TOP > ソウナンですか? > 【ソウナンですか?】ホマレ「シオンを食べようと思う」

【ソウナンですか?】ホマレ「シオンを食べようと思う」

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/27(土) 10:24:39.52 ID:Gowyzu6WO

ムツ「ソウナンですかーーーー!?」


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/27(土) 10:29:09.98 ID:Gowyzu6WO

アスカ「お、おいホマレ!シオンを食うって…どういうつもりだよ!?」

ムツ「そうですよホマレさん!シオンさんを食べるだなんて…」

ホマレ「……」

アスカ「あ、ああ!食うって言っても、アレだ!なんかの例え話なんだろ!?」

ムツ「そうですよね!?まさか…本当に人間の肉を食べるだなんてまね…



ホマレ「シオンの肉を食糧にしようと思う」



ムツ・アスカ「!!!」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/27(土) 10:38:28.32 ID:Gowyzu6WO

アスカ「そんな…いったいどうしてだ!?」

ムツ「説明してください、ホマレさん」

ホマレ「ああ。この『あほむし島』……いや、『あほむ島』は、4人分の食糧をまかなうには規模が小さいんだ」

アスカ「そんな…」
ムツ「『し』の字が…」

ホマレ「前々から気付いてはいたんだ。でも、言い出せなくてな」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/27(土) 10:48:50.13 ID:Gowyzu6WO

アスカ「言い出さなくて…良かったよ!そんなこと…ッ!!」

ホマレ「そうかもしれないな…」

ホマレ「私も、そんなこと気にせずに4人で過ごせたらいいな、なんて。そう思っていたよ」

アスカ「うう…っ」ぐすっ

ムツ「あの…どうして、どうして今なんですか?」

ホマレ「ん?」

ムツ「ホマレさんのことです。『言い出せなかったこと』を今になって言い出したからには…」

ムツ「なにか理由があるんじゃありませんか?」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/27(土) 10:52:06.90 ID:Gowyzu6WO

ホマレ「ああ、それはな。シオンの肉を保存するのに十分な量の塩の生産が完了したからだよ」にこっ


アスカ(こわっ!きっちり準備はしてんじゃねーか!!)ぞわっ

ムツ(うわぁ…さすがはホマレさんと言うか…)ぞわぞわっ


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 08:50:25.99 ID:+3JkWkRbO

アスカ「そ、そもそもなんでシオンなんだよ!?島にいる4人のうち、誰でもいいんじゃねーのか!?」

ムツ「そ、そうですよ!なにもシオンさんじゃなくたって…」

ホマレ「うーん、シオンが一番戦力にならないかと思ってな。それで、指名したんだ」

アスカ「戦力だって!?そんなっ!シオンだってがんばってるだろ!?」

ムツ「そ、そうですよ!シオンさんだって…」

ムツ「シオンさんだって……」



ムツ「……」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 08:52:40.38 ID:+3JkWkRbO

シオン『やっぱり次はシャワーだと思うの!』

シオン『フランス料理が食べたいわ!』

シオン『伊勢エビが~~』

シオン『ムニエルが~~』




ムツ「…………」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 09:00:44.84 ID:+3JkWkRbO

ムツ「…やっぱり、シオンさんは食糧にしちゃっていいんじゃないでしょうか?」


アスカ「お、おい!ムツまで何を言ってるんだ!?」

ムツ「えっと、ホマレさんが言うことも一理あるのかなー?なんて思えてきて…」

ホマレ「うむ。わかってくれたか、ムツ」

アスカ「なっ!?私は納得いかねーぞ!!」

ムツ「そう、ですか…残念です。アスカさん…」

ホマレ「ああ。口減らしはどうあっても必要なんだ…それが誰であれ、な」

アスカ「?」

ホマレ「ここまで聞いておいて…賛成してもらえないのなら、仕方ないよな……?」スッ


アスカ「!!?」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 09:08:47.24 ID:+3JkWkRbO

アスカ「あ!!私もやっぱシオンは食べちまった方がいい気がしてきたよ!!!」

ホマレ「む。そうか?」

アスカ「いやー!!シオンはおいしそーだなー!!なーんて思えてきてさーー!!」あせあせ


※アスカは生存本能に忠実だった!


ホマレ「はっはっは!わかってくれたなら良かったよ!」ばしばし

アスカ「あ、ああ!」ビクビク

ホマレ「アスカは力持ちだから、なるべく敵にしたくなかったからな!」にこにこ

ムツ「これで満場一致ですね!」

アスカ「お、おう!あほむ島バンザイ!今夜はシオンの肉でパーティーだ~~!」ガクブル


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 09:12:14.88 ID:+3JkWkRbO

ホマレ「よし!それじゃあさっそく作戦会議だ!」

ムツ「はいっ!」

アスカ「すまんシオン。これも私たちが生き残るためなんだ…」

ホマレ「今夜シオンが眠った頃に作戦を決行するぞ。詳細は…









シオン「あわわわわわ……」ガクブル じょぼぼぼぼ


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 09:23:22.83 ID:+3JkWkRbO

シオン(わ、私を食糧に…って!?)

シオン(さくせ…作戦は今夜!?つ、つまり…)

シオン(こ、こ、今夜…私はあの3人に……!?)


シオン「あばばばばばば…」じょぼぼぼぼ


シオン(そんな!そんなぁ!?絶対に嫌ですわ!!)

シオン(私は生きてこの島から帰りたいだけなのに…っ!)ぐすっ

シオン「に、逃げっ…!」

シオン(ここは四方が海の無人島…)


シオン「…逃げられない!!」ブルブルブルブル


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 09:31:27.82 ID:+3JkWkRbO

シオン(どうにか…どうにかしないと…)ブルブル





ホマレ「作戦は2人で決行する」

ムツ「えっ?全員で行かないんですか?」

ホマレ「ああ。寝込みを襲うわけだから、人手は一人でも十分なんだ」

ホマレ「むしろ、大人数だともみくちゃになって危険が増す」

ムツ「なるほど」

ホマレ「私が背後からシオンを絞めるから、念のためもう一人にシオンの逃走防止に脚を抑えててもらいたい」

アスカ「……なら、それ私がやるよ」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 09:37:07.40 ID:+3JkWkRbO

ホマレ「やってくれるか?アスカ」

アスカ「ああ。賛成した以上、私も責任を負いたい」

ホマレ「よし。頼んだぞ」

アスカ「…うん」

ムツ「あ、あの…だったら私、今夜は森の中に隠れていてもいいでしょうか?」

ムツ「無責任かもしれませんけど、その、シオンさんの最期を見てしまうの…なんだかつらくって…」

ホマレ「ああ。いいぞ」


ホマレ「私たちも……あまり見られたくはないからな」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 09:45:39.33 ID:+3JkWkRbO

ムツ「すみません。私だけ…」

アスカ「いいっていいって!私とホマレでパーっと片付けちゃうからさ!」

ムツ「はい…よろしくお願いします」



【夜】



シオン(な、なにも思いつかないまま夜になっちゃった…)ブルブル



ムツ「あ、私、森の方の様子を見て来ますね…」そそくさ

シオン(ひぃっ!?なに!?森でなにをするの!!?)ビックゥっ!

アスカ「気をつけてなー」

ホマレ「では、我々は寝るか」

ホマレ「明日もやることがたくさんあるからな…」


シオン(やるって!?なにをやるの??!!)ビクビク


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 09:48:24.10 ID:+3JkWkRbO

アスカ「そうだな。寝ようぜシオン」

ホマレ「ああ。おやすみシオン」

シオン(おやすみって!?おやすみってそういう意味での!!?)ブルブルブルブル


シオン「う……」


シオン「うぇ~~~~ん!!」ポロポロ


ホマレ「なっ!?」

アスカ「どうしたシオン!?」



シオン「たっ、食べないで~~!!」じょぼぼぼ


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 09:52:09.42 ID:+3JkWkRbO

ホマレ「チッ!聞かれていたか…!」

アスカ「どうするホマレ!?」

ホマレ「多少強引だが、このままヤるぞ!」シュバッ

アスカ「…くっ!」ガシッ


シオン「いやぁああああ!お願いたすけてええええええ!!!」びえーん!





シオン「お金なら!お金ならいくらでもあげるからぁああああああああ!!」





ホマレ「……ん?」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 09:57:06.56 ID:+3JkWkRbO

ホマレ「なぁシオン。今、なんて言った?」

アスカ「ホマレ?」

シオン「えっ?その、もし生きて帰れたなら、お金ならいくらでも差し上げる、と」

ホマレ「それは本当か?」

アスカ「ホマレぇ??」

シオン「は、はいっ!お父様が、きっといくらでもお支払いすると思いますわ」

ホマレ「ふむ…ではなんとしてもシオンは生かして家に返した方が得だなっ!」にこっ

アスカ「ええ…」


※ホマレは欲望に忠実だった!


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 10:04:43.59 ID:+3JkWkRbO

アスカ「おいおい。ここまできてマジかよホマレ…」

ホマレ「なんだ?アスカはお金いらないのか?」

アスカ「……いるっ!」


※アスカも欲望に忠実だった!


シオン「私、助かったの…?」

ホマレ「ああ!これからもよろしくな、シオン!」にこっ

アスカ(この状況でよくもまああんなさわやかな笑顔ができるな…)

シオン「や、やりましたわーー!!」ぴょんぴょん

シオン「『無人島に遭難したらお金なんて持ってても無駄』なんて嘘ですわ!資本主義の勝利よ!!」

ホマレ「資本主義バンザイだなっ!」にこにこ


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 10:10:01.67 ID:+3JkWkRbO

アスカ「なぁ。でもさ、食糧問題はどうすんだ?」

アスカ「結局のところ、この島で4人生きていくのは無理なんだろ?」

ホマレ「そうだな。一人分の口減らしは必要だ…」

シオン「と、言うことは必然的に…」

ホマレ「ムツだってこの口減らし案には賛成だったんだ。私たちの決定に納得してくれるさ」

シオン「仕方ありませんわ。私たちが生き残るために必要なことなんですから」

アスカ「食べていいのは食べられる覚悟がある奴だけ、ってことだよな…」

ホマレ「そうだな。これも生きるためだ!」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/28(日) 10:13:36.14 ID:+3JkWkRbO

ムツ(ごめんなさいシオンさん。これもみんなが生き残るためなんです…)


ムツ(私たちのために犠牲になってくださいね…!)




明け方、『あほし島』に首を絞められたニワトリのような声が響いたという…









おすすめ記事

コメントの投稿