TOP > シンデレラガールズ > モバP「世界ネガティブアイドル選手権」

モバP「世界ネガティブアイドル選手権」

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/07/25(金) 21:46:45.38 ID:1EaxKfJ60

乃々「な、何ですかそれ…」

P「読んで字の如し、世界中のネガティブアイドルがネガティブさを競う大会だ」

乃々「需要あるんですか…」

P「俺は知らん。しかしこうして大会がある以上、乃々が出れば優勝間違いないと思うん

だが」

乃々「えぇー…、ネガティブになんて、自信ないんですけど…」

???「聞き捨てならないわね!」

P「この声は…」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 21:49:47.79 ID:1EaxKfJ60

ヘレン「世界とつくのなら何であろうと挑戦するわ!ネカティブにおいても私の隣に出る者はいない!!」

P「やっぱりか」

乃々「超ポジティブなんですけど…」

ヘレン「フフ……乃々、確かに今の私はネガティブに対してとてもポジティブだわ」

乃々「意味が分かりません…」

ヘレン「しかしそれは、普段の二倍ネガティブということ!前を向きながら後ろ歩きをしているのよ!」


5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 21:50:50.66 ID:1EaxKfJ60

乃々「プロデューサーさん、もうヘレンさんでいいんじゃ…」

P「確かに世界の舞台にヘレンさんは相応しいと思うが」

ヘレン「あら貴方、私のネガティブに不満があるの?」

P「いや、そういう訳では」

ヘレン「言わなくていいわ。そうね、私のネガティブさは天然ものではなく、あくまで私の世界レベルの演技力から生み出されるものだわ」

ヘレン「故に、乃々のような天然のネガティブさには負けてしまう可能性が僅かながらある、そう言いたいのね?」

P「そういうことでいいです」


6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 21:53:06.94 ID:1EaxKfJ60

ヘレン「分かったわ。ならば私は、天然ものに負けないネガティブさを身に付けるだけよ!」

乃々「ネガティブって付けるものなんですか…」

ヘレン「これまでの輝きを捨てて、漆黒の闇に落ちるのも悪くないわ」

蘭子「……同胞の気配!?(お仲間ですか!?)」

モバP「関係ないからね、うん」

ヘレン「そうと決まれば早速始めるわよ!」

乃々「何が決まったんですかね…」

モバP「さぁ……」


7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 21:55:26.40 ID:1EaxKfJ60

ヘレン「今からネガティブ合宿を始めるわ!!」

乃々「えぇー…」

ほたる「それで…私が呼ばれた理由は…」

ヘレン「勿論、ネガティブアイドルとして一目置いているからよ!」

ほたる「そうですか…」

時子「私が呼ばれたのは?」

ヘレン「ネガティブのことを知るにはネガティブな子だけではいけないわ。そこで、ポジティブなアイドルとして貴方を呼んだのよ!」

モバP「時子はポジティブってか只のSじゃぁ」

時子「あらいけ好かない事を言う豚が居るのね」

モバP「痛ァーーーーッ!」


8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 21:56:55.77 ID:1EaxKfJ60

乃々「帰りたいです…」

ヘレン「乃々、ナイスネガティブよ!」

乃々「嗚呼、逆効果です…」

ほたる「の、乃々ちゃん。よろしくね…」

乃々「はいぃ…」

時子「それでヘレン、この合宿で何をする気なのかしら。つまらない内容だったら私、帰るわよ」

ヘレン「No Problemよ。この合宿が終わる頃には、貴方にネガティブアイドルの極みを見せてあげるわ」

時子「別に見たくないのだけど」

ヘレン「さぁ始めるわよ!」


9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 21:58:22.49 ID:1EaxKfJ60

モバP「――斯くして、ネガティブ合宿は始まった」

モバP「合宿とだけあって、四人は常に行動を共にした。そして、乃々とほたるのネガティブさを、ヘレンはどんどん吸収していった」


ヘレン「ネガティブさの根底にはエピソードがあると思うの。二人には何かあるかしら?」

乃々「私は生まれつきこうなんで…」

ほたる「実は、暗い話で申し訳ないのですが……以前所属していたプロダクションが倒産してしまって…すみません…その前も…その前も…」

ヘレン「……ナイス、ネガティブ!」

時子「そういう話じゃないわよね」


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 22:00:11.08 ID:1EaxKfJ60

ヘレン「成程、机の下に居るとネガティブになれるのね」

乃々「ま、まぁ、そうです…」

輝子「フヒ……新しいトモダチ……」

ヘレン「ヘレンよ。夢は世界レベル、今も世界レベルよ」

ほたる「皆が机の下に……もしかして、私の不幸が伝染したんじゃ…!」

時子「関係ない話よ。ほっといてお茶でもしましょう」

ほたる「で、ですかね……」

時子「……全く、アイドルなんだから少しはしゃんとしなさい」

ほたる「すみません…すみません…!」

時子「謝ることじゃないわ」

モバP「時子は何だかんだ優し――――ひぎゃっ!!!」

時子「あら豚を踏んでしまったようね」


11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 22:01:39.44 ID:1EaxKfJ60

ヘレン「ネガティブさ、それは何事も消極的に捉える事!」

時子「なんで辞書の意味読むだけでそんな自信満々なのかしら」

ヘレン「私が前を向いているからね!」

時子「そ」

ヘレン「時子、貴方はネガティブをどう思うかしら?」

時子「興味がないわ」

ほたる「すみませぇん…!」

乃々「じゃ、じゃあ私、隅っこで静かにしてます…」

ほたる「私も…」

時子「……何もあなた達に興味が無いとは言ってないわ。単にネガティブな気持ちに興味が無いだけよ」

ヘレン「時子……ポジティブアイドル選手権があれば優勝間違いなしね!」

時子「嫌よ」


12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 22:03:04.00 ID:1EaxKfJ60

モバP「――若し世界ポジティブアイドル選手権があったら」


茜「ポジティブアイドル選手権ですか!!!!絶対にトップをもぎとりますっ!!!!」

未央「負っけないよ~、勝負だ~!」

瑛梨華「はいどうもーっ!優勝目指してバッキュン☆しちゃうぞ♪」

李衣菜「ふっふ~何かロックだねー!私も参加するよ!」


モバP「……時子じゃ無理だな」

時子「何か言った?」

モバP「いえ何も」


13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 22:05:09.51 ID:1EaxKfJ60

モバP「――そして、一週間が過ぎた。」

モバP「いよいよ、世界ネガティブアイドル選手権間近な訳だが」

乃々「えぇ…」

モバP「大丈夫だ、自然にしてれば優勝出来る」

乃々「じゃあ何もしなくていいですか…」

モバP「一応テレビに映るんだから愛想笑い位はしてくれ」

ほたる「私はお仕事だけど、乃々ちゃんの応援するね…!」

乃々「……あ、ありがとう…」

モバP「まぁネガティブさで乃々が負けることなんてそうないから、大船に乗った気で行ってくれ」

乃々「泥船じゃないですかね…」

モバP「うん、そのネガティブさがいいんだ」


14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 22:06:26.52 ID:1EaxKfJ60

モバP「そして、ヘレンさんは…」

ヘレン「私は貴方の側に居るわ、離れていてもね」

モバP「いきなり名言めいたことを言われましても」

ヘレン「世界レベルなことも罪ね…」

モバP「時子様ツッコミ代わってもらえませんかね」

時子「貴方何様?」

モバP「ですよねぇ」

ヘレン「時にプロデューサー」

モバP「はい」

ヘレン「私は選手権に出ないわ」


15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 22:07:38.91 ID:1EaxKfJ60

モバP「……はい?」

乃々「どうして…」

ヘレン「私は今日まで、ネガティブについて色々考えたわ」

ヘレン「乃々やほたるの姿を見て、天然のネガティブの凄さを思い知った」

ヘレン「そして私は、眩しい光によって出来る影を知った」

飛鳥「そう、光があれば影がある。誰もが知りながらも目を背ける、この世界の真実さ」

モバP「そうかちょっと静かにしてようなー飛鳥」


16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 22:08:49.05 ID:1EaxKfJ60

ヘレン「今や私は、二人を凌駕するネガティブを演じることが出来る」

ヘレン「まさに、世界レベルのネガティブよ」

ヘレン「故に、選手権に出ることを望まないわ」

ヘレン「ネガティブな私を、誰も評価することは出来ないもの」

ヘレン「プロデューサー。世界レベルのネガティブとはね、誰にも理解出来ない孤高の精神なの」

飛鳥「頂点とは他者を寄せ付けない、正しく孤高だからね」

モバP「……飛鳥もネガティブ選手権出たいのか?」

飛鳥「フ……ネガティブもポジティブも、秤にかけることなんて出来ないのにね」

モバP「よし分かった次何か言ったら友紀との野球観戦に付き合ってもらう」

飛鳥「沈黙は金だね」

モバP「分かってもらえて嬉しいよ」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 22:10:26.96 ID:1EaxKfJ60

ヘレン「乃々、私が世界レベルのネガティブだからといって、悲観する必要はないわ」

乃々「いや、私、一位じゃなくてもいいんですが…」

ヘレン「貴方は立派なネガティブアイドルよ」

乃々「褒められてるんですか私…」

ヘレン「世界レベルの賞賛を浴びてるわ」

乃々「嬉しくない…」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 22:12:06.73 ID:1EaxKfJ60

モバP「緊張してるか?」

乃々「テレビとか…むーりぃー……」

モバP「よし平常運転だな。ほたるや時子も応援してる、そして何よりヘレンからああも言ってもらえたんだ」

乃々「やっぱりヘレンさんが出た方が…」

モバP「世界レベルのネガティブを説得するのは無理だった」

乃々「あぁ…」

モバP「じゃあ、行って来い。ネガティブアイドルの頂点に、な」

乃々「嬉しくない称号です…」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 22:13:58.22 ID:1EaxKfJ60

モバP「――そして迎えた、世界ネガティブアイドル選手権」

モバP「選手権に集まったのは…………乃々だけだった」


乃々「え……みんなネガティブ過ぎです…」
乃々「じゃ、じゃあ乃々も帰りますね…」


モバP「生放送にも関わらず開始直後に帰ろうとした姿勢を見せたことで、乃々は見事ネガティブアイドルの頂点、トップネガティブアイドルとなった」

モバP「他のネガティブアイドルたちは敢えて出ないことで優勝を狙ったが、その作戦は敢え無く失敗に終わった」

モバP「乃々に対しての異議はまるでなかった――そりゃあ、ネガティブアイドルが異議を唱えたりしたら、本末転倒だからな」

モバP「この珍事件の後から、乃々には今までよりも仕事が入るようになった」


20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 22:15:49.13 ID:1EaxKfJ60

乃々「ラジオもテレビも無理なんですけど…」

モバP「頼む、乃々は普段どおりに喋るだけだから」

乃々「むーりぃー……」


ヘレン「フフ……乃々、益々ネガティブに磨きをかけているようね」

ヘレン「しかし、世界レベルのネガティブは私よ!」

ヘレン「だからこそ私は乃々の栄誉については何も言わないわ」


ヘレン「だって私は、世界レベルだから!」



おわり


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/07/25(金) 22:22:04.73 ID:1EaxKfJ60

以上になります。
冒頭にて、モバPと表記を改めた方が良いとの指摘を頂き、訂正をしました。
ご指摘ありがとうございました。

森久保乃々のネガティブが世界を救うと信じて。





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿