TOP > シンデレラガールズ > モバP「幸せを運ぶ天使 チエリエル」

モバP「幸せを運ぶ天使 チエリエル」

1: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/25(日) 14:35:10.22 ID:nXyldiLZ0

P「智絵里」

智絵里「は、はいっ」

P「……天使やなぁ」

智絵里「う、うぅ……恥ずかしいです」

P「かわええのぉ。おぉ? 智絵里」ナデナデ

P「いつものやってくれ」

智絵里「……はいっ」

智絵里「いつでも幸せお届けします! 貴方のエンジェルチエリエルっ!」ビシッ

P「あああ~~~。可愛いよぉお!!」ナデナデ

智絵里「え、えへへ」


2: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/25(日) 14:48:08.72 ID:nXyldiLZ0

P「うへへへ」ナデナデ

ちひろ「おい」

P「うへ?」

智絵里「……あ」

ちひろ「仕事。仕事しないなら帰ってください」ドン

P「……」

智絵里「……あ、あのちひろさん!」

ちひろ「智絵里ちゃん、コレは無視していいのよ」

智絵里「あ、あの! プロデューサーさんを責めないでください!」バッ

ちひろ「!?」

P「ち、智絵里……」

智絵里「ぷ、プロデューサーさんは……寂しがりな私と遊んでくれたんです。プロデューサーさんは忙しいのに私なんかに構ってくれたから、悪いのは私です」

P「いや、悪いのは完全に俺で……」

ちひろ「智絵里ちゃんが言うならプロデューサーさんは責めれないわ。さ、プロデューサーさん、遊ぶのもいいですけど仕事もしてくださいね」

P「(ちひろさんの怒りが鎮まった……? 流石はラブリーマイエンジェルチエリエル)」

智絵里「あ、あのプロデューサーさん、私も手伝いますから。お仕事頑張りましょう」

P「天使や」


5: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/25(日) 15:09:01.24 ID:nXyldiLZ0

P「……」カタカタ

P「(今日は智絵里のエンジェルスマイルに負けず仕事頑張る)」カタカタ

智絵里「ぷ、プロデューサーさん。お、お茶です。どうぞ」

P「ありがとう智絵里」

P「(智絵里が淹れてくれたお茶! 最大限味わって飲まねばならない!!)」

智絵里「お仕事頑張ってくださいねっ」

P「」

P「……」カッ

P「智絵里」

智絵里「はい?」

P「仕事終わったら散歩に行こう」

智絵里「ほ、ホントですか。楽しみです」

P「(楽しみ……智絵里からの期待……)」

P「」

P「……」カッ

P「……」カタカタカタカタ

智絵里「おぉ、プロデューサーさんすごいです」

P「(智絵里のエンジェルボイスでいつもより力が漲る)」

智絵里「……ぷ、プロデューサーさん格好いいです!」

P「……」カタカタカタカタカタカタ


6: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/25(日) 15:20:17.19 ID:nXyldiLZ0

P「さぁ行こう。智絵里」

智絵里「はいっ」

P「手を繋ごうじゃないか」

智絵里「えぇ!? 皆見てますよ?」

P「ええじゃないか、ええじゃないか」

智絵里「(もし、いいカップルですねなんて言われたら……あぅ)」

P「どうした顔を真っ赤にして。いやぁその顔も天使」

智絵里「……」ギュ

P「おおぅ」


7: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/25(日) 15:44:17.38 ID:nXyldiLZ0

おばあちゃん「あら可愛い娘さんですね。天使みたいねぇ」ナデナデ

智絵里「ち、違うんですぅ」ボソ



おじいちゃん「おや、親子でお散歩ですかな? 仲睦まじいことは良いことです」

P「お、いえ、その。あはは」

智絵里「……」ムス


P「何拗ねてるんだ、智絵里」

智絵里「いいんです。私が幼いのは自分でも分かってますから」

P「ほら、そんな拗ねてたらクローバーは見つからないぞ」

智絵里「うう、わかってます。でも……こんなはずじゃなかったんです」

P「ん?」

智絵里「……な、なんでもないです。プロデューサーさんはクローバー見つかりましたか?」

P「いや、なかなか見つからないよ」

智絵里「じ、じゃあ私が見つけたのをはんぶんこ。二つに分けて、はいっどうぞ」

P「天使やなぁ」ナデナデ

智絵里「えへへ。プロデューサーさんに幸せ届けられましたか?」

P「もう幸せ過ぎて死にそう」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/05/25(日) 16:20:18.10 ID:nXyldiLZ0

智絵里「し、死んじゃダメです!」

P「いや、ほんとに死ぬわけじゃないよ」

智絵里「ほっ」

P「ほら、帰るぞ」

智絵里「はいっ」ギュ

P「次はカップルと間違われるといいな」

智絵里「え!? あ、あの……はい」

P「(本当は全然良くない。とても悪い)」

智絵里「ぷ、プロデューサーさんは私に成長してほしいですか?」

P「は?」

智絵里「その……身長とか身体とか」

P「智絵里はどんな智絵里でも天使だからな。どんな智絵里も俺は好きだよ」

智絵里「あぅ、そうですか……じゃ、じゃあこれからもプロデューサーさんの天使であり続けるために頑張りますっ!」

P「(頑張らなくてもエターナルラブリーマイエンジェルチエリエルや)」


17: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/31(土) 20:52:12.97 ID:0lcfFMqN0

P「……」モグモグ

P「……智絵里がいない」モグモグ

P「寂しい」モグモグ

ガチャ

P「!!」モグモグ

ちひろ「ただいまでーす」

P「……おかえりなさい」モグモグ

ちひろ「ちょ、なんですか。その反応」

P「非常に失礼なことを言います。許してください」ゴクン

P「俺はちひろさんではなく智絵里を求めています。今、扉が開いた時、智絵里だと思って振り向いたらちひろさんだったので絶望しました」

ちひろ「……」ビキビキ

P「……はぁ」モグモグ


18: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/31(土) 21:05:43.46 ID:0lcfFMqN0

ガチャ

P「!!」

智絵里「ただいま……です」

P「」ガタッ

P「おいでおいで」

智絵里「はいっ」トテトテ

ちひろ「待って! 智絵里ちゃん」

智絵里「え?」ピタ

P「……」

ちひろ「今のソレは危ないわ。私の方においで」

P「……」オイデオイデ

ちひろ「……」オイデオイデ

智絵里「うぅ、どうすればいいんですか」


19: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/31(土) 21:14:31.35 ID:0lcfFMqN0

P「……」バチバチ

ちひろ「……」バチバチ

智絵里「うぅ」

P「智絵里、コレは巧みな話術で人の財布の中身をいつのまにか無くす魔法使いだ。信用できんぞ!」

ちひろ「智絵里ちゃん。コレは八百長ライブで親愛度とマニーを稼ぐ畜生よ。信じちゃダメ!」

P「八百長じゃねえ! 道場巡りしてるだけだ!」

ちひろ「私こそ! 私は買い物のアドバイスをしてるだけです!」

P「ぐぬぬ」

ちひろ「ぐぬぬ」

智絵里「あわわわ」


20: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/31(土) 21:50:42.90 ID:0lcfFMqN0

智絵里「け、喧嘩はやめてください!」

P「……なら、こっちにこい。智絵里」

ちひろ「ダメよ、智絵里ちゃん。こっちに来て!」

智絵里「んぅ~」

智絵里「わ、私は動きません!」

P「ち、智絵里!? ど、どうした、智絵里」

ちひろ「わ、私の方に来ないと身の危険が……」

智絵里「二人が私の方に来てください!」

P「……!」ズイズイ

ちひろ「……なるほど」ズイズイ

智絵里「そうすれば」

智絵里「誰も寂しくなくて、皆幸せですっ!」ギュー

P「(その心と笑顔に涙)」ポロポロ

ちひろ「(何で泣きながら三人で抱き合ってるんだろう。あ、智絵里ちゃんが天使だからか)」


21: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/31(土) 21:54:22.65 ID:0lcfFMqN0

智絵里「二人とも、もう喧嘩しちゃダメです」

P「はい!」

ちひろ「ごめんね、智絵里ちゃん」

智絵里「ま、また喧嘩したら……ちょ、ちょっぷです」

Pちひろ「(また喧嘩しよ)」

智絵里「ぜ、絶対喧嘩はダメですよ!」

P「わ、わかってるよ」

ちひろ「(喧嘩しないとは言ってない)」

ちひろ「これからは仲良くします」

P「(喧嘩しないとは言ってない)」


24: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/31(土) 22:31:37.74 ID:0lcfFMqN0

P「大天使チエリエル」

智絵里「あ、あのその呼び方は……」

P「嗚呼、何故貴方は天使なの。この世で最も可愛らしく可憐で儚げな天使。いつまでもその美貌は衰えることなく私を魅了し続ける」

智絵里「あ、あの……」

P「ドラマ化しよう」

智絵里「!?」

P「イケる。視聴率云々は関係無い。俺がやりたいからやるんだ」

智絵里「プロデューサー……さん?」

P「智絵里、今からテレビ局をまわるぞ」グイ

智絵里「え、いや、あのちょっと待ってください~」

ちひろ「おいこら待てや」

P「邪魔をするんですか?」

ちひろ「私も一緒に連れて行きなさい」

P「喜んで」


25: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/31(土) 22:41:42.50 ID:0lcfFMqN0

P「今日はちひろさんが休みだ」

P「つまり」

P「智絵里と遊び放題!!」

智絵里「何をするんですか?」

P「まずはこっちにおいで」

智絵里「……」トテトテ

P「俺の膝の上に挟まるように座って」

智絵里「……」スポ

P「はい、これでOK!」

智絵里「え?」

P「あとは二人で風色メロディを聴きます」

智絵里「わ、私の曲ですか?」

P「他の曲がいい?」

智絵里「順番に聴きたいです」

P「じゃあ凛の曲から」


26: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/31(土) 22:51:51.73 ID:0lcfFMqN0

P「裕子の曲まで聴き終わったな。智絵里は誰の曲が好き?」

智絵里「それぞれの個性が歌に出てて、全部好きです」

P「智絵里は偉いな」

智絵里「?」

P「俺は風色メロディがぶっちぎりトップだけどな」

智絵里「う、嬉しいです……けど皆の曲もいいですよ?」

P「皆、素晴らしい曲だけど智絵里の曲が俺の中で特に素晴らしい」

智絵里「それは……嬉しいです」

P「じゃあ、次はカバー曲も聴こう」

智絵里「はいっ」


27: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/31(土) 23:28:37.04 ID:0lcfFMqN0

P「智絵里がいないな」

P「智絵里ー!」

智絵里「……」

P「あ、俺にしがみついてたのか。うっかりうっかり」

智絵里「落ちそうです」

P「ごめん、登って登って」

智絵里「んしょんしょ」ヨジヨジ

智絵里「ふぅ」

P「やっぱり智絵里は何をしても天使」


28: ◆VeBDA3XQ96 2014/05/31(土) 23:51:54.58 ID:0lcfFMqN0

智絵里「プロデューサーさん」

P「ん?」

智絵里「私、怒ってます」

P「……ま、まさか」ダラダラ

智絵里「……つ、つんつん、つんつん」

P「(生つんつんだ! 汗が止まらねぇ)」

智絵里「わ、私のケーキを勝手に食べて! ゆ、ゆるしませんよ」

P「……可愛い」

智絵里「え?」

P「可愛い可愛い!!」

P「ケーキくらい好きなだけ買ってやる! 買いに行こう」

智絵里「あ、あの私は怒って……」

P「ごめん、ケーキ食べたのちひろさん! ささ、行こう」

ちひろ「!?」

智絵里「んぅ、引っ張っちゃダメです」

P「いってきまーす」

ちひろ「(今日も天使は天使です)」


おしまい





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿