TOP > シンデレラガールズ > 飛鳥「夢見るピエロと魔法使い」

飛鳥「夢見るピエロと魔法使い」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/22(火) 20:53:07.30 ID:GaZm3hrC0

モバP「……はぁ」

飛鳥「どうしたんだい、プロデューサー。溜息なんてついて」

モバP「あー…いや、まあ、な。俺もまだまだ飛鳥の魅力を引き出してやれてないなと…」

飛鳥「…ああ、なるほど。シンデレラガール総選挙のことだね?」

モバP「…すまん」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/22(火) 20:54:26.73 ID:GaZm3hrCo

飛鳥「フフ、キミが謝ることじゃないだろう。1位に輝いた渋谷凛さんをはじめ、みんな人気の高い魅力的なアイドルなんだ。誰が選ばれてもおかしくはないだろう?」

モバP「…そうだな」

飛鳥「たしかに新人でも上位に入ってる人もいるさ。でも大事なのは見てくれだけじゃない」

飛鳥「新人でもそういう素質を見つけて輝かせたプロデューサーの手腕、ってやつかな」

モバP「…そういう意味では俺はまだまだ実力不足だった、ってことだよ」

飛鳥「うん、そうだね。キミがそう思うならきっとそうなんだろう」

飛鳥「キミはボクのことを理解ろうとしてくれていたし、プロデュースのやり方も悪くなかった、とボクは思うけどね」

モバP「そう、かな…そう言ってもらえるのはありがたいが…」

飛鳥「そうだよ。結局のところボクに足りなかったのは―――」

モバP「待て飛鳥。それ以上は―――」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/22(火) 20:54:52.50 ID:GaZm3hrCo

飛鳥「…冗談だよ。もっとも、笑えない冗談だったかな」

モバP「…まったく。ひやひやさせてくれるな、お前は…」

飛鳥「…ボクはそれが間違っているとも思ってないけどね」

モバP「おい」

飛鳥「だってそうだろう。キミのプロデュースは悪くなかった」

飛鳥「ボクはそう思ってるんだ。なのに結果が伴わないってことは―――」

モバP「飛鳥。たった今自分の言ったことを思い出してみろ」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/22(火) 20:56:20.46 ID:GaZm3hrCo

飛鳥「…ごめん」

モバP「…いいか飛鳥。俺は自分に責任があったと思ってる。お前も同じだな?」

飛鳥「そうだね。ボクらは似た者同士、ってやつかな」

モバP「そして同時にお互いに相手は悪くないとも思っている。なんでだと思う?」

飛鳥「決まっているだろう。ボクはキミに最大限の信頼を置いているんだから」

飛鳥「そう思わせるだけのことをキミはボクにしてきてくれた」

モバP「そう。それは俺も同じだ」

モバP「お前の活動を見てきて、アイドルに対し真摯に向き合っていると感じた。だから俺も飛鳥のことは信頼してる」

飛鳥「…面と向かって言われると気恥ずかしいものがあるね」

モバP「つまりお互いに信頼し合っている…にも関わらず自分を否定すると?」

飛鳥「…自分を信頼してる相手を裏切ることになる、ってことかな?」

モバP「俺はそう思う」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/22(火) 20:56:53.03 ID:GaZm3hrCo

飛鳥「でもちょっとズルいんじゃないかな。先に責任について言い出したのはキミだろう」

モバP「おっと、それは大人のズルさってやつだ。俺はまだまだ足りない、と言ったんだぞ?」

飛鳥「…なるほどね。自分を完全に否定するのではなく、もっと先がある、と」

モバP「そうだ。そして今回の総選挙で上位に輝いたアイドルとそのプロデューサーはその先に進んでいた。それだけのことだ」

飛鳥「…そう、だね」

モバP「ああ、そうだ。――だからもう泣くな」

飛鳥「…泣いてなんかないよ」

モバP「嘘つけ。目は赤いし目尻は潤んでるしどう見たってさっきまで泣いてましたって顔してるぞ」

飛鳥「泣いてなんかないよ」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/22(火) 20:57:18.63 ID:GaZm3hrCo

モバP「…ときどきお前って強情だよな。まったく…」(ギュッ

飛鳥「あっ…」

モバP「無理なんかしなくてもいい。どんなに大人ぶったってお前はまだ子供なんだ」

モバP「自分でもわかってるだろ? 今はまだそれでいいんだよ」

モバP「ここからまた2人で頑張ればいい。他のアイドルだってそうやってきたんだ」

モバP「だから悔しいときは素直に泣いていいんだよ、飛鳥」

飛鳥「……まったく…キミは…」

飛鳥「…なんでも見透かしたような風に言って…ずるいじゃないか…」(グスッ

飛鳥「…これじゃボクは道化だよ…もう…」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/22(火) 20:58:21.76 ID:GaZm3hrCo

モバP「ピエロ、か…いいんじゃないか、それでも」

飛鳥「どうして? ピエロなんて滑稽なだけじゃないか」

モバP「でも人を笑わせることができる」

飛鳥「誰にもその仮面の下の素顔を見せられないだろう」

モバP「でも夢を見せることはできる」

飛鳥「…最期には飽きられて見向きもされなくなるかもしれないよ」

モバP「それでも―――救われた人の心にはきっといつまでも残る」

飛鳥「……」

モバP「な? ピエロだって案外捨てたもんじゃないだろ」

飛鳥「…自分に都合のいいように言ってるだけじゃないか」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/22(火) 20:58:49.88 ID:GaZm3hrCo

モバP「夢を見るのは自由だろ? 未来は無限の可能性をもってるんだから」

飛鳥「…ピエロがシンデレラの夢を見るって言っても?」(クスッ

モバP「もちろん。飛鳥が望むなら俺はいくらでも力を貸すさ…頼りないかもしれないけどな」

飛鳥「…ま、そこまでしてくれると言うなら道化でもいいか…うん、悪くない」

飛鳥「…夢見るピエロ、か…」

モバP「道化のまま終わるか、夢をつかみ取るか…すべてはここから、だな」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/22(火) 20:59:16.18 ID:GaZm3hrCo

飛鳥「うん、そうだね。だからプロデューサー…」

モバP「ん?」

飛鳥「もしもボクが挫けそうになったときは…」

モバP「…ああ。俺が支えてやる」

飛鳥「…頼もしいね、魔法使いさん?」

モバP「どこかのお姫様は繊細だからな。魔法使いもがんばらなきゃ」

飛鳥「…それじゃ、プロデューサー」




飛鳥「―――魔法をかけて、ね?」




おしまい


10: ◆Ifhe8SP7qY 2014/04/22(火) 21:00:18.16 ID:GaZm3hrCo

短いけど書かずにいられなかった。反省はしている
凛ちゃんシンデレラガールおめでとうございます!
残念ながら飛鳥ちゃんは51位という結果に終わってしまいましたが…
またこれからSRが登場したりすれば次回はもっと頑張れると期待してます
第三回総選挙で飛鳥を応援してくれたプロデューサー諸兄に感謝を!

それでは見てくださった皆様ありがとうございました


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/22(火) 21:03:21.13 ID:xpkot59qo

はあ飛鳥ちゃんかわいい
こういう掛け合い好きよ、乙





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿