TOP > シンデレラガールズ > 【モバマスSS】好きだっていいじゃない【三船美優】

【モバマスSS】好きだっていいじゃない【三船美優】

1: 名無しさん@おーぷん 19/08/31(土)01:18:06 ID:XlS

超短くて取り留めのない話です。
酔いどれ美優さんいいですよね。相変わらず趣味全開で書きました。
もし良ければよろしくお願いします。


2: 名無しさん@おーぷん 19/08/31(土)01:18:51 ID:XlS



オツカレサマデース

楓「美優さん、お疲れ様です。今回のステージもとても美しくて……目を奪われてしまいました。」

美優「あ、楓さん。お疲れ様です。楓さんにそう言ってもらえるなんて……光栄です。」

楓「いえいえ。いつも美優さんのステージは私にとっても刺激になって……あれ? 」

美優「? 楓さん、どうかしましたか? 」

楓「いえ、何か違和感が……ああ、そうです!プロデューサーさんは今日はいらっしゃっていないんですか?」

美優「……今日は、他のお仕事が忙しいみたいで……来られないと連絡がありました。」

楓「あの人が美優さんのお仕事、それもライブに来られないなんて珍しいですねぇ。」

美優「そうですね。でも、最近は専務からも色々なお仕事を任されているみたいで……仕方のないことだと思います。それに……」

楓「まぁ、出世とかなんとかにも関わりますしねぇ。それでも、やっぱり寂しい、ですよね? 」

美優「そ、それは……そうなんですが、私も大人ですし。そう言った点でのわがままは、ダメかなって、思うんです、よね……」


3: 名無しさん@おーぷん 19/08/31(土)01:19:20 ID:XlS

楓「……ぁー…………これは……」

美優「? 楓さん? 」

楓「美優さん!この後、もしよければ一緖に一杯、どうでしょうか。」

美優「え、は……はい。私で、良ければ……ぜひ。」

楓「ふふふ。決まりですね!それでは早速準備して……レッツゴー!」

美優「か、楓さん……そんなに急かさなくても、私は逃げませんよ!?」


4: 名無しさん@おーぷん 19/08/31(土)01:19:55 ID:XlS




美優「だきゃらぁ……私だって、私だってですね……!プロデューサーしゃんにちゃんと休んでほしいんでしゅ!働きすぎです!最近は、特に!」

楓「そーだ、そーだー♪」

美優「でも、でも、私も寂しい気持ちはあるんです……あるんですけど、でもそれをプロリューサーに言っても、迷惑になるだけじゃないかなって……」

楓「そーんなことないぞー♪」

美優「そ……そうですかね!? 楓さん、そうでしゅかね!?」

楓「そーですよー。大人だって甘えたい時がありますし、それが頼りにしている人なら、尚更です。」

美優「そう思ってくれればいいんですけど……でも、大人の私が甘えるより、もっと精神的に大変な子とか、小さな子とかに、やっぱり時間を割いてあげるべきだとは思うんでしゅ。」

楓「そーですかねー?」

美優「それはそうだと思います……わかってる、つもりなんですけど。」

美優「……でも、でもぉ~……!でも、やっぱり私が頑張った後、あの人に褒めてもらいたい。『よくやった』、『頑張りましたね』って、言って欲しいんです……!」


5: 名無しさん@おーぷん 19/08/31(土)01:20:20 ID:XlS

楓「……そうですよ。そうだと思います。」

美優「我儘なのはわかっているんです……私って重い女だなって、思ったりもするんです……」

楓「あ、それはやっぱりそう思ってるんですか」

美優「!? か、楓さん、私ってやっぱり、重い女なんでしゅか~……!? 」

楓「広義の誘い受けですね。美優さん、流石です。流石ですよ。美優さん流石です。」

美優「……? ぇへへ、それほどでもぉ~……うふふ。楓さんから褒めてもらっちゃった!」

楓「ほんと可愛い」

美優「?」


6: 名無しさん@おーぷん 19/08/31(土)01:20:56 ID:XlS

楓「ふふ。でも、本当に褒めて欲しいのは、やっぱり……ね? 」

美優「……っ! ぅぅ……楓しゃ~ん!わたし、わたしぃ~!」

楓「わかります、わかりますよ。迷惑はかけたくないけど、でもやっぱり自分が大切にされているって感じたいですもんね。」

美優「うっ……うっ……ヒック……ぐす。」

楓「大人だから遠慮しなきゃなっていう気持ちと、でもやっぱり大人になりきれない気持ち。その二つの気持ちで板挟み。ああ、辛い!……そうですか?」

美優「楓さん……な、なぜ私の考えていることをそこまで正確に……!? 」

楓「全部聞きましたし、全部話してくれましたから??……でもね、美優さん。」

美優「……? はい。」


7: 名無しさん@おーぷん 19/08/31(土)01:21:51 ID:XlS

楓「好きだって気持ちは、大人だって子供だって変わりませんよ……それにそういう気持ちに関してはともすると、大人の方が臆病になってしまいがち、ですから。」

楓「だから、ね? いいじゃないですか。」

楓「大人だって、好きだって。言っちゃって、泣いちゃっても。それでも、きっと。」


8: 名無しさん@おーぷん 19/08/31(土)01:22:12 ID:XlS

楓「案外、それで色んなことが解決しちゃったりして……美優さんの方も、プロデューサーさんの方も。」

美優「……そう、なんですかねぇ……そう、ですかねぇ……」

楓「私は自信を持って “そうだ” と言えますが、本当のところがどうかは、やってみないと……ですね。」

美優「……楓さん、ちょっといじわる、です。」

楓「ふふふ。数ある真実は事実よりも甘いものですから。……だから、幸せな夢を見れるのだとも思います。」

美優「……? 」

楓「でも、美優さんの夢はきっと、夢のまま消えたりはしませんよ。夢から覚めたら、それより綺麗な世界が広がってるんじゃないかなって。……ふふっ。これも、私が思うことですけど。」

美優「……そう、かな……そうだったら……いいなぁ……!」

楓「ええ。それはもう、とってもいいですね!」


9: 名無しさん@おーぷん 19/08/31(土)01:23:04 ID:XlS




P「……呼ばれましたよー……なーに美優さん潰してくれちゃってんですか、この世紀末歌姫。」

楓「歌姫なんてそんな……お褒め頂きありがとうございます。でも、お酒はちょっと舐めただけ、ですよ? 」

P「……ワインがボトルで2本空いてるんですが? 」

楓「不思議ですよねぇ。飲んだら無くなったんです。」

P「今度、因果関係とかこの世の摂理とかそこら辺のお勉強をしましょうね。……じゃあ美優さんは回収しときますんで、楓さんもあまり遅くまで飲みすぎちゃダメっすよ」

楓「ふふふ。程々にしておきます。……プロデューサーさん? 」

P「はい?」

楓「……今日の美優さん、それはもう、とっても、と~っても、お綺麗でしたよ♪」

P「…………オツカレサマデス。ソレデハ。」

楓「……ふふふ。もう。あんなにわかりやすいのに、お互いの気持ちはわからないものなんですねぇ……」

楓「もう、ほとほと困ったものです……♪さ、2件目に行こうっと!」


10: 名無しさん@おーぷん 19/08/31(土)01:26:24 ID:XlS

以上です。

もっと色んな人に、色んな美優さん書いてほしい……!!私も細々と書いていきたいと思います。

他には最近こんなものを書いていました(最近の3つです)。
これらも含め、過去作もよろしければぜひ。
よろしくお願いします。


【モバマスss】ハートなんて柄じゃないけど 【佐藤心】
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1566711852/l10
【モバマスss】A thing which is contrary to the second law of thermodynamics 【かこほた】
http://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1564330241/l10
前川被害者事件簿 その2
https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1562992806/l10





『シンデレラガールズ』カテゴリの最新記事

おすすめ記事

コメントの投稿