TOP > シャイニーカラーズ > 【シャニマスSS】P「灯織に褒めさせる」

【シャニマスSS】P「灯織に褒めさせる」

1: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 22:57:31.11 ID:qn035Gh50

なるはやといったな?そのとおりだとも

なんやかんやで灯織に褒められたいよねって話


2: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 22:58:41.97 ID:qn035Gh50

4コマ限定第一話を見るP



P「……ふむ」




P「灯織ー」

灯織「? なんですかプロデューサー」

P「俺のこと褒めて」

灯織「????」


3: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 22:59:25.46 ID:qn035Gh50

灯織「何なんですか急に」

P「いや、なんか真乃とめぐるのこと褒めてたじゃん?」

灯織「それは……インタビューでしたし」メソラシ

P「俺も灯織に褒められたいじゃん?」

灯織「そ、そんなこと言われても」

P「褒めてー褒めてー!!」

灯織「……いい加減にしてください」ムッ

P「灯織?」

灯織「少なくとも、今ここで褒めなきゃいけない理由があるんですか?」

P「仕事の速度があがるよ?超上がるよ?」

灯織「……ふざけてないでしっかりしてください」

P「……仕事するか」ムキナオル





灯織「コーヒー、入れてきました。……頑張ってください」

P「ん。ありがとう」

P(ねぎらってくれるあたりちょっと気にさせちゃったかな……反省)

P(しかし……)

P(灯織には褒められたい)ドーン


4: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:00:12.38 ID:qn035Gh50

P「ということで作戦会議である」バーン!

真乃「今回はどうしたんですか?」

めぐる「灯織からプロデューサーが変だってきいたよー」ラインッ

P「いやまぁ多少変ではあるけどそれはおいておいて」

真乃「おいておいちゃダメだと思うんですけど……」


5: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:00:50.85 ID:qn035Gh50

P「イルミネのインタビューあったじゃん? あそこでそれぞれが二人のいいところとか言ってたじゃん?」

めぐる「あー。あったねー」

真乃「? それがどうかしたんですか?」

P「もっと褒められたくない?」

めぐる「ほめられたーい!」

P「俺もほめられたーい!」

めぐる「プロデューサー……」

P「めぐる……」

Pめぐる「「いぇーい!」」ハイタッチ!

真乃「い、いえーい?」オズオズ


6: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:02:05.21 ID:qn035Gh50

P「ということで、灯織に褒めてもらうためにいろいろ策をこうじてみよう!という話でね!」

めぐる「うーん、でもいきなり褒めてって言っても難しいと思うなー」

真乃「灯織ちゃん照れてたもんね……」

P「ちなみに真正面から褒めてって言ったら撃沈したよ」

めぐる「……プロデューサーは褒められたいの?」

P「オフコース的な?」

真乃「えと、あの……プ、プロデューサーさんはすごいと思いますっ」

P「ふはは!知ってる!すごいんだぜー!?」トクイゲ

めぐる「……これじゃ足りない?」ムゥ

P「いや普通に嬉しいから後でカールおじさんあげるけど真乃だけじゃなくて灯織にも褒められたい」

真乃「ほわっ……難しいんですね……」


7: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:02:34.61 ID:qn035Gh50

P「まぁ傍目から見ればいい年した大人が未成年に褒めてって言ってるような図だからなぁ。でも、ほら。真乃もめぐるも灯織に褒めてほしくない?」

真乃「……私、灯織ちゃんに褒められると嬉しいです」

めぐる「ほめられたーい!」

P「そうだろうそうだろう!?」

P「まぁ別に変なことをするわけじゃないし、何より灯織に褒めさせるっていうのは必要なことではあるし。言葉を尽くすってのは大切だからね」

めぐる「言い訳っぽいね」

真乃「プロデューサーさん頑張ってますから」

P「あはは……そうなんだけどさ……」

P「まぁでも目的は一致してるわけだし。今回で褒めたり褒められたりしよう。異議はあるかな?」

めぐる「異議なーし!」

真乃「ありません。たくさん褒めてもらいます!」グッ

P「では作戦会議をしようか」

3人「「「おー!」」」


8: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:04:34.08 ID:qn035Gh50

作戦1「考えてるとよくわからなくなったから正直に言うよ!」






某日、事務所

めぐる「灯織!」ハグー!

灯織「? いきなりどうしたの」ナサレルガママー

めぐる「褒めてほしいな!」

灯織「……本当にどうしたの?」

めぐる「どうもしないよー?」ハグーン

灯織「……いきなり褒めてって、何かあった?」

めぐる「何もなくたって褒められると嬉しいよ?」

灯織「何言ってるの」

めぐる「ねーねーいいでしょー?ほーめーてー!」

灯織「そんな、急にいわれても……」アタフタ

めぐる「じぃー」

灯織「……め、めぐる」

めぐる「じぃぃー!」

灯織「あぅ……」

めぐる「……」メセンデウッタエ




灯織「……い、一回だけだから」

めぐる「!」


9: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:05:01.86 ID:qn035Gh50

灯織「……」シンコキュウ

灯織「……いつも、元気をありがとう」

めぐる「……」

灯織「その、普段はあんまり言えないけど。めぐるがいると、頑張れるから」

灯織「……めぐると一緒だと、頑張れるから」テレテレ

めぐる「!!」

灯織は、はい! 恥ずかしいからこれで「ひーおーりー!!!」ガバッ

灯織「わっ、ちょっと、落ち着いて!」





成功:戸惑うも普通に褒めてくれる


10: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:06:20.11 ID:qn035Gh50

作戦2「つまり頑張ってると褒めてくれるのでは?」






灯織「おはようございます」ドアガチャ

P1「おはよう灯織」シュババババババ

P2「今日もいい朝だな」シュババババババババ

灯織「!?」



灯織「あの、それ分身してませんか……?」

P1「習ったんだ」シュバババババババ

灯織「誰に!?」



灯織「え、あ、あの」

P1「おかげで今日の書類仕事はほとんど終わりそうだよ」

P2「じゃあ俺は外回り行ってくる」シュタッ

P1「いってら。俺は……灯織のレッスンでも」

灯織「結構です!」ダット



P1「……あれ?」






失敗:三日間くらい避けられるようになった


11: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:07:32.95 ID:qn035Gh50

作戦3「仲良くなるためなら……ほめてくれると、思います」





某日、帰り道


真乃「灯織ちゃん!」

灯織「真乃?どうしたの?」

真乃「あの、えっと……」モジモジ

灯織「……?」

真乃「その……」ウワメヅカイ

灯織「……真乃」

真乃「ほわっ!?」

灯織「大丈夫だから。落ち着いて」

真乃「……うん、ありがとう。灯織ちゃん」

灯織「落ち着いた?」

真乃「うん! ばっちり!」

灯織「そう。……何を言おうとしてたの?」

真乃「あ、えっとね。私、灯織ちゃんに褒めてほしいんだ!」

灯織「……真乃も?」

真乃「……うん」


12: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:09:19.12 ID:qn035Gh50

灯織「……いいけど、本当にどうしたの?」

真乃「ど、どうもしないよ? ただ、その、灯織ちゃんに褒めてもらうと嬉しくなるから……」オズオズ

灯織「……?」

真乃「それに、その、仲良くなれるって書いてあって」

灯織「……」

真乃「だから、その、えっと」

灯織「……真乃、自信もって」

真乃「え?」

灯織「私、となり真乃のこと見てきたから。真乃がすごいこと、真乃のすごいところ、めぐるやプロデューサーもみんな知ってる」

真乃「灯織ちゃん……」

灯織「……うまく言えなくてごめん。でも、私は真乃の隣にいたし、真乃の隣にいたいから。……真乃と一緒に輝きたいから」

真乃「……」

灯織「……不安にさせて、ごめん」

真乃「……」

灯織「……」



真乃「ひおりちゃああああああ」ナミダメ

灯織「わっ、真乃……もう……」ダキトメ




成功:友情が深まった


13: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:09:47.44 ID:qn035Gh50

P「成果を聞こう」ゲンドウポーズ

めぐる「はい!褒めてもらったよ!いつも元気もらってるって!」

真乃「……胸がいっぱいになりました……」

P「よろしい。大成功じゃないか! 実際灯織から褒めてもらえると本当に嬉しいよな」

めぐる「うん! 灯織、いっぱい頑張ってるもん!」

真乃「それに大切な友達……です」ハニカミ

めぐる「それにもっと褒めてくれるようになったよー!」

真乃「私はなんだか、頼りにしてくれてるなって」

P「僥倖僥倖。絆深まり喜びあふれ……ん?」キヅク







P「……あれ?俺褒めてもらってなくね?」


14: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:10:55.57 ID:qn035Gh50

その後

事務所



P「……ふむ」カタカタ

P(どうしようかな。普通に勢いとか褒められたいで動いちゃったけど、結局灯織はきちんと二人を褒めてるし)カタカタ

P(普通に考えたらこのまま諦めるべきかなぁ……)カタカタ

P(少しさびしいような気もするけど、しゃーなし)カタカタ

P(とりあえず、次の企画書も考えないとだし早めに書類を……)




灯織「あの、プロデューサー……?」

P「灯織?」


15: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:11:22.78 ID:qn035Gh50

灯織「その、お疲れ様です」

P「ん。お疲れ様。どうした?忘れ物?」

灯織「いえ、そうではないんですが」

P「……? まぁ今の時間は誰もいないし。ちょっとだけ待ってもらえるか?すぐに終わらせて送っていくよ」

灯織「あっ、いえ、大丈夫です。その、そんなに遅い時間でもないですし」

P「でも外真っ暗だし。すぐ終わるから」スピードアップ

灯織「本当に大丈夫ですから! それよりも私、プロデューサーに聞きたいことがあって!」

P「聞きたいこと?」ピタッ

灯織「……そう、です」

P「……そっか」

灯織「……」

P「……」


16: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:12:03.05 ID:qn035Gh50

灯織「その」

P「ん」

灯織「なんで褒められたかったんですか?」

P「二人が羨ましかったから、かな」

灯織「じゃあ質問を変えます、なんで私じゃないとダメだったんですか?」

P「灯織だから」

灯織「答えになってません」

P「本当にそれだけだよ」

灯織「……何か、つらいことでも?」

P「ない。心配させたか? だったらごめんな」

灯織「少しだけ、心配しました」

P「……本当にごめん」

灯織「いえ、何もなかったのなら……それが一番いい、ですから」

P「ありがとう」

灯織「……」

P「……」

灯織「……」

P「……」


17: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:12:43.35 ID:qn035Gh50

P「知らない誰かにいきなり褒められたら……少し戸惑うかもしれない。でも少しは嬉しい」

P「結論、誰かからの称賛ってのは嬉しいものなんだよ。顔すら知らない相手でもさ」

灯織「……」

P「けど。灯織に褒められたらすごく嬉しいよ」

灯織「!」

P「真乃やめぐるに褒められた時も嬉しいさ。でも灯織に褒められた時だって嬉しい。たったそれだけなんだ」

P「だって、灯織だぜ?嬉しいだろ、普通」

灯織「……うれしい、ですか?」

P「もちろん」

灯織「……」

P「……」

灯織「…………」


18: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:13:28.68 ID:qn035Gh50

灯織「……わかりました。でも、ちょっとだけ」

P「ちょっとだけ?」

灯織「動かないでくださいね」スタスタ

P「お、おう?」

灯織「……えいっ」スッ

P「えっ?」ミミモト


19: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:14:07.22 ID:qn035Gh50

灯織「プロデューサー……」

P「ちょ、灯織、何を」

灯織「私は、真乃やめぐると比べたらどっちが嬉しいですか?」

P「え、あ」

灯織「もし」






灯織「もしプロデューサーが、私に褒められた時が一番嬉しいって言ってくれたら、褒めてあげます」






P「……」キョトン

灯織「……」ハナレ


20: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:14:54.40 ID:qn035Gh50

灯織「……ふふっ、少し、かわいいです」

P「……」

灯織「それじゃあ、失礼しますね」

P「…………」






P「!?!?!?!?」


21: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:15:23.90 ID:qn035Gh50

灯織「~~~!!!!」

灯織(ど、どうしよう!明日からどうしよう!)

灯織(と、とりあえず今日は家に帰って……)

灯織「……」





め真「「ニヤニヤ」」

灯織「……」


22: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:15:52.27 ID:qn035Gh50

灯織「……いつから?」

めぐる「最初から?」

灯織「……どこまで?」

真乃「灯織ちゃんがプロデューサーさんに近づいたところまで、かな」

灯織「……」





灯織「ぽんぴゃあっ」

真乃「かわいかったよ!灯織ちゃん!」

めぐる「戻ろう!ハグしちゃえー!」

灯織「しないから!しないから!」


fin


23: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:19:09.63 ID:qn035Gh50

おまけ


24: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:20:26.74 ID:qn035Gh50

千雪「プロデューサーさん、お疲れ様です」

P「あ、ああ」

千雪「普段から頑張ってますから。すごく助かってるんですよ」

P「お、おう」

千雪「……でもきちんと休んだり、甘えたりしてくださいね」

P「わ、わかった」

千雪「……約束、ですよ?」

P「……」

千雪「……」

P「あの、ところでなぜに膝枕されながらめっちゃ褒め倒されとるとですか」

千雪「……私では不満でしたか?」ショボン

P「そんなことないけどあの!せめて!時間!さっきからなんかいろいろ目線が!つらい!」

千雪「ふふっ♪ 嫌でーす」

P「チクショウかわいいなちくしょう!」


25: ◆3xQXQ8weeA 2019/07/13(土) 23:22:21.74 ID:qn035Gh50

以上になります。次回予告通りっすね!


ということで以下予定

シャニ:きみはまだなつてんの尊さを知らない


あとなんやかんやで書きたいもの増えてってるよ。書く時間欲しい。あとだらだらする時間ほしい。


作者ツイッター→@2F6WqdOwZ6Cwee6

感想をくれると空もとべるくらい喜びます。褒めて! 力強く!





『シャイニーカラーズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿