ちょっとだけ」

友紀「よしきた! カモン、晴ちゃん!」

晴「おうよっ」


7: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)22:51:59 ID:B7Z

友紀「操作は大丈夫?」

晴「動かしてクリックするだけだろ? 見てりゃわかるぜ、ヨユーだっての」

友紀「じゃあまずは、手始めに最初の……」

晴「ほいっと」カチ

友紀「お、おぉ~……いきなりカンガルーいっちゃう? 攻めるね……」

晴「チュートリアルとか嫌いなんだよな、オレ」

友紀「いやでも、難しくないかな……」

晴「だーいじょうぶだって! やってる内に掴めるって……」


晴「……」



目標:12本


8: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)22:54:58 ID:B7Z

ホームラン:3本


晴「なんだコレ……めちゃくちゃにムズいじゃねーか……」

友紀「だから言ったのに」

晴「なんだあのボール! ぐにゃぐにゃしやがって! マンガかよ!?」

友紀「漫画みたいなモンでしょ、原作も」

晴「だからって、あの動きはありえねーだろうが!」

友紀「そういうゲームなんだよねコレ」

晴「これでホントに前半なのか? 12本も打てるかよこんなの!」

友紀「初めてで3本打っただけでもすごいと思うけど」

晴「マジか……うおぉ、やりづれえ……」スカッ

友紀「リトライはするんだね……」


9: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)23:00:34 ID:B7Z

ガチャ


相葉夕美「お疲れさまですっ♪」

友紀「あ、夕美ちゃんに飛鳥ちゃん!」

二宮飛鳥「やあ」

友紀「やほー! レッスン帰り?」

飛鳥「そんなところだね」

夕美「ミステリックガーデン、久々のレッスンでしたっ」

友紀「いいねー! ユニット活動、頑張ってるねぇ」

夕美「えへへ♪」


10: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)23:04:07 ID:B7Z

飛鳥「キミたちは、デスクで何を? これはどういう状況なんだい」

友紀「今、晴ちゃんとゲームしててさ!」

飛鳥「へぇ、珍しい」

夕美「2人で一緒に座って画面見てるなんて、仲良しだね」

友紀「いいでしょ~? 晴ちゃん良い匂いするんだ」

晴「おい! 気持ち悪いこと言うな友紀! 気が散るだろ!」

友紀「へへー」

晴「ったく……うぁっ、スカった」

夕美「ゲーム……野球の?」

友紀「そうそう! これなんだけど」

飛鳥「これは……成程」

夕美「あ、見たことあるよこれ! クマのだねっ」

飛鳥「ハチミツ飲むヤツだな」


11: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)23:08:01 ID:B7Z

友紀「2人とも知ってるんだ?」

夕美「なんとなくね? やったことはないんだけど……」

飛鳥「同じく。ボクはネットで知った」

友紀「じゃあ話が早いね!」

飛鳥「サービス、終了してしまうんだろう? 昨日聞いたよ」

夕美「へぇ……じゃあ、もうやれなくなっちゃうの?」

友紀「うん。最後にやっておこうかなって思ってさ」

夕美「終わっちゃうのは……ちょっとさみしいね」

飛鳥「あぁ。どうにも他人事として切り捨てられないな」

友紀「やっぱそう思う? だよねー」

晴「その話、また掘り返すのかよ……っおりゃ! どうだ!」


12: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)23:15:32 ID:B7Z

ホームラン:13本


友紀「おぉー! やったね」

晴「どーよ、これくらいヨユーだぜッ」

夕美「すごーい! 流石だね!」

飛鳥「反射神経と動体視力が重要と見ている。晴は適任だね」

晴「だろ? 任せとけって!」

友紀(1回ポシャってるんだけどね……。言わないでおこう)

飛鳥「? 何か言ったかい?」

友紀「何でもないっ」

晴「次はどいつだ? かかってこい」


13: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)23:22:12 ID:B7Z

友紀「2人はどう? やってみない?」

夕美「う、うーん……」

飛鳥「やらない……と、言いたいところだが」

友紀「だが?」

飛鳥「ここで出会ったのも何かの縁だろう。ボクの中のボクが、今日くらいは悪くないと言っている気がする」

友紀「おお!」

飛鳥「普段のボクなら絶対に断っているだろうけれど、事情が事情だ。電子の波に消える前に、記憶に残しておくことにしようか」

友紀「そうこなくっちゃ! 夕美ちゃんは?」

夕美「やってみたいのは山々なんだけど……私、これから用事があって」

友紀「ちゃちゃーっとやってけば? ワンプレイならすぐ終わるし」

夕美「そう? なら、ちょっとだけ……」

晴「っくぁーーー!? なんだお前! 変なボール投げるんじゃねえ!!」


14: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)23:24:33 ID:B7Z

ホームラン:2本


晴「ダメだ……初見殺しすぎる……」

友紀「ドンマイ」

飛鳥「では夕美さん、お先にどうぞ」

夕美「うん、やってみる!」



夕美「……私も同じ気持ちだよ、飛鳥ちゃん」

飛鳥「ふむ?」

夕美「花びらが散っちゃう前に、いちばん綺麗に咲いてる瞬間を見ておきたいもんね」

飛鳥「……ああ。終わりの刻が理解っていればこそ、より輝いて感じられるモノもあるだろう」

夕美「最後にひと花、咲かせてあげたいっ」

晴「おい、なんか始まったぞ」

友紀「うんうん、ユニット間の熱い友情タッグだね」

晴「絶対違うと思う」


15: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)23:30:33 ID:B7Z

夕美「私たちだって、いつかは終わりが来ちゃうのかもしれないし」

飛鳥「永遠に続くものなんて、存在しないさ」

夕美「だからこそ、それまでの時間、今を大事にしていきたいよ」

飛鳥「フフ。その言い方だと、ボクらまで休止するのが確定しているようだね」

夕美「あ。そ、そっか、違うよ? そういう意味じゃなくってね?」

飛鳥「大丈夫、理解ってるさ。そう簡単に終了したりしないだろう、此方は」

友紀「攻めるなぁ」

晴「やめろやめろ、色んな方向に矛先を向けるのは」

飛鳥「もちろんそうなったとしても、ボクらはボクららしく、最後まで歩き続けるだけだ」

夕美「だねっ!」

友紀「二宮と相葉が言うと、言葉の重みが違うね……」

夕美「そうかなぁ」

晴「そうなんだよ! なぁ、やめとこうぜこの話も。誰かに怒られる前にサ」

飛鳥「そう」

晴「何なんだよみんなさっきから……怖くて仕方ねえよ、イエローどころか下手すりゃ一発退場だろ」

夕美「よぉし、頑張っちゃうからねっ」

飛鳥「健闘を祈るよ」



目標:15本


16: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)23:33:05 ID:B7Z

夕美「えいっ」スカ

夕美「あれっ」スカッ

飛鳥「なんだこれは」

晴「わかるぜ、その気持ち」

夕美「む、難しいね……やあっ」ブンッ

友紀「やっぱ最初は難易度低い方からやった方が……」

飛鳥「ボールが加速している……これがマグヌス効果か」

友紀「違うんじゃないかな」

晴「理不尽だよな。こっちは普通にスイングしてるだけなのに、あんな球放るなんてよ」

友紀「まぁ……だからこそやりがいがある、って見方もできるし……」


18: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)23:39:24 ID:B7Z

飛鳥「難易度がおかしいとのウワサは本当だったんだね……」

晴「えー! そうだったのかよ」

飛鳥「子供向けとは到底思えないレベル、とは話に聞いていた。特に最後の2人が」

晴「嘘だろ……全クリできんのかな……」

友紀「……飛鳥ちゃん、それもネットで見たの?」

飛鳥「? そうだけど、それが?」

友紀「その……あんまり変な影響受けないようにね」

飛鳥「ああ、それなら大丈夫さ。板まで踏み込んだことはまだ無いから」

友紀「あ、そう? なら良いんだけど」

晴「なんかまた怪しい話してないか……?」

友紀「だいじょぶだいじょぶ、こっちの話だから!」

晴「ホントかよ……」


夕美「やった! クリアっ♪」

晴「えっ?!」


19: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)23:47:33 ID:B7Z

ホームラン:16本


友紀「え、すごっ」

飛鳥「あそこから巻き返したのか……」

夕美「ギリギリだったけど、何とかなったよ! ぶいっ」

晴「スッゲー! 夕美、天才かよ!」

友紀「すごいすごい! 夕美ちゃん、才能あるんじゃない?!」

夕美「えへへ」

晴「くっそー! オレ2本しか打てなかったのに! なあ、どうやったんだ!?」

夕美「えっとね……」


20: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)23:53:08 ID:B7Z

夕美「ノルマ達成無理だなって途中でわかっちゃったから、F5押したのっ」

飛鳥「あっ」

友紀「あー」

晴「? なんだそれ」

飛鳥「いつの間に……」

友紀「ずるい大学生だ……」

夕美「だ、だって、時間短縮って大事じゃない?!」

友紀「失敗しても一応経験値は入るんだけどね……」

夕美「ほら、私たちは今の時間を大切にしないとっ」

友紀「そこに繋げていくんだ」

飛鳥「物は言いようだな」

晴「?? よくわかんねーけど、スゲーな!」


21: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)23:58:25 ID:B7Z

晴「オレ、もっかい勝負する」

友紀「リベンジ?」

晴「おう。負けっぱなしでいられるか、良いだろ飛鳥?」

飛鳥「ご自由に」

夕美「頑張ってね! 慣れればどうってことないよっ」

飛鳥「フフ。2周も打ってた人は言うことが違うな」

夕美「に、2周もやってないもん」

友紀「じゃあ3周?」

夕美「違いますー! もう、2人ともからかわないでよぅ……」

友紀「あはは、ゴメンゴメン」

飛鳥「だが、攻略法としてはあながち間違いでも無いような気がするな。効率重視で、プレイヤー側の経験値を積む方にシフトしていく方が、結果的にてっとり早いかもしれない」

友紀「え、そこまでガチで極めにいく……?」

飛鳥「何を言う。どうせやるのなら、徹底的にだよ」

夕美「げ、ゲームって奥が深いんだね……」



砂塚あきら「……あの、失礼しまーす」


23: ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)23:59:56 ID:B7Z

夕美「あ! あきらちゃんっ」

あきら「あ、ハイ。どーもデス」

飛鳥「やあ」

友紀「どしたの? 入ってくれば?」

あきら「ええと……良いんデスかね。なんだか立て込んでるのかな、って」

友紀「そんなことないよ? おいでおいで」

あきら「はあ、そーデスか」

夕美「そんなに改まらなくても良いのに」

あきら「んー……その、まだちょっと慣れてなくって」

友紀「わかるー! ルームに入る時って、なんか職員室みたいだよね」

あきら「そうかな……それとはちょい違うような……近い、のかな……?」


24: ◆uMEAzbBMSc 19/07/07(日)00:05:51 ID:auQ

あきら「ところで。Pサンかちひろサン、いません?」

飛鳥「いや、今日は見ていないけれど」

友紀「2人とも留守だよ? プロデューサーは外回りで、ちひろさんは社長の付き添いで出掛けちゃった」

あきら「ありゃ。タイミング悪かったかな」

夕美「何か用事?」

あきら「渡したいものあったんデスけど。まぁ、机に置いておけばいいか……」

友紀「書類?」

あきら「ハイ。配信とかチャンネルの収益について、事務所通すのと通さないのとで色々あるから、契約書諸々に目を通してハンコついて欲しいって。Pサンから宿題出されてましてね」


あきら「このご時世、大事デスからね。契約とか」

飛鳥「あぁ、確かに」

夕美「大事だね」

友紀「ね」

晴「やめろやめろやめろ、その話題が1番闇深いわ」

夕美「そうかな?」

晴「そうだよ!」


25: ◆uMEAzbBMSc 19/07/07(日)00:08:30 ID:auQ

あきら「お。どこかで聞いたことある曲だと思ったら、なつかしいのやってる!」

友紀「あきらちゃんも知ってるんだね!」

あきら「当然。実況主としてはハズせないタイトルだったよね、森でホームランをダービーするやつ」

晴「そんなに人気だったのか……」

あきら「一部の界隈でねー。人気っていうよりは……まぁ、話題性? 面白そうなのには喰い付いとけ、みたいな」

飛鳥「あぁ……うん。大体察したよ」

夕美「やったこともあるんだ?」

あきら「まあ、ちょっとだけ。数年前に」

友紀「へへ、同じだね」

あきら「あ、そうなんデスか」

友紀「ちょっとやってみようと思っただけだったのに、妙にハマっちゃってさぁ」

あきら「自分も、FPSの息抜きで。配信中にURL貼られたりとかされたっけ、あれは面白かった」

友紀「ハランデ……いや、何でもない」

あきら「今やってるってことは、サービス終了する話もご存じで?」

友紀「そうそう! またやりたくなっちゃって」

あきら「なるほど。納得」


26: ◆uMEAzbBMSc 19/07/07(日)00:16:54 ID:auQ

あきら「みんなで攻略中ってところデスか? 見たところ、中盤は突破したようデスけど」

晴「おう! コツ掴めば、楽勝だったぜ」

飛鳥「やはり試行回数が肝か」

あきら「かもね。トライ&エラーが基本っしょ、こういうのは」

晴「タイミングに慣れてきたら、打てるようになったな」

あきら「それは何より。でも、こっからが本当の勝負だよ」

晴「うへぇ、やっぱり?」

飛鳥「流石。詳しいね」

あきら「あ、いや。なんかスミマセン、急に偉そうに……」

晴「なんでそこで謝るんだ」

飛鳥「ふむ……順番的にはボクの出番だが、キミはどうだい?」

あきら「……え、自分? いや、いいデスよ別に」

友紀「えー! やっていけばいいのにー」

あきら「でも……」

飛鳥「……まあいいか。ならば晴、交代だ」

晴「おーう」

飛鳥「フクロウか。相手にとって不足はない……!」

晴「鳥対決だな!」

飛鳥「わざわざ言わなくてもいいんだよ……」


27: ◆uMEAzbBMSc 19/07/07(日)00:25:50 ID:auQ

夕美「もしかして、忙しかった? 私もこれから、用事があって帰っちゃうんだけど」

あきら「いえ、そういうワケでは。暇の極みデスね」

夕美「なら、遊んでいけばいいよっ」

友紀「そうそう!」

あきら「んー……居ても良いんデスかね、自分」

友紀「もっちろん!」

夕美「遠慮しないで♪」

あきら「遠慮というか、何というか……」

夕美「?」

あきら「なんか皆で攻略してる途中っぽい空気なのに、そのグループに自分が入るのはどうなのかな、みたいな」

友紀「細かいこと気にしないの!」



飛鳥「おい、なんなんだこれは」

晴「やっぱりマンガで読んだことあるぞ、こういう魔球。ジグザグするヤツ」

飛鳥「さっきから掠りもしないんだが」

晴「投げる側の台詞だったら超カッコよかったんだけどな、それ」




目標:19本


28: ◆uMEAzbBMSc 19/07/07(日)00:33:30 ID:auQ

友紀「ていうかさ。あたしは、特に攻略目指してる訳じゃなくって、みんなでワイワイやりたいだけなんだよね」

あきら「はぁ……?」

友紀「そりゃ、クリアできれば1番良いけど。それよりも、まずは楽しんでからでしょ?」

あきら「……確かに」

友紀「あたしがたまたま始めただけなのにこうして盛り上がってくれて、こういうの、なんかすっごく嬉しいよね」

友紀「みんな良い感じに熱中できてるし、人数多い方が楽しいしさ。もう1人いれば、絶対楽しいと思うのになー」

夕美「苦戦してるみたいだし、ゲーマーとして助けるつもりでっ」

友紀「折角の機会だし、やれる内に遊んでおかない? どう?」

あきら「……なら、お言葉に甘えて」

夕美「やったね!」

友紀「イエーイ!」パチン

あきら「な、なんで2人がハイタッチしてるんデスか……」

夕美「え? うーん……なんでだろ。アハハ」

友紀「ノリだよノリ! あきらちゃんも、はい!」

あきら「え、ぁ、っとと……」ペチ


あきら「……ほんっと、変な人ばっか。へへ」


29: ◆uMEAzbBMSc 19/07/07(日)00:35:58 ID:auQ

ホームラン:3本


飛鳥「ぐっ……」

晴「1周回って清々しいな、このゲーム。どうするよ?」

飛鳥「どうするもこうするもない……もう1回だ」

友紀「ハイハーイ! 次は、あきらちゃんがやるってさ!」

あきら「ドモ……」

晴「お、来たな」

飛鳥「ム。待ってくれ、今リトライしてしまったんだが」

あきら「ああ、ならその回終わってからでいいデスよ。その間に自分は……」

あきら「……あー」

夕美「うーん、なんだかこっち見てるのも楽しそうだなぁ……」

友紀「用事の方、行かなくていいの?」

夕美「んー……大丈夫、ギリギリまで居るね」

あきら「……ん、んん。コホン」


30: ◆uMEAzbBMSc 19/07/07(日)00:44:44 ID:auQ

友紀「どうかした?」

あきら「えぇと、その……」

夕美「?」

あきら「……もし、もし良ければなんデスけど。写真、一緒に映ってもらっても……なんて」

晴「写真?」

あきら「ハイ。SNSに上げたいなと思って。駄目、デスかね」

夕美「私は気にしないけど。ね?」

晴「オレも」

飛鳥「ボクの惨めなスコアで良ければ、いくらでも撮るがいい」

友紀「あはは……あっ、あたしも撮っていいよ!」

あきら「そ、そーデスか。よかった……」ホッ

あきら「ありがとうございます。それじゃ、遠慮なく」パシャリ


31: ◆uMEAzbBMSc 19/07/07(日)00:48:38 ID:auQ

あきら「アイドル垢が良いかな。ええと、#ゲーム #ホームラン #ひさしぶり #ダービー #開幕 #苦戦中 後は……」

晴「なあ、何かアドバイスくれよあきら。コイツどうすりゃ倒せる?」

あきら「え? うーんと……ブレてる軸の真ん中狙うしかないんじゃないかな。投げてから着弾までは遅い方デスし」

友紀「ボールをよく見てタイミング合わせないとね」

あきら「てかこの感じ、もしかしてステ強化してない? そういう縛りでやってたりする?」

晴「え! この熊パワーアップすんの?! 早く言えよ!」

あきら「あ、知らなかった系か。なるほど」

友紀「そういえば教えてなかったっけ。メンゴメンゴ」

あきら「スピードとパワー上げておけば何とかなるかも。困ったらハチミツ、これ常識ね。#ハチミツください」

飛鳥「なに、平気さ。もしもの時には、必殺のキーがあるからね」

あきら「必殺?」

飛鳥「教えてあげようか? F5というんだけれど」

夕美「ちょ、飛鳥ちゃん!」

あきら「……ふふっ、何デスかそれ。強制終了とかウケる!」

夕美「余計なこと言うんじゃなかった……」


32: ◆uMEAzbBMSc 19/07/07(日)00:53:24 ID:auQ

晴「なーなー。さっきから言ってるボタンって、何のことだ?」

友紀「えーっと……試しに押してみた方が早いんじゃないかな」

晴「どれ?」

夕美「い、今押しちゃダメだよっ?!」

晴「え、そうなの」

飛鳥「問題ない。既に、クリア不可能な域まで達しているからね……」

友紀「ありゃ」

あきら「あははは。確かに、これはもう駄目そうデスね」

飛鳥「もういいよ、交代だ。あきら、キミの実力を見せてくれ」

あきら「あんまり買い被らないで……あ そうだ、最後に」



あきら「#事務所のみんなで……っと。へへ、送信っ」


33: ◆uMEAzbBMSc 19/07/07(日)00:57:33 ID:auQ

晴「送ったのか?」

あきら「ハイ。気になったら、後で見ておいて」

晴「ん、今見るよ。どれだ?」

あきら「名前でアカウント検索すれば一発だと思う。あ、もし良ければ、ついでにフォローよろしくね。フォロバするし」

晴「えーっと。す、な、づ、か……」

晴「……たくさん出てきたんだけど。どれなんだよ」

あきら「あ そっか、ファッション垢にゲーム垢もあるから。併せてよろしく」

飛鳥「ちゃっかりしているな……」

晴「これか? いや、こっちかな」

夕美「見せて見せてっ」

友紀「あたしも見たーい!」

晴「ちょ、待てよ、押すなって……」

あきら「さてそれじゃあ……まぁ、よろしくお願いします……っと」カチ!



おしまい





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

767. YOMICOMER2019年07月07日(日) 01:35 ▼このコメントに返信
口調がとっ散らかってるな
コメントの投稿