TOP > シンデレラガールズ > 凛「今日はヤンデレラの収録日」

凛「今日はヤンデレラの収録日」

1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/24(火) 21:22:40 ID:rYrpSYMc

智絵里「昔むかし、あるところに」

まゆ「三人の美しい姉妹が」

凛「仲睦まじく生活していました」

智絵里「長女チエリオット」

まゆ「次女マユリオット」

凛「三女リンデレラ」

智絵里「しかし!三女は実は養子だったのです!」


2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/24(火) 21:23:24 ID:rYrpSYMc

まゆ「リンに我ら一族の血が入っていないだと!?これは由々しき事態だッ!」

智絵里「リンの野郎殺してやるぅぅぅぅ!!」

凛「姉さん……」

智絵里「勘当よ!二度と顔は見たくないわ!」

まゆ「死ね!死ね!」
凛「私は……愛しのあの人と生きていきます……」


3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/24(火) 21:24:27 ID:rYrpSYMc

凛「P様!!」

美優ナレ「町一番のイケメンと評され、女性たちから憧れと羨望の眼差しを向けられるこの男性」

蘭子「P様のおなぁぁりぃぃ!」

モバP「みんなありがとう!ありがとう!」

きゃああああ!P様よおおおお!

モバP「みんなのお陰で王子になれました!」

美優ナレ「王子総選挙。この国の王族は、代々人気投票で選ばれていた。今年は彗星のように現れ、女性票をその一身に集めたP王子が選挙に圧勝」

蘭子「P王子!P王子!」

凛「P王子!P王子!」

まゆ「P王子!P王子!」

智絵里「P王子!P王子!」

美優「国中がP王子の話題で持ちきりです」


4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/24(火) 21:26:03 ID:rYrpSYMc

凛「P王子は私のものよ!」

まゆ「一族の面汚しは黙ってなさい!」

智絵里「あなたなんて妹でもなんでもないわ!」ペッペッ

美優ナレ「姉妹が仲違いし、オット家は衰退の道を突き進みました」

まゆ「うちが破産ですって!?」

蘭子「はい。姉妹税の未納と滞納で、国がこの土地を没収すると通告を出しましたが?」

まゆ「うちに妹はいません!」

智絵里「そうです!私に妹はいません!」

まゆ「一銭も払うつもりはありませんから!」

蘭子「マユリオットさんはチエリオットさんの実妹ですよね?」

まゆ「あ」

美優ナレ「こうして名家オット家は破産してしまいました」


5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/24(火) 21:29:20 ID:rYrpSYMc

蘭子「その頃その頃」
凛「いけません!P王子」

モバP「よいではないか♪よいではないか♪」

美優ナレ「リンデレラは、その美しさを武器に王子の側室に収まっていました」

凛「P王子は私のもの……!正妻は私以外考えられない!P王子に近づく女は皆殺しだァァァァ」

美優ナレ「満面の笑みでナイフを磨くリンデレラ」

まゆ「こうなったらP王子に見初められるしかないわ!」

智絵里「王宮に入れれば毎日ウハウハ!」


二人「れりごーれりごー」

美優ナレ「しかし……それは全てリンデレラの巧妙な罠でした」


6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/24(火) 21:30:22 ID:rYrpSYMc

凛「あの糞姉妹をハメたのは私!今頃王宮に向かっているころね!」


まゆ「ここがP王子のハウスね」

智絵里「れりごー」

美優ナレ「二人が王宮に足を踏み入れたその瞬間ッ!」



ドッカーン



美優ナレ「王宮は大爆発。内部にいた人々は全滅してしまいました」


7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/24(火) 21:31:53 ID:rYrpSYMc

蘭子「一方ラブホ」

凛「あんあんあんあん」パンパンパン

モバP「イクよぉ!イクイクぁああイクぅぅ!れりごーれりごー」ピュッピュッ

凛「あひぃぃ妊娠しちゃうのぉぉお」ガクガク


凛「今頃私とP王子以外の連中は……クククっ」

モバP「すっきりマンボー!さあ、王宮に帰るぞ!」

凛「わかりました。ご主人様」

蘭子「いざ王宮へ」


8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/24(火) 21:33:29 ID:rYrpSYMc

モバP「な…なんだこりわ」

凛「まあ!皆さん大変!」

モバP「とりあえず救急車と消防、警察に連絡した」

凛「私たちのお楽しみの間に王宮が……ぅっ……ぐすっ……」

モバP「泣くな、リンデレラ」

凛「私にはもう貴方しか……」

モバP「俺もだよ……リンデレラ……愛してる」

蘭子「えんだああああああいやあああああゴホッ…ゴホッ…すみません…もう1テイク」


凛「P王子……」

モバP「結婚しよう。二人でやり直すんだ……一から…この国を」


9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/24(火) 21:34:43 ID:rYrpSYMc

美優ナレ「まだだ!まだ終わっていない!」

まゆ「ククク。我が生命力を侮っていたようだな!」

智絵里「フヒッ!ヒヒヒ!キィィィィイ!」

美優ナレ「ナイフだ!二人がコンバットナイフでリンデレラを襲撃ぃぃぃ!」

まゆ「すぐに気づいたぜ!テメェが爆破したってよ!」

智絵里「ヒャァアハァア!」

モバP「危ない!」ドン

美優ナレ「咄嗟にリンデレラを庇ったP王子の胸に、二人のナイフが突き刺さる!」

モバP「こ…これ…アカンやつや……ガクッ」

凛「いやああああ!P王子ぃぃぃぃ!」


10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/24(火) 21:37:13 ID:rYrpSYMc

まゆ「P王子…」

智絵里「P王子…」

凛「どうして……うっ…うっ…愛していたのに……」

まゆ「……私が間違っていました。リンデレラ…あなたにどう謝罪すればいいか」

智絵里「ごめんなさい、リンデレラ。やっぱりあなたは私の妹。大切な妹よ…うっ……グスッ」

凛「…姉…さん」

まゆ「これからは姉妹三人揃って」

智絵里「幸せに暮らしましょう」ニコォ

凛「うん!」

凛「ありがとう、P王子!私はあなたを忘れない」

完!


11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/24(火) 21:38:10 ID:rYrpSYMc

智絵里「お疲れ様でした」

まゆ「お疲れ様でしたぁ」

凛「お疲れ様」

モバP「ふぅ……ドラマの撮影も大変だな」

まゆ「そうですねぇ。慣れれば気にならないんですけど」

智絵里「Pさんと共演できて…私、嬉しかったです」

凛「プロデューサーの演技もなかなかだったよ」

まゆ「凛ちゃんも嬉しそうでしたしねぇ?」

凛「……まあね」

智絵里「……」ギリギリ


12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/24(火) 21:38:52 ID:rYrpSYMc

モバP「じゃあ、スタッフに挨拶言ってくるから、お前たちは先にロビー行っててくれ」

まゆ「はぁい」

凛「わかったよ」

智絵里「遅く…ならないで…くださいね?」


13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2014/06/24(火) 21:39:46 ID:rYrpSYMc

まゆ「……」

凛「……」

智絵里「……」

美優「……」

蘭子(怖いよぉ……)

ヤンデレは、あなたのすぐそばに……潜んでいるのかもしれない……

モバP「うちはみんな仲良くて嬉しいなぁ」

おしまい





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿