TOP > シンデレラガールズ > モバP「プラセボ効果とノセボ効果?」

モバP「プラセボ効果とノセボ効果?」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:43:11.99 ID:2G9hiHtyo

モバP「って何だ?」

志希「んー? 簡単に言うとねー、効くと思えば効くし、効かないと思えば効かないって事かな」

モバP「? いや、ぜんぜん簡単じゃないぞ?」

志希「そうだねー……うん、実はさっきキミのお茶に、志希ちゃんお手製の超強力下剤を混ぜといたのさー!」

モバP「な、何だってー!?」


2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:44:11.92 ID:2G9hiHtyo

志希「にゃははー! どうかなーどうかなー?」

モバP「うっ……そう言われると、おなかの調子が……」

志希「うんうん、そうだろーそうだろー!」

志希「っとゆーのは嘘なのさー♪」

モバP「は? え? 一ノ瀬……?」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:45:02.83 ID:2G9hiHtyo

志希「混ぜ混ぜしたのは事実だけどー、あたしが入れたのはタダの小麦粉だから、それでお腹痛くなったりはしないよー♪」

モバP「な、何だよ。まったく脅かすなよ」

志希「それで、お腹痛いのはどうなったのかなー?」

モバP「あ、そういえばもう何ともないな」

志希「でしょー? つまりー、実際には何の薬効が無くても、きっと効くぞと思いこめば、そーゆー効果が出てきちゃうんだよねー」

志希「これがプラセボ効果ってゆー」


4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:45:51.06 ID:2G9hiHtyo

モバP「なるほど。つまり、媚薬だと言われれば、水を飲まされても体が敏感になってきちゃうというアレだな」

志希「女の子相手にその喩えはどうかと思うけど……ま、そーゆー事だね。それだけじゃなくって、お薬の効能自体が上がったりもするけどねー!」

モバP「ははは、初対面でいきなり『惚れ薬欲しい?』なんて聞いてくる相手にそんな気遣いはいらないだろ。プラセボ効果は分かったけど、それじゃもう一つのノボセ効果ってのは何なんだ?」

志希「キミもさらっと失礼だよねー! まーいーけどさー」

志希「それにノボセじゃなくてノセボ効果ね。これはプラセボ効果の逆」

モバP「逆?」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:46:36.34 ID:2G9hiHtyo

志希「そー。今度は効かないと思ってお薬飲むと、ホントに効かなくなっちゃうってゆー効果」

モバP「え、そんなこともあるのか? 本当に?」

志希「そーだよー。あ、これってプロデュース業も同じなんじゃない?」

モバP「ん、どういうことだ?」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:47:07.44 ID:2G9hiHtyo

志希「にゃははー♪ あたしたちは患者さんで、プロデューサーのキミはお薬ー!」

志希「患者さんがお薬の効き目を本気で信じられるなら、きっとスッゴい効き目でさー♪ それこそ、瀕死の重病人も元気に踊り出しちゃうくらいー♪」

モバP「……ああ、うん。その通りかもな。俺が一ノ瀬にアイドルという魔法をかけるにも、まずは俺のことを信じて貰わないとはじまらないからな」

志希「まーあたしはこんなんだからさー、魔法なんて信じないんだけどねー!」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:47:44.23 ID:2G9hiHtyo

モバP「おいおい、なんだよ。せっかくうまいこと言ったと思ったのに」

志希「にゃははー♪ キミはやることは面白いんだけど、言うことはイマイチなんだよねー」

モバP「そこまで言うことないだろー。いくら俺でも傷つくぞ?」

志希「だからさ……」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:48:20.18 ID:2G9hiHtyo


志希「言葉じゃなくて行動でさ……あたしにキミを信じさせてみてよ?」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:49:02.96 ID:2G9hiHtyo

モバP「お、おい、一ノ……んっ……」グイ

志希「ん…………っぷはっ! にゃははー♪ やっぱりキミは良い匂いがするねー♪」ハスハス

モバP「っ……おい、こんなこと冗談じゃ……」

志希「もいっかいー♪ ん~~♪」

モバP「…………ぷはっ、くっ、一ノ瀬……」

志希「もう、一ノ瀬じゃなくて、どうせだから名前で呼んで欲しいなー!」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:49:37.80 ID:2G9hiHtyo

志希「それにね、キミの匂いドンドン強くなってきてるよ?」サワサワ

モバP「一ノ瀬……もう止せ……」

志希「にゃはは♪ ホントはね、さっき混ぜてたんだ」

モバP「何を……だ?」

志希「分かってるでしょ? ほら、体も熱くなってきてる……」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:50:10.80 ID:2G9hiHtyo

モバP「っ……それも、プラセボ効果、なんだろ?」

志希「そうかもねー。だけどさ、それを信じるも信じないも、君次第だよ?」

志希「何かあっても……それはあたしの薬のせい、だから」

モバP「っ……」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:50:42.54 ID:2G9hiHtyo

モバP「ダメだッ!」ドン

志希「ッ……痛た。もう、乱暴に突き飛ばさないでよ!」

モバP「ハー、ハー……」

モバP「俺は、プロデューサーなんだよ!」

志希「……だから?」

モバP「だから、俺は……お前をそういう対象には、出来ない」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:51:09.37 ID:2G9hiHtyo

志希「だったら!」

モバP「お前は、アイドルになるんだ、志希!」

志希「ぁ……」

モバP「だから、ダメだ」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:51:37.06 ID:2G9hiHtyo

志希「っでも……」

モバP「でもじゃない!」

モバP「……頭の良いお前なら、分かってくれるな?」

志希「分からないよ……」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:52:03.48 ID:2G9hiHtyo

モバP「お前は間違いなく、素晴らしいアイドルになる、この俺が保証する」

志希「そんなこと……」

モバP「俺が信じられないか、志希?」

志希「……」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:52:42.51 ID:2G9hiHtyo

志希「はぁ……ズルいよね」

モバP「何がだ?」

志希「ぜんっぜん、何の根拠もないし、否定材料しか思いつかないのにさー」

志希「どうしてか、信じてみたくなっちゃうよ」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:53:24.05 ID:2G9hiHtyo

モバP「はは、伊達に何人もプロデュースしてないさ」

志希「前言撤回ー! やっぱり信じられないー!」

モバP「はいはい、まあ信頼はこれからじっくりと作っていくさ」

志希「あたしとしてはさー、今すぐ確証って奴がほしいんだけどねー」

モバP「さっきも言ったけど、志希のカワイさがあれば十分アイドルとしてやっていけるさ」

志希「ぅ……ま、まあそこにキミの力が加われば、そうなのかもしれないけど……」

モバP「勿論だ、俺も全力でプロデュースするさ」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:53:56.65 ID:2G9hiHtyo

モバP「さ、もう遅いからな、送っていくよ」

志希「んー駅までー?」

モバP「家までちゃんと送るよ」

志希「家の中まではー?」

モバP「そこまで面倒は見れませんー!」

志希「ケチー!」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:54:28.22 ID:2G9hiHtyo

モバP「はいはい、明日は初回のレッスンがあるからな、しっかり休むんだぞ?」

志希「分かってるよー、そこまで子供じゃないんだからさー!」

モバP「そういう反応してるうちは子供たっての」

志希「子供はキライー?」

モバP「んーそうかもしれないぞー?」

志希「むー……」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:55:14.73 ID:2G9hiHtyo

モバP「ほら、ここでいいんだろ?」

志希「あー、うん。そー此処此処ー」

モバP「あー志希……」

志希「ん?」

モバP「俺はお前を信じてるからな。よし、それじゃまた明日な」

志希「あっ……にゃっはっは♪ 明日かー、うん、うん!」

志希「にゃーっはっはっ♪ にゃーっはっはっはっはー♪」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:56:06.89 ID:2G9hiHtyo

ちひろ「それじゃあ志希ちゃん、そろそろ出発して貰いますけど、準備は良いですか?」

志希「にゃはは♪ ばっちこーい♪」

ちひろ「くすっ♪ ずいぶん気合い十分ですね」

志希「今日のために、昨日からちゃんと準備してきたからねー!」

モバP「おう、初めは辛いかもしれないが、お前ならきっとやれるさ」

志希「んー♪ そう言われたら頑張るしかないよねー♪」


22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:57:01.62 ID:2G9hiHtyo

志希「あっ♪ でもその前に、お薬飲んどかないとね♪」

ちひろ「お薬ですか? あれ、志希ちゃん病気なんかしてました?」

志希「病気ー? んー、そうと言えばそうなのかなー? まあ定期的に取らないといけないんだよねー!」

ちひろ「? そうなんですか?」

志希「うん、そういうことー♪」

モバP「へっ!?」グイ

志希「~~♪」

ちひろ「」


23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:57:30.52 ID:2G9hiHtyo

志希「ぷはっ! よし、じゃあいってきまー!」バタン

モバP「」

ちひろ「」

ちひろ「はっ……プ、プロデューサーさん!? あなた何して、いったい志希ちゃんに何したんですか!?」

モバP「ち、違いますよ! 誤解です、誤解!」

ちひろ「何が誤解なんですか! アイドルに手を出しておいて!」

モバP「だから、それが誤解なんですってば!」


24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/04/16(水) 00:58:08.94 ID:2G9hiHtyo

志希「にゃっははははー♪」

志希「アイドルって楽しいかもー♪」



おわり





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿