TOP > ラブライブ! > 穂乃果「嘘発見器」

穂乃果「嘘発見器」

2019/08/10 00:02 | ラブライブ! | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 20:54:02.79 ID:8AF9JHX70

穂乃果「…何これ?」

凛「嘘発見器だって」

穂乃果「なんでそんな物があるの?」

希「倉庫の片付けをしてたら出てきたみたいよ。面白そうだから持ってきちゃった」

穂乃果「ふ~ん。誰か試したの?」

にこ「まだ」

穂乃果「なんで?」

にこ「あんたを待ってたからよ」

穂乃果「え?私を?」

にこ「私のプリンを勝手に食べた人物がいるみたいでね」

穂乃果「あっ…」

にこ「あって…あんた…嘘発見器の出番ないじゃない」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:06:09.02 ID:8AF9JHX70

穂乃果「いや…違うよ。私は食べてないよ」

にこ「いや…もういいって。犯人はあんただから。反応を見てたら分かるし。なんなら嘘発見器にかけてもいいけど?」

穂乃果「…私が食べました」

にこ「ほら!買って返しなさいよ!」

穂乃果「え?」

凛「ねえねえ。穂乃果ちゃんが嘘ついてたのは発覚したけどその嘘発見器がちゃんと機能するのか試してみようよ。穂乃果ちゃんで!」

希「そうやなぁ。穂乃果ちゃん、こっち来て」

穂乃果「ええ?なんで?正直に告白したのに…」

凛「だって面白そうだし」

穂乃果「面白ければ何でもオッケーって訳じゃないんだよ」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:20:06.58 ID:8AF9JHX70

希「えっと…ここをこうして…」カチャカチャ

穂乃果「ねえ?聞いてる?ちゃくちゃくと準備をしないでよ。変なもん装着しないでくれないかな?」

希「よし準備オッケーや!それじゃあ、先ずは…全部いいえで答えてな」

穂乃果「その前に私の意見には何も答えてくれないの?」

にこ「あのねぇ。あんたはにこのプリンを全部食べたんだから!三つもあったのに。あんたに断る権利はないのよ!」

穂乃果「え?三つ?いや…私は三つもプリン食べてないよ」

にこ「はあ?嘘つくんじゃないわよ」

希「いや…嘘じゃないみたいやな。嘘ついたら即反応するみたいやからね」

穂乃果「え?もう始まってるの?いいえ以外にも反応するの?」

希「うん」

にこ「って事は共犯がいる訳ね」

穂乃果「え?知らないよ」

希「これも反応ないなぁ。そりゃあそうやな。ウチと凛ちゃんの二人と穂乃果ちゃんは別でやってるからなぁ」

にこ「は?」

凛「希ちゃん!何でバラしちゃうの!」

希「ふふっ」

にこ「いや、ふふっじゃなくて」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:25:24.20 ID:8AF9JHX70

希「よしっ!それじゃあ穂乃果ちゃん!いくよ?」

穂乃果「ええ?やるの?」

にこ「え?無視?無視なの?」

希「あなたは高坂穂乃果さんですか?」

穂乃果「…いいえ」

ブーブー

希「おおっ!反応した!」

凛「凄いね!何聞こうかな~」

穂乃果「変な質問しないでよ?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:29:32.09 ID:8AF9JHX70

凛「ん~」

ことり「はいっ!穂乃果ちゃんは今好きな人居ますか?」

穂乃果「え?ことりちゃん…」

にこ「急に大声で入って来て…」

ことり「穂乃果ちゃんは好きな人が居ますか」

穂乃果「これ答えるの?」

ことり「うん」

穂乃果「い、いいえ」

ブーブー

穂乃果「ええ!?何で?」

希「穂乃果ちゃん好きな人が居るんや」

にこ「意外だわ。恋する乙女だったのね」

穂乃果「いや、居ないって。全然居ないから。本当に」

ブーブー

穂乃果「ええっ!?本当なのに」

ブーブー


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:34:58.34 ID:8AF9JHX70

ことり「穂乃果ちゃん。それは…身近な人物ですか?」

穂乃果「え?いいえ!」

ブーブー

穂乃果「ええ…」

にこ「え?そうなの?」

希「ウチ…あの…理解はあるけど…同性は対象外って言うか…普通に男の子が好きやから」

穂乃果「私もだよ!!!」

にこ「え~でもなぁ」

凛「でも、今のは反応ないよね?」

にこ「確かに…なんでかしら?え?もしかして身近に男の影があるの?」

穂乃果「いや、ないよ!自分で言うのも何だけどこれっぽっちもないから!なんか悲しいよ!」

にこ「お~無反応」

穂乃果「くぅ…なんでこんな思いをしなきゃいけないの…」

ことり「じゃあ、どう言う事なんだろ?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:40:45.94 ID:8AF9JHX70

海未「簡単な話ですよ」

ことり「え?海未ちゃん?何か知ってるの?」

穂乃果「う、海未ちゃんまで変な事聞かないでよ?」

海未「穂乃果の好きとはつまり!恋愛感情の好きではなく友達としてもしくは家族として好きな人が居ると言う事ですよね?」

穂乃果「いいえ」

ブーブー

にこ「あ~なるほど。そう言う事かぁ。焦ったぁ。そうよね。穂乃果に好きな人が居る訳ないよね」

穂乃果「それはどう言う事かな?居てもおかしくはないと思うけど」

ことり「も~海未ちゃん…」ブツブツ

海未「何か言いました?」

ことり「な、何でもないよ」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:47:24.17 ID:8AF9JHX70

海未「さて、穂乃果。次の質問です」

穂乃果「え?続くの?」

海未「あなたは今ダイエット中ですが…昨日はつまみ食い等無駄な間食をしては居ませんね?」

穂乃果「……」

海未「答えてください。穂乃果!ネタは上がってるんです!雪穂から聞いてますから!って言うかにこのプリンも食べてるんですよね?」

穂乃果「ひ、ひぃぃぃ」

海未「穂乃果!!!」

凛「海未ちゃんが居れば穂乃果ちゃんに嘘発見器は必要ないね」

希「そうやなぁ…よしっ!海未ちゃん!」

海未「何ですか?今忙しいので」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:52:54.19 ID:8AF9JHX70

希「次は海未ちゃんの番や!」

海未「は、はあ?」

凛「穂乃果ちゃんだけだと不公平だもんね」

海未「いや…私は…」

穂乃果「そうだ!そうだ!」

海未「穂乃果!」

穂乃果「ひぃぃぃ」

希「海未ちゃんは別に聞かれて困る事なんてないやろ?」

海未「それは…そうですが…」

希「じゃあ、いいやん」

海未「そう言う問題ではく」

穂乃果「人にはやったのに自分だけズルイよ…」

海未「うっ…」

希「よしっ!決定!」ガチャガチャ

海未「ちょ、ちょっと…」

穂乃果「ふう」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 21:59:49.62 ID:8AF9JHX70

希「じゃあ、早速海未ちゃんに質問です。昨日の夜何をして居ました?」

海未「え?いいえで答えるのではないのですか?」

希「自分の部屋で変な事をしてませんでしたか?」

海未「し、してません」

ブーブー

海未「なっ!違います!私は何も…」

ブーブーブー

海未「あぁ…何で…」

にこ「あんた…部屋で何してたのよ…」

凛「言えない事なの?」

海未「そんな事は…」

ブーブーブーブーブーブーブー

穂乃果「凄い鳴ってるけど」

海未「違うです。本当に…ちょっと…あの…本当に…」

ブーブーブーブーブーブーブーブーブーブーブーブー

にこ「ええ…あんた…もう正直に言った方がいいんじゃない?下手に隠すと皆んな変な想像するわよ?」

海未「そんな…」

穂乃果「そうだよ。楽になった方がいいよ」

海未「私は…ただ…アイドルの練習と言うか…」

穂乃果「あ~そう言う事かぁ」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:07:48.91 ID:8AF9JHX70

海未「え?」

穂乃果「またアイドルごっこしてたんでしょ?そんなの今更だよ~。もう結構前からバレてるよ?」

海未「…違います」

穂乃果「え?違うの?」

希「反応ないから本当やね」

穂乃果「え?何してたの?妄想爆発させてたんでしょ?」

海未「…」

穂乃果「え?海未ちゃん?何してたの?アイドルの練習って何してたの?ねえ?恥ずかしいアイドルの練習って」

海未「……」カァァァァ

穂乃果「…なんか…これ以上はやめようか」

にこ「そうね。これ以上はヤバそうね。それにしても…希もなんでそんなピンポイントな質問したのよ…」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:17:53.43 ID:8AF9JHX70

海未「次…」

にこ「え?」

海未「次は誰の番です?にこですか?凛ですか?ことり?それとも希ですか?」

にこ「え?私は…」

ことり「私も…」

希「ん~別にウチはやってもええよ。別に聞かれても困る事なんてないしな」

海未「では…装置して下さい」

希「了解!何でも質問してくれてええよ~」

海未「では…希は何か恥ずかしい秘密はありますか?」

穂乃果「うわ~ど直球だなぁ」

にこ「もう少し遠回しに言うもんじゃないの?」

希「恥ずかしい秘密?ん~いいえ」

穂乃果「あれ?無反応だね」

にこ「希は割と秘密が多そうだけどね。そんな事なかったか」

海未「くっ…希は…えっと…」

希「ん?どしたん?もしかして…もう何もない?」

海未「いえ…何かあるはずです」


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:25:30.37 ID:8AF9JHX70

希「ふふん」

にこ「余裕の表情ね」

穂乃果「流石希ちゃんだ」

プルルルル

穂乃果「あっ、誰か電話?」

希「ん?ウチや」

ピッ

希「もしもし~。あっ、お父さん!うん。久しぶりだね。え?うん。何も変わりはないよ、いつも通り」

ピーピーピー

希「!?」

穂乃果「え?」

にこ「鳴った…嘘発見器が反応した」

希「え?…あっ、いや、うん。なんかうるさいね。うん。そうだね。えっと…ちょっと今忙しいから家に帰ったら掛け直すよ。うん。それじゃあ」

ガチャ

穂乃果「え?何に反応したの?」

希「さ、さあ?何やろね?」

にこ「電話の内容に反応したわよね?」

凛「なんか嘘言ってた?」

希「何やろなぁ。いや~おかしいなぁ」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:31:06.40 ID:8AF9JHX70

にこ「ん~なんかこのままだと腑に落ちないわね。何に反応したのかしら」

希「まっ、ええやん。ウチは絶対にボロはださないし」

凛「お父さんに対して嘘をついたんじゃないの?」

希「そんな訳ないやん」

ピーピーピー

希「え?」

にこ「正確だわ!」

希「いや、あのな」

穂乃果「希ちゃんなんて言ってたっけ?」

凛「お父さん!久しぶり!うん。私はいつも通り何も変わりないよ!って言ってたよ。反応した時」

穂乃果「凛ちゃん記憶力いいね」

凛「えへへ」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:36:24.75 ID:8AF9JHX70

にこ「分かったわ!いつも通り変わりないって所に反応したのよ!希は親の前と私達の前ではキャラが変わるから!」

希「なっ、ちゃう…」

ブーブーブー

海未「どうやらその様ですね」

希「くっ…」

にこ「あんた…可愛い所あるのねぇ。ええ?」

希「…」カァァァァ

穂乃果「って言うかさ。この嘘発見器…凄すぎない?」

ことり「そうだね。なんか…テレビとかで見た事あるけど…ここまで高性能なのは見た事ないよ」

穂乃果「だよね」

希「こうなったら……えりち!花陽ちゃん!真姫ちゃん!部室の隅の方に居ないでこっちにおいで!」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:40:43.93 ID:8AF9JHX70

花陽「え?」

絵里「…存在感消してたのに。巻き込まれるから返事しちゃダメよ」

真姫「分かってるわ」

希「ふ~ん。無視するんや。じゃあ、ワシワシMAXしても全然問題ないやんなぁ」

絵里「ば、バカ!やめなさい」

希「よしっ!次はえりちの番な!」

絵里「ちょっと…嫌よ…私はやらないから」

穂乃果「絵里ちゃん…私も嫌だったよ」

絵里「し、知らないわよ。勝手にあなた達で始めたんじゃない」

希「まあまあ。悪い様にはしないから」ガチャガチャ

絵里「ちょっとぉ」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:47:46.71 ID:8AF9JHX70

希「よしっ!じゃあ、ウチから質問するね。いいえで答えてな」

絵里「え?何?変な事は聞かないでよ?」

希「ん~自分の事を美人だと思ってますか?」

絵里「いいえ。そんな事思ってないわよ」

ビービービー

にこ「うわっ、絵里って自分の事美人だと思ってるんだ。ナルシスト~」

真姫「にこちゃんに言われたくないでしょ」

にこ「はあ?」

絵里「違うのよ」

ブーブーブー

絵里「ええっ!?」

穂乃果「まあ、事実だしね」

凛「うん。間違えじゃないよ」

絵里「ちょっと…やめてよ」

にこ「あんた…自分の事どれくらい美人だと思ってるの?」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 22:55:31.37 ID:8AF9JHX70

絵里「別に思ってないから。私なんて全然…」

ビービービー

絵里「ええっ!?」

穂乃果「正直に言った方がいいよ。この嘘発見器…凄いから。嘘付くと余計に痛い目にあうよ」

絵里「そんな…」

にこ「どうなのよ?」

絵里「……そこら辺の芸能人には負けないと思ってる」

にこ「可愛いと思ってるんだ?自分の事?」

絵里「はい………思ってます。私って…あの………可愛いなって…」カァァァァ

にこ「へ~そうなのねぇ。自分の事を可愛いと。ほんと、あんたってナルシストなのね」

絵里「だって…正直に言わないと」

穂乃果「にこちゃんイキイキしてるね?」

凛「変な気分になってそうだよね」

真姫「って言うかにこちゃんの発言全て自分の事を棚に上げての発言じゃない」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 23:02:59.34 ID:8AF9JHX70

にこ「なんか癖になりそうね」

希「にこっち!ウチが質問してたんやからな!」

にこ「別にいいじゃない。減るもんじゃないし」

絵里「私をおもちゃにしないで欲しいんだけど。私だって暇じゃないんだから」

ブーブーブー

絵里「ええ?」

穂乃果「絵里ちゃん…おもちゃにして欲しいんだ」

凛「ちょっと引いたにゃ…」

ことり「可愛い…」

ほのりん「え?」

絵里「違うから。暇じゃないって所に反応したのよ!きっと!」

穂乃果「あ~そうか」

凛「反応ないもんね。嘘じゃないみたい。絵里ちゃん暇人なんだね」

絵里「そんな事は」

花陽「絵里ちゃん。出来るだけ喋らない方がいいんじゃ」

絵里「そ、そうね」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 23:06:57.87 ID:8AF9JHX70

希「よしっ!えりちは自分の事を賢いと思ってますか」

絵里「…いいえ」カァァァァ

ブーブーブー

にこ「絵里は自分の事を大人っぽいと思っていますか?」

絵里「いいえ」カァァァァ

ブーブーブー

希「えりちはウチの事を大好きですか?」

絵里「いいえ」カァァァァ

ブーブーブー

希「ふ、ふ~ん。これはこれは…ウチ愛されてるなぁ」カァァァァ

絵里「もうやめてよ…」カァァァァ

穂乃果「希ちゃん…自分で聞いて顔真っ赤にしてるよ」

凛「意外と後先考えてないのかもね。希ちゃんって」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 23:11:01.38 ID:8AF9JHX70

絵里「もう、私はいいでしょ?これ以上はないわよ」

希「そうかなぁ」

穂乃果「ん~なんかないかなぁ」

凛「凛も何か聞きたいなぁ」

にこ「あんたはいいわよ。バカな事しか聞かないでしょ」

穂乃果「いや、そんな事ないよ。って言うかにこちゃんに言われたない」

凛「そうにゃ!そうにゃ!にこちゃんに言われたくないにゃ!」

にこ「はあ?それは私がバカだって言いたいの?」

真姫「三人ともバカじゃない」

絵里「ねえ?私はもう外していい?いいわよね?」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 23:15:27.17 ID:8AF9JHX70

穂乃果「あっ!いい事思い付いた!花陽ちゃん!」

花陽「は、はひっ」

穂乃果「花陽ちゃんに嘘発見器を装着して…」ガチャガチャ

花陽「え?なんか嫌な予感が…」

穂乃果「よしっ!では、花陽ちゃんに質問です!花陽ちゃんはにこちゃんの事をおバカだと思っていますか?」

花陽「い、いいえ」

ビービービー

にこ「はあ?」

花陽「ち、違うの」

にこ「花陽だけは私の事を尊敬してると思ってたのに」

花陽「尊敬してるよ。本当に」

シーン

花陽「ほら!反応しないよ?嘘じゃないでしょ?」

にこ「そ、そうね」

希「尊敬はしてるけどおバカだと思ってるんやね?」

花陽「違うの」

ブーブーブー

にこ「花陽…」

花陽「違うのぉぉぉ」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 23:46:44.16 ID:8AF9JHX70

ブーブーブーブーブーブー

にこ「何がどう違うのよ。花陽は私の事バカだと思ってるんでしょ?」

花陽「あぁ…何を言ってもダメだぁ…」

穂乃果「花陽ちゃん?楽になりなよ。ちなみに私の事はどう思ってるの?バカだと思ってる?」

花陽「思ってないよぉ」

ブーブーブー

花陽「違うのぉぉぉ」

ブーブーブーブー

穂乃果「いいんだよ、花陽ちゃん。提案した時からうっすらこうなると思ってたよ」

真姫「じゃあ、なんで提案したのよ…」

穂乃果「僅かな希望に掛けてみた!」

凛「かよちん!凛は?凛はおバカじゃないよね?」

花陽「勿論だよぉ」

ブーブーブーブーブー

凛「あっ…そっか。かよちん…凛の事バカだと思ってるんだ。真姫ちゃんは?」

真姫「思ってる」

凛「わあ!装置付けてないのに正直だにゃ」

花陽「凛ちゃん違うのぉぉぉ」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 23:50:32.04 ID:8AF9JHX70

穂乃果「なんかあれだね…。変な空気になっちゃったね」

にこ「あんたのせいよ!」

花陽「違うんだよ。ねえ?皆んなの事は大好きなの」

にこ「けど、バカだと思ってるのよね」

花陽「そうだけど」

にこ「そうだけど!!?」

花陽「あっ、違がうの。誰か助けてぇぇぇぇ」

にこ「助けて欲しいのはこっちよ!」

絵里「ねえ。もうやめましょうよ」

穂乃果「でも、まだやってない人いるよ?」

希「ん~残りはにこっちと…にこっちは別にやっても面白そうじゃないしなぁ」

穂乃果「確かに」

にこ「はあ?」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/01(月) 23:57:39.69 ID:8AF9JHX70

希「にこっちは基本的に透けて見えてるしな」

にこ「いや、そんな事ないわよ!」

希「いや、にこっちはええわ」

にこ「なんでよ!」

真姫「逆にやって欲しいわけ?」

にこ「そうじゃないけど…」

真姫「ならいいじゃない」

希「後は…ことりちゃんと凛ちゃん…」

にこ「ことり…」

穂乃果「おおっ!ことりちゃんの番か!」

ことり「私?」

希「ことりちゃんもやめておこうか!」

にこ「そうね。それがいいわ」

穂乃果「え?なんで?」

希「なんか…ことりちゃんは…怖いやろ?ウチの直感やけど」

にこ「そうよ。ことりはやめた方がいいわ。なんかとんでもない秘密を抱えてそうじゃない」

穂乃果「え~そうかなぁ」

ことり「どうしたの?」

希「いや、なんでもないんよ」

にこ「そうそう。こっちの話だから!」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/02(火) 00:02:27.72 ID:l2xcOE5z0

希「さあ、凛ちゃん!次は凛ちゃんの番や!」

凛「凛?」

希「そう。凛ちゃんの番。これ付けて」

凛「凛かぁ。あ~凛も秘密がバレちゃうのかなぁ」

にこ「何よ?秘密があるんだ」

穂乃果「花陽ちゃん知ってる?」

花陽「ううん」

希「よしっ!じゃあ、凛ちゃん行くよ?直球に聞くわ!何か皆んなに秘密にしてる事はありますか?」

凛「ん~…………秘密…………凛の秘密……………あれ?凛の秘密………………秘密………あれ?」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/02(火) 00:07:51.62 ID:l2xcOE5z0

希「別にないなら」

凛「いや、凛にだって誰にも言ってない秘密の一つや二つ…今思い出すから…」

にこ「普段何も考えてないから秘密なんてないのよ、多分」

穂乃果「そんな事ってある?」

にこ「目の前にいるじゃない」

凛「あっ!にこちゃんのプリン食べたけど希ちゃんが言っちゃったからな~。はあ…それを言わなければ…」

穂乃果「さっき凛ちゃんの事を記憶力がいいって言ったの撤回するよ」

にこ「そうね。それがいいわ」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/02(火) 20:36:07.32 ID:l2xcOE5z0

希「よ~し。凛ちゃん終了~」

凛「なんか納得いかないにゃ~。凛にだって秘密くらいあるはずなのに~」

にこ「頭空っぽってこういう時特よね」

穂乃果「そうだね。にこちゃんも特してるけどね」

にこ「はあ?」

真姫「二人共よ」

希「さ~いよいよお待ちかね。真姫ちゃんの番やね」

穂乃果「おおっ!」

真姫「やらないわよ」

希「え?やらないの?」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/02(火) 20:40:02.72 ID:l2xcOE5z0

真姫「やる意味がないもの」

希「…人にバレたらまずい事でもあるの?」

真姫「ないわよ…ってその手には乗らないから」

穂乃果「お~珍しい。真姫ちゃんが引っかからなかった」

にこ「流石に引っかからないでしょ。あんな使い古された手…」

凛「その使い古された手に引っかかるのが真姫ちゃんなんだけどね」

海未「…」

真姫「さっ、こんなくだらない事やったないで…」

ガシッ

真姫「な、何?」

希「なあ…ええやん?ちょっとだけ」

真姫「嫌よ」

希「やっぱり怖いんやん」


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/02(火) 20:42:40.46 ID:l2xcOE5z0

真姫「怖くないから。だいたい嘘発見器なんて平常心さえ保っていれば反応しないんだから」

希「ほう。じゃあ、平気やろ?冷静沈着な真姫ちゃんなら」

真姫「当然よ!」

穂乃果「結局引っかかってるじゃん」

にこ「簡単な奴ね」

希「さっ、真姫ちゃん。装置を付けてな」

真姫「ふん。何よ、こんな子供騙し」

ビービービー

穂乃果「既に反応してるけど」

にこ「ビビってるんじゃない」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/02(火) 20:46:03.44 ID:l2xcOE5z0

希「さて、何を聞こうかな~」

真姫「何でもいいから早く終わらせてよ」

ビービービー

穂乃果「何でもはダメみたいだね」

にこ「強がりね。本当に」

希「じゃ~真姫ちゃんは今日勝負下着を履いていますか?」

真姫「は?はあ?」

希「いいえで答えて下さい」

真姫「いいえ」

ビービービー

穂乃果「ええ…今日勝負する気でいたんだ…」

にこ「なんて破廉恥な…」

真姫「違うから!今日の朝の占いでラッキーアイテムだって言うから」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/02(火) 20:50:39.79 ID:l2xcOE5z0

穂乃果「そんな事を朝から言う占いもどうかと思う」

にこ「普通にセクハラよね」

ことり「何色なのかな…」

凛「凛は真姫ちゃんが勝負下着を持ってる事自体にビックリだにゃ」

希「さて、ウォーミングアップはこれくらいにして」

穂乃果「今のウォーミングアップだって」

にこ「思いっきり振りかぶってる様に見えたけどね」

希「ん~…真姫ちゃんは自分の事を可愛いと思ってます」

真姫「いいえ」

穂乃果「反応しないね」

にこ「真姫はてっきりそっちのタイプだと思ってたわ」


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/02(火) 20:56:56.54 ID:l2xcOE5z0

希「でも、可愛くなりたい?」

真姫「いいえ」

ブーブーブー

穂乃果「可愛くなりたいんだ。十分可愛いのに」

にこ「にこの次くらいにね」

穂乃果「それはどうだろう」

にこ「何だと!」

希「可愛くなりたいのはモテたりチヤホヤされたいから?」

真姫「いいえ」

穂乃果「反応なしか」

にこ「って言うか嘘発見器って言うよりも心理カウンセラーみたいになってるけど」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/02(火) 21:09:06.66 ID:l2xcOE5z0

希「じゃあ、どうして可愛くなりたいの?」

真姫「私は…私は嫌な子だから」

穂乃果「な、なんか…とんでもない方向に話が言ってるよ」

にこ「いよいよ嘘発見器関係ないわね」

希「どうしてそんな事言うの?」

真姫「素直じゃないし。嫌味ばかり言ってしまうし。欲張りでワガママで…凛や花陽の関係に嫉妬してるし…皆んなの事を好きになればなる程…私は自分の事が嫌になるの。こんな可愛くない私を…」

穂乃果「真姫ちゃん…そんな事思ってたなんて。真姫ちゃぁぁぁん」

凛「そんな事ないにゃ!真姫ちゃんは十分可愛いにゃ」

花陽「そうだよぉぉぉ。むしろ…可愛い過ぎるよぉぉ」

真姫「な、何よ。やめてよ。暑苦しから離れて」

ビービービー

凛「も~嘘ばっかりにゃ」

花陽「離さないよぉぉ」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/02(火) 21:11:30.93 ID:l2xcOE5z0

希「なんか…いい感じで終わったね」

ことり「そうだね」

絵里「私達のダメージは何にもチャラになってないんだけど…」

海未「……」

にこ「…ドンマイ」

おわり





『ラブライブ!』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿