TOP > シンデレラガールズ > 【モバマスss】ハートなんて柄じゃないけど 【佐藤心】

【モバマスss】ハートなんて柄じゃないけど 【佐藤心】

1: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:44:12 ID:smZ

佐藤心のSSです。オリジナル設定のオンパレードで、原作なんてしらねぇよレベルになってしまっていますが、そこは趣味全開で書きました。

一応主だったオリジナル設定について
・過去捏造
・プロフィール捏造
・そんなことは言わない/やらない

などです。
以上の設定はうちのプロダクションだとこうだ、という感じで受け止めていただければ幸いです。
もしよければ、ぜひ。よろしくお願いします。


2: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:44:44 ID:smZ




【deep, deep, slowdown】

───かんぱーい!

「んっんっん……くあー!やっぱ働いた後のビールは美味いわぁ!!」
「わっかるわぁ~。この一杯はどんな仕事をやっていたとしても黄金よね。やめられないわ。」

今日はプロダクションの恒例、季節毎に一度ある定期公演の最終日。
トップアイドルの名をほしいままにする彼女達も、今まさにデビューを迎えようとする練習生も同じステージに立ち、そして公平な視点で評価を下される舞踏会の千秋楽。
無事に公演を終えた彼女達は目にも止まらぬ早さで結託し、結束し、結果、このような打ち上げ大会を開いている。アンコールを終えて楽屋に入った歌姫の手には、衣装を着替える間も無く居酒屋のクーポン券が握られていたという話だが、真偽のほどは定かではない。


3: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:44:57 ID:smZ

「アンコールの後は、アルコール、ですね。ふふっ」

と笑いかけてきた歌姫に、そろそろ内科循環器科で精密検査を進めようかと本気で思い始めたPであったが、彼女達を祝いたい気持ちに一切の不純物はなかった。

「えーみなさん、Pです。改めて、本当にお疲れ様でした。今回の夏定期公演も、皆さんのご尽力によって……」
「なぁ~がいのよプロデューサーくん!」
「バシッと!一言でまとめなさいよ!」
「んー光速で酔っ払ってるな28歳コンビ……最高でした!万歳!」


4: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:45:15 ID:smZ

魔王、もとい、片桐早苗と川島瑞樹は一杯目にのウェルカム・ビールを素早く飲み干した後、面白い獲物(おもちゃ)を見つけたようで、その両隣を占有する。
言い知れぬ悪寒を感じるPであったが、その斜め後ろから自分の右手に手のひらを重ねる女性───三船美優が現れたことで、その心理的な負担はぐっと下がる。
だがしかし。
違う種類の緊張を感じることにはなるのだが。


5: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:45:33 ID:smZ

「今回のライブも……Pさんが、支えてくれたから……。そうでなければ、私はきっと、ここまで頑張ることができませんでした……」
「み、美優さん。その、今日はお疲れ様です……」
「あの、その……今日は、少し二人で話しませんか……? 」


6: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:45:53 ID:smZ

憂いを帯びた唇がやけに眼に映る。慌てて目を逸らすと、くれいじぃな風貌をした、しかしその内面はそれ以上にくれいじぃなアイドルがこちらを見てにやけづらを浮かべていた。

佐藤、その顔を静かに。

こんなことを口に出してしまったら魔王が3人に増えてしまうので、目線だけでその冷やかしの笑みに対して抗議を送る。もっとも、それは逆効果だったのだが。


7: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:46:20 ID:smZ

「お、そういう感じか。いいぜ美優ちゃん、早苗さんと瑞樹さんはこっちで引き取るから後はしっぽりお楽しみに……」
「べ、別にそういうわけでは……身、皆さんの目もありますし……!」
「目がなければどうするつもりだったんだよオイ☆」


8: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:46:40 ID:smZ




惨状。荒野。ぺんぺん草すら生えない不毛の土地。
言い過ぎか?もちろんそうだ。だがここまで強い表現を使いたくなる気持ち自体は汲み取って欲しい。
「ん~?残ってるのは後何人くらい?」
「ふふ。私と瑞樹さんと早苗さん、心さんは寝てしまってますし、Pさんは美優さんに膝枕中です。」
「報告ご苦労高垣少尉!……さて、この店ももう3時間くらいいるし、そろそろ締めて次の店行きますか。」

佐藤がやられたか。魔王の中にも格というものがあるのか、などというふざけた感想を喉の奥にしまい込み、撤収の準備に移ろう。ここが彼の引き際だ。


9: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:47:06 ID:smZ

「み、美優さんと心さんはもう限界みたいなので僕が送って行きましょうか?」
「ん?ああ、心ちゃんならもっと適役呼んだからあんたは美優ちゃんだけ連れていきなさい。……送り狼、歓迎よ?」
「べべべべべべべべべべべべべべべべ別にそそそそそそそそそんなことししししししししししませんし!?!?!?!?!?!?」
「うーんこれ以上ない説得力のなさ」
「ヘタレ」 「チキン」 「意気地なし」
「僕に罵倒するときみんな謎の団結力見せますよね。」
「そんだけみんな『いい加減に決めろ』って思ってんのよ。……あ、着いたみたい。思ったより早いわね。」

個室のドアがスライドし、沢田摩理菜がその姿を見せた。


10: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:47:29 ID:smZ




「皆さんお疲れ様でした~心が潰れたって聞いたんで迎えに来ました……!って酒くさ!!」
「沢田さん、すいません……主にあそこの3匹の魔王が」
「何が魔王よ」
「そうよ言うに事欠いて」

「あ~……ま、君もお疲れ様。じゃあ心は連れていきますね……あ、お勘定どんな感じですか?」
「いいわよ、私たちが飲ませちゃったし、出しとくから。」
「そうそう。あ、麻理菜ちゃんタクってきたでしょ?どう?一杯くらい。 」
「んー…………せっかくの話だけど…………今日は…………お世話になっちゃおっかなー!店員さんすいません、これを……ハイ、ロックで……はい、はい。お願いしまーす。」
「さぁっすが麻理菜ちゃん!思い切りが良いわねー。」
「いえいえ、いつも心がやらかした後ご馳走になってしまってすいません。」
「え、沢田さん、いつもこんな現場処理をしてくれてんすか?……すいません。」


11: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:48:11 ID:smZ

テーブルの向こうでぶーすか言っている28歳コンビは、今は置いておこう。
毎回毎回こんな現場の収集を担当してくれているなんて、それだけで特別手当でも出そうかと考えてしまう。

「んー、あー、まぁね。心、こう見えて昔からやらかし癖あるから。」
「まぁ、そこは見たまんまなんですが……」
「あっはは。君もいうねぇ。昔の心が聞いたら顔の大きさが3倍になるわよ?」
「人間の顔の構成物は相似3倍に耐えられる作りをしていないんですが……でも、そうか。昔かぁ。」

ふぅ、と一息を深く吐き、自らの過去を頭の中で反芻する。そういえば、それなりに生きてきたよなぁ、なんて自己満足に浸ってしまう。


12: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:48:29 ID:smZ

麻理菜のもとにハイボールが運ばれてくる。マドラーを使ってくるり、くるりとかき混ぜた後、ゴクリとこぶし大の水塊を飲み干す。

「麻理菜さんの高校生時代は何と無く想像できるんですが、昔の佐藤さんは、ちっともわからないっすね。」
「昔の心? そりゃあ世にも恐ろしい不良だったわよ。ふふふ。君だったら怖くて近づけない運じゃないかな。」

「「え、そうなの!?」」

声の主はテーブルの向こうの28歳コンビだ。美味しい肴の登場に心躍らせていると見える。
……確かに。佐藤心の高校時代に興味がない人間はいないだろう。
そこそこに『くれいじぃ』でそれなりに『らぶりぃ』な26歳がどういう人生を送ってきたか。どんな青春を送ってきたか。今ここに至るルーツ───何に彼女の半生が根ざしているかは、きっと今後のプロデュースのためにもなるはずだ。


13: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:48:53 ID:smZ

「……それは、俺も気になりますね。実際、どうだったんですか?佐藤の学生時代。」
「あれ、君も興味津々って感じ?」
「プロデューサーですから。」
「ふふ。じゃあ、喋っちゃおっかなー。毎回迎えに来させられてるんだから、ちょっとくらいその仕返しってことで。……まぁ、本人は寝てるから、当たり障りのない範囲で、ね?」


14: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:49:31 ID:smZ




【朝靄はいつ晴れたか】




あれは忘れもしない。高校3年の5月9日だよ。……なんでこんな正確に覚えているかって?
あの時はゴールデンウィークが終わった日だったんだよ。
次は総体やら、学園祭……ウチの高校の学園祭は桔梗祭って言うんだけどさ、それの準備だーってみんなが盛り上がってたんだ。

運動部は、最後の大会に全力を尽くすため。そうでない人は、最後の青春の機会に全力を尽くすため。結局さ、あの頃の年齢の時って、青春とか、思い出とか、絆とか、そういう言葉に弱いじゃない?

───大人になると酒に酔うんだけどさ、子どもの時は言葉に酔うっていうか、雰囲気に酔ってたんだよね。

んで、そんなふわふわした雰囲気の中に、触れば切れる、みたいなヒエッヒエの奴が転校してきたんだ。

『鹿児島から転校生が来る』ってことはもちろん事前に聞かされててさ、教室に入ってくる前は「どんな人なんだろうねー」なんて、みんな楽しみにしてたさ。


15: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:49:55 ID:smZ

私? うん、楽しみだったよ、それなりに。
でも、私は高校卒業したら東京に進学して、高校で禁止されてたバイトをして、テレビの中で見たサーフィンをするんだーって、決めてたというか、わかってたというか。地に足がついてたっていうか。
とにかく、周りに比べれば、そこまで浮かれてもいなかったんだよね。

そう、そんで心が教室入ってきたんだよね……そしたらもうさ、雰囲気なんて一変。
空気の温度が下がったわけじゃないんだけど、体感温度は-5℃って感じだったよ。

鼻っ柱に絆創膏、何に対しても興味がなさそうな、冷え切った鋭い目つき。
そしてなにより学校という場にあまりに似つかわしくない、金色の髪の毛。


16: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:50:18 ID:smZ

そんでその第一声がさ、ふっふふ……いや、ゴメン……前に本当に同じようなこと言った子がいるの思い出しちゃって……ゴメン。第一声はね、こうだったの。

「こいつらがアタシのクラスメイト? ……まあ良いけど。名前は佐藤心。出身は鹿児島。趣味は……特になし。以上っす。」

誰も口を開けない。誰も手が上がらない。

みんな心から視線を外してさ、隣の子と見つめ合ってんの。

「なんなの、アレ」

ってね。わかんないものがきたときの反応なんて、大抵そんなもんなのかもしれないけどね。

1分くらいかな、教室がシーンってなって。そしたら担任がわざとらしく咳払いしてさ。
「佐藤の席は教室の後ろ、窓側になるが、いいか。」
って。さぁ、次どんな反応するかってみんな息もしないで見守ってたと思うよ。

でも予想に反して、心は何も言葉を発さず、黙って席についたんだよね。
その間、誰にも目を合わせないで。私の3つ後ろの席だったんだけど、通り過ぎた時に、高校では嗅いだことのない、綺麗な匂いがしてさ。


17: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:51:23 ID:smZ

朝のショートホームルームが終わっても、話しかけに行く奴は私以外いなかったかな。
私はあることがどうしても聞きたくて、聞きに行ったんだよね。

「その香水、どこの?」って。

そしたら

「家の。」って。

もうさ、笑ったら殴られそうだし、でもめちゃくちゃ笑いそうになるし、めっちゃ困ったんだよ。
笑いを抑えて自分の席に戻ったら、女子連中が「どうだった、どうだった」って。自分で聞きにけばいいのにねぇ。
でも、よく思い出せば、あの子達が聞きに言っても、心は睨み返しておしまいだった気がするな。その後のこと考えるとだけどね。


18: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:51:44 ID:smZ

その日の一限は英語。でも教科書の会社とかが違っていて、まだウチの学校の教材が届いてなかったんだ。
大体そういう時に頼りにするのが隣の子ってわけ。んで白羽の矢が立った委員長が机をひっつけて教科書をみせようとした時───

「───必要ないっす。」
「は?」
「いや、この内容ならもう去年やってるんで。」
「それよか体調悪いんで、保健室行ってきていいっすか。」


……ぶはっ


もうね、あの場で笑っちゃったのは良くないと今になって思うね。
すごく悪目立ちして、心が思いっきりこっち睨んでてさ。
「おーこわ」って。でも、なんか胸がすいて、笑っちゃったんだよね。


「あ、ああ……場所はわかるか? 誰か、付いて行って───」
「大丈夫っす。最初に案内されたときに教えてもらったんで。……じゃ、具合悪いんで。」

そう言って心が教室から気だるそうに出てったんだ。
心が教室に入ってきてから、30分も経たない間に起きた、どろどろの出来事のオンパレード。当時教室にいた人は開いた口が塞がらなかったんじゃないかな。

私と委員長だけは、多分どこかで笑ってた。


19: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:52:03 ID:smZ




「えー心ちゃんめっちゃ不良じゃない!言っちゃっていいの、そんなこと?」
「まぁ毎回迎え来させられてるんで、これくらいは……皆さんは口が硬い、というか信用できる方々だと思いますし。」
「え、な、なんか聞いてまずいことあるの……」
「……不味いことっていうか、苦いこと、かな。」


20: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:52:31 ID:smZ




それから1ヶ月後。心は自分のことをほとんど喋らなかったんだ。
というか、話しかけにもいかないんだから仕方ないんだけどね。
でも、私と委員長だけは、それなりに心に話しかけててさ───話しかければ、態度は悪いけどそれなりに反応返してくれたからね。だから委員長と協力して情報収集!なんて意気込んでたなぁ。

……え?そこまで態度が悪かった理由? ……うーん、まぁ後の事件でそれっぽいことは言ってたんだけど、それが本当かどうかわかんないですね。でも、ほら。
心って顔はいいじゃないですか。派手な顔つきというか、華がある顔つきですよね。高校の頃はもっと薄くメイクしてたんですけど、まぁ今はどうか知りませんけど、長野にはそういませんよ。
ふふっ、いや、本当に。だから必要以上に怖がられてたってのはあると思いますよ。


21: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:52:47 ID:smZ

そう!しかも金髪ですしね。なんか転校前に生指……生徒指導ですってば。の先生と一悶着あったみたいですよ。「染髪は認めないー!」「地毛だって言ってんだろーが!」……ってな感じで。
いや、実際地毛みたいですよ。心の金髪。そんで地毛だからセーフになったものの、まぁ先生側からすれば面白くないじゃないですか。
生指の小澤ってこっわい先生がいたんですけど、すれ違うたびに心のこと睨んでましたからね。
心はそれ自体はどこ吹く風って感じで。……そうそう。今と変わらずメンタルは強かったんです、この子。
でも周りの生徒がジロジロ見てるとたまに睨んできて。私もやられたことありますけど、めっちゃ怖いですよアレ。


22: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:53:28 ID:smZ

ん? プロデューサーくんどうしたの? ……勉強? 心の? バラエティ適正? ……はぁ。ここでも仕事なのね。お疲れ様です。
ああ、勉強は意外なほどにできたわよ。
心が以前いた高校を担任から聞きだして、ケータイで調べてみたらびっくり。
鹿児島では最高レベルの進学校で、東大にも毎年十数人を送りだすような高校だったんだから。

さらに決定打だったのは、委員長が偶然見つけた、全国模試の成績優秀者欄。
私はそんなのぜーんぜん縁がなかったから気にしたこともなかったけど、委員長の名前のはるか上に、名前があったからね。「佐藤心」って。

いやー当然最初は同姓同名かと思うわよ。でもさ、学校は確かに鹿児島のその高校だし、それも「心」なんて名前、何人もいるわけがないじゃない?
それこそ最近は「心愛」なんて名前も増えてきたみたいだけど……え?プロデューサーくんの名の名前がそうなの?……………………姪か………………この話はやめましょう!


23: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:54:44 ID:smZ

そしてこれはこの時点ではわかっていなかったことだけど───おそらく私と委員長だけしか知らなかったことだけど───心は、ね。

アイドル、とか。ヒーロー、とか。そういう存在に、強烈に憧れてたんだ。


24: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:55:10 ID:smZ




【金の髪が映すものは】





6月10日。心が転校してきてから、1ヶ月と1日目の金曜日。
……それにしても、最近はめっきり心と話してばかりいる気がする。
冷静に考えれば、心に割いている時間と他の子に割いている時間に優位な差があるわけはないのだが、そこは印象というやつだろう。
印象というのは恐ろしい───ゼロベースで考えた積み上げた1時間と、2時間かけなければいけないところを削っての1時間なので、体感する時間も違うのだろう。

「これって相対性理論っていうやつかなー?」

なんて委員長に聞いてみると、いやそれは違う、まず特殊相対性理論を理解するにはローレンツ変換が、などとよくわからないことを説明しだすので、話半分に聞き流す。


25: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:55:33 ID:smZ

そうしていると、委員長が、ふと何かを思い出したように目を見開く。
普段出したことがないような大声で、私たちの土日の予定を埋め始める。

「あ、あの……女子の方から、桔梗祭に向けて、土日に合唱練習をしたいという声が上がっているのですが……その、皆さんのご予定は、いかがでしょうか……」

ええ、という否定を重く含んだ声が男子の一部から上がる。

「え、委員長、聞いてないんだけど。」
「それは、すいません。僕も、朝のショートの前に予定を聞かされたので……」

ちらりと委員長が女子の集団を覗き見る。その一連の言動がお気に召さなかったのか、リーダー格の女子の起源はすこぶる悪そうに見える。

「いやさ、委員長、そんな言い方なくない?そもそもリーダーがちゃんとしてないから私たちがやってあげてるんでしょ?」

女子というのは、勝利が濃厚な状況でなければ大衆の前で勝負を挑まない生き物だ。
この状況ならいける。正義は我にあり。そう判断したリーダー格の女子は、これ見よがしに「仕方がなく」「みんなのために」「仕事をする自分」という衣を纏う。

「まあ委員長はもういいです。桔梗祭の合唱コンクール、絶対優勝したいって前からずっと言ってたのに、男声パートの声が小さいんです。だから、みんなで集まって合宿すればどうかなって。」

などと、初めて耳にする目標を急に掲げられ、週末の予定がふいになってしまった。
───横暴だなぁ。

もうすでに予定を入れてしまった子だっているだろう。そういう子が「来られない」と申し出ると、その場では「ごめんねー」「急な話になっちゃったからねー」などとごまかし、その裏でなんと言うレッテルを貼られるかわかったものではない。


26: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:55:58 ID:smZ

一つ、断っておくと。彼女たちは決して悪人ではない。というより、善人そのものなのだ。彼女たちはそもそもこの行為を悪だと思っていないし、私たちだって、この一瞬嫌な気持ちになっても、時が経てばその感情は霧散していく。

時は善悪の境目を曖昧にする。何があったか忘れてしまえば、そこではもう、何もなかったことになるのだから。
だから彼女たちの論理は───というよりも戦略か───は非常に強固で強力だ。

何かをした結果だけ覚えておこう。その結果に至るまでの過程は、時が曖昧にしてしまう。
だったら、私たち自身を肯定したければ───その結果が善であると認めるほかはない。

だから、最初から自分たちは肯定されるものであるとさえ信じ続けていれば。
以上の手続きほど人生を豊かに彩る戦い方もないだろう。

そうはいっても。巻き込まれる側としたらたまったものではない。
誰かの肥大化した自己肯定感に巻き込まれる形で、私の自由を奪われてなるものか。
しかし、時はすでに大勢を決する。最初に文句があったような男子の集団も、さらに大きい集団圧力のまえに鞍替えをしていく。
「仕方がない」「まあ土日くらいなら」「これも青春の一ページ」
などという言葉とともに。


27: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:56:14 ID:smZ

でも、なぁ。
私、土日って東京に遊びにいく予定だったんだよねぇ。
せっかく取れたロックバンドのライブチケットを無駄にしたくはないし、後方の憂いなく、まっさらな気持ちで楽しみを享受したいものだ。
「ねぇ、それは───」

私が声を上げようとしたその瞬間、それより鋭く、高く。はっきりとした発音で、彼女は言った。

「いや、アタシ行けねーわ」


28: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:56:36 ID:smZ




すっと、教室の温度が下がる。まったく、心が何かするたびに教室の温度が下がるんだから、少なくともうちの教室にはまだ仮設クーラーはいらないかもしれない。

「佐藤、さん。何か予定があるの?」

「あるといえばあるし、ないといえばねぇ。」
「……それは、みんなで集まって練習するより、優先しなきゃ行けないこと?」
「……少なくともアタシにとっては、そうだな。」

触れば形を変えるような心の答えに業を煮やし、リーダー格の女子が心を責め立てる。

「佐藤さんさ、みんなで一緒に合唱コンクールを頑張ろうって団結したのに、なんでそういう自分勝手なこと言うわけ? 」
「アタシから見りゃあんたの方がよっぽど自分勝手だよ。平日の合唱練習の時間は文句言わずに参加してんだから、土日くらい指図される覚えはねえよ。」
「でも、みんな言ってるじゃん……頑張ろうって……!みんなが!」
「みんなが言ってるかどうかなんて、なんでアタシに関係あんだよ?」
「っ……とにかくみんながそれでいいってなったんだから、邪魔しないで!休みたいなら勝手に休めばいいじゃん!誰も止めないよ!」


29: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:56:55 ID:smZ

「あ、じゃあ、私も休んでいい……?」

我ながら、最低のタイミングで提案したなぁと反省してるよ。でも、私は心の言っていることが正しいと思うし、私はそうあって欲しいんだから、ためらう理由もなかった。

私に続いて、男女ともに数人ずつ休みを申し出る。そのうち、からかいを目的にした男子が「そもそも練習必要か?」などと議論を掘り返し、それに対して女子集団は烈火の如く怒り返すなどなかなかカオスな状況になった。
こうなると悲惨なのは委員長だ。対してやりたくもない委員長の仕事を被せられた後は責任だけ被せられ雑務に追われる。今回もこの騒動の終結を任されているのは委員長と言うことになるのだろう。

ふと、心が委員長の方に視線を向けたように見えた。あるいはそれは気のせいだったかもしれないが、私が教室から出る直前、心と目があったことは気のせいではない。泣き叫ぶ女子の声が聞こえるが、どこ吹く風であろうか。

私は、委員長のケンコーとゴタボーを祈って、静々と教室を後にした。


30: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:57:31 ID:smZ




4階。一年生、及び二、三年生の理系クラスがある北校舎から、文系クラス、及び職員室を有する南校舎を繋ぐ、星に対して裸の渡り廊下。

教室から抜け出した麻理菜が渡り廊下の手すりに体重をかけていると、「危ないよ」の声とともに、委員長がその姿を現した。

「あれ、教室の方はもういいの?」
「杉山くんと相田さんに任せてきた。僕、あんまりみんなをまとめるとか、そういうタイプじゃないから……」
「ああ、まあ委員長だって貧乏くじ引いたようなもんだったしねぇ。」
「おかげで図書室に行って勉強する時間も減ったし……読書する時間も。いい迷惑だよ、ほんと。」

委員長が疲れを浮かべた表情のまま手すりを掴む。二人分の体重がかかると、鉄の手すりは小さく、きい、と悲鳴をあげた。でも、このくらいでへばってもらっては困る。
せっかくの機会だ。普段話さない人と話すのも悪くない。特に普段話すわけではないけど、「佐藤心」という不良少女の友達と認識されている同志なんだから。
だからきっと、知らない間に、私たちは友達なんだ。


31: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:57:47 ID:smZ

「お、人がいないとこでは、意外と、委員長も言うことは言うのねぇ。」
「……まぁ、何も言わなくても、何も思ってないわけじゃないからね。」
「はは、違いないや。」
「できるなら言いたいところだけどさ。でも、雄弁は銀、沈黙は金っていうだろ。下手なこと言ってみんなから反感浴びるより、黙ってそれなりに過ごしていた方が、total の結果としては得をするからね。」
「……それは、今回の心みたいにかい?」
「───佐藤さんのおかげで助かったのは確かだけど、彼女の言い方は敵を作るからね。」
「……そうだね。」
「僕は、佐藤さんみたいに強くないから……怖い時は、きちんと逃げるさ。ダサくたって、でもそっちの方がそれなりに上手く生きていけるから。」


32: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:58:06 ID:smZ

「でも、言いたいことすら言わなくなっていくと、一番欲しいものが近くに来た時だって、声を上げられずに終わっちまうぞ」


33: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:58:19 ID:smZ

後ろからの声に振り向く二人。
誰もいなかったはずの後ろに、心が立っていた。
不思議なことに、あれだけ騒がしかった学校から、人の気配が消えているようだ。この学校にいるのは私と委員長と、そして心の───たった3人であるかのような錯覚をしてしまう。

心が西日の逆光の中に佇む。
そのあり方は強く、強く。でもどこか、儚くて───。
茜色の空が薄緑の廊下の色と混ざって、柔らかなオレンジを演出する。


34: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:58:38 ID:smZ

「そんなんじゃ、いつまでたっても、一番欲しいもんは手に入んねぇぞ。」
「……一番欲しいもの、なんて。何が一番欲しいかなんて、自分でもわかんないよ。」
「当たり前だろそんなん。ただな、与えられた選択肢の中から選ぶような人生にすんじゃねぇってことだよ。選択肢を自分で作るからこその、自分の人生なんだろうが。」
「…………」
「なぁ、お前の思ってることなんて、誰にもわかりゃしないんだよ。お前が何かして欲しかったら、何かして欲しいって言うしかねえんだ。口にしたってああやって喧華になるんだ。気持ちなんてな、普通通じねぇんだよ。言わねぇことなんか、もっとわかんねぇよ。」

そう言い放ち、階段をおりていく心。金色の髪が夕日を映して消えていく。
その背中を見つめたまま、強く唇を噛んでいた委員長は、しかし、彼女に何も言うことはできなかった。


35: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:59:23 ID:smZ




「え、そこまで聞くと心ちゃんガチ不良じゃない。こっから汚名返上の機会くんの?」
「ないですよ。結局心はこの一件が発端となって、それが最後まで尾を引いて卒業しましたから。」
「───友達、少なかったんですよ。」
「えーそうなの……」
「はい。それこそ、私と……委員長くらいかな。」
「あーその委員長くん。結局彼がうじうじしてないで、こう、もっと男らしく「俺が全てを仕切る!」ってやってくれればよかったのに。そうすれば心ちゃんも悪者扱いされなくてすんだんじゃない? 」
「あはは。確かに。でも、彼はそういうタイプじゃなかったのに無理やり祭り上げられたってこともありますし。……それに、最後は結局彼のおかげで、心は最後まで学校に要られましたしね。」
「え、え、どういうこと?」

「はい。まさしくその土日の練習が開けた次の月曜日だったんですけど……」


36: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)14:59:54 ID:smZ




【だから僕らは駆けだす】





長野の気候は涼しい。まぁ、鹿児島と比べれば大抵の場所はそうだろう。
校舎に続く坂道を登るのは、今日3回目だ。

1回目は朝の日課のランニング。2回目は、変に気持ちが高揚して、朝の7時に登校してしまった時。キャラじゃねぇな、などと思い直し、教科書などが入った鞄だけ教室に置いて、近くの川を見に行った。

そして、今。3回目。すなわち、散歩からの帰りということになる。
川の音は、長野でも鹿児島でも変わらない。水が流れ、ある特定の波長の音が生じ、それが波として耳に届くだけ。物理的なシステムは普遍的なもので、何を切ってもその裏は同じ、ということには深い魅力があることは否定しない。

だが、本当に好きなのは、やはり「この川の音」じゃあない。

あの空、あの太陽。日差し、空気。アスファルトの照り返し、そこにしかない、固有の雑音。揺らぎといってもいい。
そういった、システムを決定づける固有の性質───それは卑近な言葉を使ってしまえば『個性』とまとめられるだろうが───とにかく、そういった特異点にこそ、佐藤心は心惹かれるのである。

ああ、ああ。そんなことはわかっている。生まれた時から、私はきっとみんなと一緒になれない。
最初は、なんだっただろう。好きなものが違った。次に、嫌いなものが違った。大事にするものが違った。守りたいものが違った。そういう、18年弱という短い人生の中のすべての体験が、アタシが他のみんなとは違うんだ、ということを突きつけてきた。

いや、違うな。

きっと最初はアタシも同じだったに違いない。それはきっと正しい。だってアタシはこれでも、子供と仲良くなるのは上手いんだから。
だけど、みんな、みんなアタシを置いていってしまう。大人になってしまう。一緒に遊びたい、喋りたい。でも、『その話題は卒業したよ』。

でもアタシは負けたくない。だって、最も大好きな彼らが、彼女らが言うのだから、アタシがそれを裏切るわけにはいかないじゃないか。

「そうだ、信じていれば、夢は叶う───。」


37: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:00:23 ID:smZ




心が正門を遅刻ギリギリに過ぎると、校舎の方で何かが割れる音と、女子生徒の悲鳴が聞こえた。

なんだぁ?
月曜の朝から、暇な奴ら……

門番に立っている教師(確か小澤とか言った)が鬼のような表情に変わり、悲鳴の元へと駆けていく。当然か。お勤め、ご苦労様です。

そうしてのらりくらりと歩いていると、もう一度、どかん、と鈍く大きい音がした後、校舎の二階から、栗色の髪の女子が顔を出す。必死の形相で、何かを探しているように見える。
ふと目があうと、顔がくしゃりと歪み、叫ぶ。

「心!委員長が!」

その言葉を聞き、何かに憑かれたように走り出す。理由はわからないけど、駆け出す。
ああ、ほんと、ばかしやがって。ばかだあいつは。あいつはばかだ。
ここまで状況が揃っていてわからないわけがない。あの音は、あの涙は、そういうことだろう。

でも問題は、その理由だ。
なぁ、なんでだ?
なんでお前は───

「委員長!!」

そこにはバラバラになった自分の英語の教科書と、フレームが曲がって使い物にならない眼鏡と、男性教員に羽交い締めにされている二人の男子生徒───。
それと、顔を抑えてうずくまっている、良く知った男子生徒の姿があった。


38: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:00:50 ID:smZ




「───失礼します」

ドアを開けると、見知らぬ老教師が会議室のストーブの上に置かれた鉢に水をやっていた。
「ああ、佐藤さんか。とりあえず。そこに座って……ああ、楽にしていいよ。」
心は言われた通りにパイプイスに腰掛ける。水をあげおわった老教師がジョウロを片付け、手を拭きながら戻ってくる。
「はい、はい、はい、と……ああそうだ、今はなんの教科の時間だったかな? 」
「古典……だったと思いますよ。」
「ああ、じゃあ奥川先生が担当だね……まあ、連絡は後でもいいかな。どう思う? 」
「何がっすか? 」
「いや、授業時間なのに君を呼び出してしまっていること、連絡しなくても良いものかなと。」
「そういうのって、事前に教員同士で連絡取り合ってやってんじゃないんすか?」
「もちろんそうさ。でもな、改めてもう一回連絡を入れておく方が、丁寧だって印象を
与えるのさ。」
「はっ……ほんと無駄っすよ、そういうの。」


39: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:01:04 ID:smZ

老教師はゆっくり、ゆったりとした口調で言葉を継ぐ。そこに圧迫感など感じる要素はなく、ただひたすら、丁寧に人と接していると、そんな印象を与える。

「ははは。大人になると、責任をどこに押し付けるのかを探すことに長けてくるのさ……さて。」
「佐藤さん。今朝の事件について、何か知っていることはないかな?」


40: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:01:28 ID:smZ

「知っていることっていわれましてもね。朝来たら沢田が私のこと呼ぶから教室に走って行ったら喧嘩してたってだけですよ。さっきも違う先生に言った気がするんですけど。」

なるべく穏やかに話すよう勤めたが、どうやらその不快な気持ちというか、不信感が漏れ出すのは避けられなかったらしい。老教師は私の機嫌を察したようで、大袈裟に驚いたような素振りを見せた後、まいったといった声色で話を繋ぐ。

「ああ、小澤先生のことだね。ごめんね、同じことを言わせてしまって申し訳ないんだが、でも僕は君の口からきちんとことを聞きたくてね。」
「いや、ていうか、私の知ってることなんてそれだけっすよ。嘘だと思うならそれこそ……小澤センセ?に聞いてみればどうっすか。あの人、今日正門付近で遅刻者がいないか見張りしてたでしょ。」
「はっはっは。あれは遅刻を取り締まるためではなく、あいさつ運動の一環だよ。小澤先生も、確かに朝に来た君を見たと言っていたよ。」
「ならもういいじゃないっすか。なんで私に───」


41: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:01:38 ID:smZ

ぴっ、と老教師と目が会う。───優しい目をしている。
いろんな教師に出会ってきたけど、こんな優しい目をした教師は、今まで一度も見たことがなかった。心はその優しさにこそ、思考を奪われてしまった。


42: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:01:59 ID:smZ

「なぁ佐藤さん。なんで彼は、殴ったんだろうなぁ。」
「───それこそ、私にわかるわけないじゃないっすか。マジで。」
「そうかい。でもね、僕にはわかるよ」
「───は?」
「そりゃあ、わかるさ。佐藤さん、本当にわからないのかい?」
「は?マジで何言ってんすか?頭大丈夫?」
「ふふふ。心配してくれてありがとう。でもね、こんなのは簡単なんだ───教師も30年もやってるとね、少しはわかるようになるんだよ。『心』ってやつがね。」
「……そんなの」
「「わかるわけない。」」

「はっはっは。佐藤さん、実に賢いなぁ。そうだ。実際はわかったわけじゃなくて、わかった気になれるだけだ───たとえそれが正解だったとしても、それで誰かのことが「わかった」なんて、とんでもない話だと思うだろう。」
「でもね。」
「ことこの問題に関しては実に簡単だよ。───ともすれば、君はそういう概念というか、コンセプトに抵抗を覚えそうだが。」
「……それ、は───」
「ん? 言わないよ。そんな野暮ったいことはしない───というより、君ももう既に分かっているんだろう?」

心はとうとう言葉を口にしようとする意思を放棄し、老教師の言葉に耳を傾ける。


43: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:02:14 ID:smZ

「ただ君がわからないのはきっかけなんだろう───根拠というか、始まりといってもいいかもしれない。」
「でもね、大抵そんなことに意味なんかなくてね……しかも他人からすれば、それこそ理解しがたいものであることが多い。」
「でも、意味のないことを追うことができるのは若者の特権でね……いやはや、僕には眩しいばかりだ───そんな僕から、余計なお節介を一つだけしておこう。」

「時間がないなんてことは往々にしてないのさ。ふとした時に、ちょっと横を見てごらん。」


44: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:02:31 ID:smZ




結局、老教師による事情聴取はそれで終わった。何を話したわけでもないのに、もう時間は2限も終わる頃になっている。
心は目線をわずかに上に上げる。わずか1メートルもない位置にある天井のまだら模様をしばらく見つめ、そして目を閉じる。

───ちくしょう。アイツの言う通り、かもな。

また目を開けた時、佐藤心は一秒前の自分と永遠に決別する覚悟を固め、歩を進めて行った。


45: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:02:49 ID:smZ




3階、生徒指導室。

生徒指導主事である鬼の小澤をはじめとする、各学年の生徒指導担当に囲まれ、「委員長」は押し黙っていた。

「なぁ。いつまでも黙ってばかりじゃわからないだろう。」
「真面目なお前のことなんだから、きっと理由があるんだろう?それを聞かせてくれれば、いいんだ。」
「大丈夫、先生たちは、お前の味方だから───」

周りの教師が何かを言っている。
実のところ、自分が教師の言っていることをまともに聞いていたことなんて、人生でも数えるくらいしかない。
それよりも、僕は聞きたいこと、見たいことがあったから、早くそちらの世界へ旅行することだけを考えていた。

僕は本を読む。物語が特に好きだ。頭の中では僕は勇者になれるし、魔法使いになれるし、スーパーヒーローにも、名探偵にも、刑事にだってなれる。
本の中には、多種多様な世界があり、僕はそのページを捲るだけで、そこに旅行することができた───そこになんの資格も要らず、なんの気兼ねもなく。

別にこんなことは珍しいことじゃない。いつ、いかなる場所における老若男女においても誰もが、平等に持つ楽しみだ。僕の親戚の子だって、2歳になる頃から絵本に夢中になっている。そのまま大人になって、小学生、中学生になっても、その楽しみが尽きることはない。

僕の父やおじさん、お爺さんだって本が好きだ。本はいい。───非現実の、外挿した世界が、救いにすらなるのだから。

今までの人生で、周りからはよく優しい子だと評された気がする。
でもそれは確実に間違いだ───僕はただ自分の世界を大事にしているだけなのだから。

僕が僕のウチを大事にするように。誰かには誰かの大事なイエがある。

僕の世界と誰かの世界が触れ合う必要なんてない。僕のことを誰かに認めて欲しいわけじゃない。もちろんわかってくれたら嬉しいし、中にはそういう人もいたけど、でもそれは僕が積極的に求めていたことじゃない。

理解されることはうれしいけど。納得されることを望んでいるわけではない。
僕にとっては単純明快なことだけど、中にはこのことが腑に落ちない人もいるらしい───いや、それならそれはそれで構わない。僕は他人に対する期待値をゼロにする。

だから、お願いだから───

───わからないままでいることを、どうか放っておいてくれないか。
───相互理解が目的でない人の存在を認めてはくれないか。

誰に対しても何も望まないから、誰も僕に期待しないでくれ───
それが僕の、一番の望みだから───


46: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:03:04 ID:smZ

「おい、委員長。ちょっとツラ貸しな。」


47: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:03:16 ID:smZ

生徒指導室のドアが乱暴に開く。この場にいた数人の目線が一点に集中する。その先には───
金色の髪が、入道雲のように、たなびいていた。


48: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:03:29 ID:smZ




「佐藤、なんだお前は、いきなり!」
「ここには先生方が何人もいる。部屋に入るときにノックをしたか?そういう礼儀が、生きていく上で一番重要なんだ───聞いてるのか、佐藤!」
「委員長、貸してください。」
「今話してる最中だ、後にしろ!!」

───先生たちが何か言っているけど、そんなこと意に介さず、まっすぐ僕の元に彼女が───顔は見たこともない赤色で───向かってくる。

僕の制服の二の腕の部分を掴んだ彼女の桃色の手に、思わず僕も、手を重ねる。


49: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:03:45 ID:smZ


「いいんちょ。」



「ほら、こいよ。」



手を取って委員長を連れ出す心。
生指の先生方は当然追う。
階段を駆け下りる最中、老教師とすれ違う。


50: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:04:05 ID:smZ

「おやおや、生徒指導部の先生方、どうしました。」
「堀之内先生……見たでしょ、佐藤が……」
「ああ、いいじゃないですか。行かせてあげましょうよ。」
「な、そ、な、何をおっしゃてるんですか!?」
「まぁまぁ。先生方。これぞ教師冥利につきるってものじゃないですか。子供たちが成長しようとしている。それを見守るのが教師の仕事の本懐ってもんでしょう。」
「いや、しかしですね……彼に関しては校則違反どころか、ことによっては犯罪な訳です。そういう道を違えた子供たちを指導してやるのが、教師として、大人としての役割なんじゃないんでですか。」

「……もちろん、悪いことをしたら叱らなきゃいかんよね。それは仰る通りだと思います。」

「でもね。」

「大人ってのは、『大きい人』じゃあないんですよ。先生方。そりゃあ小学生なんかからしたら大きいのかもしれんが、高校生にもなりゃ体の大きさなんて変わりゃしない。それどころか、向こうのほうが大きい場合だってあるでしょう。」

「大人ってのはね、『人として大きい』んですよ。だからそれくらいのこと、きちんと見極めて信じてやらなければ大人が廃るってもんです。」

「あれが、あの子たちの、心の一本道なんですから。」


51: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:04:38 ID:smZ




朝の出来事など何もなかったかのように、授業は続く。
───いや。今日の授業中の回覧板の話題は先ほどの事件だったから、何もなかった、なんてことはない。

「麻理菜、これ……」
「ん。」

後ろから細く消え入りそうな、目の前の私にすらほとんど聞こえない声と共に、くしゃくしゃの紙切れが回ってくる。

まったく、呆れた。今日はこれで3回目だ。同じ話ばかり、何度も。その内容も、卑屈というか、推測に過ぎない真実の羅列。
私も授業が好きなわけじゃないし普段は自分も乗ってしまうことがままあるが、このような会話は好きではない。

はぁ、とため息をつき外を見る。山の麓とはいえ、住宅地と比べれば小高い位置にある学校の窓からは、分厚い灰色の隙間から照らす光の帯が見える。


「……あ。」


「先生!具合悪いんで、保健室行って早退します!」
「え、は、沢田さん!? お、お大事に……というか、走ってますよね!? 」


52: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:04:52 ID:smZ

私は走って教室を後にする。
後ろで廊下を走ってはいけない、という声が聞こえた。すいません、という生返事だけ返して、走る。駆ける。飛び抜ける。

まったく、私も何でこう、あんなおかしい転校生のことが気になるんだろうか。


きっとそれは───閉塞した日常に対する起爆剤みたいなものなのかもしれない。日々繰り返される同じ毎日を微かに変える絵葉書みたいなもの、と言い換えたほうがおしとやかだろうか。

でも。

葉書の裏に1行だけ書いてある小さな物語のように。
トンネルの向こうにある開けた青い空のように。

きっと、彼女の物語は面白い。
私は何だかおかしくなってしまう。急いで駐輪場に向かい、猛スピードで自転車を走らせる。
───さあ追いつこう。


53: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:05:07 ID:smZ




【ここに星は成る】





「───はいよ、これ。」
「……僕、お金持ってないよ。」
「ばか、奢りだよ。……そんくらい、もらっとけ。」

山の中にひっそりと立っている自動販売機。
もう7月に入ろうかというのに、ずいぶん肌寒い。それは山の深くに来たからか、それともこの曇りの天気が関係しているのだろうか。

高校から走って逃げ出したは佐藤さんは、ただただ、僕の手を引いて坂道を登った。
二人の息が切れ、もうこれ以上走れそうにないと。しかし、もう数メートル先には、誰のために作られたのか定かではない公園がひっそりと存在している。
特に合図をしたわけではないが、二人ともなんとか動かない足を動かし、息も絶え絶えに、公園までたどり着く。

公園の反対側の端には、幅が狭い階段が、数メートルに渡って続いている。その行き先は、誰かのどこかの畑らしいが、これを降りていこうという気にはならない───足を踏み外したら、最悪お陀仏じゃないだろうか。
そんな位置にある公園なのだから、高所対策は十分かと思ったが、そんな期待を限界地方に持ち込む方が悪い。こういう点では、心はよく理不尽を受け入れるのである。

ボロボロの鉄柵に囲まれた、古い公園。公園だというのに遊具シーソーくらいしかなく、ボール遊びは禁止という張り紙が貼られている。当然だろう。子供が落ちれば重大な事故につながる恐れがある。


佐藤さんは、そんな鉄柵に体重を預け、空の向こう───あの方向は南西だ───を見つめている。

その姿が、僕は、とても悲しいと思った。


54: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:05:31 ID:smZ






「んで、なんだってあんなことしたんだ、お前。」
「だって、佐藤さんの教科書を、破ったんだ。」
「……まぁそんなこともあるだろうよ。てか、なんで私の教科書破られて、てめーがキレんだよ」

「……その……」
「あ?いいから、さっさと言えよ。」
「あいつは、バカにしたんだ。……佐藤さんの教科書の、ラクガキ。」
「は? ラクガキ? お前何言って……ん? ……あ。あ、あ、あ!」

佐藤さんの顔がみるみる朱に染まる。先程は長い距離を走ったので顔が赤くなるのも納得できる、と思っていたけど、今回のケースは……わかるけど、でもわかってはいけないもののような気がする。


55: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:06:06 ID:smZ

「み、見たのか!? お前、あれ見たのか!?」

「ぼ、僕は直接は見てないけど……でも、あいつらは見てたよ。……あんな形で人の夢をバカにするなんて、僕は許せなかったんだ。」

一息で言い切った僕とは裏腹に、心ここに在らずの様子の佐藤さん。
注意しないと聞こえないくらいの声量だが、何やら不謹慎なことを口走っているような気もする。
お、女の子がそんなことを言うのはどうだろう。

「さ、佐藤さん?」

たまらず話しかけると、数秒思考にふけって、その後、なんらかの納得する結論にたどり着いたらしい。


56: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:06:22 ID:smZ

「よし、死のう」


「!?!?ちょ、まって!!!」


57: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:06:46 ID:smZ

佐藤さんがボロボロの鉄柵の上部に左足をかける。な、な、何をしているんだ!
僕は必死になって彼女の腰を掴んで、なんとか公園側に引き戻そうとする。
────こ、腰を掴んだのは不可抗力で、決してやましい気持ちがあったわけでは……!

小競り合いを繰り返していたら、後ろで自転車を乗り捨てる音が聞こえた。何を言うでもなく、助けに入ってくれたのは、やっぱり沢田さんだった。

沢田さんの助けもあり、なんとか3人の力のベクトルの総和は公園の方に向いている。

「佐藤さん……危ないから……早くこっちに!ってうわっ!」

なんとか佐藤さんの抵抗に打ち勝ち、鉄柵から彼女を引き離すことに成功した。彼女の背中が僕を押しつぶす形で、公園内に倒れこむ。……腰に手を回していたから、沢田さんから見れば僕が佐藤さんを抱きしめているようにも見えてしまうのだろうか。

沢田さんになんて言い訳しよう、などと考えていたら、自分の上で嗚咽が聞こえる───子供のように。えーん、えーんと、大きな声で。


「だ、大丈夫かい佐藤さん、どこか痛めた……!?」

彼女の顔を見て、その涙は、この涙は、きっと彼女の身体からではなく、心から出ているものなのだろうと、察せられた。


佐藤心が泣いている。子供のように。えーん、えーんと、大きな声で。


58: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:07:06 ID:smZ




アイドルとして歌っている魔法少女の絵。
フリフリの服を着て、満面の笑みを携え、「後ろまで見えてるよーーー!!!」と叫んだ、世界で一番可愛い女の子。それをハートの馬車でラッピングしよう。

英語の教科書、数学の問題集。理科の実験ノートに、地理の授業で配られた授業プリント。
その切れ端に、小さく、でも確かに力強く書き込まれた彼女の夢。


59: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:07:25 ID:smZ


「佐藤のやつ、高校生にもなってこんな趣味あるんだぜ。フリョーのくせに、可愛いとこあるじゃんか!」
「やめてあげなよ。」
「あ?」
「やめろって。」
「あ?どしたの委員長?冗談じゃんよ、マジになんなって……」
「誰がどんな趣味持ってたっていいだろ。いいからほら、教科書返して……」

「は?なんで委員長が俺らに指図するわけ?」

あ、これは本で読んだことがある。理屈ではなく、単に命令に関して反射的に否定的になっているだけ。この行為の是非なんて一切関係がなく、僕に何か言われるのが嫌、そう言う問題にすり替わってしまっている状況。

こういうときは、こちらが謝って、時間が経ったら適当に後始末をすれば良い。
それが一番波風を立てず、一番 total として僕の利益が大きいはず。
そのはずだ。そのはずなんだ。そのはずなんだけど、でも。


でも。


「いいから、ほら……!」

教科書の半分に手をかける。僕は、こいつからこれを奪わなきゃいけない。やめさせなきゃいけない。守らなきゃいけない。ここは引くわけにはいかない。ここだけは引くわけにはいかない。

だって、僕はダメだって。やめたほうがいいって。彼女ががバカにされるのが許せないって、そう思ってるんだから。


───だから、僕は言わなくちゃ。それはダメなんだって。


60: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:07:51 ID:smZ

「うっせーな!離せよ!」

教科書を無理やり自分の方向へ引き寄せ、自明に、教科書は真っ二つに裂ける。

─────────っっっっっっっっ!!!!!!!

その後は、よく覚えていない。人生で初めてあんな気持ちになったんだ。少しくらい覚えておけば良かったんだろうけど、でもパッタリと記憶が途切れてしまっている。覚えてるのは唯一、痛いという思いだけ。

気づいたら、もう一人の男子に後ろから羽交い締めにされ、僕が手を出した男子は怒り狂って、僕を殴り続けてたってことだけ。そのうち足に力が入らなくなり、倒れてしまったところで、今度こそ本当に記憶がなくなっている。

でもね、これだけは覚えているんだ。
僕は。
君の夢をバカにされたことが、許せなかったんだ。


61: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:08:11 ID:smZ




「……あの。佐藤さん。」
「…………柄じゃねぇよな。」
「昔から、魔法少女のアニメとか、好きだったんだ。」
「可愛くて、綺麗で……みんなを笑顔にして、さ。ああなりたいって、子供なら一度くらい思うだろ?」
「でもアタシはまだ……その夢を飛び越えて、新しい夢を見つけられねえんだよ。」

佐藤さんの喋る声に熱が灯る。涙の奥に、確かな意志を感じる。そういう声だ。

「可愛くなりたい。キラキラでフリフリなドレスを着たい。みんなの前で歌って踊って、悪者を倒すための必殺パンチを繰り出したい。」

「もちろんさ、18年も行きてりゃ現実と空想の違いくらいわかるよ。……だけど。」
「だけど、やっぱり私は……なりたいんだよ。アニメの世界の主人公に。」


62: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:08:31 ID:smZ

「ピンチの時に颯爽と駆けつけて味方を救いたい。」
「純白のドレスを着た私を、白馬の王子さまに攫って欲しい。」
「魔法の力で空を飛び、好きな人に会いに行きたい。」
「みんなが注目するステージでトリプルアクセルを決めたい。」
「───満員のステージで輝く、アイドルになりたい。」

なんて、バカな夢ばかり、追い続けちまう……!

────最後の言葉の悔しさを、僕なんかがわかるわけがないけど。
でも、強い彼女がここまで打ちのめされ、諦めかけ、それでも残る自分の意志を振り絞って形にした、その声色を。
僕は、この先もずっと、忘れられないだろう。

「無理だって心のどこかで、というか、心のほとんどでは無理だってわかってんだ。」
「でも……でもさ!でも、アタシの心の最後の一欠片が、それでも認めたくないって言ってるんだよ。アタシの脳が諦めたくないって言ってるんだよ!!」

「私は大人なんかじゃない。……誰よりも、子供なんだよ。」


彼女の告白の後、僕は何かを言おうとして、でも言えなくて。
ただひたすら、彼女の頭を撫でていた。
何も言わず。何も聞かず。ただ、ひたすら───彼女の心の休みになればいいと、そんなことを思いながら、彼女の頭を撫で続けた。


63: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:08:47 ID:smZ

この空気を打破したのは、沢田さんだった。

「たしかに魔法とか、ヒーローとかは無理かもしれないけど……」

「アイドルになら、なれるんじゃない?」

「───へ?」

「心がアイドル。うん。ぴったりじゃないかな。委員長も、そう思うよね。」
「はは。違いないや。」
「だよね。ほら心、立って。こっち。」
「え、え?」


「一日。この時だけ、私と心のユニット。歌う曲は……大地讃頌とか?」
「…………それ、合唱の課題曲だろ。アイドルが歌う曲じゃねーよ。」
「ははは。じゃあ、心のオススメの曲で良いよ。私、適当に合わせるから……ほら。観客がいるよ。」

その日。雲が近づく山の中。くたびれた公園で、1日だけのアイドルユニットが結成し、解散した。
ダンスなんてめちゃくちゃで。可愛さなんてかけらもない、ヤケクソ半分、戸惑い半分の表情で。踊りながら歌うから、息も切れ切れで。音程も歌詞も飛び飛びで。

───たった一人のファンに向けられたそのステージは、喝采の中幕を閉じた。


64: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:10:04 ID:smZ





【だからアイドルってやつは。】





「は~青春ねぇ……」
「というより、中二病だったんですよ───高校生にもなって、心も私も。」

「それで、そこから委員長くんと何かロマンスとかあったりしたの?」

「いいえ? ……まぁ、委員長がどういう気持ちだったのかは知りませんけど、心は昔からそういうの疎いですから───でも、彼も心をそういう目では見てなかったんじゃないかなぁ。」

「あらぁ、そうなの? 麻理菜ちゃんの話ぶりからすると、彼はずいぶん心ちゃんに気がありそうな感じに聞こえたけど。」

「───きっと、彼にとっては、心は本当にアイドルだったんじゃないんですかね。超然としているというか。酒飲んで潰れてる、みたいな人間らしい面を見せるようになったのは、高校卒業してからでしたからね。」

「ああ、そういえば、その後の学校生活はどうだったの? 青春ラプソディ!みたいな、そんな感じだったの?」

「あはは。漫画や物語ならそんな展開なのかもしれませんけど。」
「……無断で学校の外に出たこととかが問題になって、学校に帰ったら反省文ですよ。私もだったんですよ? 」

「お陰で学園祭はビミョ~な雰囲気のまま終わるし。そのまま私たち3人は、クラスでどこか浮いた雰囲気のまま卒業しましたよ。」

「まぁ、現実は物語ほどうまくはいかないわよねぇ……そこからは、特にお互い連絡もとらず? 」

「そうですね。私の撮影中に心がエキストラで参加しようと侵入してきたときは目を疑いましたけどね。こっちから声かけたら見たことないくらい顔真っ青でしたし。」

「まあ、あれはね……」

「さ、私達の過去話はこのくらいにして、そろそろ心を連れておいとましますね。───芳乃ちゃんに怒られちゃうかもしれないし。」

鋼鉄の馬車に乗り込む二人。
昔見たあの場所に立てているかどうかは、彼女自身しか知るよしもない。
でも確かに心はアイドルになった。
誰か一人のためのアイドルではなく。多くの人に魔法をかけるアイドルに。
ステージの光を独り占めして、満開の笑顔を見せる彼女の姿は、誰かの心に魔法をかける。あの出会いが魔法ではなかったように。

それはただの偶然の産物なのかもしれないが、それでも今代の世にひしめく魔法は、きっとみんな、その形を取っている───


65: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:11:05 ID:smZ




「うぃ~マリナル、昨日サンキューな……運んでくれたって聞いたわ。」

「あら心、ひどい顔よ? およそアイドルがして良い顔じゃないわ。」

「あー肝臓には勝てねぇよ……とりあえずウコン飲んだから30分もすれば余裕になってくると思う……お、あそこにいるのは文香ちゃんじゃね?おーい、文香ちゃん……って男ぉ!?」

「あら、文香ちゃん、いつの間にそんな……って、あれ?」

「ん、文香ちゃんの叔父さんの息子さん? 好きなアイドルが……はぁととマリナル!?へっへっへ、ならサインくらい気軽に……って、は?………………は?」



「「おいおいおいおい、奇跡か?」」


66: 名無しさん@おーぷん 19/08/25(日)15:14:26 ID:smZ

以上です。
我ながら良くここまで脳内設定盛ってで書いたなぁと思います。
でも書きたいものがかけてよかったです。

他には最近こんなものを書いていました(最近の3つです)。
これらも含め、過去作もよろしければぜひ。
よろしくお願いします。


【モバマスss】A thing which is contrary to the second law of thermodynamics 【かこほた】
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1564330241/l10
前川被害者事件簿 その2
https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1562992806/l10
【シャニマス】Perturbation 【甘奈】
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1562490537/l10





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿