TOP > アイドルマスター > P「悪堕ちっていいな」

P「悪堕ちっていいな」

1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 20:51:31.25 ID:5I+4dSH30

P「そう思いませんか、小鳥さん?」

小鳥「と、言われましても……」

小鳥「悪堕ち、ですか?」

小鳥「何ですか、それ?」

P「なるほど、まずはそこからですね」


3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 20:55:01.73 ID:5I+4dSH30

P「悪堕ち。それは正義からの堕落」

P「純真無垢な少年少女、良識ある老若男女が……」

P「何かしらのきっかけにより、悪に染まってしまう」

P「それが悪堕ちなのです」

小鳥「グレるってことですか?」

P「似ていますが、少し違います」

P「悪堕ちというものは、強制的にグレさせられるようなものですね」

P「多くの場合、本人の意思とは裏腹に、『悪い子』になってしまうのです」

小鳥「うーん……」


4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 20:58:52.25 ID:5I+4dSH30

小鳥「まだ分かりにくいですね。何かいい例はありませんか」

P「そうですね。有名どころでいうと……」

P「セーラームーンのブラック・レディがそうですね」

P「ちびうさが悪の力に染められて、敵の女幹部となったキャラクターです」

小鳥「ああ、そういうのですか!」


6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:00:42.01 ID:5I+4dSH30

小鳥「なるほど、不思議なパワーで洗脳されちゃうことが悪堕ちですか」

P「いえ、洗脳だけではなく、調教や改造、寄生や催眠など何でもござれですよ」

P「いずれにせよ、文字通り『悪に堕ちる』。そうなることが悪堕ちなのです」

小鳥「はー……奥が深いですね」


8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:04:18.70 ID:5I+4dSH30

小鳥「それで、プロデューサーさんはそれが好みなわけですか」

P「はい、そうなんです」

P「清純な女の子が黒く染められていって……」

P「悪そのものとなり、淫行、悪逆の限りを尽くす」

P「そのギャップがたまりませんね」

小鳥「これも一つのギャップ萌えみたいなものですかね」

P「かもしれません」


9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:07:51.06 ID:5I+4dSH30

P「ともかく、最近は悪堕ちのことばかり考えていて……」

P「あの人が悪堕ちしたりとか、この人が悪堕ちしたら、なんてことを考えています」

小鳥「分かります。私もカップリングのことばかり考えています」

P「お互い、重症ですね」キリッ

小鳥「ええ」キリッ


11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:10:37.49 ID:5I+4dSH30

小鳥「しかし、悪堕ちですか」

小鳥「先ほど聞いた理論から考えると……」

小鳥「春香ちゃんとか、悪堕ちが似合いますね」

P「いえ、春香はちょっと……」

小鳥「どうしてですか? 春香ちゃん、いい子ですよ」

P「ほら、春香を悪い子にさせちゃうと……」


13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:14:34.22 ID:5I+4dSH30

春香『ふふっ、プロデューサーさん』

春香『そんなに私としたいんですか?』

P『あ、ああっ。もう限界なんだ』

P『楽に……楽にさせてくれ!』

春香『ダメですよ』

春香『プロデューサーさんの苦しそうな顔』

春香『私、もっと見たいんですから♪』

P『くうぅ……!』


14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:16:31.35 ID:5I+4dSH30

P「ほら、春閣下になっちゃうでしょ?」

小鳥「ああ……なるほど」

P「春香はそのイメージが強過ぎて、どうも悪堕ちさせにくいんですよ」

P「悪堕ちのだいご味は、『思いもしなかった暗黒面』ですからね」

P「落差というぐらいですから、普段のイメージと地続きではいけないのです」

小鳥「深いですねぇ」


15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:18:51.93 ID:5I+4dSH30

小鳥「しかし、だとすると、誰が似合うのでしょう?」

P「そうですね。王道でいけば、やよいでしょうか」

小鳥「やよいちゃんですか!?」

小鳥「あんなにいい子が悪に染まるとは思えませんが……」

小鳥「あっ、だからいいんですね?」

P「はい」


16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:30:01.51 ID:5I+4dSH30

P「悪とは無縁な少女が『悪い子』になる」

P「あのやよいが、セックスあり、ドラッグありの不良になる」

P「純真無垢な少女のロリビッチ化……考えただけでもゾクゾクしますね」

小鳥「な、何だか分かる気がします」

P「そうですね、せっかくですからシチュエーションも考えてみましょう」

P「たとえば……そう、961プロに堕とされたやよい」

P「買い物バッグに『入れられた』商品を万引きと間違えられるやよい」

P「事務所に連れていかれそうになったところで、961のプロデューサーが登場」

P「彼の証言により、事なきを得るやよい。当然、やよいは去ろうとするプロデューサーを引き留めます」

P「そして、連絡先の交換。お礼のために奔走。『お礼のお礼』に慌てるやよい」

P「少しずつ親密になっていくふたり。近づいていくやよいと961Pの距離」

P「961Pの思惑通りに、事態はゆっくりと……しかし、着実に進行していきます」

小鳥「……ゴクリ」


17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:36:33.97 ID:5I+4dSH30

P「どこまでも優しく接する961Pに、やよいは心を許していきます」

P「そして、その結果。とうとう、やよいは彼の自宅へと訪問してしまいます」

P「食事会という言葉の軽さに釣られ、さして抵抗感もなく961Pの自宅へ来るやよい」

P「彼女に対し……961Pは、薬を盛ります」

小鳥「薄い本展開、キタァ!」ハァハァ

P「軽いアルコールと、軽いドラッグ」

P「それでも、抵抗のないやよいはすぐに目を回し、」

P「多幸感を全身に覚えながら、床でぴくぴくと震えていました」


18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:39:46.38 ID:5I+4dSH30

P「そして始まる凌辱」

P「腕も満足に動かせないやよいは、961Pから逃れることもできず、」

P「ベッドに運ばれて、処女を散らしてしまいます」

P「そして、何度も何度も抱かれ……」

P「薬の効果も手伝って、やよいはわけが分からなくなるほど感じてしまいます」

小鳥「ピヘェ」ハァハァ


21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:48:45.95 ID:5I+4dSH30

P「以後、やよいは961Pと何度も関係を持つようになります」

P「ハメ取り写真を撮られていたから?」

P「765プロに迷惑をかけたくなかったから?」

P「それもあります。いえ、それもあり『ました』」

P「最初は脅されるように情交を重ねていたやよいは……」

P「ドラッグを使ってのセックス――キメセクの快楽と、」

P「巧みに心をくすぐる961Pの言葉によって、」

P「いつしか、彼に擬似的な愛情を抱くようになります」


22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:54:45.36 ID:5I+4dSH30

P「ゴルゴ13に、女を堕とす専門のスパイが出てくるでしょう?」

P「容姿端麗。頭脳明晰。話術やセックスに優れ、女心を満たす男」

P「劇中ではロメオと呼ばれる存在」

P「彼らにかかれば、やよいみたいな少女はイチコロですよ」

P「当然のように男に愛情を抱いていって――」

P「毒が全身に回るように、徐々に価値観を崩されていく」

P「犯されたとか、脅されたとか、そんなことはいつまでもこだわっていられません」

P「『仕方がなかった』という理由を作れば……いや、やよいなら、その理由も自分で作ってしまうかもしれませんね」

P「こうして、時間をかけて、純真無垢な少女は――」

P「男のことを何でも聞く情婦へと変わっていきます」

小鳥「……」ゴクッ


24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 21:59:34.18 ID:5I+4dSH30

P「もう、やよいは昔のやよいではありません」

P「表面上は以前のような『少女』のままですが……」

P「中身が根本的に変わってしまっています」

P「セックスやドラッグへの抵抗感は消え失せ、」

P「気持ちいいかどうか、男が喜んでくれるかどうかが重要なことになってしまっています」

P「価値観を崩す過程で、当然、タトゥーも入れているでしょうね」

P「『セックスぐらい』、『たばこぐらい』、『ドラッグぐらい』、『タトゥーぐらい』」

P「コツコツと価値観を崩されていけば、禁忌は禁忌でなくなります」

P「そして、禁忌が日常的になれば、また次の禁忌を犯させるのです」

P「そうすることにより、やよいはどんどん――悪に染まっていきます」

小鳥「ひぇぇ……!」


25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:02:44.55 ID:5I+4dSH30

P「もうこうなってしまえば、やよいに765プロへの愛情はありませんよ」

P「やよいの男は961のプロデューサーですからね」

P「961プロのために働きたい、彼のためになりたい」

P「そして、もっと気持ちよくなりたい」

P「男に裏切れと言われたら、やよいは笑顔で765プロを裏切るでしょう」

小鳥「やよいちゃんが……私のやよいちゃんが」ボロボロ


26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:04:47.15 ID:5I+4dSH30

P「何を泣いているのですか、小鳥さん」

P「悪堕ちはまだ終わりじゃありませんよ」

P「むしろ、これが始まりです」

小鳥「ええっ!? そ、それはどういう……」

P「腐ったみかんを放っておけば、他のみかんにカビが移るように……」

P「悪に染まった人間は、他の者を悪に染め始めるのです」


27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:09:22.42 ID:5I+4dSH30

P「そうですね……たとえば、伊織」

P「伊織はやよいと仲がいいですよね」

P「それに、実家が金持ちでもあります」

P「961プロがこれを見逃すはずがありません」

P「仕事を理由にやよいにマンションを借りさせて――」

P「ここに伊織を招き、じっくりと時間をかけて堕としていくはずです」


28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:09:50.49 ID:5I+4dSH30

P「そうですね……たとえば、伊織」

P「伊織はやよいと仲がいいですよね」

P「それに、実家が金持ちでもあります」

P「961プロがこれを見逃すはずがありません」

P「仕事を理由にやよいにマンションを借りさせて――」

P「ここに伊織を招き、じっくりと時間をかけて堕としていくはずです」


31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:21:57.59 ID:5I+4dSH30

P「まずは何度か伊織を招き――常習性のあるドラッグアロマを焚きます」

P「始めは軽めのもの。自覚症状がないほどのアロマ」

P「でも、確実にそれは伊織を蝕んでいき、彼女の判断能力を低下させます」

P「麻薬の香りに包まれて、伊織はとろんと目を細めます」

P「そこでやよいが、伊織に錠剤を勧めます」

P「『合法だよ』、『とっても気分がよくなるよ』、『ストレス解消の役に立つよ』と囁いて――」

P「それでも渋る伊織に、やよいは『このアロマも合法のお薬なんだよ』と種を明かします」

P「すでに接種したものならばと、伊織は抵抗感を薄れさせ――ついに、ドラッグを口にしてしまいます」


34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:29:15.80 ID:5I+4dSH30

P「そこからは、もう坂道を転がり落ちていくだけですね」

P「ストレスを解消させる効果があるのは確かですから、合法だ、アロマリラクゼーションだと自分に言い聞かせて、」

P「伊織は自分からやよいのマンションに通うようになります」

P「あとは、とろけた頭にキメセクの快楽を刻み込めば――もう、伊織は逃れられません」

小鳥「でも、伊織ちゃん、少し男嫌いなところがありません?」

小鳥「ドラッグをキメたからといって、セックスもできるようになるというのは……」

P「簡単なことですよ。どれもそうでしたが、価値観を壊すためには、軽めのものからコツコツと、です」


35: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:33:50.52 ID:5I+4dSH30

P「薬をキメさせて、軽くラリってる状態でお風呂にでも誘って……」

P「そこで、セックスの技術を体に教え込まれたやよいが、伊織をねちっこく愛撫するわけです」

P「薬の快楽と性的快楽は、合わせることによって、『一度知ると逃れられない』と言われるほどですから」

P「きっと伊織も、どろどろに溶けてしまいますよ」

P「そうなれば、あとは『お風呂に入ろう』だなんて、面倒な理由を作らなくても……」

P「ベッドの上で、やよいに体を開くようになります」

小鳥「キメセクやよいおりだなんて……ぼ、冒涜的ですよ」ハァハァ


36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:36:16.19 ID:5I+4dSH30

P「やよいという前例があるのも強みですね」

P「やよいが『私もやっているから』と言えば、伊織は安心します」

P「際どい下着もはくでしょう。タトゥーも入れるでしょう」

P「もっと気持ちいいと言えば、男にだって身を許すでしょう」

P「961Pとやよいによって、優しく丁寧に、たっぷりと愛されて――」

P「伊織は、悪と快楽に染まっていくわけです」


37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:41:33.80 ID:5I+4dSH30

P「こうなってしまえば、961プロの勝利ですね」

P「伊織を堕とせば、次は竜宮小町」

P「竜宮小町を堕とせば、次はプロデューサーである律子」

P「悪に染まった者を増やせば増やすほど、次の犠牲者を堕としやすくなります」

P「しかし、決して焦らず、着実に根を張り巡らせていけば――」

P「765プロは確実に倒れてしまうでしょう」

小鳥「あわわわ……」ガクガク


38: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:46:29.92 ID:5I+4dSH30

P「でも、そんなことは問題ではありません」

P「見てください。やよいたちの姿を」

ピッ

やよい『みんなー、集まってー! スマイル体操、はじまるよー』

やよい『ぜーったい、ハッピー♪ いち、に♪』

ピッ

伊織『楽しんでるー?』

伊織『にひひ♪ 次の曲も、大きな声を出さなきゃ許さないんだから♪』

ピッ

P「輝いているでしょう?」

P「キラキラしているでしょう?」

P「そんな子たちが、『悪い子』になってしまうかと思うと――」

P「俺はたまらなくなってしまうのです」

小鳥「わ、分かりたくないけど、分かってしまう自分がいます!」ハァハァ


39: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:50:59.90 ID:5I+4dSH30

P「ひょっとすると、もうやよいは961の毒牙にかかっているかもしれませんよ」

P「表面上はいつも通りふるまっているだけで……」

P「裏では、961P相手に腰を振っているかもしれません」

P「太ももの付け根辺りに、真っ黒なタトゥーが彫られているかもしれません」

P「俺たちが気づいていないだけで、事態は進行している」

P「そんな想像も、悪堕ちでは乙なものですね」

小鳥「薄い本が捗りますね」ハァハァ


40: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:54:58.32 ID:5I+4dSH30

P「さて、ここまでは『現実的に起きうる悪堕ち』について語りましたが、」

P「今度は、空想上でしかあり得ない悪堕ちについて語りましょうか」

小鳥「空想上でしかあり得ない悪堕ち、ですか?」

P「ええ。先に言ったブラック・レディなどがそうですね」

P「悪のパワーに染められて洗脳される、なんてのはいかにもそうです」

小鳥「ああ、なるほど」

P「とは言っても、洗脳や催眠などは現実にあるものですから」

P「差別化を図って、いっそ『寄生』を題材にしますか」

小鳥「寄生???」


43: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 22:57:41.26 ID:5I+4dSH30

小鳥「え、どういうことですか?」

小鳥「寄生って……寄生虫のことですか?」

P「まさしくその通りです」

P「寄生……つまりはパラサイト」

P「何かしらの生物が人間に寄生する」

P「そして、人間の意識を乗っ取って、他の人間に魔の手を伸ばす」

P「寄生=悪堕ちではありませんが、結果的に悪堕ちになっているものが多いのです」

小鳥「???」


44: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:02:12.16 ID:5I+4dSH30

P「まだ分かってなさそうな顔をしていますね」

小鳥「いえ、だって、寄生虫に意識を乗っ取られるというのがピンとこないというか……」

P「なるほど。でしたら、いくつか例を挙げますね」

P「『寄生獣』」

小鳥「!?」

P「『遊星からの物体X』」

小鳥「あ、ああ!」

P「映画『パラサイト』」

P「バイオハザードシリーズの『プラーガ』」

P「『ドラえもん のび太と銀河超特急』」

小鳥「分かります、分かります!」


46: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:09:49.93 ID:5I+4dSH30

小鳥「なるほど、確かに、寄生生物に意識を乗っ取られていますね!」

小鳥「あー、思い出しました。エイリアンシリーズが流行ったせいなのか、」

小鳥「一時期、狂ったようにパラサイト映画が作られていましたね」

小鳥「四週連続でパラサイト特集、みたいなのがあったのを思い出しました」

P「はい、そうなんです」

P「あの頃はよかった……金曜ロードショーはエログロに満ちていました」

P「宇宙でウイルスに感染して、エイリアンみたいな怪物になってしまった男女の交尾」

P「なんてものを平然と流す映画もありましたからね」

P「ドラえもんでさえ、寄生生物に乗っ取られたスネ夫が、お風呂に入っているしずかちゃんを襲うような時代でした」

P「あいにく、しずかちゃんへの寄生は失敗に終わりますが……」

P「もしも成功していたら、『ヤドリしずかちゃん』なんてエロい少女ができていたはずです」

小鳥「薄い本が捗りますね」


49: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:18:36.49 ID:5I+4dSH30

P「他には、ドラゴンボールGTの『ベビー』なんかがそうですね」

P「他の生物に寄生して、卵を産み付ける軟体生物」

P「卵を産み付けられた生物は、ベビーに洗脳されてしまい、彼の支配下に入ります」

P「劇中ではすごかったですからね。なんと、すべての地球人が洗脳されちゃいますから」

P「つまり、全員、体内に入られて卵を産み付けられたというわけで……」

P「少年期の俺は、ベビーに付き従うブルマを見て、わけもなく興奮していましたよ」

小鳥「よく考えればエロいってパターンが多いですね」


51: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:25:31.14 ID:5I+4dSH30

P「さて、話を戻しますが……」

P「このように、寄生の大部分にエロが付随していることが分かります」

P「それはなぜかというと、寄生生物が仲間や子孫を増やそうとするからですね」

P「パラサイトものの多くがエロいのは、寄生生物がエロいことしか考えていないからです」

P「寄生する。体を乗っ取る。卵を産みつける。卵を産ませる。子どもを産ませる。子どもを寄生させる。仲間を増やす」

P「『人間に寄生して、他の人間を食べる』というパターンもありますが……」

P「基本的に、寄生生物は子作りのことしか考えていません!」

P「だからエロい。つまり、寄生生物に乗っ取られた人間はエロくなる」

P「エロとは無縁の少女も、寄生されれば一瞬で淫蕩になる」

P「いわゆる即堕ちというものですが……そこがまたいいのです」

小鳥「な、なるほど」ゴクリ


53: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:32:28.62 ID:5I+4dSH30

小鳥「だとすると、765プロの場合、貴音ちゃんが餌食になるのでしょうか?」

P「え? なぜですか?」

小鳥「ほら、貴音ちゃん、宇宙人説があるじゃないですか」

小鳥「それつながりで、エイリアンに寄生されて……って流れで」

P「そうですね、そういったのもありですが」

P「……ありですね! うわぁ、全然ありです、それ!!」

P「子宮……いや、尻穴に寄生されて、体の内側から責め苛まれる貴音!」

P「火照る体を持て余した貴音は、とうとう、夜の町で男を誘うようになって……」

P「そして、セックスの最中に、寄生生物が男に卵を産み付けて……」

小鳥「プロデューサーさん! プロデューサーさん、帰ってきてください!」


55: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:35:46.69 ID:5I+4dSH30

P「す、すみません。いいネタが浮かんじゃって」

小鳥「気持ちは分かりますが……本命があるんですよね?」

小鳥「まずはそちらを聞かせてくださいよ」

P「そうですね。では、そちらから」

P「俺が考えていたのは、響なんですよ」

小鳥「響ちゃん、ですか?」

小鳥「ああ、分かりました! 響ちゃん、動物が好きですから」

小鳥「また変な卵を拾ってきて、それが孵って――っていうパターンですか?」

P「止めてください! いいネタを振らないでください!」

P「小鳥さんは寄生の天才ですか!!」

小鳥「す、すみません」


59: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:50:51.72 ID:5I+4dSH30

P「さて、本題に戻りますが……」

P「響と言えば小鳥さんの言う通り動物です」

P「動物番組も好評で、地方では再放送もされています」

P「その動物番組で、響のやつ、探検家みたいな服を着ているじゃないですか?」

P「そこから連想したのですけど……」

P「響が藤岡弘みたいに、ジャングルに挑む! という特番に参加したとします」

P「アマゾンに行き、比較的歩きやすい道を進み――」

P「つつがなく、収録は終わろうとしていました」

小鳥「……そ、それで?」


61: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/27(木) 23:54:50.88 ID:5I+4dSH30

P「催した響は、そこらの茂みでトイレを済ませようとします」

P「ズボンを脱ぎ、パンツを下ろして、響は放尿して――」

P「そして、ポケットティッシュでふいて、彼女はパンツとズボンを上げます」

P「――パンツに、奇妙な芋虫がくっついていることも知らず――」

小鳥「あ、ああ! 響ちゃん!」


62: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:01:05.81 ID:3jpf9o330

P「結局、響はそのことに気づかないまま、ホテルに帰ります」

P「小さな小さな芋虫ごと、響は部屋に戻ります」

P「『あー、今日もよく動いたなー』」

P「『おかげで、何だか眠たいぞ』」

P「そんなことを言って、響はシャワーも浴びずにベッドに倒れ込むでしょう」

P「時差ボケと、慣れない気候のせいで――」

P「ここで着替えておけば、あるいは響は助かったのかもしれません」

P「芋虫を体から遠ざけておけば――」

P「しかし、もう手遅れです。獲物が動かなくなったのを感じ取った芋虫は、」

P「のそりと、縮こまっていた体を動かします」


63: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:05:54.90 ID:3jpf9o330

P「芋虫の目的はただひとつ」

P「生き物の体内に寄生すること」

P「もっと言えば、『哺乳類の子宮』に寄生すること」

P「そのために備わった特殊な嗅覚によって、」

P「芋虫は、響の膣を目指します」


65: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:09:27.13 ID:3jpf9o330

P「肌とパンツの間をゆっくりと……」

P「決して『宿主』を刺激しないように、慎重に」

P「メスの匂いが最も濃い場所に向かった芋虫は、」

P「やがて、響の膣に辿り着きます」

P「毒々しい色の芋虫は――」

P「全身から潤滑液代わりの麻痺毒を出しながら、」

P「響の膣内に潜り込みます」

小鳥「ああ、響ちゃん、響ちゃん気づいてー」ハァハァ


67: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:14:08.52 ID:3jpf9o330

響『んっ……』

P「妙な違和感に、響は目を覚ましかけますが、」

響『んん……zzz』

P「疲れがたたったのか、はたまた虫の毒が効いたのか、また寝入ってしまいます」

P「ここで気がつけば、あるいは、まだ助かったのかもしれませんが――」

P「芋虫は、もう子宮口に取りついていました」

P「寄生が完了するのも、時間の問題でした」

小鳥「ああ、あああ」ハァハァ


68: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:18:32.95 ID:3jpf9o330

P「小さな小さな芋虫は――」

P「身をよじって、響の子宮口に潜り込み――」

P「そして、そこが『巣』であるかのように、身を落ち着けました」

P「こうなってしまえば、もう、自力での摘出は困難です」

P「芋虫は、誰にも――宿主本人にも気づかれないまま、子宮に寄生してしまいました」

P「そして、響は、芋虫に寄生されたなど夢にも思わず、」

P「笑顔で、日本に帰ってくるのです」

小鳥「は、始まるのですね……!」


69: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/28(金) 00:21:01.05 ID:3jpf9o330

P「いえ、すぐには始まりませんよ」

P「芋虫は、すぐに事は起こしません」

P「響の子宮の中でゆっくりと育っていって――」

P「徐々に、宿主に影響を与えていくのです」

小鳥「ロードショーで見たパターンに入りました!!」


97: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 21:52:07.62 ID:aU3nA/yF0

P「知っていますか? 寄生虫って、宿主から栄養を得るだけじゃなくて……」

P「宿主と同化し、宿主に神経を張り巡らせて、やがて宿主の行動すら操るようになるんです」

P「生きていくために――そして、子孫を残すために」

P「寄生虫は、宿主を乗っ取るのです」

小鳥「パラサイト……パラサイトきたー……!」


98: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 21:56:50.25 ID:aU3nA/yF0

P「響の子宮内に寄生した芋虫は、成長するにつれて、微小な神経糸を伸ばし始め、」

P「それは響の脊髄に沿って、やがて脳へとたどり着きます」

P「とはいっても、この段階ではさして影響力もなく、」

P「宿主は、わずかな違和感と体調不良に首をひねるだけです」

P「しかし、もう、響と寄生虫は不可分なほどに融合していて――」

P「やがて響の思考には、ひとつの変化が現れます」

小鳥「変化?」


99: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:00:57.27 ID:aU3nA/yF0

P「ええ、変化です」

P「それは、『子どもを産みたい』、『子どもを増やしたい』というもの」

P「まだ言葉にできない漠然とした寄生虫の本能は、性欲の増大という形で現れ、」

P「響は、夜ごと、自慰に励むことになります」

小鳥「ひ、響ちゃんの自慰!」ハァハァ

P「慰めても慰めても熱が引かない体」

P「甘く疼く膣肉をいじっているうちに、その動きはどんどん激しさを増していきます」


100: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:03:09.66 ID:aU3nA/yF0

P「どうしても満足感が得られない響は、昼でも自慰のことばかり考えるようになり、」

P「やがて、夜が待ちきれないようになり――」

P「あんなに大切だった動物たちを『邪魔』だと思うようになり――」

P「動物たちをペットシッターに預け、とうとう、仮病をつかって家にこもるようになります」


101: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:08:55.20 ID:aU3nA/yF0

P「窓もカーテンも閉め切った部屋で、響は汗だくになって自慰にふけります」

P「頭の中がとけてしまいそうな快楽と、決して得られない絶頂」

P「どうしようもないもどかしさによって、響は、考え方が間違っていたことに気づきます」

P「『そうだ』」

P「『自分は入れる方じゃない』」

P「『入れる方――産ませる方なんだ』」

P「その結論を出した時、響の瞳は、妖しく、赤く染まっていきました」

小鳥「瞳の色や形が変わるのは重要なポイントですよね、分かります!」ハァハァ


102: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:12:18.16 ID:aU3nA/yF0

P「それから数日が経ち、響の家には、彼女を心配した貴音が訪ねてきます」

P「病気はそんなにひどいのだろうか。しかし、懸念とは裏腹に、顔を見せた響はいつもと変わらぬ笑顔でした」

響『明後日には復帰するつもりだったんだぞ』

貴音『そうでしたか』

P「ほっとする貴音。彼女は、響が出してくれたお茶に口をつけます」

P「――そして、体を麻痺させて、床に倒れます」

小鳥「き、きた! 凌辱展開きたー!」ハァハァ


104: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:16:19.73 ID:aU3nA/yF0

貴音『こ、これは?』

P「困惑する貴音。しかし、響はそんな彼女を見ても、にこにことしたままで――」

響『こっちから呼ぼうと思ってたんだ。手間がはぶけてよかったぞ』

貴音『何を!?』

P「笑顔のままで、貴音の服を脱がせていく響」

P「自身も裸になった響は、貴音の秘所に手を伸ばします」

P「拒絶しようにも、腕さえ自由にならない貴音は――」

P「響に、好きなように弄ばれてしまいます」


105: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:19:15.43 ID:aU3nA/yF0

P「確かめるように貴音の局部をまさぐった響は、」

P「再度、大きく笑ってこう言うのですよ」

響『――うん。これなら、たくさん赤ちゃんを産めるな!』

小鳥「ま、まさかのふたなり展開ですか!?」

P「いえ、せっかくの寄生虫なので――」

P「ここは、輸卵管の登場です」

小鳥「輸卵管!?」ドキッ


106: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:23:32.91 ID:aU3nA/yF0

P「ええ。成長した寄生虫が、響の子宮内から伸ばした輸卵管」

P「男根にも芋虫にも似た生物的なロッドを使い、響は貴音を犯します」

P「快楽を得るため? 擬似的な男根で女体を征服するため?」

P「いいえ、子孫を残すためです」

P「寄生虫に乗っ取られた響は、もう響であって響ではありません」

P「今の響にとって、貴音は親友であり――それ以上に、子どもを産ませるためのメスです」


107: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:27:11.62 ID:aU3nA/yF0

P「潤滑液代わりの媚毒を擦り込みながら、響は何度も何度も腰を振りました」

P「新たな毒に侵された貴音は、抵抗さえもできず嬌声を上げました」

P「そして、貴音の体が緩みきった頃――」

P「響は、貴音の子宮内に蟲の卵を産み付けました――」

小鳥「ひどい……なんて酷いことを考えるのですか、プロデューサーさん」ハァハァ


108: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:30:58.47 ID:aU3nA/yF0

P「と、まあ、パラサイトや寄生虫を使った悪堕ちはこんな感じですね」

P「意識は元のままですが、本能や行動原理が寄生生物のそれへと変わっています」

P「仲間や子孫を増やす。それが最優先順位となって、そのことに疑問すら抱かなくなります」

P「そのためなら、友情や愛情すら利用するようになりますからね」

P「調教や洗脳などと並び、立派な悪堕ちと言えるでしょう」

小鳥「はー……なるほど」フゥ


109: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:36:24.91 ID:aU3nA/yF0

P「ちなみに、寄生ならではの楽しみとして、」

P「『産卵』とか、『幼虫の出産』、他には『隠れ責め』などがありますね」

小鳥「隠れ責め?」

P「ええ。子宮や腸内に寄生した場合は、体の内側から」

P「体の外側に寄生した場合は、幼虫が下着のような形になって――または下着に擬態して、宿主を責め苛むのです」

P「こうして、宿主に快楽を刻み込み、進んで子孫を残すようにするのです」

小鳥「ぴへー……」


111: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:40:13.74 ID:aU3nA/yF0

P「『産卵』や『幼虫の出産』は言葉通りですね」

P「先ほどのパターンだと、」

響『さっ。もうすぐ事務所に着くぞ、貴音』

貴音『は、はい……』ハァハァ

響『あっ、ダメだぞ。ここじゃなくて、ちゃんと事務所で産むんだぞ』

響『みんなが――子どもたちの『入れ物』がある場所で』ニコッ

貴音『分かりました……ふふ』ハァハァ

P「こうなりますね」

小鳥「はー……」


112: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:42:57.49 ID:aU3nA/yF0

P「ん? あっ、すみません」

P「ついつい、説明に熱が入ってしまいましたね」

P「自分ばかり話して申し訳ないです」

小鳥「あっ、いえいえ。そんなことはないです」

小鳥「ただ、話が話だったので、圧倒されてしまって……」

小鳥「ジャンルの世界って広いですね」

小鳥「まだまだ私の知らないこともたくさんありそうです」

P「ふふ、ですね」


113: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:44:50.77 ID:aU3nA/yF0

小鳥「それよりもプロデューサーさん」

小鳥「そろそろ、春香ちゃんたちを迎えに行く時間じゃないですか?」

P「えっ? うわっ、もうこんな時間だ!」

P「す、すみません、小鳥さん! 俺、行ってきます!」

小鳥「はい、お気をつけてー」


114: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:47:14.21 ID:aU3nA/yF0

<ドタバタ

<ウワー、マニアウカー!?

<ブルルルル……

小鳥「……」

小鳥「……」

小鳥「……ふふっ」


115: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:48:46.88 ID:aU3nA/yF0

小鳥「プロデューサーさんったら、鋭いんだか鈍いんだか分からないんだから」

小鳥「悪堕ちだなんて――」

小鳥「それも、『寄生』だなんて」

小鳥「バレちゃったんじゃないかって、ドキドキしちゃったじゃないですか」


118: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:50:51.08 ID:aU3nA/yF0

小鳥「知らないふりをするっていうのも、難しいものですね」

……キィー、ギィ

小鳥「あんっ……ふふふ」

小鳥「もう、ダメでしょう?」

小鳥「こんなところでオイタはダメよ」


120: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:53:15.96 ID:aU3nA/yF0

小鳥「プロデューサーさんのお話みたいに、みんなには見せつけませんからね」

小鳥「『ニンゲン』は怖いですからね」

小鳥「誰にもバレないように――」

小鳥「ゆっくりと……」

小鳥「ゆっくりと…………」



小鳥「子どもを増やしていきましょうね♪」


122: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/29(土) 22:55:43.30 ID:aU3nA/yF0

おしまい。

洋画の話が出たので、最後も洋画っぽい引きで終わり。

さあ、次は魔法少女ものやヒーローもの、洗脳や催眠による悪堕ちを、CGプロの方で書きましょうかね!(ゲス顔)





『アイドルマスター』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿