TOP > 化物語 > そだちドエル

そだちドエル

2019/08/04 20:02 | 化物語 | コメント(0)
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:40:28.86 ID:syA0W5F40

化物語のssです。


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:42:01.14 ID:syA0W5F40

起こす声が聞こえなくて起きる

天井が見慣れなくて驚く

驚いている自分に驚いている

そうだった時のほうがずっと長かったのだけれど

寝すぎだ。それでも

このまま寝ていても誰も困らない

私が困るだろう後々

じゃあ洗濯しようと

洗濯機を音を聞いている

天気が悪そうだけれど

部屋の中で干せばいい

水の音と機械の音が嫌いではないけど

いまは時間の流れを表しているような気がしている

一人暮らしは何度かしているけど

金がかかって仕方がない

なにをしても金がかかるんだ

電話もそうだ

もういらないかな

いや

電話が鳴ってる

いらないのだけど


電話が鳴って阿良々木が来るって

・・・くるのか


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:42:52.27 ID:syA0W5F40

2層式の洗濯機の存在はしっていたけど

あれってどう使うのだろうか?

片方は洗濯で

もう片方は脱水でだろうけれど

違う

阿良々木が来るのか


食器洗いをしよう

水飛沫が散っている

身軽な水飛沫を見ながら

皿を洗っている

これも違う


何時に来るんだ?

というか何時に来るのか言え

もう向かっているのか?

阿良々木は来ているのか?

なぜあいつは来るのか?

説明が欲しい


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:43:49.64 ID:syA0W5F40

電話をしてみる

私は電話をかけられる

成長したものだなと思う

出ろ阿良々木

出た

来るの?本当に来るのか?

来るの?

いつ来るの?

すぐ来るって?

そう

来るの

わかった

電話をきったら

気づく

なんでって聞けなかったことに

今度聞くっていつも思ってるのだけれど

それよりも

いやだから何時に来るんだあいつは

すぐじゃない。すぐって何時だ?


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:44:43.77 ID:syA0W5F40

電話が震える

私も少し震える

阿良々木の家からだ

遅れるって

待ってないって

言ってやった

雨が降るかもってことも

また切ってから思う

なら最初からすぐ来るって言うなって


6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:45:43.38 ID:syA0W5F40

そうだ、なんか買ってこいって

言えば良かった

何か買いに行かなくてはなんて

考えなければ良かった、考えなくていいものを

気づいたら

もう買い物に出てしまっているし

でも行っている間に阿良々木が来たらどうしようか

家の前で阿良々木が待っていたら最悪だ

帰ればいいのに

帰れ阿良々木


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:46:38.20 ID:syA0W5F40

私は今、部屋にいないからって連絡すればいいか

連絡したら阿良々木は来ないって言わないだろうか

言えばいい、それでいい

来るな阿良々木


それもダメかな・・・阿良々木にかけなおそうか

面倒くさいな阿良々木は


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:48:08.12 ID:syA0W5F40

焦っていたのか

頭が回らなかったのか

間違って阿良々木の家にかけてしまった

切ろう

出た

逃げれないかな

どこに

大きな声が聞こえる

あいつの妹が出たじゃないか

はいこんにちは

えっと阿良々木は?

阿良々木はたくさんいるって?

そうじゃなくて

・・・阿良々木君は?

分かるでしょ?

分からない?何で?

・・・・・・暦君はいますか?

声が怖い?

そんなこと言わないで

じゃなくてあいつは?

ああ、そうなの?

わかった

それと、大した用じゃないから私が電話したってことは言わないでねって

すぐに切った


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:49:07.62 ID:syA0W5F40

イライラしたから

今度こそ阿良々木に電話だ

・・・出ないし

留守電に電話にでろって一言言って

切った


結局今回もなにも伝えられなかった

だいたい阿良々木に伝えることなんていつもできない

買い出しも終わって家に着いて

そうだ阿良々木が来てから一緒に買い出しにいけば良かったんだ

それから買い物袋を置いた


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:51:15.37 ID:syA0W5F40

阿良々木から電話がかかってきている

さっきの電話のせいだ

私のせいだ

出たくない気分だから眺めている

間違っても留守電に言葉なんて入れないでって

でも切り替わる

なにかぼそぼそ言っているようだ

はっきり喋れ阿良々木


なんとなく聞く気になれないから

このまま消去しよう

してやる

した

限りない達成感を感じる

きっと今日一番の喜びだ


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:52:25.36 ID:syA0W5F40

そのまま部屋の中で電話を握りしめたまま

横たわる

ゴミ箱が視界に入って

ゴミ箱の中のゴミを捨てたくてしょうがない

でも今日はゴミの日でもないから

お前に早く嫌いだって言おう

そんなことを話したくて仕方ない

それまでじっとしていよう

いつかそうしていたように

だけれど以前、家で体育座りをしていたら

阿良々木に止められたのでそれもできない

来ないなって思うこともできないな

だから電話を握りしめたままで


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:53:18.04 ID:syA0W5F40

ここは世界で唯一の私がいていい場所なんだから

これ以外に無くて

お前がいることがすごく不自然なんだ

いつも何を話していいか、考えても思いつかない

阿良々木は何を留守電に入れていたのだろう

消すのでは無かったなと思ってしまい

後悔したことに後悔している


さっき阿良々木家へ奇しくもかけてしまった電話から阿良々木が家をでたのが

かなり前だと言うことがわかった

遅れるとも阿良々木はいっていた

どっちなんだろう

もう来てもおかしくないし

来なくてもおかしくない

私はおかしい


13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:54:22.11 ID:syA0W5F40

もう一回阿良々木にいつ来るの?なんて電話をすれば

それを来てほしい意味で捉えられたら

死んでくれないかな、互いに


カーテンを開けて窓の外を見る

久しぶりにカーテンを開けた

世の中色んな人がいるよねって

眺めていたら

阿良々木がいた


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:55:02.47 ID:syA0W5F40

ウロウロしている

迷ったの?どうしようもないやつだ

私は阿良々木に気づいているが

阿良々木は私に気づいてない

一度カーテンを閉める

落ち着け

一度飲み物を飲んで、これはさっき買ってきたやつだ

握りしめた電話が震える

もしやと思い

カーテンを少し開けて

こっそり阿良々木を見る


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:55:40.84 ID:syA0W5F40

電話だ

あいつ私に電話してきやがった

一瞬で切った

何をやっている

何の為にかけてきた

何で生きている

匍匐前進の姿勢でカーテンの隙間から窓を覗く私も

何で生きている


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:56:27.58 ID:syA0W5F40

阿良々木はまたもうろうろしている

すごいな。不審者だあいつは

通報したら捕まるだろ

私はしない。面倒だから

このまま見ていたらだれか通報してくれるでしょう

少し楽しくなってきたかもしれない


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:57:02.23 ID:syA0W5F40

暫く見ているとおかしいことに気づく

いやずっとおかしかったから

どうも阿良々木は道に迷っている風じゃない

私の家の前をいったりきたりしている

どういうことだ?

電話を握りしめたままであいつは

本当に通報してもらいたいの?

お前は私と違うでしょ


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:57:38.81 ID:syA0W5F40

ドアを開けて鍵を閉めてステップを降りて

私がお前を見つけるのだけれど

お前がいるのだけれど

話しかけることができない

電話を握りしめたままの私は


電話が鳴る

阿良々木ではなく阿良々木の家からだ


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 22:59:00.07 ID:syA0W5F40

火憐「兄ちゃん着いたか?」

育「いやまだいないけど」

火憐「まだ!?大分前に家をでたんだけどなあ?」

育「遅れるって連絡あったけど。どうでもいいけど何か用事があるんでしょ?別にいいけど」

火憐「無いない。全然ねーよ兄ちゃんに予定なんて」

火憐「今日だってずっとうろうろしてたぜ」

火憐「兄ちゃん変なところでチキン野郎だから老倉さん家に行くのびびってるんだよ」

育「嫌だから?」

火憐「何で嫌なやつのところに行くんだぜ?」

火憐「何か老倉さんのこと心配だから見に行ってくるとか言ってたけどな」

育「心配って何で?」

火憐「それは自分で聞いてくれよ老倉さん」



育「仕方のないやつ」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:00:00.38 ID:syA0W5F40

育「阿良々木っ」

暦「老倉っ」

育「何やってんの?」

暦「遅れて悪い、だけど僕は老倉の家に行く前に僕は世界を3回くらい救ってきたぜ」

育「何やっているの?」

暦「だからお前の家に行く途中だって」

育「お前は遅いんだ。昔は私の家にまっすぐ来れたでしょう?」

暦「まあそうだな」

育「お前が悪いんだ、お前の所為だ。私がここにいるのは」

暦「真っすぐに来ない僕が悪いな」

育「悪くないだろ、何ですぐ自分が悪いって言うんだお前は」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:00:41.70 ID:syA0W5F40

育「何で何も買ってこないの」

暦「いや言ったじゃあないか?」

育「言った?」

暦「留守電に入れたんだぜ。何か買って来るかって?」

育「聞いてないもの」

暦「聞いてないのかよ!?」

育「阿良々木からというだけで消した。後悔はしていない」

暦「後悔してくれよ」

育「今話していることが後悔だからいいでしょ」

暦「後悔しないでくれ」

育「お前が思っているほどお前は話してない」

暦「僕が思うほど老倉と話してないな」

育「話すなんでどうでもいい。それより雨が降りそうだけれど?」

暦「なあやっぱり何か買ってくるか?」

育「いいよ、お前に言われるまでもなく色々買ってきたんだから」


22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:01:26.79 ID:syA0W5F40

育「勿体ないからお前なんか入れたくないけど」

暦「結構いい部屋だよな」

育「ふざけるな」

暦「ふざけてはいないけれど」

暦「老倉は今日何やってたんだ?」

育「別に」

暦「別にか」

育「そうだけど?」

暦「最近誰かと喋っているか?」

育「別に」

暦「でも僕とは話しているな」

育「お前が数に入る訳ないじゃない」

暦「そうか」

育「そうって納得されてるからそうじゃないけど」

暦「部屋きれいだよな」

育「何なのお前?まあ今日はこう・・・掃除とか洗濯機を・・・ね」

暦「壊したのか?」

育「いや壊さないし、壊すってなんだ阿良々木」


23: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:02:20.00 ID:syA0W5F40

暦「老倉は僕を探しに来てくれたのか?」

育「阿良々木を?何で?」

暦「けど来てくれて助かったぜ、僕は大分迷っていたからな」

育「阿良々木は迷っていたんだ」

育「何で来たの?」

暦「老倉にいるからだな」

育「そこに山があるからみたいな感じに言わないで」

暦「老倉はそんなに大きくないぜ?」

育「お前もそうだ」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:02:53.23 ID:syA0W5F40

暦「老倉ちょっと聞きたいのだけれどいいか?」

育「嫌だけど?」

暦「僕の家に電話したか?」

育「してない」

育「何の用があって私がお前の家に電話するの?」

暦「そういえば僕からの電話切ったか?」

育「切ってない」

暦「留守電は入れたよな」

育「入れてない」

暦「僕の言うこと全部否定していないか?」

育「してない」

暦「たまには連絡してくれよ」

育「何で?」

暦「老倉がいないと思うからだな」


育「居なければ悪いの?」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:03:40.43 ID:syA0W5F40

育「そうだ飲み物をださなきゃね、いくらお前が相手でも」

暦「いやそんな気を使わなくていいからな」

育「お前が来るから飲み物を買ってきたのだけれどお前が来るから飲んでしまったから買ってきて」

暦「えっ?」

育「えっじゃなくて」

暦「どういう意味だ老倉?」

育「そういう意味だ阿良々木」

暦「まあいいけどさ、飲み物だけでいいか?」

育「いいよ、あと雨が降ったら悪いけどその時は風邪をひいてね」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:04:16.85 ID:syA0W5F40

阿良々木が家を出た。やった

本当にどうでもいいけど

お前は私がどこかにいってしまうって思っているようだ

どうして逆もそうだって思えないのだろう


私はまっすぐ家に帰ったんだっけ

私はお前の家からでたらまっすぐ家に帰ったんだ

いつのときも

決して見つけられることはなかったし

誰も探してはくれなかったから


私がお前を見て私を連想するなんてお前は思えないのだろう


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:05:05.67 ID:syA0W5F40

お前がいるだけで忘れることはない

眠りすぎるとよく夢で見る

今日も見た

誇張された過去の家族を私を

私は見るだけ

私はそこにいない

その中の私は幸福であったり不幸であったりするけど

見ている私は嬉しい気持ちも哀しい気持ちもない

何でもない

それでも忘れることはない

結局、私はここに留まり、いるだけなのに


今日は家の前でウロウロするお前に話しかけて

目が合って

同時に話したんだ


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:05:48.30 ID:syA0W5F40

暦「待たせたな老倉、僕が帰ってきたぜ」

育「おかえり、別に阿良々木は要らない、飲み物だけよこせ。雨は?」

暦「雨は降っていなかったぜ」

育「良かったね。じゃあ風邪だけでもひいてくれば良かったのに」

暦「ああ良かったよ・・・ん?何作っているんだ?」

育「晩御飯だけど?」

暦「僕もう少しここに居ていいか?」

育「お前に食わせるものはない」

暦「本当に一人でそんなに食うのか老倉?」

育「後ろにいないでよ邪魔だから」


29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:06:38.55 ID:syA0W5F40

なんで私なんかのところにくるのって

思っている

お前は分からないだろう

私はお前がさよならって言うのを

待っている

私も分からないだろう

でも分からないまま時間が過ぎることがそんなに悪いのか


私はお前に帰れって言いたい本当に

それがどれほど最後の物が無くなっているのか分からない

電話の声を消したときみたいに


30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:07:14.88 ID:syA0W5F40

育「留守番電話の声を聞いた?」

暦「入れてないって・・・いや、何があったのかと思ったけれど」

育「心配したの?」

暦「そうだな」

育「私がいなくても私なんかの心配していても意味がないしね」

暦「僕が来なくても僕の心配なんてしなくていいのにな」

育「いいからちょっと座れ阿良々木」


31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:07:49.54 ID:syA0W5F40

いつも逆の行動をするお前は

いつも逆のことを言う私は

もう少しここに居ていいのかもしれない

留まっていいのかもしれない

分からないことが分からないまでの時間の間は


育「手伝うとかそういうのしないんだ?」

暦「今座れって言ったじゃないか」


32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:08:48.64 ID:syA0W5F40

いつもお前に言うんだ

どんなことでもどうでもいいことでも

今日みたいに

私の声を聞いたでしょ?

それとも同時に声を出したからよく覚えていない?

私から言葉を言われるのを

震えて待つがいい阿良々木

そのときは私も震えて待つのだろうけど


仕方ない


いつまでもこんなのが続くわけないし

もし続いたら

続いたとしたら


33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:09:35.15 ID:syA0W5F40

育「私の家にいつまでも来れない阿良々木と一緒にするなよ」

暦「あれは迷ったんだって」

育「私の家の前をずっとウロウロしていたのに?」

暦「見ていたのかよ・・・そうだ老倉?」

育「なに阿良々木?」

暦「僕の家に暦君はいたか?」

育「早く食って帰れ」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/03(土) 23:10:18.63 ID:syA0W5F40

これで終わりです。ありがとうございました。



引用元:そだちドエル


『化物語』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿