TOP > シンデレラガールズ > モバP「ロックな少女とまだまだ寒い日」

モバP「ロックな少女とまだまだ寒い日」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 00:52:08.88 ID:S9oAPHY+o

―――事務所


李衣菜「寒いですねプロデューサー」

P「んー、寒いなぁ」カタカタ

李衣菜「もう三月なんですけどねー」

P「もう三月なんだけどなぁ」カタカタ

李衣菜「もうちょっとしたらあったかくなりますかね?」

P「どうかなぁ」カタカタ

李衣菜「でも、こうしてくっついてたらあったかいですね!」ギュー

P「そろそろ離れてくれー、仕事しにくいからー」


2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 01:05:05.79 ID:S9oAPHY+o

李衣菜「えー、やです」

P「いやいや……あったまりたいならストーブの近く行って毛布でも被ってばさい」

李衣菜「いいじゃないですか、一応パソコン出来てますし」

P「やりにくいって言ってるんだってば」

李衣菜「プロデューサーなら余裕ですね、ロックですから」

P「まーたよく分からない理論を……」


3: さっそく誤字だよ 2014/03/10(月) 01:05:56.77 ID:S9oAPHY+o

李衣菜「えー、やです」

P「いやいや……あったまりたいならストーブの近く行って毛布でも被ってなさい」

李衣菜「いいじゃないですか、一応パソコン出来てますし」

P「やりにくいって言ってるんだってば」

李衣菜「プロデューサーなら余裕ですね、ロックですから」

P「まーたよく分からない理論を……」


5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 01:15:26.12 ID:S9oAPHY+o

李衣菜「とにかく! なんでもいいので私をあっためてください」

P「んもう……ほら、手出しな」

李衣菜「はい、どーぞ」スッ


ぎゅ


P「ん……うわ、冷たっ」

李衣菜「ふへへーあったかー……♪」

P「大丈夫か李衣菜……ほれほれ」スリスリ

李衣菜「へへー、プロデューサーの手あったかいです」


6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 01:27:43.63 ID:S9oAPHY+o

P「本当に冷たいなぁ」スリスリ

李衣菜「手が冷たいと心はあったかいって言いますよね」

P「李衣菜の心、あったかいのか?」

李衣菜「そりゃもう。熱いソウルが宿ってますからねっ」

P「言うと思ったよ……」

李衣菜「わぁ、以心伝心ってやつですね!」

P「そうなのかなぁ」


7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 01:34:32.31 ID:S9oAPHY+o

李衣菜「私だってプロデューサーの考えてること分かりますよ?」

P「ほう」スリスリ

李衣菜「えーっとですね……そう、ずばり李衣菜の手は小さいな、と!」

P「……当たっててびっくりした」

李衣菜「へへん」

P「いや、ホント小さいよな。指は長いけど」

李衣菜「ギターのコード押さえるくらいなら出来ますしねー」

P「弾けるかどうかは別としてなー」

李衣菜「あうう……」


8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 01:41:32.98 ID:S9oAPHY+o

P「ちゃんと練習してるか?」

李衣菜「は、はい。まだ人に披露できるレベルじゃないですけど……」

P「まぁ、少しずつな?」

李衣菜「頑張りますっ」

P「そうそう、ギターと言えば……」スリスリ

李衣菜「?」

P「この前のエアギター、格好良かったぞ」

李衣菜「!」


9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 01:51:40.95 ID:S9oAPHY+o

P「広いステージの真ん中で、よくやったもんだ。アドリブだろ?」

李衣菜「あ、あはは……その場のノリで、よく考えないままやっちゃいました」

P「少なくとも俺はロックだと思ったぞ?」

李衣菜「そ、そうですかっ?」

P「あの瞬間は、最高にキラキラしてたなぁ。眩しいくらいにさ」

李衣菜「……へへ。どもです」ニヘラ


10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 02:14:03.44 ID:S9oAPHY+o

P「曲が終わっても、フラフラになりながら声援に応えてたよな」

李衣菜「青い光がずっと揺れてて……なんだか夢の中にいるみたいでした」

P「俺にも見えてたよ。夜空を見上げてるような気分だった」

李衣菜「夜空……私、星みたいに輝いてました?」

P「もちろん。一等星より輝いてたぞ」

李衣菜「ふふ、良かった」


11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 02:22:35.11 ID:S9oAPHY+o

P「さすが、俺のアイドルだよ」ナデ

李衣菜「うぅ、そこまで言われると恥ずかしいですってば」

P「おお、李衣菜にも恥じらいはあるのか」

李衣菜「ちょっ、失礼です!」

P「あはは、ごめんごめん。いつも簡単にくっついてくるもんだから」

李衣菜「別に誰彼構わずくっつく訳じゃないです……もう」


12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 02:27:57.08 ID:S9oAPHY+o

P「そうか?」

李衣菜「そうですよ。プロデューサーだからこそです」

P「そりゃ嬉しいなぁ」

李衣菜「む、嬉しそうに聞こえない……」

P「ほらほら、まだ手冷たいだろう」スリスリ

李衣菜「誤魔化さないでくださいよぅ」プクー

P「……ま、ありがとな」

李衣菜「……まったく、仕方ないですね」


13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 02:35:10.20 ID:S9oAPHY+o

P「…………」スリスリ

李衣菜「…………」

P「…………」スリスリ

李衣菜「あ、白髪」

P「なにっ!?」バッ

李衣菜「嘘です」

P「おい」

李衣菜「えっへっへ」

P「ったく」スリスリ

李衣菜「…………」ニコニコ


16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 18:52:25.32 ID:S9oAPHY+o

P「――ほい、もう冷たくないぞ」

李衣菜「どもどもー。おお、ほかほかですっ」

P「じゃあ俺は仕事に……」

李衣菜「うーん……でもやっぱり」

P「……はぁ、まだなにか不満があるみたいだな」

李衣菜「いやー、手はもうあったかいんですけどね?」

P「うん」

李衣菜「こう、なんと言いますか。……やっぱりこれですよ」スッ…

P「……腕を広げてどうした」


李衣菜「定番のハグです!」

P「言うと思ったよ……」


17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 19:01:26.19 ID:S9oAPHY+o

李衣菜「さ、どうぞプロデューサー!」バッ

P「やんないぞ?」

李衣菜「えー」

P「えーじゃなくてだな」

李衣菜「手を握るのも抱きしめるのも大して変わりませんって」

P「いやいやいや」

李衣菜「細かいこと気にしてたらロックなんて語れませんよ?」

P「元からそんなに語れないだろ」

李衣菜「うぬぬ」

P「可愛く唸ってもダメ」

李衣菜「むぅ……本当にダメですか?」


18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 19:07:52.58 ID:S9oAPHY+o

P「…………うぅん」

李衣菜「…………」ジー

P「…………むむむ……」

李衣菜「ね、プロデューサー?」




P「……よし。ちょっとだけな」

李衣菜「! ……へへ、言ってみるもんですね」


19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 19:11:53.13 ID:S9oAPHY+o

P「ほら、おいで李衣菜」

李衣菜「わぁーっ」タタッ


むぎゅぅ


P「っと……」ギュ

李衣菜「おー、もうあったかいですっ」ギュー

P「じゃあ離すか?」

李衣菜「あっいやダメです! もっと!」

P「ふふ、はいはい」


20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 19:22:27.81 ID:S9oAPHY+o

李衣菜「んー……」キュ

李衣菜「んんー……」スリスリ

P「ちょ、くすぐったいっての」

李衣菜「やっぱり恥ずかしいですね、えへへ!」ニコッ

P「あんまり恥ずかしそうに聞こえないけど」

李衣菜「これでもドキドキしてますけど……嬉しさの方が強いですから」

P「ん」ナデナデ

李衣菜「やー、あったかあったか。へへへ……♪」


21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 19:27:31.78 ID:S9oAPHY+o

P「あったかいなぁ」

李衣菜「ですねぇ」

P「……そろそろいいか?」

李衣菜「うーん、まだです」

P「あとどのくらいこうしてればいいんだ……」

李衣菜「私が満足するまで?」

P「今満足しろ、すぐ満足しろ」

李衣菜「無理ですー。もうちょっともうちょっと」ギュー

P「はぁ……あぁ恥ずかしい」ギュー


23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 19:38:43.83 ID:S9oAPHY+o

李衣菜「はふー」ギュー

P「…………」ギュー

李衣菜「ずっとこうしてたいですー」

P「ダーメ」

李衣菜「ふふ、ですよね」

P「分かってて聞くなよ」

李衣菜「へへ」

P「まったく」


24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 19:46:28.08 ID:S9oAPHY+o

李衣菜「――ん、よしっ! プロデューサー分補給しました、充電ばっちりです!」パッ

P「やっとか……ああ、もう日が沈んでるし」

李衣菜「いやぁ、ありがとうございますプロデューサーっ」

P「李衣菜が喜んでくれてなによりだよ……仕事残っちゃったけど」

李衣菜「遅くまでかかります?」

P「と言ってもそこまでかからないと思うけどなー」

李衣菜「それじゃ私、あっためてくれたお礼に夕飯作りますよ!」

P「お、夕飯?」


25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 19:51:46.02 ID:S9oAPHY+o

李衣菜「はい、丁度ストーブありますしおでんとかいいかなーって」

P「おでんか! いいなぁそれ」

李衣菜「へへへ、ですよね! 給湯室、お鍋とかありましたし作れますよ」

P「ああ、たまに事務所に泊まったりするからな」

李衣菜「……ちゃんと休んでます?」ジトッ

P「や、休んでる休んでる」

李衣菜「本当かなぁ……」


26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 20:03:21.29 ID:S9oAPHY+o

P「よ、よし、さっさと買い出し行こう! なに入れようかなーっ?」

李衣菜「あ、また誤魔化したっ」

P「いつも李衣菜が癒やしてくれるから大丈夫だって、な?」

李衣菜「もー、調子いいんですから……」

P「あはは……さ、行こう。まだまだ寒いから、あったかくしてさ」

李衣菜「はい、まだまだ寒いから――」



李衣菜「手、繋いで行きましょう。ねっ!」



おわり


27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 20:04:19.59 ID:S9oAPHY+o

というお話だったのさ
だりーなと小さなお鍋囲んでおでん食べたい


28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/10(月) 21:01:20.79 ID:kPF5lWnuo


いいねほのぼのした





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿