TOP > シンデレラガールズ > モバP「お弁当つくるひと」亜里沙「お弁当箱あらうひと」

モバP「お弁当つくるひと」亜里沙「お弁当箱あらうひと」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:02:54.55 ID:8YokJYmwo

ちひろ「あら、プロデューサーさん。お弁当ですか?」

P「ええ、ここのところなんだかんだで、自分のお弁当は食べられなかったですからね」

P「やっぱり自炊を始めたからには自分で食べないと」

ちひろ「ここのところお弁当攻めでしたからね。羨ましい」

P「俺の胃袋はひとつしかないんです」

ちひろ「またまたそんなこと言っちゃって」

P「はっはっはっ、吐くほどスタドリを飲めば気持ちが分かると思いますけど」

ちひろ(目がマジだ)


2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:04:54.51 ID:8YokJYmwo

すまない。某「モバP「自炊始めたんですよ」ちひろ「へえ」」の亜里沙エンドなんだ。
先駆者には謝っても謝りきれない。


3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:05:51.57 ID:8YokJYmwo

ちひろ「ま、まあ、それで、今日はどんなお弁当何ですか?」

P「ええまあ、ちょっと揚げ物系を排して、カツオの時雨煮とほうれん草の和物です」

ちひろ「本格的ですね」

P(煮汁にカツオをぶっこんだだけなんだけどなぁ)

P「まあ、大したもんじゃないっすよ」 カパッ


『ごちそうさまでしたウサ ウサコ』


P「」

ちひろ「ほう、今回は搦め手ですね」


4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:06:38.15 ID:8YokJYmwo

P「ウサっ、ウサっ、ウサコっ!?」

亜里沙「(Pちゃんのお弁当、大変おいしかったウサー)」コソコソ

P「おう、褒めるのはいいから返せっ!?」

亜里沙「(ちゃんと分量を守った丁寧な仕事だったウサ)」

亜里沙「(好みを言えば、もう少し生姜の量を増やしてほしかったウサ)」

P「冷静に評価しないで!」

ちひろ「お弁当も作れるとかどこの完璧超人なんですか」

亜里沙「(ただし、彩りが地味で、詰め方が甘いウサ)」

P「自分で食べるからどうでもいいじゃない!」


5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:07:10.78 ID:8YokJYmwo

亜里沙「るるるー、あなたお弁当つくるひとー♪」 ススス

亜里沙「わたし、お弁当箱あらうひとー♪」

P「あ……! そういえば、食べた後、きっちり洗ってあった!」

ちひろ「そこなんですか」

亜里沙「はいPくん、代わりのお弁当ですよぉ」サッ

P「ぐわあーっ、眩しい」 ぺかー

ちひろ「何が眩しいんですか」

P「俺のお弁当より鮮やかだった……」

亜里沙「栗ご飯に小松菜と人参のナムル、だし巻き卵、白身魚のポン酢がけですよっ」

亜里沙「お新香も詰めときました」

P「完敗だ……」


6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:07:46.38 ID:8YokJYmwo

ちひろ「いやー、でも、こんなに品目を作ったら時間がかかるんじゃ……?」

P「栗ご飯を除けば大して時間がかからないっすよ」

P「これならお弁当用に繰り越しても朝にも回せるし」

亜里沙「ささっ、どうぞ。お茶も入りました」

P「うう……はい……」

P「ん」ムグムグ

P「う、う」

ちひろ「はい」

P「うまいぞぉー!!」

亜里沙「(勝ったウサ)」


7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:08:40.90 ID:8YokJYmwo

P「クソぉ、俺は事務所のレンジでごはんをチンする前提で作ったのに」

P「ちゃんとご飯が冷えてもおいしいお弁当になっている……」

ちひろ「ああ、なるほど」

P「亜里沙さん……俺は自炊初心者とはいえ、悔しいっ」

亜里沙「(千里の道も一歩からウサ)」

P「ウサコちゃん……」

亜里沙「先生も、学生の頃は一杯失敗してがんばったんですよぉ」

亜里沙「それに、まだまだ未熟ですから」

P「そうだったのか」

ちひろ「なんですかねこれ」


8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:09:09.41 ID:8YokJYmwo

――しばらくして。

P「ふー。ごちそうさまでした」

亜里沙「お粗末さまでした」

亜里沙「(ウサ!)」

P「えーっと、そうだ、お弁当洗わないと」

亜里沙「あ、先生が洗いますよ」

P「いやいや、ここは、せっかくお弁当を交換したことになるわけで」

亜里沙「あ……」

亜里沙「えへへ、はいっ」

P「ん、んん。あなたお弁当つくるひとー」

P「わたしお弁当箱あらうひとー♪」

ちひろ「キモイ」


9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:09:36.15 ID:8YokJYmwo

P「でも、お弁当って洗うのが大変ですよね」ジャー

亜里沙「え?」

P「お弁当っていうか、食事っていうか……」

P「食器を流し台に突っ込むだけで、ちゃんと毎日洗い物をしたことがなかったので」

P「お弁当作ってから、これを毎日って思うとげんなり状態で……」

亜里沙「そうよねぇ」

P「なんか、どうせまた明日使うのに洗うんかい! みたいな空しさが」

亜里沙「世のお母さんたちは大変なんですよ」

P「毎日繰り返すと辛いっすわ」

亜里沙「ふふ、でも、こうして二人だと、楽しいでしょっ」

P「……うん。はい」


10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:10:08.66 ID:8YokJYmwo

亜里沙「同じことの繰り返しってね、大事なことなの」

亜里沙「手洗いもうがいも、それこそ、歌やダンスのレッスンも」

亜里沙「繰り返さないと身につかないでしょう?」

P「んー、洗い物とかはね。結局汚すのに元に戻さないといけないのがなぁ」

亜里沙「元に戻すんじゃなくって、キレイにするのよっ」

亜里沙「ほら、キュッキュッきゅー」

P「おう、キレイキレイ」

亜里沙「はい、よく出来ました♪」

P「やったー」


11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:10:35.00 ID:8YokJYmwo

亜里沙「それにしても……」

P「ど、どうしました」

亜里沙「もしかして、Pくん、普段から洗い物を貯めこんでいるんじゃ……」

P「うっ」ギクッ

亜里沙「Pくん?」

P「いやその……し、仕事がイソガシイ……」

亜里沙「ダメですよぉ、面倒がっちゃ」

P「そうですけど……」

亜里沙「……よし」

P「はい?」

亜里沙「先生が住み込みしてあげますっ」

P「えええー!?」


12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:11:10.85 ID:8YokJYmwo

――P宅。

P「住み込みはアカンて。アイドルなんだし」

亜里沙「だから、せめて一回くらいは指導しないと」

P「お、おかしいな、保育士さんはハウスキーパーの資格も込みでしたっけ」

亜里沙「おじゃましまーす♪」

P「うわあー、普通に入っちゃらめぇー」

亜里沙「(ぐふっ、汚いウサ!)」

P「ああ、全然片付いてないんです」

亜里沙「片付いてないというより片付けてない、ですねぇ」

P「……はい」


13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:11:40.48 ID:8YokJYmwo

亜里沙「なるほど、洗濯はしても棚にしまわない」

P「はい」

亜里沙「洗い物はするけど、水切りカゴに満杯にしたまま」

P「そうです」

亜里沙「仕事の書類は机の上に積み上げっぱなし」

P「ごめんなさい」

亜里沙「……ふう」

P「A型です」

亜里沙「知ってます♪」

亜里沙「さ、明日はお休みですから、今夜にまとめてやっつけしちゃいましょう!」

P「あーっ!(えっちなグラビアがバレる!)」

亜里沙「えっちなのは大体把握してますからねぇ」

P「ひいっ」


14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:12:16.47 ID:8YokJYmwo

亜里沙「使わないものは捨てちゃいましょうねぇ」

P「ヤダヤダ! この雑誌は初めて自分でグラビア仕事を取った時のなんだい!」

亜里沙「事務所に資料として取っておけばいいじゃないですか」

P「ちひろさんが許さない」

亜里沙「ああ……」

P「記念品だから!」

亜里沙「記念品を床に置かない」

P「ハイ、ソノトオリデス」

亜里沙「洗い物はすぐ整理する」

P「毎日整理するのが大変なんだもん!」

亜里沙「毎日アイドルを呼ぶつもりでやりましょう☆」

P「何その変態プロデューサー」


15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:12:52.21 ID:8YokJYmwo

亜里沙「えっちな本(巨乳)」

P「はい」

亜里沙「えっちな本(爆乳)」

P「ええ」

亜里沙「えっちな本(貧乳)」

P「うん」

亜里沙「……」

P「いやその」

亜里沙「えっちな本(触手)」

P「ええと」

亜里沙「えっちな本(性転換)」

P「ちゃうねん」

亜里沙「とりあえず破いちゃいますねー♪」グッ

P「はうあーっ!」


17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:13:27.19 ID:8YokJYmwo

亜里沙「冗談ですけど、Pくん……性癖は選んだ方が……」

P「何にでも対応できるように」

亜里沙「(ついていけないのはこっちウサ!)」

P「本当にそうですね」

亜里沙「もう~、あっ、人形姦……?」

P「ウサコは使ってない」

亜里沙「何なら使ってるのかなぁ~?」

P「……」


18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:14:40.20 ID:8YokJYmwo

亜里沙「はぁーい、そういうわけで、これはもう、一晩じゃおわり、そうに、ないですね」

P「……ふぁい」

亜里沙「なので、夜ご飯にしましょうっ」

P「あい」

亜里沙「Pくん、つくる?」

P「……そうですね」

P「ふふっ、初級自炊ストの力を見せてやりますよ」

亜里沙「わ~」パチパチ

P「じゃ、えーと、早速レシピを……」

亜里沙「ホントに初級者なのね」


19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:15:35.03 ID:8YokJYmwo

――しばらくして。

P「作ってやりましたよ! 鶏肉が余ってたので照り焼きと、れんこんの酢きんぴらと野菜汁!」

亜里沙「盛り付け方がまだまだですっ♪」

亜里沙「照り焼きはちゃんと冷めてから切らないと……」

P「くっ、そんにゃ余裕はないにゃ!」

亜里沙「ちょっとずつ覚えて行けばいいのよ」

P「ぐふっ、俺がいつもアイドルに言ってる……」

亜里沙「……うん」モグモグ

亜里沙「おいしい!」ムグムグ

P「っし!」

亜里沙「味付けはちゃんと出来てます」

P「ですよね~」

亜里沙「レシピ持ってウロウロしたりしてなければ合格点」

P「ぐぬぬ」


20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:16:18.03 ID:8YokJYmwo

亜里沙「もう、包丁持ちながら首っ引きになっちゃ、危ないんですからね」

P「お母さんみたいなこと言わんでください」

亜里沙「あ、お漬物とか、そういうのが足りない」

P「うう……漬物は苦手なんどす……」

亜里沙「ささっ、Pくんも食べて食べて~」

P「あい、いただきまーす」

亜里沙「(ウサコも満足ウサ!)」

P「ウサコは何食ってんだ」


21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:16:56.71 ID:8YokJYmwo

亜里沙「ごちそうさまでした」

P「ごちそうさまです」

亜里沙「じゃ、先生おかたづけしますね」

P「あ、いや、自分のやつだし、自分で……」

亜里沙「だ~め、座ってて」

P「お客様は亜里沙さんなんですけど」

亜里沙「ふふ、あなたお料理つくるひと~」

亜里沙「わたし、お皿をあらうひと~♪」

P「うむむ」


22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:17:27.48 ID:8YokJYmwo

亜里沙「~♪」

P(それにしても……)

亜里沙「ふんふふふー」

P(洗い物してる女の人ってエロいな)

亜里沙「ふぅ、ふぅ、ふーん♪」

P(腰振られるとさらにエロく)

P「うむ」

P「うむ」

『(興奮しすぎちゃダメウサ)』

P「!?」


23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:18:00.01 ID:8YokJYmwo

亜里沙「はい、終わりましたよっ」

P「いま、なにか、あの」

亜里沙「……Pくん、いいですか」

亜里沙「こうやって、同じことを繰り返して、成長していくんですよぉ」

P「あ、はい」

亜里沙「同じ失敗を繰り返しても、ちょっとずつ、変えていけばいいんですっ」

P「そうだな」

亜里沙「ふふ、えらい、えらい」ナデナデ

P「ん……」

P(まあいいか)


24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:18:34.33 ID:8YokJYmwo

P「亜里沙さんも、いつもありがとう」

亜里沙「へ?」

P「なんだかんだ、年少組のレッスンに付き合ったり……引率したり……」

亜里沙「あ、ああ、そんなの、いいのよっ」

P「えらいえらい」ナデナデ

亜里沙「あ……」

P「よしよし」ナデナデ

亜里沙「ん、ふぅ」モジモジ

P「はい」ナデナデ

亜里沙「……えへへ」


25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:19:06.26 ID:8YokJYmwo

――翌日。

ちひろ「で、二人して出社して、どこまで行ったんですか?」

P「ああ、包丁の研ぎ方から、食器のしまい方まで教えられましたよ……」

ちひろ「なんか寝不足ですね。まさか一晩中……?」

P「せやな。家事指導をな」

ちひろ「……お弁当つくってきたんですか?」

P「もちろん。二人してな」

ちひろ「ふ~ん」

P「ふわぁ」

P「今夜はどっちがどっちかねぇ」

P「つくるひとも、あらうひとも、大変なんだよな……」


亜里沙「Pくーん♪」

P「はーい、お昼にしましょうかー」

亜里沙「おー♪」


26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:20:39.40 ID:8YokJYmwo

やった! 嫁エンドだ!
嫁ってかお母さんみたいな感じだけど!


29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 22:39:09.93 ID:8YokJYmwo

長野行った時は竹風堂の栗おこわおいしかった…
重ね重ね、先駆者様に感謝しつつ落とします(*´ω`*)


31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/29(水) 23:55:44.32 ID:lsmSTASHO

亜里沙てんてーは母性エロい、台所にたってる所をややタイト目なデニムを履いてぴっちりしてるお尻を撫で回したい





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿